顕微鏡には色々ありますが違いが分かりません。
次の顕微鏡について教えてください。

1.光学顕微鏡
2.実体顕微鏡
3.金属顕微鏡
4.偏光顕微鏡
5.CCD

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  >1.光学顕微鏡
 
  「光学顕微鏡」というのは、どういう光を使うか(透過光か反射光か、または可視光か赤外線・紫外線などか)は別に、「光」を使って、対象を観察する拡大装置=顕微鏡のことで、以下の2から4までは、すべて光学顕微鏡です。光学顕微鏡でないのは、「電子顕微鏡」とか、「X線顕微鏡」などで、これらは、肉眼では見ません。写真にとって、それを見ます。赤外線や紫外線の顕微鏡も、肉眼では見ませんから、光学顕微鏡とは言わないかも知れません。普通、光学顕微鏡というと、対象を透過した光のパターンを見ます。小さな生物や、小さな構造を見るのに適していますが、光が透過しにくい場合は、スライスして薄い形にし、プレパラートにして、観察します。プランクトンや微生物や植物のスライス構造などは、透過光でも十分よく見えます。この場合は、倍率200倍から400倍ぐらいです。あまり倍率を上げると、視野が暗くなり、また解像度が悪くなりますから、あまり大きな倍率はないのです。
  
  >2.実体顕微鏡
 
  顕微鏡は、肉眼で見る場合、対物レンズ・接眼レンズ共にそれぞれ一つしかないもの(従って片目で見ます)の他に、「双眼顕微鏡(立体顕微鏡)」と言って、接眼レンズが二つあり、両目で対象を見る顕微鏡があります。これだと、対象物の立体的な姿が見えます。実体顕微鏡は普通、反射光を見ます。小さな花粉とか、小さな生物など、立体構造が分かるとよい対象を見るのに使い、あまり倍率は高くありません。10倍ぐらいから、100倍ぐらいまでです。
 
  >3.金属顕微鏡
 
  これは、わたしは使った経験がないのですが、金属の表面構造などを、反射光によって、立体的に見る顕微鏡のようです。単眼顕微鏡でも、金属表面は、反射光で観察できますが、双眼顕微鏡にすれば、金属の構成結晶の構造も見えます(その場合、なめらかな表面ではなく、結晶粒が識別できるように、幾分、表面を腐食処理などしたものを対象に使うのでしょう。倍率は、光学顕微鏡と同じぐらいです)。
 
  >4.偏光顕微鏡
 
  これは、透過光源に偏光を使い、接眼レンズに偏光ガラスで造ったレンズを使った顕微鏡で、光学顕微鏡と同じものですが、違うのは、対象を偏光が通過する際、対象に偏光性があると、偏光角度に違いが出てきて、普通の光学顕微鏡では分からない、対象の偏光構造が分かるのが違います。石や金属などを、薄くスライスして更に薄く磨き、光が通過するぐらいの薄さにして、この顕微鏡で見ると、接眼レンズを、光源の偏光と同じ位相にすると、何も偏光作用のない部分は、そのまま白く光が透過しますが、偏光性のある結晶や鉱物粒の部分は、偏光によって、色が付いて見えるのが普通です。接眼レンズを回すと、視野の対象が、七色に色が変化して行きます。光源偏光と接眼レンズの偏光角度を直交させると、何もない視野は真っ暗ですが、偏光機能のある対象は、色々な色で光を通過させて見えます。偏光の特性は、鉱物や金属の結晶ごとで決まっているので、また、接眼レンズを回転させて得られる色の変化や、焦点をぼかすとどうなるか等の様子などから、鉱物の種類や金属の結晶の種類や、その組成が大体判断できます(鉱物や金属でなくとも、ポリマーなど、偏光特性を持つ対象なら、或る程度、偏光特性で、対象が何かを判断できます)。
 
  >5.CCD
 
  これは、以上の色々な顕微鏡に、CCDカメラを接眼レンズ部分に取り付けて、外のモニターなどに映像が映るようにした顕微鏡で、顕微鏡自体としては、解くにこういう顕微鏡がある訳ではありません。ただ、赤外線や紫外線だと、写真に撮らないと分からなかったのが、CCDだと、そのような光も肉眼と違い感受できるので、肉眼で見える可視光に表現してモニターに表示すればよいことになります。
  
