土地の売買の際に必要とされていますが、
実際、宅建取扱主任者の方々は、どのようなことをするのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『重要事項の説明』をします。


『重要事項の説明』とは、重要事項を書面にした上で、さらに口頭で説明をする事です。

http://realestate.yahoo.co.jp/realestate/docs/su …

http://www.pref.saitama.jp/A08/BM00/kaihatsu/tos …
    • good
    • 0

 平成元年合格者です。

宅建主任は、「者」であり、「士」ではないことから、単一的業務の高度専門職とは言い難く、理想的には、保険資格や美容師資格のように、宅建業に従事する方の全員がもっていることが望ましい資格であると思います。事実上、不動産業に携わる場合には、最低必要な知識が試験内容となっているといえるからです。
 主な業務内容としては、主任者証を提示して説明をしなければならない重要事項説明と、その説明書の作成や署名捺印が挙げられますが、実務上は、その他の営業の方などから、主に法規制に関する質問を受けたりして陰日なたとなり活躍していることと思います。プロ同士でも、資格者とそうでない者とでは区別しているといえます。
    • good
    • 0

重要事項の説明を行うのが主な仕事。



円滑に不動産取引を行うにあたって、顧客(素人)に法的な説明をする人というのが分かりやすいでしょうか?

参考URL:http://www.pref.chiba.jp/syozoku/j_takuchi/03_hu …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建業免許と宅建主任者

土地を分割分譲しての販売は宅建業者でないとのことですが、、、

宅建業者と宅建主任者の違いが良く判りません。
例えば、
1.土地の個人所有者が宅建取引主任者の資格を持っていれば、自分名義の土地を分割分譲して販売しても宅建業法違反にはならないのでしょうか?
2.宅建業免許を持つ法人の代表者(取引主任資格あり)が自分名義の土地を分割分譲して販売する場合は?
上記のような形態でも宅建業者の事業と認められるのでしょうか?

ご教授下さい。

Aベストアンサー

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という強制力で一定の資力や責任能力、専門知識が無いものが、不動産の売買の売主や仲介人になることを排除するために、儲けられた免許制度の規制です。
一番大きいのは、その業者の過失や不正などがあり、買主などが損害を被った場合など、保証金で1000万まで保証される仕組みがあることでしょう。

個人の宅地建物取引主任者はあくまで、重要事項の説明などその資格で行なわなければならない業務が定められており、個人の資格です。
免許は、宅地建物取引業者免許を申請して(個人、法人を問わず)大臣や都道府県の首長から与えられる免許で、宅建業にかかる業務を行なう場合には、この免許が必要です。
そしてこの免許の条件に、不動産に掛かる従業者5名に1名以上の専任の宅地建物取引主任者が必要となります。法人の場合は、代表者が主任者の資格を有している必要はありません。

代表者個人でも、業法にかかる販売形式の場合は、当然に代表者は宅建業者ではないのですから、その代表者が売主になることは出来ません。その様な場合は、形式上会社に売却、会社が売主となって販売する事が多いでしょう。この場合、知らなかったが通用しないので、万一発覚すれば何らかの指導ぐらいはあるでしょう。

また、免許を有しない者が自己で開発許可等取得し、適合する工事を完了しても、その宅地を個別に仲介販売する業者はいないというのが現実で、仲介する業者も業法違反に問われるのです。

自己で開発等にかかる宅地を所有し、極力高く売りたい(一括で業者に買い叩かれたくない)なら、開発行為や工事は自己の負担で行い(現金が必要です、融資は不可)完成後に、一括で売却するか?信用できる業者に、利益配分を決めて、契約して(登記上の移転は最終までしない)売主となってもらい、個別に販売するしかありません。

不明な点があれば補足してください。

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という...続きを読む

Q宅建主任者登録

試験に合格して、2年の実務も終えた後の主任者登録はどこにどのように申し込めばいいのですか?教えてください。
ちなみに東京都です。

Aベストアンサー

試験に合格した都道府県に主任者登録することになります。
もしも、試験地と現住所の都道府県が異なる場合は、試験地の都道府県にて登録のうえ、現住所の都道府県へ変更の手続きをします。
なお、主任者登録は都道府県が外郭団体へ委託している場合があります。
各都道府県のホームページを覗いて下さい。

Q宅建主任の試験について

はじめまして。大学4年です。
就職先で宅建が必要になることがわかり、今年度10月に予定されている宅建の
試験を受けようと考えています。

そこで試験対策について質問です。

1.宅建講座などの通信講座がいいか、書店で本を買ってきての独学がいいのか?
勧誘がしつこい通信講座もあるので心配です。

2.おすすめの試験対策本・通信講座は何か?
数が多すぎてどのような基準で選べばよいのかわかりません・・・。

3.宅建受験に向けて重要なこと
なにか見逃しているところがあったら教えてください。
現在わかっているのは、受験に7000円かかることと7月に申し込みが開始す
ること、試験に合格した場合には一定のカリキュラムを積まないと正式に資格を
取得できないということです。
今からでも間に合いますか?

