最近、テレビで霊に関係している番組を見ているのですが、よく霊
現象で苦しめられている人を「霊能者Tさん」や「陰陽師さん」の活
躍で助けられている人を放送されています。
 一般的に霊を信じない方は、霊能者や陰陽師さんそして、そのような
番組をどのように考えていますか?
 少し前まで、ある大学教授が、霊を一生懸命否定していましたが。
 霊を信じない人は、霊能者や陰陽師さんをペテン師、そして霊現象
で苦しめられている人は、妄想が激しい人と思っているのでしょうか?
 私は、霊を肯定も否定もしないのですが、あの番組を信じれば、霊
を信じることになるのですが、
 信じない方は、あの番組を見ていて、どのように思っているのか聞き
たいと思います。
 誤解しないでほしのですが、霊を否定されている方を非難したい訳で
はありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 うまく説明できるか自信がないのですが、興味のあることなので少しだけ参加させてください。

ことの本質は、霊現象を信じる、信じないという話の外側にあると思うのです。

 霊現象を始めとするいわゆる超常現象は、それを「経験」されたかたにとっては、まぎれもない「事実」です。霊や宇宙人を目撃した、悪魔や狐が私にとりついた、電波によって私の行動はコントロールされている、いろいろあるでしょうが、その真実を「科学」によって、当事者でない第三者が否定することは不可能です。科学はあくまで客観的な観測・実験によって事象を観察し検証していくという真摯な「態度」に過ぎません。

 ですから、現象を客観的に観察することなく存在を全否定する態度も、他人の体験談だけで妄信する姿勢もどちらも同じく非科学的だと言えます。私はそういう人間の心理状態を引き起こす、その人特有の社会環境や生い立ち、現代人を取り巻くストレスといった、大小さまざまな要因まで注意深く取り除いていかないと真実は見えてこないと思います。

 ですが、そういうこととは別次元の話として、霊現象などを成立させている「理論」は大きな社会問題を引き起こしてきた事実もあります。狐がとりついたとして「治療」の結果、患者が撲殺された事件や、障碍者や婚外子の存在を霊や妖怪による祟りとして差別してきたなどという明白な歴史を残念ながら我々日本人は持っています。

 また、あなたの家系は悪霊に呪われている、この壷を買えばその呪いから解放されます、などといって近づいてきたものには、なかなか抗弁できないという心理もよく理解できます。こういう商売が後をたたないのは、日本人が長い間培ってきた伝統的な文化の中にある「死者への虞(おそれ)」が根底にあるからだと思うのです。

 ですから信じる、信じないとかではなく、誰かが「霊」の話を自分の身の回りでするときは、一応身構え無難にやりすごすという生活上のテクニックが必要になるわけです。

 一方では、霊の存在を私も信じたい気持ちはあります。亡くなった肉親にあって話がしたい、親友に会いたい、あの世にいっても家族の行く末を見守り、できることなら手をさしのべたい、そういう願望は誰しも経験する思いだと言えます。また不本意で唐突な死を迎えた人やその方の遺族にとっても、霊をめぐる論理体系の存在はどれほどの慰めになるか計りしれません。

 しかし、考えてみてください。広島長崎で20万人の人がいっぺんに殺された原爆投下のあと、兵器を開発したロスアラモス研究所や米国政府は呪われて壊滅したでしょうか。先の大戦中数百万が殺されたといういユダヤ人の霊が、ナチや思想的にそれにつながる人々を攻撃して滅ぼしたという事実もありません。オーム何とか教によって殺された人々が獄中の犯人をとり殺したというニュースも残念ながら聞いたことはありません。

 有史だけでも虐殺や戦争に明け暮れた人類は、霊の復讐によって当然滅んでいなければならないのに、地球上の人口は増える一方です。また霊によって罪なく虐殺された人々もテレビを見ているとたくさんいるはずですが、彼らは誰に復讐すればいいのでしょうか。あの世でほほえましく喧嘩しているのでしょうか。

 それに理不尽にも地縛霊や浮游霊となって不運にも通りかかっただけの人に襲いかかるのは、リストラや戦地で地雷を踏んでしまったなどという、現世の不条理と何ら次元の変わらない話で、「情」によって構成されている霊の論理とは全く異質なことのような気がします。

 私は世の中が不条理に満ち、道理の通らない時代だからこそ、人間の「情」が基本理念になっている霊話はもてはやされるのだろうと想像しています。であればこそ、おかしな社会現象を引き起こさないように、社会全体で注視していくべきことだとも思います。