  以下の参考URLに、非常に大まかな顕微鏡の種類の説明があります:
  >光測定
  >http://nohmi.ns.saga-med.ac.jp/kaisetu/iryou_kou …
 
  また、以下のURLは、生物用顕微鏡の総合用語集です:
  >生物顕微鏡用語集/glossary
  >http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/~ckam/LM_gloss.htm
  

参考URL:http://nohmi.ns.saga-med.ac.jp/kaisetu/iryou_kou …
    • good
    • 0

3.金属顕微鏡


は、私どもの商売道具だったりしますので良く存じております。
普通の光学顕微鏡が透過光を見るのに対して、反射光で見るものです。
顕微鏡の中にハーフミラーが仕込んであって、観察用の光軸にそって、途中から
照明用の光を割り込ませます。
光は試料表面に垂直に当たって反射するので、良く研磨された金属試料では
視野全面が明るく見えます。
実際は、研磨した試料表面を酸などで若干腐食して観察します。
この腐食によって凸凹ができ、特に結晶粒界などが腐食されてへこむと、その
部分は光に垂直でなくなるので、光が返ってきません。
つまり、暗く見えます。

このように、光軸に沿った照明によって、表面の凹凸を敏感に検出することが
できる顕微鏡です。

2.実体顕微鏡 について若干の補足
実体顕微鏡は、顕微鏡という名前が付いていますが、虫眼鏡の親玉みたいなものです。
品物までの距離をかなり離して見ることが出来ます。
普通は右目と左目で立体視できるようになっています。
    • good
    • 2

使い方の観点から.


1.微生物や生物組織など光を通すものを対象。倍率は高くても400-800倍
2.生きた生物など光を通さないものを大正。倍率は100倍程度(物によっては光学顕微鏡程度の倍率もあり)
3.実体顕微鏡の亜種。使った経験無し(私金属屋ではないもので)。
4.粘度鉱物など.光を通すが偏光をおこすぶしつの観察用。
5.人の目で見ないでCCDカメラを使う顕微鏡。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生が顕微鏡で酵母や乳酸菌を見るには・・・

 小学生の娘の夏休みの自由研究で、発酵食品の研究をしようと思っています。家庭でできそうな発酵食品を自分で作ったり、顕微鏡で観察したりして記録をまとめたらどうかと思い、顕微鏡の購入を検討しています。そこで、こうした研究が小学生の自由研究として妥当かどうか、また妥当なら、どの程度の顕微鏡を購入すべきか、お知恵を貸してください。
 まず、酵母や乳酸菌がどの程度の倍率、どの程度の価格帯の顕微鏡で観察できるのかがわかりません。予算は2万円程度です。
 また、娘がまだ1年生なので、プレパラートの作成などにあまり手がかかるようなら難しいかなと思います。
 研究発表のためにはPCに接続して映像を記録できるものがいいかと思うのですが、ビクセンのものなどは映像があまりよくないとの話も聞きました。「おもちゃ」レベルの顕微鏡で、発酵食品の観察はできるでしょうか?
 まだ1年生の子どもがそこまでしなくても・・・とも思われるかもしれませんが、親がかりでもいいから何とか賞をとらせてやって、今後の学習の意欲につなげたい、という親心です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

酵母のような真菌類(カビの仲間)と、乳酸菌のような細菌類(バクテリアの仲間)を一緒くたにしてはいけません。確かに細菌類は染色をしないと見えませんし、相当に高倍率を要求されます。従ってかなり高価な液浸対応の顕微鏡と、染色液その他を必要とし、小学生には(そしておそらくそのような経験のない大部分の年長者にも)無理です。しかし、真菌類(カビの仲間)は十分に観察が可能です。この場合、画像を残すのが楽だという意味ではPCに繋げうるタイプが良いでしょうが、普通の顕微鏡と普通のデジカメでも撮影はできるでしょう。また、画質云々についてはあまり気にしなくて良いと思います。画質を多少なりともよくするのには、かなり金銭的にかかってしまい、とても予算を守れません。また真菌類ということでまとめれば、おうちのなかにあるカビ(たとえば餅をしばらくほっておくと色とりどりのカビが生えます)なども観察対象としてよいでしょう。顕微鏡の使い方については子供向けの書籍もいろいろ出ていますので参考にされると良いです。顕微鏡があれば、その他にも家庭内に必ず生息しているダニや、どこの土からでも見られる土壌動物など、いろいろな魅力的な研究ができます。頑張って下さい。

