『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

今日、長野県の川中島の合戦地に行ってきました。武田信玄と上杉謙信はどちらが勝利したのでしょうか?ビデオで合戦のことを説明してましたが、結局明確な勝者がわかりませんでした?

A 回答 (3件)

川中島の合戦は全部で5回ありますが、代表的なのは第4回です。



1万8千の軍勢を引き連れた上杉謙信は妻女山へ陣取ります。
武田信玄は隊を2つに分け、1万2千の別動隊で妻女山へ急襲させ謙信隊が山を下りてきたところを本体の8千とはさみ撃ちにしようとしていました。

しかし、謙信は裏をかいて別動隊が来る前に山を下り、濃霧を利用して信玄の本体へ近づき襲いかかったのです。

で、結局前半は謙信が優勢な戦をして(信玄側は弟の信繁始め多くの武将を失う)後半戦は別動隊の到着により信玄側の勝利に終わりました。

ですから結果としては痛み分けという事のようです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

それぞれの立場、見方によって勝ち負けは別れる様ですね。単純にどちらが勝ったということは明確でないことがわかりました。

お礼日時:2006/09/12 21:22

上杉家、武田家とも、何のための戦いであったのかによります。



武田側として、善光寺平周辺の支配を目的としたのであれば、後日武田側が支配していますから、武田側の勝利といえます。
しかし、武田側が、越後支配をも目論んでいれば、それを阻止された事で、武田の勝利とは言い切れなくなってしまいます。

上杉謙信の場合も同じで、信濃らの亡命武将たちの領土奪還を考えていたとすれば、その意図は阻止されていますから、敗北です。
しかし、上杉謙信の真の狙いが関東進出であり、信濃から越後への武田家の侵入を阻止する事が目的であれば、充分目的を達成したと考えられます。

戦闘自体は、最終的に武田家が優勢でしたが、戦略的には、武田信玄の越後への進出を阻止し、関東へ戦力を集中できるようになった上杉謙信に有利に働いたと考えられます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

それぞれの立場、見方によって勝ち負けは別れる様ですね。単純にどちらが勝ったということは明確でないことがわかりました。

お礼日時:2006/09/12 21:21

武田信玄です



戦争には目的と言うものがあります
目的もなく戦争をするような奴は馬鹿以下の存在です

で、川中島の合戦にもちゃんと戦争目的がありました
信州川中島付近の支配権の奪い合いです
その支配権は結局は武田家が保持しましたので信玄の勝利です

確かに上杉謙信のほうが戦術的にみて優れていたとは思いますが、いくらファインプレーを連発しても試合に負けては意味がないのです
どちらが優れているかと、どっちが勝ったかでは問題の次元が違うのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/12 17:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「川中島の戦い」ではどちらが勝ったのですか?教えて下さい。

「川中島の戦い」の勝敗結果を教えて下さい。

Aベストアンサー

戦闘的には、兵の損耗は上杉軍が多いが、重要武将の損失は、武田軍のほうが多い。
引き分け

戦術的には、上杉軍撤退のため武田軍勝利

短期戦略的には、川中島付近の領有化に成功した武田軍の勝利

長期的状況では、武田軍が越後侵攻を断念する事により、上杉軍が信越国境の安定化に成功し、関東・越中方面への侵攻の自由が確保できた一方、武田軍は、北上という選択肢を無くす事となり、今川・北条との同盟関係にヒビが入るなど、武田軍に不利にはたらいている。

したがって、戦闘自体は武田軍の勝利だが、その結果起こった事は、上杉軍に多大な利益を与えた。

Q長生きしてたら武田信玄は信長に勝てたと思いますか?

全国1億2千万信玄ファンの皆さん、こんにちは。

自宅で資料整理をしていたら、往年の名作「信長の野望 戦国群雄伝」のガイドブックが出て来てしまいました。仕事で忙殺されてるというのに、思わずよみふけりですよ!(嗚咽

生来の里見家フリークな私は、別に武田信玄に対して悪意を抱いているわけではないのですが。
果たして信玄が長篠の戦いまで存命であったなら、信長に勝てたのでしょうか?