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

宅建についてはある程度メジャーな資格なので、ネット上を「宅建」「宅地建物取引主任者」などのキーワードで検索
すると宅建の情報サイトや応援サイトが結構あると思います、勧誘がしつこい通信講座につていも掲示板等にあるはず
です

試験対策ですが、宅建は難関と言われる試験でもないので、きちんと勉強時間をつくってモチベーションを持続して
勉強できるかで決まると思います

私は宅建はもっていませんが、取引先などに不動産部が設備工事や管理・環境等の部門とは別にあるところが多いので
そこの人の話を聞く限りでは問題集を最低3冊くらい3回以上繰り返し勉強すれば合格できるとのことです
はじめはさっぱり分からないけどだんだん繰り返し勉強していく内にわかる様になっていくそうです

問題集の選定法ですが、市場の原理からすると、どこの問題集でもそう変わりはないと思います
自分がみて分かりやすく解説がしっかりしたものがいいと思います(一般論)

通信講座も別に悪くはないと思いますが学生さんで通信講座を受ける人はあり聞きません

迷っている暇があれば問題集を購入して少しでも早く勉強を始めることこそ合格の早道だと思います

宅建についてはある程度メジャーな資格なので、ネット上を「宅建」「宅地建物取引主任者」などのキーワードで検索
すると宅建の情報サイトや応援サイトが結構あると思います、勧誘がしつこい通信講座につていも掲示板等にあるはず
です

試験対策ですが、宅建は難関と言われる試験でもないので、きちんと勉強時間をつくってモチベーションを持続して
勉強できるかで決まると思います

私は宅建はもっていませんが、取引先などに不動産部が設備工事や管理・環境等の部門とは別にあるところが多いので
そこ...続きを読む

Q宅建主任者試験の勉強方法

よろしくお願いいたします。

10月の試験を目指し、5月位から勉強を始めました。
使用しているのは佐藤孝氏の「らくらく宅建塾」シリーズです。
基本書1冊過去問題集3冊ですが、本屋で他の予想問題集を見てみると全く勉強したことが無い問題が多数あります。

今ある4冊だけの勉強では足りないのでしょうか?
初めての受験なので出題の傾向が全然わかりません。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私も、独学で勉強しました。動産と不動産の違いが分からないレベルから、はじめました。
私は、勉強開始当初は参考書をまず一通り読み、その後に、過去問を解きました。
過去問を解いて、間違えた問題は必ず参考書で確認して理解する。と言うのを繰り返しました。
で、何回か繰り返した後(試験日の一週間前位)に、
本屋さんに行ったら、質問者さんと同じ体験をしました。
予想問題で見たことない問題があったので、慌てて予想問題集(出版社の異なるもの)を3冊買いました。

その結果、私は9月10日から勉強をしたにも関わらず、
翌月の試験に無事受かりました。

出来るならば、過去問を解いた後に予想問題集も解いた方が良いと思います。
解きすぎという事はないと思います。
予想問題や過去問を解いていくうちに、ここは暗記で良し!とか、分かって来ると思います。
それと、質問者さんが時間に余裕があるならば、
勉強の合間に必ず、休憩を入れるといいと思います。

それと、ほんと?って思うかもしれませんが、
DHAは、お勧めです。
最初は、効かないじゃん?って思うかもしれませんが、結構私には、効きました。

私も、独学で勉強しました。動産と不動産の違いが分からないレベルから、はじめました。
私は、勉強開始当初は参考書をまず一通り読み、その後に、過去問を解きました。
過去問を解いて、間違えた問題は必ず参考書で確認して理解する。と言うのを繰り返しました。
で、何回か繰り返した後(試験日の一週間前位)に、
本屋さんに行ったら、質問者さんと同じ体験をしました。
予想問題で見たことない問題があったので、慌てて予想問題集(出版社の異なるもの)を3冊買いました。

その結果、私は9月10日から...続きを読む

Q宅建業者免許と取引主任者

宅建の勉強をしています。今更かもしれませんが、お願いします。

宅建業者というのは、1年間業務をしないと免許を取り消されますよね。取引主任者には5年の更新はありますが、1年業務をしなくても取り消されることはないのでしょうか?この辺りの知識が曖昧になっていまして。

だとしたら、取引主任者の届出事項。勤務先の業者名は、空白のままでも主任者証はもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

>取引主任者には5年の更新はありますが、1年業務をしなくても取り消されることはないのでしょうか?

取り消されることはありません。宅建合格・知事登録共に一生有効です。主任者証が交付されれば、5年ごとの更新が必要になります。

>だとしたら、取引主任者の届出事項。勤務先の業者名は、空白のままでも主任者証はもらえるのでしょうか?

もらえます。私も宅建免許を持ってますが、元から勤務先は空白のままですし、それで何の問題もありません。不動産関係に就職し、宅建免許を職務で必要とするなら登録すればいいです。


おすすめ情報