酵母のような真菌類(カビの仲間)と、乳酸菌のような細菌類(バクテリアの仲間)を一緒くたにしてはいけません。確かに細菌類は染色をしないと見えませんし、相当に高倍率を要求されます。従ってかなり高価な液浸対応の顕微鏡と、染色液その他を必要とし、小学生には(そしておそらくそのような経験のない大部分の年長者にも)無理です。しかし、真菌類(カビの仲間)は十分に観察が可能です。この場合、画像を残すのが楽だという意味ではPCに繋げうるタイプが良いでしょうが、普通の顕微鏡と普通のデジカメでも...続きを読む

Q光学顕微鏡、電子顕微鏡、ビデオ顕微鏡の違いって何ですか??

今度、授業で顕微鏡についてやるのですが
色々みていると光学顕微鏡やビデオマイクロスコープ、電子顕微鏡などの名前が見当たります。
これらの違いって何なのでしょうか??

Aベストアンサー

光学顕微鏡:
普通に光を使って拡大して見るもの。普通顕微鏡といえばこれをさす。
実際には、光学系の種類や使用する光の種類などでいろいろな種類に分かれる。
光学顕微鏡で観察に使用する光(普通は可視光)は波長が400-750nm程度の範囲になるが、どうしても波長よりも短い間隔を見分けることが難しくなってくる。レンズの種類を変えてもこの限界を突き破ることはできない。

電子顕微鏡:
より小さい物を拡大して観察するにはより波長の短い波を使用する必要があるため、比較的短い波長を容易に作り出すことができる電子線を使い顕微鏡としたもの。光学顕微鏡でのレンズの代わりに電界や磁界で電子線を曲げる。
加速電圧にもよるが、1nm程度の分解能を得ることも可能。
光学顕微鏡と違い、電子線はそのままでは見えないので感光剤や蛍光塗料、センサーで像を捉える。

ビデオ顕微鏡:
光学顕微鏡は普通接眼レンズに目をつけて観察するが、目の代わりにCCDカメラ等を用いて得られた像を電気的な信号に変換、ディスプレイに表示するもの。録画や画像解析を組み合わせて使用することができる。
現在はPCに接続するタイプが多い。

このほかにも走査型プローブ顕微鏡とよばれるものがあるが像を得る原理が全く異なる。
(上記の光学顕微鏡、電子顕微鏡、ビデオ顕微鏡は基本的に対象物の一転から出た光もしくが電子が結像面の一点に集光する現象を使用しているが、プローブ顕微鏡は対象となる物体の表面を針でなでて表面の凹凸を調べる。)

光学顕微鏡:
普通に光を使って拡大して見るもの。普通顕微鏡といえばこれをさす。
実際には、光学系の種類や使用する光の種類などでいろいろな種類に分かれる。
光学顕微鏡で観察に使用する光(普通は可視光)は波長が400-750nm程度の範囲になるが、どうしても波長よりも短い間隔を見分けることが難しくなってくる。レンズの種類を変えてもこの限界を突き破ることはできない。

電子顕微鏡:
より小さい物を拡大して観察するにはより波長の短い波を使用する必要があるため、比較的短い波長を容易に作り出すこ...続きを読む

Q小学生(高学年)が使う顕微鏡はどれがよいか教えて

 この春、小学校5年になる子供が使う顕微鏡を捜しています。手頃な値段のもので良いものを紹介してください。

Aベストアンサー

#2のお答えにあるように中古のNikonかOlympusの大学生用のものを買うのが適切です。
両社とも比較的な安価な入門者用(と言っても大学生)向きの商品を出しています。
生物を仕事にするのでなければ一生これで不自由しません。
両社ともレンズは入門者用から最高級まで基本的に互換性がありますし、躯体も初心者用から中級まで精度は同じです。
安価な商品を出している会社もありますが、大体機械部(もっぱら上下移動ネジ)の信頼性が低く、光軸もずれ易く「安物買いの銭失い」になることが多いです。
私も中学の時買って貰った(半分は小遣いを供出)Olympusのモデルをいまだに使っています。
五十年間一度もトラブルを起こしません。

Q実体顕微鏡の焦点深度

ニコンのものが欲しかったのですが、結構高く、ジャンクのオリンパスVB454を割安でゲットしました。
使ってみると殆ど平面でしか見れず、立体的には見れません。
ニコンの同種のものを使った経験では、もっと立体的に見れていたような---。
つまりこれは焦点深度が浅いのだろうと思いますが。
機種剪定に失敗したのでしょうか。それとも本来、実体顕微鏡とはこのようなもの?
http://www.olympus.co.jp/jp/insg/ind-micro/terms/focal_depth.cfm
レンズを交換するとかして焦点深度を拡げる手はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは.

