数日前、ガソリンスタンドから国道に出た後、後ろにいたバイクがガードレールに追突しました。話によると、バイクの方は、こちらの車を見ていなかったそうなのですが、警察には人身事故になると言われて納得できません。確かに、バイクの方が優先道路なのですが、前方不注意なのではないのでしょうか?車には全くあたっていません。いろいろ納得いかないことを言われ、こちらの方が被害者のような気がしてきます。道路は4斜線で、見通しのいい直線道路です。こちらはバイクがいるのを確認しましたが、充分に余裕があると見て道路にでました。どなたか、納得のいく説明をしていただけないでしょうか?

A 回答 (4件)

難しい事故ですね。

接触のない事故は、時々問題になります。例えば、車に歩行者が驚いて倒れてケガをした事故。無断駐車をしている横で生じた事故の駐車車両の責任・過失等です。

今回の場合、警察はバイクの走行を妨げ危険行為をしたと判断をし事故の原因を作った中の一人に加えたのだと思います。

見通しの良い道のようなので、貴方が相手のバイクがどの位置にいたときに道路に侵入したかを警察に説明されたらどうでしょうか。十分な余裕というのも文面だけでは十分わかりませんので どのような判断になるかわかりませんが。相手バイクと貴方の自動車の位置関係で過失割合は大きく異なってくると思います。しかし、貴方の過失がゼロなることは、無理かもしれません。

また、貴方の加入している保険会社は、どのように話しているのでしょうか。
人身事故と警察が言っているのですから、バイクの運転者からは、診断書が警察に提出されているのだと思います。
    • good
    • 0

 過失割合が強調されるのは、主に怪我のない物損事故の場合であり、概ね怪我人の過失5割以上で被害者となるようです。

本件事故の場合さらに、路外施設から道路へ出る車と、道路進行中の二輪の事故であるため、基本的に8:2で貴方の過失8になるケースと思われます。但し以上は通常の接触のある事故の場合と一応付け加えておきます。
 接触の有無については色々議論があるようですが、逆に考えれば、二輪は回避行動の末転倒という主張も可能で、接触したほうがよかったという矛盾した結論になる場合も出てきます。もちろん、本件がそのケースということではなく、一般論としてです。
 道路上で事故が起きると、衝突状況よりも直前状況が注目され、当事者の強弱の観点から修正がされるというのがやり方のようです。
 警察では、民事的な観点からではなく、主に行政処分、刑事処分的な観点から行政判断をしていると考えられるため、とくに初動的には警察が独自の判断で処分を行い得る行政処分に関して人身事故としているのであれば、行政・刑事・民事責任の3つについて接触していないから責任なし、という主張をしていかなければならず、あまりスムーズとは考えられません。
 以上の諸点を考慮していただければ、前方不注意の主張は主張として、その他の責任への影響も否めないようなので、少なくとも民事的責任の面については、良心的な対応をとられることが無難なような気がします。
    • good
    • 0

相手のバイクの方は実際に怪我をされておられるのでしょう? でしたら、当然、『人身事故』じゃないですか? 過失割合がどうこう、ッて話は後のことです。

アナタの運転する車が原因で事故が起こったのです。それは現実ですよね。まずは、相手の怪我の具合を気遣ってあげて下さい。「自分は一切、悪くない」、みたいな態度をとると、ロクなことはありませんよ。それに、走ってくるバイクというのは自分で思っているより、近くにいることが多いです(バイクは車より見える面積が小さいので目測を誤りやすいのです)。←これ、理解されてますか? こういう、意見はご立腹かもしれませんが、最近私の身近でも事故で嫌な話があったばかりです。当事者同士、お互いに誠意をみせることが大事です。「保険屋に任せた、後は、知りません」は絶対にやめましょう!
    • good
    • 0

過失の割合は様々な考え方もあるだろうけど、事故が発生していないと言い張るのは少々無茶だと思いますが。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