 もう一つテレビなどについてのメディアについての問題があります。テレビはどういう目的で存在しているかというと、基本的には多くの人に番組を見てもらい、スポンサーになっている企業の商品の購買意欲を社会に煽るためのものです。一般的に霊現象を否定的に扱った番組より、華々しく肯定的に扱った番組の方が視聴率がとれます。社会が癒しや慰めを求めている時代だからこそ、当然のことと言えます。

 つまり、彼らの商品は「センセーション」です。それが事実であるかどうかは二の次として、その目的を達することが、特にこの消費不況の時代に強く求められ、また彼らも存亡をかけて闘っているといえましょう。

 またこれは全くの私見ですが、カメラの前にたつ、タレントでも何でもない一般の人々も、独特の心理になるようです。制作者の意図を敏感かつ無意識に感じ取り、過剰に演技をしてしまう現象が表れた番組は霊を扱ったもの以外にも数多く見られます。そういう目で見るとテレビを見ていても多少は違った印象が得られると思いますがどうでしょうか。

 ながながと書きましたが、実は私は心密かに「霊」の存在を信じ望んでいる者の一人でもあります。ただ、今のメディアが表現する形のものでは決してありませんが。とてもお世話になったかたを亡くしたばかりでして。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 poor Quarkさんの回答を繰り返し、読ませて頂きました。
 確かに、人の不条理で殺された方や不運で亡くなられた方が、総て「恨みの霊」
になり人を取り殺した話は聞いた事ありません。
 テレビ局が「霊肯定の番組」の方が視聴率が高いというのは「なるほど」と思い
ます。
 ただ、私はテレビで受け取る情報だけで、自分の感じたまま質問させて頂きま
した。
 この話は、もっと根深いものが有るような気がします。
 私の周りにも「信じる人」、「信じない人」、いろいろいます。
 人によって霊の話し方を変えたりします。
 貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/24 12:03

>番組を信じた場合、霊能者や陰陽師さんは、何を根拠として話をしていると思いますか?



 商売人、役者ですから、それなりの勉強を為さっておられるのでしょう。
 すべからく師匠とか、教える人がいるものです。「いたこ」にしても伝承で教えられ、師弟関係があるようです。
 番組においては、ヤラセが多く、サクラを使う事もあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、納得しました。
本当に貴重は回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/24 12:21

私も時たま見ていますが、どこまでが本当でどこまでが演技なのか、やらせなのか


分かりません。
ま、一種の娯楽番組でしょう。推理小説を読むような感じでそれほど真面目に考える程の
ものではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も、真剣に見ている訳でなく、娯楽という視点で見ています。
ただ、「やらせ」や「つくり話」だけで番組を作っているとは
思えないですよね、
 もし、「自分の身におきたら」ということも考えたりします。
 回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/24 10:33

 私達凡夫は、過去世のことや未来のこと、また死後のことを、明らかに見ることはできません。

したがって霊能者などの、さも見てきたかのような話に、つい惑わされてしまうのでしょう。
 また、科学や物理学がさほど発達していなかった頃の人々は、霊魂とか悪霊・守護霊といった存在に畏れを抱いてきたようです。
 しかし、死後の生命には能動性がありませんから、私達の背後に霊が付く、などということはありえません。
 また、死後の生命といっても、この現実世界の中に、科学的に観測することのできない幽霊だとか霊魂といった実体をもって、存在しているわけではありません。
 そのような、能動性も実体もないものが、人間に幸・不幸をもたらすとか、人生を守るなどということは、できようはずもありません。
 ですから、霊能者と称する人が、どんなに不思議な話を確信ありげに語ったとしても、それは守護霊とか霊魂によるものではないのです。
 むろん、世の中には、いわゆる霊的現象といわれるような不可思議なことが起きる場合もあります。
 しかし、それは、実際に幽霊や霊魂が引き起こした現象などではなく、感応の作用によるものです。
 感応について、わかりやすくお話すると、たとえば、私達が生活している空間には無数の電波が流れていますが、普段は、それらを私達の目や耳で認識することはありません。しかし、テレビやラジオ・無線機などを置いて、その電波に波長を合わせれば、そこから画像や音声が出てきます。
 これと同じように、死後の生命は、自らが作った過去世の業因によって苦楽を感じつつ、この宇宙の中に渾然一体となって溶け込んでいます。が、ときとして、生きている人間の生命力が落ちて、死後の生命が感じている苦しみなどと波長が合ってしまった(感応した)場合に、人によっては、死者の言葉が聞こえたり姿が見えたりすることがあるのです。
 昔から、同じ場所にいながら、ある人には幽霊が見え、別の人には見えない、という違いが起きてくるのも、また、いわゆる心霊写真において、同じ所で複数の人がカメラのシャッターを切っていながら、ある人の写真にしか幽霊が映らないというのも、それは、そこに、幽霊や霊魂などという実体が存在していないからです(心霊写真の場合も、シャッターを切った人がたまたま死後の生命と感応し、それを自らの念の作用によってフィルムに映し出したものと考えられます)。

この回答への補足

回答をじっくり読ませて頂きました。
 ちょっと補足させて下さい。
 番組を信じた場合、霊能者や陰陽師さんは、何を根拠として話をしてい
ると思いますか?