>『実体顕微鏡の焦点深度』
>ニコンのものが欲しかったのですが、
>結構高く、ジャンクのオリンパスを割安でゲットしました。
>使ってみると殆ど平面でしか見れず、立体的には見れません。
>ニコンの同種のものを使った経験では、もっと立体的に見れていたような---。
>つまりこれは焦点深度が浅いのだろうと思いますが。


【回答】
私は顕微鏡を使用する仕事で,オリンパスの製品のみを使用しています.
オリンパスは日本を代表する一流光学メーカーです.
納入業者であるオリンパスのメーカーに問い合わせた結果をお答えします.
担当者氏も記憶に無い製品であり,検索した結果の報告がありました.

実体顕微鏡:オリンパスVB454は,今から38年以前の製品で,
既に1971(昭和46)年のオリンパスのカタログには載っていない製品です.
と言う報告を受けました.

ここからは私の知識を加え説明に入ります.

その製品:オリンパスVB454の,
VBは,同社の実体顕微鏡を示し,
続く三桁数値「454」の「45」の意味は,
45度の角度で接眼レンズが取り付けられており,
その角度で覗き込み観察する機能の機器である事を示しています.
ちなみに同種製品には,「456」と言う製品もあったそうです.
この場合60度の角度で「接眼レンズを覗き込む姿勢」をとる製品です.

「454」の最後の4の数字は,
「対物レンズの4×(倍)」が販売時にセットされていると言う意味です.

つまり,お手元の機器の対物レンズは4×が装着されており,
レボルバーへの単体脱着式で,ズーム仕様ではないはずです.
すなわち,4×の対物レンズに10×の接眼レンズを使用していませんか?
そうなると,「40倍で試料を観察している」事になります.
通常,実体顕微鏡は10×~20×程度で観察します.
倍率が高くなると,光学的に焦点深度が浅く(狭く)なります.

>それとも本来、実体顕微鏡とはこのようなもの?

40×と言う倍率での観察では,たとえ高価で高級な実体顕微鏡でも,
光学的原理から当然ですが焦点深度は狭くなります.

付属品に対物・接眼レンズがあれば,
対物レンズを低倍率の物と交換するか,
または接眼レンズを低倍率の物と交換すると,
倍率が下がり焦点範囲が広がるはずです.

ただし,製品VB454の新規購入当時に,
別売製品の対物・接眼レンズ類が一緒に購入されており,
今回ご質問者さまが購入された時に付属品としてなければ,
適正な互換性のあるレンズは,ほぼ入手不可能です.

>機種剪定(選定)に失敗したのでしょうか。

使用目的が不明なので,当事者ではないので一概には言えません.

>レンズを交換するとかして焦点深度を拡げる手はないのでしょうか?

VB454は先述したように古い機器であり,
他の顕微鏡に設計されたレンズを使用しても効果は期待できません.
設計されたレンズ以外では光学的な面からも光軸がずれる等や,
レボルバーのネジ溝に合致する適合製品は無いものと思われます.

私は化石研究の同定作業で微細構造を調べるために,
日常的に実体顕微鏡で検鏡しています.
機器はオリンパスSZ60を使用し,
1~62×まで連続縮小拡大(ズーム)できる性能は有しますが
倍率はやはり通常1×~最大でも20×程度しか使用しません.
それ以上の倍率は,当然ですが焦点深度は狭くなります.

それ以上の微細構造を調べる場合は,
生物顕微鏡の,オリンパスのBH-2を駆使します.
BH-2でその立体構造を調べる際は,
実体顕微鏡より高い倍率で観察するわけですから
焦点深度はもっと狭くなります.
そこで対物レンズを上下して連続して観察する事で,
その狭い焦点深度をカバーして全体を立体的に観る事になります.

