土地の売買の際に必要とされていますが、
実際、宅建取扱主任者の方々は、どのようなことをするのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『重要事項の説明』をします。


『重要事項の説明』とは、重要事項を書面にした上で、さらに口頭で説明をする事です。

http://realestate.yahoo.co.jp/realestate/docs/su …

http://www.pref.saitama.jp/A08/BM00/kaihatsu/tos …
    • good
    • 0

 平成元年合格者です。

宅建主任は、「者」であり、「士」ではないことから、単一的業務の高度専門職とは言い難く、理想的には、保険資格や美容師資格のように、宅建業に従事する方の全員がもっていることが望ましい資格であると思います。事実上、不動産業に携わる場合には、最低必要な知識が試験内容となっているといえるからです。
 主な業務内容としては、主任者証を提示して説明をしなければならない重要事項説明と、その説明書の作成や署名捺印が挙げられますが、実務上は、その他の営業の方などから、主に法規制に関する質問を受けたりして陰日なたとなり活躍していることと思います。プロ同士でも、資格者とそうでない者とでは区別しているといえます。
    • good
    • 0

重要事項の説明を行うのが主な仕事。



円滑に不動産取引を行うにあたって、顧客(素人)に法的な説明をする人というのが分かりやすいでしょうか?

参考URL:http://www.pref.chiba.jp/syozoku/j_takuchi/03_hu …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング