数日前、ガソリンスタンドから国道に出た後、後ろにいたバイクがガードレールに追突しました。話によると、バイクの方は、こちらの車を見ていなかったそうなのですが、警察には人身事故になると言われて納得できません。確かに、バイクの方が優先道路なのですが、前方不注意なのではないのでしょうか?車には全くあたっていません。いろいろ納得いかないことを言われ、こちらの方が被害者のような気がしてきます。道路は4斜線で、見通しのいい直線道路です。こちらはバイクがいるのを確認しましたが、充分に余裕があると見て道路にでました。どなたか、納得のいく説明をしていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

難しい事故ですね。

接触のない事故は、時々問題になります。例えば、車に歩行者が驚いて倒れてケガをした事故。無断駐車をしている横で生じた事故の駐車車両の責任・過失等です。

今回の場合、警察はバイクの走行を妨げ危険行為をしたと判断をし事故の原因を作った中の一人に加えたのだと思います。

見通しの良い道のようなので、貴方が相手のバイクがどの位置にいたときに道路に侵入したかを警察に説明されたらどうでしょうか。十分な余裕というのも文面だけでは十分わかりませんので どのような判断になるかわかりませんが。相手バイクと貴方の自動車の位置関係で過失割合は大きく異なってくると思います。しかし、貴方の過失がゼロなることは、無理かもしれません。

また、貴方の加入している保険会社は、どのように話しているのでしょうか。
人身事故と警察が言っているのですから、バイクの運転者からは、診断書が警察に提出されているのだと思います。
    • good
    • 0

 過失割合が強調されるのは、主に怪我のない物損事故の場合であり、概ね怪我人の過失5割以上で被害者となるようです。

本件事故の場合さらに、路外施設から道路へ出る車と、道路進行中の二輪の事故であるため、基本的に8:2で貴方の過失8になるケースと思われます。但し以上は通常の接触のある事故の場合と一応付け加えておきます。
 接触の有無については色々議論があるようですが、逆に考えれば、二輪は回避行動の末転倒という主張も可能で、接触したほうがよかったという矛盾した結論になる場合も出てきます。もちろん、本件がそのケースということではなく、一般論としてです。
 道路上で事故が起きると、衝突状況よりも直前状況が注目され、当事者の強弱の観点から修正がされるというのがやり方のようです。
 警察では、民事的な観点からではなく、主に行政処分、刑事処分的な観点から行政判断をしていると考えられるため、とくに初動的には警察が独自の判断で処分を行い得る行政処分に関して人身事故としているのであれば、行政・刑事・民事責任の3つについて接触していないから責任なし、という主張をしていかなければならず、あまりスムーズとは考えられません。
 以上の諸点を考慮していただければ、前方不注意の主張は主張として、その他の責任への影響も否めないようなので、少なくとも民事的責任の面については、良心的な対応をとられることが無難なような気がします。
    • good
    • 0

相手のバイクの方は実際に怪我をされておられるのでしょう? でしたら、当然、『人身事故』じゃないですか? 過失割合がどうこう、ッて話は後のことです。

アナタの運転する車が原因で事故が起こったのです。それは現実ですよね。まずは、相手の怪我の具合を気遣ってあげて下さい。「自分は一切、悪くない」、みたいな態度をとると、ロクなことはありませんよ。それに、走ってくるバイクというのは自分で思っているより、近くにいることが多いです(バイクは車より見える面積が小さいので目測を誤りやすいのです)。←これ、理解されてますか? こういう、意見はご立腹かもしれませんが、最近私の身近でも事故で嫌な話があったばかりです。当事者同士、お互いに誠意をみせることが大事です。「保険屋に任せた、後は、知りません」は絶対にやめましょう!
    • good
    • 0

過失の割合は様々な考え方もあるだろうけど、事故が発生していないと言い張るのは少々無茶だと思いますが。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前方不注意のさらに前方不注意

先日、バイク(私)と車と接触事故を起こしました。
青信号の交差点を過ぎた先にコンビニがあり、
そこから車が右折してきました。
直進していた私が接触したのは交差点も渡った後です。
ブレーキを踏みましたが間に合わせず 車の後方右側に接触しました。
判例などを見まして 自分では過失は私:相手=1:9くらいかと
思っていましたが、相手の保険屋から
「私:相手=3:7である。前方不注意のさらに前方不注意」と
云われました。 しかも健康保険を使うようにお願いされました。

どうしても納得いかないのと、前方不注意のさらに前方不注意とは
どんな状態を指すのでしょうか?
皆目検討もつかず、わかりません。
自分は 左鎖骨骨折・左の手首の二箇所骨折して、ボルトが入っています。

Aベストアンサー

健康保険については、
http://www.matsui-sr.com/gousei/jiko-r2-9.htm
などに詳しいようです。

・事故でも健康保険は使える
・過失相殺の被害額に、医療費も含まれるので、健康保険を使うか否かは(特に過失割合が多き方の)負担額に効いてくる。
・健康保険を使う際には、第三者行為災害届をもよりの社会保険事務所に提出する必要がある
・この提出により、(健康保険組合が関係する)損害の賠償権は、健康保険組合に移動する

ということのようです。

Q先日人身事故をおこしてしまいました。私の前方不注意で歩行者の方の腰に車

先日人身事故をおこしてしまいました。私の前方不注意で歩行者の方の腰に車の側面がこすり、肘がミラーにあたりました。(ミラーは割れず、外れたくらいの衝撃。被害者は転倒なし)
その場で警察を呼ぼうと思いましたが、被害者の方が仕事中でいそいでるとのことで後で病院にいくからと言われ、連絡先を交換してわかれました。
数時間後にやはり痛い気がするとの連絡が入り、その時点で保険屋さんに連絡をいれ、警察にも届け、現場検証もしました。
被害者の方も感じの良い方で、怪我も軽い打撲とのことで、警察の方も痛みが治まるようなら事件にしなくてもという感じでしたが、2日後診断書が提出されたとの連絡が入り、警察によばれました。
診断書は2週間でした。
調書をとられ、罰金や免停の可能性の話をされ不安です。
被害者の方との示談は保険会社さんを通してすすめています。
このような事件の場合、私の処罰はどのようになるのでしょうか。
これまでは無事故無違反です。

どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

明らかなあなたの前方不注意であれば罰はきます。
ただ、検察に呼ばれてないようですのでまだはっきりとはわかりませんね。
検察庁より呼び出しがくれば、その時点でほぼ100%罰を受けることが確定です。
逆に言えば検察庁の呼び出しが来なければ罰はほぼ100%ありません。
(警察の事情聴収の後2.3ヶ月後に呼び出しがきます)
罰の量は事故の場所(横断歩道上だったか、信号機は青だったか、それとも道路上だったかなど)やあなたと相手の過失の割合い(通常は車対歩行者だとほぼ100%車が悪くなります)、あなたの反省度合、被害者の検察への意見(あなたを厳罰に処して欲しいとか言われてしまうと相当痛いです、ですので加害者はみんな被害者に謝り倒したり、菓子折りを持って行ったりして心情を良くしようとします)によります。
私の話をしておきますと2度人身事故を起こしました(いずれも相手は自転車です)。
1度目は相手がありえないタイミングで幹線道路を横切ろうと私の前に飛び出してきましたので止まりきれずぶつかりました。
このときは検察からの呼び出しがなく、無罪放免でした。
(もちろん現場検証や警察での事情聴収はありました)
2度目は見通しの悪い信号のないT字路で、横断歩道前で一旦停止して車が通過するのを待って右折しようと発進した瞬間に自転車が死角からでてきてぶつかりました。
ぶつかった速度は10KM以下で、被害者もこけたわけでもなく向こう側にこけそうになって足をついただけでした。
ところが3日間入院してしまい、診断書も完治18日となっていました。
当然ながら検察から呼び出しがあり、免停処分とかなりきつい罰金をかせられました。
(道路交通法が改正されてから罰則がそうとうきつくなっています)
私のおこした2回の事故はいずれも人身事故で被害者はけがをしたという同じ様子のようですが、その中でのさまざまな要素により無罪放免と厳罰を受けるのと両極端になりました。
ちなみに事故のさいに被害者救護や警察、救急への連絡をするのは、して当たり前ですので減罰の要素にはなりませんのであしからず(逆に義務を怠ったり、逃亡したりすると厳罰にさらにプラス厳罰となります)。
今あなたのすべきことは、菓子折りをもって被害者宅へしつこいぐらいに行って心情をよくしてもらうこと(検察はあなたより先に被害者へ聴収して、あなたの被害者への対応の度合いやあなたへの処罰の希望をききます)。
検察での聴収のさいは反省の色を濃くみせること(検察官はかなりきつい調子であなたに対応してきます、不慮の事故にもかかわらずあなたを犯罪者扱いしてきますが動揺や反感を抑えてください、検察官の思うつぼですから)。
そのあとは裁判所からの通知を待つのみです。








明らかなあなたの前方不注意であれば罰はきます。
ただ、検察に呼ばれてないようですのでまだはっきりとはわかりませんね。
検察庁より呼び出しがくれば、その時点でほぼ100%罰を受けることが確定です。
逆に言えば検察庁の呼び出しが来なければ罰はほぼ100%ありません。
(警察の事情聴収の後2.3ヶ月後に呼び出しがきます)
罰の量は事故の場所(横断歩道上だったか、信号機は青だったか、それとも道路上だったかなど)やあなたと相手の過失の割合い(通常は車対歩行者だとほぼ100%車が悪くなります)、あなた...続きを読む

Q道路交通法について素朴な質問先日、高速道路にて前方にサイレンを鳴らしながら救急車が走ってました。

道路交通法について素朴な質問
先日、高速道路にて
前方にサイレンを鳴らしながら救急車が走ってました。
制限速度100キロ
救急車は70から80キロで走ってました。
追い越ししたら罰則になるのでしょうか?

Aベストアンサー

患者の状態を見てスピードを出さないようにしているんですよ。

法定速度内であれば追い越しは可能ですが 日本人の心遣いより
無理な追い越しはせず 優先させる気持ちで車は乗りましょう。

Q道路斜線の計算

道路斜線の計算なのですが、前面道路が広い幅員のある歩道がある場合には、その歩道幅員も計算上含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法においては、車道+歩道の総幅が道路斜線計算の道路幅員となります。
例 両側の歩道幅2mで車道幅8mの場合
2+8+2=12mが道路斜線計算の道路幅員となります。

4mに満たない道路場所は、後退距離を加味し道路幅員4mとして道路斜線計算します。

道路の反対側に公園や河川・水路がある場合、緩和規定により公園や河川・水路の反対側の隣地境界までの総幅が道路斜線計算の道路幅員となります。

参考文献
新日本法規出版「2009建築申請memo」の16-2~16-9に図解入りで解説されています。
専門書の売っている本屋さんで売っています。
本体価格約4,000円前後です。

ご参考まで

Q建築基準法の道路斜線

建築基準法の道路斜線なのですが、例えば3つの道路に面していれば、それぞれに対して規制がかかることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、そのとおりです。
それぞれの幅員に応じて、用途地域で定められた傾斜の道路斜線がかかる事となります。
建築基準法には、道路斜線の他、隣地斜線、低層住居系の用途地域にあっては北側斜線の規制があります。
ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報