単なる知的好奇心からの質問なのですが、「コギトエルゴスム」(「我思う 故に我有り」)をアラビア語に訳して、それを再び日本語に訳したらどうなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  わたしはアラビア語に別に堪能でもなんでもないのですが、まず、「我思う故に、我あり」というデカルトの言葉は、ラテン語で、Cogito ergo sum. ですが、このラテン語の訳として、「我思う故に、我あり」が妥当かというと、これは文脈を考慮した上の訳文で、この三語だけだと、ラテン語原文は、もっと色々な意味の可能性があります。
 
  つまり、これをデカルトの著作のなかの「文脈」で読まない場合、別の日本語訳も可能なのです。そして、上の訳は、実は、日本的な「解釈」が入った訳です。日本語よりラテン語にずっと近い英語で言うと、この言葉は、「I think, therefore I am.」とされますが、「I am.」というのは、「わたしはある」という「存在動詞」としての意味と、「わたしである」という「コプラ動詞」としての二つの意味があるのです。
 
  デカルトのこの有名な言葉は、「明晰確実性」を求めての思索の結論的な言葉です。すると、「私が存在する」でも「私である」でも、どちらでもよく、むしろ、「存在性」ではなく「真実性・明晰確実性」という見地からは、「私である」の方が適訳だという考え方もできます。(「思惟」によって、「存在」が生成されるのは、「神」であり、人間の思惟で、存在が生成されるとは普通考えないというのもあります)。
 
  デカルトの懐疑は、世界やわたしが「本当に存在するか?」ではなかったはずです。「認識の妥当性」の議論で、「わたしが存在する」はまず自明でしょう。問題なのは、世界やわたしが、「どういう姿・意味」で存在するのか、というのが主題だったはずです。
 
  何が騙していたとしても、「この私がある」これは明晰確実だとも読めれば、「この私は私である」これは明晰確実であるとも読める余地があるのです。「sum」というのは、「わたしが存在する」と、「(これが)わたしである」の大きく二種類の意味があるのです。デカルトの結論は、「わたしが存在することは、明晰確実だ」というのと、「わたしがわたしであることは、明晰確実だ」の二つの意味を含みます。
 
  実際、デカルトは「世界の存在」まで疑っていたのではないはずです。すると、Cogito, ergo sum. の意味は、ますます、「わたしはわたしである」という確認の意味だという解釈が可能です。この問題は、存在動詞がコプラ動詞と同じであることに淵源します(つまり、ラテン語 esse が、存在と、コプラ動詞機能の二つを持ち、西欧の言語はほぼすべて、同じような動詞―英語で be, フランス語で etre, ドイツ語で sein, ギリシア語で einai ―を持っているということから、有名なカントの「神の存在論証反駁議論」にまで展開しているのです)。
 
  従って、西欧語で、固有に起こった問題を、日本語に翻訳するとき、実は「解釈」が入っているのです。
 
  デカルトのこの言葉をアラビア語に翻訳しようとすると、その点がまず問題になると思います。アラビア語でも、確か、西欧語のような極端な、存在動詞=コプラ動詞というような構造はなかったはずで、また、「主語人称表現」がアラビア語では、動詞の後に付く、後置人称詞で決まったはずです。また、「時称」が、アラビア語では、西欧語とは異なり、「直説法現在」などという時称はなかったはずです。(複雑な、動詞のモードがあり、それは西欧語文法の「時称」とは別のものです)。
  
  Cogito, ergo sum. の訳が、「我思う故に、我あり」というのがすでに疑わしいのであり、アラビア語に翻訳する過程でも、「解釈」が入るはずで、何と訳されるのか分かりませんが、ラテン語原文とは違う「意味範囲」「主張範囲」の表現になることは間違いありません。
 
  これを日本語に訳す時、「デカルトの言葉だと知って」訳すと、アラビア語の言葉が言っていることに忠実に訳さない可能性が高いです。デカルトの言葉の訳らしいが、それは無視して意味を訳してみると、例えば、「私は認識する、それ故、私は私である」というような訳が出てくる可能性があります。あるいは、もっと違った訳が出てくる可能性があります。
 
