とってもくだらない質問なのですが、「激突」の中で(たしか最後の方にでてくると思うんですが)トラックに追いかけられている車が、警察の車(?)だと思って近寄っていって、結局は違ったみたいなシーンがありますよね?その時の車って一体何の車だったのでしょうか・・すごく気になってしまいました。ビデオを停止したり、スローにしたりして、車にかいてある文字を解読しようとしたのですがいまいちわかりません!!私の見る限りでは、GREBLEIPS PEST CONTRIA(???)多分違っていると思いますが。どなたかわかる方いらっしゃいませんか?この英語?お願いいたします。ちなみにPESTって害虫?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

GREBLEIPS PEST これでそのまま


直訳すると「害虫を取り締まる」みたいな
意味になりますが、CONTRIAは英語なのかな?
スペルを読み間違えてるかもしれませんね(汗)
だけどビデオじゃ良く見えませんよね(笑)
この単語だとギリシャ語になってしまうと思うから(笑)
スポンサーの名前車かな~・・・。
日本タイトルは「激突」本当は「Duel」です♪
海外サイトでもそこまで詳しく載ってませんね(汗)
精神異常者がディーゼルトラックで、
襲うまで位しか・・・役不足で御免なさい(汗)
翻訳は出来る範囲でしますので、
正確に分かったらまた書いて下さい♪

             真由美
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「害虫を取りしまる。」ってことは、害虫駆除車みたいなもんでしょうかねぇ。たしかに、ビデオじゃ見にくくて、最後の単語はcontoriaだったかなぁ???って感じです。最後のiaが見にくかった気がします。でも、かなりわかってきました。ありがとうございました!!

お礼日時:2002/03/25 10:07

 回答になっていないと思いますが、よくスポンサーのクルマを使う場合があるらしいです.


日本のドラマでも、さりげなくスポンサーの名前を出しているし・・・


多分スポンサーの商品の紹介では・・・・ないかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますぅ。だから、辞書で調べてみてもないのでしょうか。。。

お礼日時:2002/03/24 07:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスティーブン・スピルバーグの偉大さは何ですか?

スティーブン・スピルバーグの偉大さは何ですか?

Aベストアンサー

> スティーブン・スピルバーグの偉大さは何ですか?

疑問に思われてるからこそ出てこられた質問かと思います。
…確かに現在の彼を見ると昔と何の代わり映えも無い気がするのは否めませんよね。
確かに根底はずっと変わってないでしょう。
…だからと言って彼の業績も作風も否定できる人は誰も居ないでしょうし、アメリカ映画界において彼が一つの時代を築いてしまったのも否定出来ない映画史上の事実です。

実際僕は彼の映画会社の前進…アンブリン・エンターティンメントの社名の由来となる、彼が世に認められたインディーズの映画『アンブリン』を幸運にも2度も観る事が出来ましたが、当時としては誰もなしえなかった卓越した演出力で観る者を驚愕させました。

…それから続く1970年代中期からの出世街道と彼に触発され加速した今の映画社会…
良し悪しは別として、1970年代に入り、それ前の“スターの時代”と言われた銀幕のスター達が次々とその存在に翳りを覚え後退したのも彼とそこら辺で目覚め始めた意を同じくする映画人達の影響が無かったとは言えません。

それはその後に続く彼のプロデュース活動にも反映され、数々のヒット作を世に送り出す事になります。

もちろんそれは日本での映画やTV業界にも影響を及ぼしました。

スティーブン・スピルバーグの偉大さは何か…スターの時代を終わらせ、映画を我々庶民も主役になれる映画を確立したその業績です。

> スティーブン・スピルバーグの偉大さは何ですか?

疑問に思われてるからこそ出てこられた質問かと思います。
…確かに現在の彼を見ると昔と何の代わり映えも無い気がするのは否めませんよね。
確かに根底はずっと変わってないでしょう。
…だからと言って彼の業績も作風も否定できる人は誰も居ないでしょうし、アメリカ映画界において彼が一つの時代を築いてしまったのも否定出来ない映画史上の事実です。

実際僕は彼の映画会社の前進…アンブリン・エンターティンメントの社名の由来となる、彼が世に認め...続きを読む

Q激突!に登場する赤の車について

激突!のあの赤い車の車種はなんですか?。パワステとエアコンは付いているのでしょうか?。

Aベストアンサー

どーもです。
米クライスラーの「プリマス・バリアント」。
4気筒エンジンのコンパクトカーですね。
パワステ、エアコンの方はちょっとわかりませんが・・・。
対するトラックは「ピータービルト351」です。
ご参考まで・・・。