今回購入された実体顕微鏡は「何を目的で求められた」のですか?
顕微鏡は購入前に使用目的や・購入後にとなれば,
その操作・手入れ法や消耗品購入などに精通した専門知識を持ち,
それに対する質問に十分納得できる説明ができる,
いわゆる信頼できる販売業者や知識を有する人物から購入すべきです.

この「おしえてGoo」でも他の同じような顕微鏡に対する質問があり,
私が回答しているのも今後の参考になると思いますので,
下記アドレスを開いてぜひ参照してみてください.

学習用顕微鏡からのグレードアップ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5129421.html

顕微鏡で血液を観る為に必要な倍率は?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5272221.html

岩石薄片プレパラート用スライドガラスを買いたいのですが・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5291906.html

生物I 顕微鏡
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5157240.html

材化石の薄片観察について
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5105412.html

染色について
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5213883.html

ホルマリン固定後のグラム陽性菌の染色
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5327320.html


この回答が,ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

こんにちは.

>『実体顕微鏡の焦点深度』
>ニコンのものが欲しかったのですが、
>結構高く、ジャンクのオリンパスを割安でゲットしました。
>使ってみると殆ど平面でしか見れず、立体的には見れません。
>ニコンの同種のものを使った経験では、もっと立体的に見れていたような---。
>つまりこれは焦点深度が浅いのだろうと思いますが。


【回答】
私は顕微鏡を使用する仕事で,オリンパスの製品のみを使用しています.
オリンパスは日本を代表する一流光学メーカーです.
納入業者であるオリ...続きを読む

Q小学生(高学年)の使用に適した顕微鏡

子供がXmasプレゼントに顕微鏡を欲しがってます。調べてみると値段も性能もいろいろあるよううで、どれくらいが適当か迷ってしまいます。
池のプランクトンとかを見たいというのが希望なのですが、どの程度のものが適当でしょうか?学校の理科の時間に使うのはどのくらいのものなんでしょうか?こんな時期ですみません。
間に合わなければ、お年玉にしようと思ってます。

Aベストアンサー

プランクトンですと
一般にミジンコと言うものは150倍程度ですが、ゾウリムシ等は600倍 さらに小さいものは1500倍となり、かなり広範囲で見られるタイプになりますね。
クリスマス&小学校と言うことであれば、学習用とかになりますけど、すぐに中学、高校と成長しますので、ちょっとの利用でもったいない気もしますね。

だからと言って、高性能を買うのは大変ですしw

てなことで、ついでに調べちゃいました。

学習顕微鏡セット ミザール・セレクトズーム1000 照明器・ズームビューワー・双眼鏡アダプター付き
楽天さんで売ってました。
このくらいの倍率であれば、かなり使えるし、学習用のセットになってるので、すぐに使えるかと思います。
参考にしてみてください。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/lapiz/533293/#497057

Q双眼実体顕微鏡の視野

顕微鏡の場合プレパラートを動かす向きと視野の動きは逆ですよね?
双眼実体顕微鏡の場合はどうなるのですか?

Aベストアンサー

双眼実体顕微鏡の場合,
普通はプレパラートというものを用意しませんが,
仮に プレパラート 用意した場合,
プレパラートを動かす向きと,見ている像が動く向きは同じになります。
(普通は透過式ではないのでその点を考えてもプレパラートは使用しません。)

普通の顕微鏡でも,
プレパラートの動かす向きは慣れの問題でどうでも良いのですが,
双眼実体顕微鏡は,解剖などに使います。
実際にメスや柄付き針などを入れる向きと,
視野の中にメスや柄付き針などが入ってくる向きが逆であれば作業しにくいでしょうね。

「1回実験資料」
http://seibutunomu.hp.infoseek.co.jp/community1/jisshi01/1kai/1kaijikkenn.html
~ページ中ほどから引用~
> 双眼実体顕微鏡の特徴と使い方
> 特徴
> 1 像が正しい向きに見える
> 2 両目で見ることで立体的な像が見られる。
> 3 接眼レンズとプレパラートの間の距離が大きい。
> このため、小さな物の解剖や動きの観察に適している。

双眼実体顕微鏡の場合,
普通はプレパラートというものを用意しませんが,
仮に プレパラート 用意した場合,
プレパラートを動かす向きと,見ている像が動く向きは同じになります。
(普通は透過式ではないのでその点を考えてもプレパラートは使用しません。)