  ラテン語の動詞の「意味範囲」、文法的「規定意味範囲」、これに、アラビア語の動詞の「意味範囲」、文法的「規定意味範囲」のずれが起こり、全然「我思う故に、我あり」とは違う訳文になる可能性が高いです。
 
  すでにラテン語から日本語への翻訳過程で、「解釈」が入っていると上で述べました。アラビア語にいかに堪能な人であっても、デカルトの言葉の翻訳だと考えると、原文の意味の広がりを把握し考慮しない可能性が出てきます。逆にアラビア語を知らなくとも、同じ意味領域の動詞はなく、同じ意味領域の動詞モードもないという大前提からすれば、同じ訳になれば、その方がおかしいということになります。(セム語の場合だと、「思惟行為」によって、文字通り「存在の生成」が行われるという可能性もあり、そういう意味まで入ってくると、原文とはかなりに違う意味になるのが、むしろ自然だとも云えます)。
  

この回答への補足

ありがとうございます。
デカルトのこの言葉は、近代合理主義(「パーソナリティ」という概念の生まれた基盤)のバックボーンになった言葉です。(スペインの哲学者オルテガによると、デカルトはこの近代合理主義の原則を発見して感謝のあまりロレートの聖母マリアにお参りしたそうです。)当然この時代にはまだ近代合理主義は勃興していないわけで、極論すれば近代合理主義が勃興した後にラテン語を語源に持つ言葉はすべてこの近代合理主義を前提に変化してきました。だから厳密に言えばたとえ現代の英語に訳しても解釈の問題が出てくることは織り込んでいます。仏教にも実は似たような概念があるようで、例えば禅問答で「おまえは誰か?」「お前は名前か?」「おまえは肩書きか?」ということを考えなければいけません。しかし「おまえは誰か?」という問いかけに「私はモスリムだ」という返答を自明の理とするイスラム教徒が、「コギトエルゴスム」をアラビア語に訳した場合どのような解釈、修正を加えるのかに単純に興味があったのです。どうもありがとうございました。

補足日時:2002/03/24 10:38
    • good
    • 0

 すいません、言っている意味がわかりません。

どんな内容の外国語文であれ、内容を翻訳すれば定訳というものがある以上、その通りにしかならないと思うのですが。特に「我思う、故に我あり」などという有名(?)な一文であれば、何語を経由しても日本語に訳せば「我思う故に我あり」となってしまいます。

この回答への補足

ありがとうございます。
デカルトのこの言葉は、近代合理主義(「パーソナリティ」という概念の生まれた基盤)のバックボーンになった言葉です。仏教にも実は似たような概念があるようで、例えば禅問答で「おまえは誰か?」「お前は名前か?」「おまえは肩書きか?」ということを考えなければいけません。しかし「おまえは誰か?」という問いかけに「私はモスリムだ」という返答を自明の理とするイスラム教徒が、「コギトエルゴスム」をアラビア語に訳した場合どのような解釈、修正を加えるのかに単純に興味があったのです。どうもありがとうございました。

補足日時:2002/03/24 10:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事が終わってからアラビア語の勉強ができる教室を探しています。 なるべく実践的なアラビア語を学びたいのですが、

仕事が終わってからアラビア語の勉強ができる教室を探しています。
なるべく実践的なアラビア語を学びたいのですが、東京都内でそのようなアラビア語 スクールはあるものでしょうか?

Aベストアンサー

ここは少人数で学べそうですよ。
夜8時からなので仕事が終わってからでも大丈夫では?
一度、問い合わせしてみてください。

参考URL:http://www.arabiyago.com/Arabic/アラビア語講座ホーム.html

Q台湾語で「我喜歓尓」、訳して下さい。

お願いします。教えてください。
今、勉強しているのですが、意味が全然わからなく
質問させていただきます。

Aベストアンサー

「あなたの事が好きです。」

台湾から来た文を日本語に訳すなら上記の意味です。たぶん最後の字には人偏が付いている筈です。

Qアラビア語とエジプト語の語順について

アラビア語とエジプト語の語順は、「動詞+目的語」ですか、それとも、「目的語+動詞」ですか?