Qスピルバーグの『激突』のカメラワークについて

スピルバーグ監督の『激突』を昨日観ました。
カメラワークが黒澤作品に似てるなぁ~と思ったのですが、スピルバーグは師匠の黒澤明の映画を意識して撮ったのでしょうか?
特典映像も観たのですが、黒澤明の名前は出てきませんでした。ジョンフォードはあったのに…残念。

Aベストアンサー

この作品はかなり前に見たっきりなんですけど、タンクローリーの運転手の風貌がいっさい映されないところなど(足下だけは映されていましたけど)、黒澤と言うよりもヒッチコック的というような印象を、鑑賞した当時受けました。

スピルバーグはご存じのように映画フリークで黒澤はもちろんのこと古今のいろんな監督たちから、カット割りなどをはじめ多々学んでいるようです。

同じアメリカと言うことでジョンフォードはもちろんでしょうし、ヒューマンな作風はウイリアムワイラーやフランクキャプラなどの影響も受けているんじゃないでしょうか。
デビッドリーンの「アラビアのロレンス」を見て監督を志したそうで、この作品にもかなり影響を受けたそうです。
「アラビア…」のメイキングではスピルバーグがホスト役としてあれこれ語っていました。

ということで特に黒澤を意識したわけではないと思いますし、昨今の作品と比べると、この映画を製作した当時はまだ機材も発達していないので、カメラワークは非常にオーソドックスだったと思います。
特に”ステディカム”という機材がまだありませんでしたから、登場人物を延々と追っかけての長回しは出来ませんでした。

オーソドックス=撮影の基本、
ってことで黒澤っぽいと感じたんじゃないでしょうか?

この作品はかなり前に見たっきりなんですけど、タンクローリーの運転手の風貌がいっさい映されないところなど(足下だけは映されていましたけど)、黒澤と言うよりもヒッチコック的というような印象を、鑑賞した当時受けました。

スピルバーグはご存じのように映画フリークで黒澤はもちろんのこと古今のいろんな監督たちから、カット割りなどをはじめ多々学んでいるようです。

同じアメリカと言うことでジョンフォードはもちろんでしょうし、ヒューマンな作風はウイリアムワイラーやフランクキャプラなどの...続きを読む

Q激突とハルクのつながり

20年以上気になってし方が無いのですが、サンテレビ(だと思う)でやっていた、超人ハルクで暴走タンクローリーうんぬんというタイトルだったと思うのですけどストリーは違うのですが、タンクローリーの暴走シーンやメーターや道のシーンなどスピルバーグの激突のシーンがそのまま使われていたように思うのです。この関係がわかる人教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

 今晩は。質問にあるのは↓の『激突』の項で言われているのと同じことですね。こういうことが有るので、ここはやめられないのですよね。楽しい質問だと思います。
http://members.tripod.co.jp/mgifos2/review/TitleJ/file_TitleJ_9.html
 先ず、一通り調べてから念のために日本語のページで、「激突 超人ハルク」検索しましたが↑のページしか関連の有るものは見つかりませんでした。英語で調べると以下の内容よりもずっと具体的な言及のあるページがあるいは見つかるかもしれませんが、そこまではしませんでした。

http://us.imdb.com/Title?0067023
http://us.imdb.com/Title?0076190
これがそれぞれのスタッフ、キャスト等の基本画面です。質問のような事柄に関して、監督やプロデューサーが共通しているのではないかと予測しました。しかし、脚本に関して思いがけない発見をしたものの、特にそちらの方面では関連が有りません。
 次にそれぞれCompany creditsのページに進むと、こちらを見れば「なるほど」と感じられるのではないかと思います。制作は
『激突』    ユニヴァーサルTV
『超人ハルク』 ユニヴァーサル 
こうなっています。映画会社の1部門または子会社にTV映画制作部が存在するのは日本でも同じことです。
 こうなると、同じ会社の中でフィルムの使い回しをしたな、と感じるのは理不尽なことではなかろうと思います。もちろん確証が有るわけではありませんから、この辺は話の種程度のものでしかありませんが(苦笑)。元々『激突』もTV映画として制作されたものでした。

 『激突』の原作、脚本のRichard Matheson(リチャード・マシスン)はSFファンには懐かしい名前です。映画やテレビにも深く関わっていて『縮み行く人間』以来数多くの脚本を書いています。
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=by_name&id=83
 一方『超人ハルク』の脚本担当にも非常に良く似た名前があります。もしかして同一人物?かとも思いましたが、Richard Mathesonのページを読むと、Richard Christian Mathesonは息子だとあります。クリスチャン以外の子息もやはり映画関連の仕事をしていて、この質問のおかげで思いがけない発見をすることになりました。
 この程度の回答で納得してくれると良いと感じています。