どう考えても、無理ゲーと申しますか、馬で柵は突破できないだろ的な考えを抱いてしまいました。

甲斐の虎、戦国最強の呼び声も高い武田信玄のファンの皆さまからの熱いご意見をお待ちしております。
(煽っているわけではありませんので念のため。徹夜明けでテンションが高いだけです)

Aベストアンサー

 他の回答者の方々が指摘していない点について

・織田軍と武田軍の性格の違い
 織田軍は、専業兵なのに対して、武田軍の兵力の主体は農民兵です。

 織田軍は、戦闘を専業とする兵を主体としており、兵糧をはじめとする兵站部門を持っていました。
 それに対して、武田軍は騎馬が多く、他の戦国大名と比べて物資輸送能力は高かったものの、織田軍のような兵站と言うレベルの軍需物資輸送ではありませんでした。特に物資の海上輸送能力は織田軍の方が格段に高かったようです。
 これには、内陸を領地としていた武田家に対して、木曽・揖斐・長良の河川運送と伊勢湾の海上輸送に基礎を置いた津島や熱田の商業都市から始まって、琵琶湖の水運に基礎を置く近江商人の活動域、瀬戸内海運と淀川の水運に基礎を置く商業都市である堺を支配することにより、織田領では平時にも大規模な物品流通が確立しており、徳川領も織田経済圏の東の部分を形成していました。


・武田軍の戦い方について
1、三方ケ原では、武田軍は圧倒的に有利な位置に陣を構えながらも、徳川軍との戦端をなかなか開こうとは  しなかった。
  結局開戦は、午後4時ごろから始まったようだ。
2、武田軍は、有力な領主の連合体によって形成されている。
3、織田軍のような高度の兵站能力は持っていない。

 1・2・3から見て、信玄の場合、「上洛」とは、甲斐・信濃から西に向かって、有力な戦国大名を傘下に収めて領土を拡張して京に至るというやり方であるようだ。

 三方ケ原の戦いでは、信濃を領地化した時と同じように、遠江・三河を領地に編入することが第一目的であって、その結果上洛できる条件が整うなら、実行に移すという考えではなかったかと思う。

 つまり、信玄の上洛は、徳川軍が武田軍の軍門に下り、その戦力が武田軍に加わるということが条件であったのではないかと推測している。
・三方ケ原の戦いでは、両軍の対峙が長く、開戦時間が夕刻と言っても良い頃になった。
・敗戦の程度の割に、徳川軍の武将の死者が少ない。
・三方ケ原の戦いの後、浜松城に対して包囲攻城戦が行われていない。
この様な疑問に対する答えとして、信玄が家康を武田軍に組み込むことを考えていたと見ている。



 

 他の回答者の方々が指摘していない点について

・織田軍と武田軍の性格の違い
 織田軍は、専業兵なのに対して、武田軍の兵力の主体は農民兵です。

 織田軍は、戦闘を専業とする兵を主体としており、兵糧をはじめとする兵站部門を持っていました。
 それに対して、武田軍は騎馬が多く、他の戦国大名と比べて物資輸送能力は高かったものの、織田軍のような兵站と言うレベルの軍需物資輸送ではありませんでした。特に物資の海上輸送能力は織田軍の方が格段に高かったようです。
 これには、内陸を領地としてい...続きを読む

Qゆうメール

ゆうメールは追跡できますか?
通販でメール便での配達を頼んだのですが、お店からのメールで「ゆうメールで発送しました」と書かれてるだけでした。
ゆうメールでの発送は初めてだったので、他のメール便は頼んだ時に伝票番号(って言うんですか?荷物を追跡する時の番号)が書かれていました。
3日に発送したとの事ですが、まだ届いてません。
メール便は盗まれる場合があるのは承知の上で頼んでいます。
沖縄なので時間がかかるのかわかりませんが、盗まれたなら仕方ないですし、お金も振り込んだので…

説明下手ですいません。

Aベストアンサー

>ゆうメールは追跡できますか?

できません。


「旧・冊子小包=現・ゆうメール」
名前の通り、基本的に「(綴じられた)冊子」を安価に発送する郵便です。
※電子的記録媒体(CDやDVDなど)も発送可能です。
http://www.post.japanpost.jp/service/yu_mail/index.html
http://www.post.japanpost.jp/service/yu_mail/use.html

問い合わせ番号など無く、Web追跡などはできません。
郵便の場合は、安価な発送は、それなりのサービスということです。


しかし、当方は北関東在で、ゆうメールで沖縄郵便局まででも「翌々日」着荷の予定です。
ただし、普通郵便扱いなので祝日は配達されず、休み明け位には届きそうな気がします。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較