補足日時:2002/03/24 10:04
    • good
    • 0

一言で言うと、電波の無駄遣い。


何かうまくいかないことを霊に責任転嫁して、霊に苦しめられている(と思わされている)人のカウンセリング番組と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、案の定という回答ですが、貴重な意見ありがとうございます

お礼日時:2002/03/24 09:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観音と水子のような子供の霊が出てくる漫画

漫画雑誌ガロだったと思うのですが、観音と水子のような子供(の霊?)が出てくる漫画の作品名と作者名を探しています。とても繊細な線描画で内容もとても浮世離れした、あの世とこの世の間のような話で、子供が「かんのん、かんのん」といって観音を追いかけている所だけ覚えています。

ガロの掲載作家名、作品名を調べてみたのですがわかりませんでした。もしかしたらガロではなかったのかな、でもあの作風ではガロしかないだろうと思っています。風の噂では作者は自殺したとかしないとか。その作品きりだったような気がします。

ずいぶん前の話ですが今でも印象に残っており、作品が欲しいのですがいかんせん作品名が分かりません。どなたか分かる方、もしかしたらと思い当たる方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お話をうかがい
高野文子さんの単行本「絶対安全剃刀」におさめられている「ふとん」が思い浮かびました。
繊細な線描とのことですので近いかともおもいますが、
ただ初出は「ガロ」ではなく「別冊奇想天外」だったようなので違うかな?
ただどちらにしても読んでみて損はない作品集だと思います。

Q歌番組、懐メロ番組を観たい

有料放送で、懐メロ番組を流している放送局を探しています。BS ?CS? WOWO?、よくわかりません。
他にお勧めの放送局がありまましたら、ご教示ください。

Aベストアンサー

スカパーの「歌謡ポップスチャンネル」で「演歌の花道」他、
演歌の番組。

同じくスカパー「ミュージック・グラフィティTV」
(こちらはプレミアムサービスのみですが)
にて、その名もズバリ「懐メロ大百科」や「70's歌謡曲」
「懐かしのPOPS」という番組があります。

「スターデジオ」(スカパーのラジオchです)に
演歌チャンネルみたいなのがあります。

Qおどろおどろしい・迫力のある漫画教えてください。

おどろおどろしい・迫力のある漫画教えてください。

おどろおどろしく迫力のある漫画教えてください。さらに怪物、怪奇などの要素が含まれているものは大好物です。

持っている漫画
ガンツ・彼岸島・刻刻・ハカイジュウ・神の獣・ザ ワールドイズマイン・ドロヘドロ・SCATTER あなたがここにいてほしい・進撃の巨人・シュトヘル・うしおととら

ベルセルクと大帝の剣も好きですが終わりが見えないので雑誌で読んでいます。

月姫や低俗霊monophobia、低俗霊狩りのような幽霊、伝奇物も好きです。

Aベストアンサー

つのだじろう

 「恐怖新聞」  http://www.geocities.jp/kindanhm/kyofusinbun.html
     
 「うしろの百太郎」

藤子不二雄A

 「魔太郎がくる」

古賀新一

 「エコエコアザラク」

Q民放BSの面白い番組、見ごたえのある番組

よろしくお願いします。

民放BS、すなわち
・BS日テレ
・BS朝日
・BS-TBS
・BSフジ
・BSジャパン
・BS11
・TwellV
で放送されている、面白い番組・見ごたえのある番組を紹介してください。

時間帯は問いません。
また、再放送番組でも構いません。

恐れ入りますが、番組名のほか、曜日と時刻も記載願います。
番組に関するコメントがあれば、自由に記入してください。

Aベストアンサー

BSフジ     所さんの世田谷ベース 日曜23時~

BSフジ     たけしの等々力ベース 木曜23時~

BSフジ     TOP GEAR 土曜23時半~

BSはこれくらいしか見ませんね

Q霊能力者、になるには?