 今晩は。質問にあるのは↓の『激突』の項で言われているのと同じことですね。こういうことが有るので、ここはやめられないのですよね。楽しい質問だと思います。
http://members.tripod.co.jp/mgifos2/review/TitleJ/file_TitleJ_9.html
 先ず、一通り調べてから念のために日本語のページで、「激突 超人ハルク」検索しましたが↑のページしか関連の有るものは見つかりませんでした。英語で調べると以下の内容よりもずっと具体的な言及のあるページがあるいは見つかるかもしれませんが、そこまではしませんで...続きを読む

Qスティーブンスピルバーグの作品?

スティーブンスピルバーグの作品て、全部でどのくらいでしょう??
共同作等を含めてです!!

Aベストアンサー

こんばんは。
スピルバーグの作品といっても、
監督、製作総指揮など立場が異なるのでどこまで彼の作品と見るかに因ります。
ドリームワークスはどうか、とか、出資だけの奴は、とか。
通常は「監督作品」を作品と呼びますので、
以下の作品群でどうでしょう?↓

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwnk1502/film2/spielberg.htm

Qサブウェイ激突123vsトランスポーター3

両方興味あって両方観たいです。

でも2つは無理です。

両方観た人限定で聞きますが、どっちの方が面白かったですか?

Aベストアンサー

絶対トランスポーター3です
前作、前々作に続き良い出来です
難はヒロインのそばかすくらいかな(^^;

Qスピルバーグと寄付

 スティーブン・スピルバーグが寄付が好きだという話を聞きました。
 しかも、匿名でしているとの話でした。
 本当でしょうか?。

Aベストアンサー

こんばんは。

syabumatsuさんの仰るとおりです。スピルバーグ監督ご自身が『寄付』が好きなのかどうかは分かりませんが、頻繁に寄付をしている事は確かです。

例えば、ユダヤ人の薬局店主に450万円を寄付したり、昨年、アメリカを襲ったハリケーン『カトリーナ』の被災地に1億6000万寄付されています。『シンドラーのリスト』撮影の際は、イスラエル政府に多額の寄付をしています。よくニュースになるのが、アカデミー賞受賞者に渡されるオスカー像がオークション等に出された時に、スピルバーグ自身が落札して、その像をアカデミーに寄付したり・・・

他にも様々な話が伝わってきていますので、よくよく寄付をされているのは確かです!

Qたしか2.3年前の洋画だったと思いますがタイトルが思い出せません

内容は子供が失踪する事件の話ですが、結局、仕事を辞めた警察?保安官?が家でその失踪した子と暮らしていて、それを発見した元同僚が通報して親の元に帰そうとしたけど、同僚の恋人が親はヤク中だし今の状態があの子の為よ、見たいな事を言われ葛藤したが結局通報してしまう。みたいな内容だったと思います、その失踪してた子をかくまっていた警察はかなり有名な俳優でした。これしか思い出せる部分が無いですが又見たいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その映画は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(2007・米)です。
http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D112569563.html

デニス・レヘインのベストセラー小説を、俳優のベン・アフレックが監督した作品で、レヘインもアフレックも舞台となるボストンの街に非常にこだわりを持っているため、街の雰囲気の描写が非常に秀逸な名作ですね。(同じくレヘイン原作の『ミスティック・リバー』もよく似た雰囲気でした)
ちなみに“その失踪してた子をかくまっていた”のはモーガン・フリーマンで、そのほかにもベン・アフレック監督のもとに馳せ参じた俳優達は超豪華キャストです。どうしてこの作品が劇場未公開なのか不思議でなりません。

映画をごらんになるのなら、原作小説『愛しき者はすべて去りゆく』(角川文庫)もぜひご一読いただきたいです。ベン・アフレックがいかに原作の雰囲気を大切にして撮ったか、その意外な才能に驚かれると思います。

Q井筒監督のスピルバーグ嫌い

井筒監督はミュンヘンを見て「作り物っつぽく見える」と批判的な感想を述べていたらしいですね。
その番組自体は見れなかったんですが、井筒監督ってスピルバーグ自体嫌いっぽくないですか?。もちろん批判するのにしっかりとした根拠があるとは思うのですが・・・。
私は、スピルバーグの歴史ものは好きで「シンドラー」「ライアン」もとても面白く、この作品も未見ですがとても期待しています。
井筒監督はこの作品についてもっと具体的にどう批判していたんですか?。前回のホテルルワンダはかなり高い評価をしていました、同じ歴史上の事実を描いた作品なのに、どうしてここまで違ってしまうんでしょうか?。