Aベストアンサー

No.1です。

自然な平叙文で「VSO」の順になります。
なお、アラビア語の場合は主語人称を動詞の語尾によって表すので、通常は主語を言う必要はありません。
(うろ覚えですが、確か古代エジプト語でもおおむねこのようだったと思います)
強調のためにあえて言う場合はやはり動詞の後ろに置きます。
また、疑問文は、
Yes-Noを問う疑問文の場合は平叙文の先頭に「ハル」をつけることで、
疑問詞疑問文の場合は、疑問詞(例えば「マー」(何))をやはり文頭にもってくることでつくります。

この語順をとる言語は、いくぶん少数派ではあっても決して珍しいわけではないようです。
有名な言語ですと、ほかにヘブライ語、タガログ語(フィリピノ語)などがあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/VSO%E5%9E%8B

Q我昨天喫「了」三碗飯と我昨天喫飯「了」

【疑問の出発点】
我昨天喫「了」三碗飯と我昨天喫飯「了」
文法書に『単文で「了」を使う場合、目的語に数量詞や定語が付いている時、動作動詞に状語が付いている時などは、例えば、「我昨天喫「了」三碗飯。」で文が成立するが、「我昨天喫「了」飯。」では文が成立しない。そのままでは、「我昨天喫「了」飯、学了一個小鐘漢語」というように文を引き続かせるか、文を終結させる文末の了を使って、「我昨天喫(「了」)飯「了」。」とする。』と書かれています。

【そこで質問】これは、次のように理解してもいいのでしょうか?
・「動作動詞後の了」は、その前に置かれた動作を強調する作用があるので、動作が具体的イメージを持つ時(例えば、目的語に数量詞や定語が付いている時、動作動詞に状語が付いている時など、動作動詞の前や後から当該動詞を修飾して、その動作に具体性を与えている。)には、「終わったんだ、・・・という動作がね。」と強調するに足る内容となるので、文が終結する。
・他方、「喫了飯」だと、「終わったんだ。飯を食べるのが。」と飯を食べるという強調するには動作の内容がなさ過ぎるので、「で?次に何か内容があるんでしょ?」となる。
 そこで、文が続けば、「終わったんだ。その次にね。」と順序という強調したい内容ができるので、文の座りがよくなる。または、「そういう状態になったんだ。」と文を終結させるニュアンスを持つ「文末の了」を文末に置けば、文の座りがよくなる。
・これを敷衍すると、「動作動詞後の了」の前に置かれる動作に強調すべき内容が、対話者間の頭の中であればよいので、別に、具体的に目的語に数量詞や定語が付いている時や動作動詞に状語が付いているときなどだけでなく、単に「喫了飯」であっても、対話者が文脈の中でその動作に具体的なイメージを持っているときには、文末の了がなくとも、文が終結する。

【疑問の出発点】
我昨天喫「了」三碗飯と我昨天喫飯「了」
文法書に『単文で「了」を使う場合、目的語に数量詞や定語が付いている時、動作動詞に状語が付いている時などは、例えば、「我昨天喫「了」三碗飯。」で文が成立するが、「我昨天喫「了」飯。」では文が成立しない。そのままでは、「我昨天喫「了」飯、学了一個小鐘漢語」というように文を引き続かせるか、文を終結させる文末の了を使って、「我昨天喫(「了」)飯「了」。」とする。』と書かれています。

【そこで質問】これは、次のように理解し...続きを読む

Aベストアンサー

「そこで、文が続けば、」の前までは、だいたい、その理解でよいと思われますが、その後は、順序強調や、イメージのくだりは意味不明です。
たとえ、対話者間の理解がそうであろうと、世間には通じなくなっちゃいますから。(笑)
基本は、「了」が来ると、そこでポーズ(小休止)になるという解説が、どこぞかにありましたが、ポーズのあとに「飯」と来ると、はぁっ?ですかね。
食べ終わったよ、飯。→あたりまえじゃ!だからどうした。(会話不成立)
(食べるのがご飯だから当たり前という意味じゃなくて、飯とだけ言うことが意味なしだからということ)
食べ終わったよ、ご飯三杯!→ほぉっ!なるほど。(会話成立)

「了」が来ると座りがよくなるのは、そこで休止になるということで、そうですね。

ま、日本語を、こんな風には考えてしゃべってませんから、文法的なお話は、難しいですわな。

Q我「明年」学了三年漢語了、我「去年」学了三年漢語了って?