いつも、ありがとう、ございます。

私は、アラフォーの、デブスの、落ちこぼれの、発達障害=注意欠陥の、独女です。

最近、雑誌とか、みて、そういや、仕事って、色々あるよね。

と、思うようになりました。
年齢制限で、応募できないのも、ありますが、

私は、上記のことから、
苦戦するとは、思いますが、

今、霊能力者の仕事に興味が、あります。

漫画の、導師とか、陰陽師、とか、読んで。


霊能力者の仕事って、定年って、ないですよね。

あと、アラフォーから、霊能力を、持った人は、いますか?

Aベストアンサー

霊能力を持つ人には4つのタイプがあります。
ひとつは生まれながらにして持っている人、途中から自然に発揮できる人も含めます。
霊能は動物には普通にある能力です。しかし人間は知恵を手に入れて霊能が退化しました。
つまり霊能というのは先祖がえりなんです。

二つ目は修行によって開かれる場合。コレももちろん潜在的素質は必要かもしれませんけど、必ずしも子供の頃から霊能が有るわけではありません。むしろ中途半端だと成長しないかもしれません。
山岳信仰や密教による修行が有名です。

三つ目は霊能者に開眼させられるタイプ。修行もある意味では似ていますけど、こちらは強い霊能者によって誘導されて開眼させられるので修行が必要ありません(成長するためには必要かもしれません)
このタイプではそのまま自分の能力に出来る人と、開眼して霊能謝に付随していないと駄目なタイプとに分かれます。
だから霊能者がなくなってしまうとその人の霊能も次第に無くなります。なくならないように修行することは必要かもしれません。

四つ目は高級霊によって開眼するタイプ。この場合はあくまでも高級霊の眷属あるいは使い魔としての霊能者です。
目的を忘れたり私欲に駆られると捨てられます。また役目が終わればただの人に戻ります。
よくメディアなどに出てくる人に多いですけれど、その人が優秀なわけではないし霊能も貸与されているだけなので注意が必要。結局名が売れて自分の能力と勘違いして捨てられ、詐欺師にされたり偽者扱いになったりして消えて生きます。
今でもただに人に戻ったのに、残り香だけで活動している人たちが居ますね。

多くの場合、望んでなる場合はあまり大きな成果が得られなかったりします。それは増徴しやすいからです。
拒否し続けるということは逆に常に離れた視線で居るということ、或いは必要以上の欲を出さないということで強く、長く続くようです。「初心忘れるべからず」というのはこういうことでしょう。

例えばダンスのプロとかプロ歌手になりたいと思う人が町のカルチャーセンターに行くでしょうかね。やっぱり有名だったりしっかりしたところに行こうとするでしょう。
霊能力だって占いだって同じ。即席の講習会レベルでは自己満足的なものしか得られません。だから真面目に修験道や密教などに参加すべきだと私は思います。

私の場合は30台半ばでしたが、素地は有ったそうです。でも修行を断わり続けました。
多くの場合素地は遺伝するようで、父も息子もかなり強いようです。でも誰一人霊能者になろうとはしませんでした。
若い時には興味もありましたが、その世界に飛び込む気はなかったからです。
研究は続けても当事者にはなりたくない。逆に当事者になってしまうと客観的に見れなくなるというのが真の理由です。
でも素地のある人には霊のほうから近寄ってくるといわれました。
そして強い霊能者と知り合うことで自然と開眼しかけましたが、それも拒否し続け今日に至っています
いまでも残り香的に残ってはいるようです。

霊能力を持つ人には4つのタイプがあります。
ひとつは生まれながらにして持っている人、途中から自然に発揮できる人も含めます。
霊能は動物には普通にある能力です。しかし人間は知恵を手に入れて霊能が退化しました。
つまり霊能というのは先祖がえりなんです。

二つ目は修行によって開かれる場合。コレももちろん潜在的素質は必要かもしれませんけど、必ずしも子供の頃から霊能が有るわけではありません。むしろ中途半端だと成長しないかもしれません。
山岳信仰や密教による修行が有名です。

三つ目は霊能...続きを読む

QAKB48のレギュラー番組は地方番組で放送されていますか?