Aベストアンサー

番組も『ミュンヘン』も見ていないので回答はできないのですが、かの「世界の黒澤」こと故 黒澤明監督の息子さんである黒澤久男氏がテレビで言ってたんですが、黒澤家には昔からスピルバーグやら誰やらが、尊敬すべき黒澤明監督を慕ってフツーに遊びに来たりしていたそうで、一方の黒澤監督は、スピルバーグの新作を見ては「相変わらず下手だな」なんて言ってたそうです。

私もスピルバーグは大好きですよ。でも、わかりやすくて娯楽性はあるものの、日本の根っからの映画人にしてみれば、いかにもハリウッド的でピンと来ないのだと思います。

また、井筒監督は辛口批評が売り物ですから、独断と偏見でいろいろなことを言うのでしょう。ただ、申しましたように、『ミュンヘン』は見ていないのですが、『シンドラー』『ライアン』『ルワンダ』を比べると、やはり前者2作は圧倒的に脚色が強くて大衆的な感じがしますよね。それはそれで、幅広い層の人々を喚起できると私は思いますが、「歴史」というよりは「娯楽」に近いかなあとは感じますね。そのへんなのかな?

(まったくの余談ですが、そんなふうにして絶賛されている『ホテル・ルワンダ』は意外にも大衆受けする作品だと感じましたので、見ていない人は臆せず見てほしいです。)

番組も『ミュンヘン』も見ていないので回答はできないのですが、かの「世界の黒澤」こと故 黒澤明監督の息子さんである黒澤久男氏がテレビで言ってたんですが、黒澤家には昔からスピルバーグやら誰やらが、尊敬すべき黒澤明監督を慕ってフツーに遊びに来たりしていたそうで、一方の黒澤監督は、スピルバーグの新作を見ては「相変わらず下手だな」なんて言ってたそうです。

私もスピルバーグは大好きですよ。でも、わかりやすくて娯楽性はあるものの、日本の根っからの映画人にしてみれば、いかにもハリウッド的...続きを読む

Q「ラッキーナンバー7」でスレブンが最後に車の中で射殺したのは誰なのか?どうして殺されたのですか?

「ラッキーナンバー7」で、主人公スレブンがボスもラビも窒息させて殺した後の最後の方のシーンです。
刑事らしき人が車の中にいる男性に電話をかけ「刑事のOBの○○を覚えてるか?いつも愚痴ばっかり言ってるやつ。そいつから聞いた話しだけど・・・」というような話しをして、昔起こった競馬レースの八百長事件の話し、皆殺しにされた家族の話をします。
そして馬の名前が「スレブン」など、何か関係あるのだろうか、偶然かな・・・などと話します。
その話しを車の中の男が携帯電話で聞いている最中に、スレブンは車の後部座席に乗り込み、その男を背後から銃で殺します。
この話しでは、家族殺しに関わったものなどが殺されていましたが、この男は誰で、なぜ殺されたのでしょうか?

またそれを話していた刑事も「でも○○(その話しをした刑事のOBとかいう人)はこの男(スレブン)の写真を見ると黙り込んでしまった」というようなことを言っていました。
その話しをしにきた男は誰だったのでしょうか。またどうして黙ってしまったのでしょうか?

この映画に詳しい方、どうぞよろしくお願いします。

「ラッキーナンバー7」で、主人公スレブンがボスもラビも窒息させて殺した後の最後の方のシーンです。
刑事らしき人が車の中にいる男性に電話をかけ「刑事のOBの○○を覚えてるか?いつも愚痴ばっかり言ってるやつ。そいつから聞いた話しだけど・・・」というような話しをして、昔起こった競馬レースの八百長事件の話し、皆殺しにされた家族の話をします。
そして馬の名前が「スレブン」など、何か関係あるのだろうか、偶然かな・・・などと話します。
その話しを車の中の男が携帯電話で聞いている最中に、スレブ...続きを読む

Aベストアンサー

車の中で殺された男は、スレヴンがボスとラビ両方に出入りするのを見て不審に思っていた追っていた刑事です。ですが、この男が20年前にスレヴン(というかヘンリー)の母親を殺したシーンが、スレヴンが撃つ直前に映っています。母親を殺した男なので殺したことがわかります。

殺し屋から刑事に転身していた、といったところでしょう。中盤でルーシーに向かって、20年前ラビかボスかの下ののみ屋から金をすったことがあるなんて話をしているところがあり、さりげない伏線があります。

昔話をしている男というのは、競馬の事件の話を知っているだけで無関係だとは思います。スレヴンの名前を見て事件を思い出して話したのでしょう。


人気Q&Aランキング