●過去・未来での「V了 動量詞 了」
皆さん、毎回、丁寧な回答を有難うございます。質問しながら考えている状態なので、また、記載制限のために十分意図が伝えられず、不明確な質問となって何時も申し訳なく思っています。

さて質問です。以下の理解での間違いを御指摘頂ければ。

『我学了三年漢語了、我喫了三碗飯了のように、「V了動量詞了」という表現の場合、「今までに」どれだけやって、ゆえに、引き続いてやるとか、もうやんないとか、いずれにしても「現在の時点」との関係を含意する特殊なニュアンスが出る。』と文法書では書かれています。

これは、あたかも「現在の時点」との関係のみを表す「特殊な」表現という説明のよう。

でも了は時制と関係ないはず。とすると、我「明年」学了三年漢語了、我「去年」学了三年漢語了といった表現もあるのでしょうか?そして、その意味は、『「過去又は未来のその時点までに」どれだけやって、ゆえに、引き続いてやるとかもうやんない』とか、「過去又は未来のある時点」との関係を含意するニュアンスを表すということはないのでしょうか?

現実の世界では、あまり使う場面がない表現なのかもしれませんが。

●過去・未来での「V了 動量詞 了」
皆さん、毎回、丁寧な回答を有難うございます。質問しながら考えている状態なので、また、記載制限のために十分意図が伝えられず、不明確な質問となって何時も申し訳なく思っています。

さて質問です。以下の理解での間違いを御指摘頂ければ。

『我学了三年漢語了、我喫了三碗飯了のように、「V了動量詞了」という表現の場合、「今までに」どれだけやって、ゆえに、引き続いてやるとか、もうやんないとか、いずれにしても「現在の時点」との関係を含意する特殊なニュア...続きを読む

Aベストアンサー

私も自分の学習の一端として、ここでの質問・回答を利用してますので、また出てきました。^^;)

我明年要学了三年漢語了。とか「要」のかわりに「応該」を使ったりすれば、使えると思いますね。
未来ですから、確実ではないので推量、推測にならないと変ですね。その意味で、助動詞、副詞等は大事です。
「去年」の方は、指し示す時間がばくぜんとしているので何か変ですが、「去年の4月」とか「その頃」とかであれば、似たようなことは文法的には言えるでしょう。
しかし、「その時点で3年間学んだところでまだ途中であった」という状況の説明をその一文にだけ負わせるには、重いような気はします。もっと事情がありそうですから。

動詞直後の「了」はアスペクトで動作完了を表します。過去だろうが、未来だろうが、それだけではわかりません。
文末の語気助詞の「了」は、状態の変化を意識させるものです。
つまり、アスペクトの「了」では、完了が終わったのは、いつであるかわからないので、その文が示している時間よりも過去のある時点までのどこかで完了しているとだけしか言えません。(もちろん完了したばかり、継続しているのかもしれません。)
一方、語気助詞の「了」の方は、まさにその文が示している時間において、完了したんだと言うよりも、そういう状況になったんだ(なっているんだ)という意味を持ちますから、多くの場合は「今の今までやっていたのだから、今もやっているはず」(これは私見)なので、継続していると捉えられるでしょう。
「三年間学習したよ」というのと「三年間学習したところだよ」というのを比べれば、後者は継続していると思えますよね。

質問中の「現在の時点」とあるところを、「その文が示している時間」と表現したことにご注意ください。
ご覧になった参考書では、文の示す時制が現在であったので、「現在の時点」と書いているだけだと思います。

私も自分の学習の一端として、ここでの質問・回答を利用してますので、また出てきました。^^;)

我明年要学了三年漢語了。とか「要」のかわりに「応該」を使ったりすれば、使えると思いますね。
未来ですから、確実ではないので推量、推測にならないと変ですね。その意味で、助動詞、副詞等は大事です。
「去年」の方は、指し示す時間がばくぜんとしているので何か変ですが、「去年の4月」とか「その頃」とかであれば、似たようなことは文法的には言えるでしょう。
しかし、「その時点で3年間学んだところ...続きを読む


おすすめ情報