普通の顕微鏡でも,
プレパラートの動かす向きは慣れの問題でどうでも良いのですが,
双眼実体顕微鏡は,解剖などに使います。
実際にメスや柄付き針などを入れる向きと,
視野の中にメスや柄付き針などが入ってくる向きが逆であれば作業し...続きを読む

Q小学生から中学生くらいまでの顕微鏡選び

子供(小学2年)の誕生日プレゼントに顕微鏡を考えています。
色々と見ていますと、価格もばらつきがあるようですが、
予算としては1万円以内です。
No.2180973の質問を拝見すると、レイメイの「RXT501」が適当かなと思いました。
ただこの機種、ライトがサンプル台に埋め込まれた形ですが、
 絞り調整できるのか?
 サンプルが熱くならないか?
など疑問がわいて来ました。実際にお持ちの方、感想を教えていただけないでしょうか。
また、他におすすめの機種がありましたら、ご教授いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

安い顕微鏡ってあるんですね(驚き!)。
倍率だけで言うと、RXT201(倍率は、100倍・200倍・450倍)が良いと思います。500倍以上は、バクテリアの観察など特殊用途になるからです。
光源は、低倍率なら室内光(照明or間接光)で十分なはずです。
私も、使用している方の感想が知りたいです(^^;)

Q電子顕微鏡と光学顕微鏡、それぞれの長所・短所

顕微鏡には大別すると電子顕微鏡と光学顕微鏡がありますが、それぞれどのような長所・短所を持っているのですか? 倍率などでは圧倒的に電子顕微鏡のほうが優れているはずなのに、光学顕微鏡も今日まで現役を守り通しているということはなにか電子顕微鏡には無い優れた点があると思うのですが…。装置が複雑であるかそうでないかを起因とする幾つかの違いはだいたい分かるのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際に使う分野では、小さなものが見られるほどいいとは限りません。
たとえば、ガン細胞をみたい時に、ガン細胞を作っている分子や原子がみえちゃったら、その細胞全体がどういう恰好してるのか見えないですよね。

その分野によって、必要な倍率があります。
また、電子顕微鏡では色はないですね。
いまあげたガン細胞の検査なんかでは、色は重要な意味を持ちます。

ある程度低い倍率で見なければ見えないものもあるので、これから先も電子顕微鏡も光学顕微鏡も共存していくことでしょう。

鉱物学なんかでは、数十倍の顕微鏡じゃないと役に立たないなんてのもあるんですよ。

また、位相差顕微鏡、シュリーレン干渉顕微鏡、偏光顕微鏡といった、光の特性を利用した顕微鏡は電子顕微鏡では不可能です。(理論的にはできるのもありますけど)

Q小学生1年生女子が喜ぶアスレチック

群馬県在住 30代女性です。

家族でアスレチックに行こうと予定しています。
小学生1年生女子(身長130cm未満) が1日楽しめる程度のアスレチックを探しています。

娘は、としまえんだったら全部の乗り物が怖くなく、
ディズニーランドのスペースマウンテンなども何回も乗りたい、といった感じで、
乗り物などに対してあまり怖がりません。

「アスレチック」と名のつく公園や専門施設はいろいろあると思うのですが、
おそらくフィールドアスレチックという本格的な種類のものはまだ早く、
公園にある遊具に毛がはえたような感じのアスレチックでは物足りなく・・・。
検索しただけではよくわからないので、
小学生のお子様と一緒に出かけたアスレチックで、
関東でおすすめの場所をご存知な方がいらっしゃったら教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

かなり規模が大きいのは、清水公園。
バーベキューとか、キャンプ場とか、大体のものはあります。
千葉県と言っても、埼玉県との県境で、江戸川沿いにあります。
幅広い年齢層の子供たちがいました。
http://www.shimizu-kouen.com/

東松山の森林公園。
バーベキューも、サイクリングコースもあります。
http://www.shinrin-koen.go.jp/area/index.html
ぽんぽこマウンテンという、巨大なトランポリンもいいです。
小学生低学年も楽しめると思います。
http://www.shinrin-koen.go.jp/area/mountain.html

Q偏光板(偏光の特性)について

偏光板を2枚平行に重ね、光を照射すると直交時に比べ最大光量が得られるのはなぜ?また、偏光板を直交させるとあまり光量が得られないのはなぜですか?
詳しく教えてください!

Aベストアンサー

既に
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=26254
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=24118
でかなり詳細に議論されています.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報