AKB48のレギュラー番組は地方番組で放送されていますか?
AKBINGO、週刊AKB、ネ申などはテレビ東京でした・・
回答宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

↓参考まで
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1238342507

Q写真をパソコンで加工して背景に使用している漫画家

数ある漫画家の中で最近目に付くのがパソコン使用の人々。絵の編集からトーンまで出来るそうですが、僕が知りたいのは背景に写真を使っている人です。有名な作品は、最終兵器彼女(高橋しん)、低俗霊DAYDREAM(目黒三吉)、ガンツ、殺し屋イチ、僕の知ってる漫画ではこれぐらいです。

他にも漫画の背景に写真を使用している方、もしくは作品のみでもかまいませんので教えてください。

Aベストアンサー

ハンドルといい、作品例といい、なかなかの趣味でいらっしゃいますね。
「写真」かどうかは判別できませんがPC内のファイルを加工しているに違いない作品は、「コブラ」ですね。なんせ、手書きの絵をアプレットでなぞってPCに入れてから加工するらしいですから。
新しい「宇宙戦艦ヤマト」もきっとそうです。

Q笑う番組と笑わない番組で悩んでいる。

まずい事書いてたらすいません。最近悩んでることなんですが  笑う番組・・・・しゃべくり007、DMC(アニメ)などで、   笑わない番組・・・・・行列の出来る法律相談所、松本仁志の滑らない話。レッドカーペット 。この結果から、どういう番組が笑えて、どういうのが笑えないのか分かるでしょうか。自分の考えでは、トーク的なものが、自分の頭に入らず、しぐさや行動のようなものが、頭に入るのかなと思います。どう思いますか?頭悪いのでしょうか。ちなみに音楽聴いていても、歌詞が頭に入らないタイプです。どんな番組を見ても笑えるようになりたいです。よく考えたら、話術だけの番組で笑った記憶が余りありません。まずいですか?話術で笑えるようにするにはどうすればよいでしょうか。長くなってすいません。人との対話も下手です。

Aベストアンサー

別に悩む事なんかないですよ。

僕に関して言えば、「エンタの神様」に出てる芸人よりperfumeやしょこたんの方がよっぽど面白いと思います。何が面白くて、何がつまらないかなんて個人の感性なんだし、無理に「話術で笑えるようにする」事もしなくていいです。それに頭が良い・悪いと感性は全く別物です。

音楽にしても歌詞が頭に入んなくてもメロディやリズムに感動できるなら素晴らしい事じゃないですか。

Q昔見た漫画(アニメではないです)

昔病院の待合室で読んだ雑誌に載っていた漫画が気になっています。少女漫画ではなく少年漫画か青年漫画だったと思います。漫画というカテゴリーが見当たらないのでアニメで質問します。

(1)主人公は男と女の2人組。兄妹だったかも?
(2)霊または化け物を退治するような話。
(3)読んだ話ではクモか猫みたいな妖怪(?)に憑かれた女の人が出てきて、その女性の胸に痣か何かが浮かんでいた。
(4)主人公の男がその女性の父親の前で服を肌蹴させて見せるが、痣がなくなっているシーンがある。(その後主人公は家から追い出される)
(5)女性のお風呂のシーンでその痣が背中に移っていた事が判明する。
(6)絵柄は割と綺麗で、主人公の妹は耳の前の髪だけ長く、兄は黒髪だった?

怖くてここまでで読むのを止めてしまったのですが、今とても気になっています。お分かりの方はいらっしゃいませんか??

Aベストアンサー

「不思議ハンター」でその話を読んだ覚えがあります…まず間違いないかと。

(1)兄妹です。
(2)その通り。
(3)もしかしたら鵺だったかも。
(4)このシーンはありました。
(5)ここは覚えていません。
(6)兄の黒髪は確かですね。

Q家族モノで感動する番組や暮らしがわかる番組等教えてください!

家族もので泣ける、感動する番組、映画等教えてください。
例えば、家族皆が貧しいながら支え合っていたり
問題がありながら頑張って生きていたり
その暮らし(生活)がわかる番組や映画など教えて頂きたいです。
(内戦中の村など)

私のお勧めは
「世界がもし100人の村だったら」です。

このような感じのモノを是非教えて頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

土曜日のお昼にやっている「まごまご嵐」に感動しました。


別にジャニーズのファンではないのですが、嵐のうち2人が
1日だけ
おじいちゃんおばあちゃんの孫になるというコーナーで
号泣してしまいました!笑


写真が趣味のおじいちゃんと、
幻のランを探しに山奥まで出かける嵐もいれば、
ひとり淋しく家で待つおばあちゃんと
大正琴をいっしょに奏でる嵐もいれば・・・。


でも実は
おじいちゃんは、花が好きなおばあちゃんのために
幻のランの写真を撮ってきてあげたかったから、だったりして
ほほえましい内容ながら、
笑いと涙も満載でした♪


子供から大人まで、あらゆる人が楽しめそうですので
ぜひ一度ご覧ください^^

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2005/05-111.html


人気Q&Aランキング