親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

真剣に悩んでいます。
私の彼は障害者福祉施設で働いており、約3年になろうとしています。
最近の彼は最初のころとは違い、今の仕事に情熱がなく、自分を高めようとする努力はほとんどありません。
ある程度楽なポディションまできたらしく、口では名前を残せるくらいの存在になるとか、障害者が自分目当てに来てくれるようになるような
施設をめざすとか、一見聞くと安心するようなことをよく言うのですが、ところが、生活態度や、会話、仕事場の人間を見聞きしたりしていると、まったくただの空自信にしか捉えることができないのです。
少しでも資格を取る勉強をしているとか、社会に目を向け見学や勉強会に参加したりしているのなら、わたしも手伝えることをさがすのですが、そのような様子は今のところありません。

これが原因で私もだんだん不安になり、とうとう最近違う仕事を勧めてしまいました。
まだ20代半ばで今が考え時かと思い、思い切って話をしてみたのですが
勧めたのはいいものの、本当にすすめていいものか、私もまったく素人なので、障害者福祉に関してまだまだ勉強不足です。
いずれは結婚も視野に入れて生活してるものですから、このままでは、女としても不安です。
これからの時代、障害者福祉で将来生活ができるのかどうか、国の政策など、まったく予想がつきません。国が福祉に目をむけ、予算を増やしていってくれるものとは考えにくいですし、障害者福祉でどのようにしたら利になるような仕事ができるのか、時間が経ってしまわなければわからないことだらけです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

障害者福祉の動向が気になるようですね。

簡単に言えば国は金のかかる福祉事業はしたくない、というのが本当のところでしょうね。介護保険に代表されるように、これまで社会福祉法人が行ってきた、補助金による福祉事業から、民間活力導入といいながら予算を減らしてきているのが現状です。楽して金の儲かる商売じゃないことは確かですし先行きの安定性というテンでも良く分かりません。彼氏の状況、あなたの文で手にとるように分かります。きっと、失望感と不安で一杯なんでしょう。転職を考えるパワーもなく、ココにいるしかないのかなという感じでしょうか。実を言うと福祉の現場というのは貴方の彼氏のような人が意外と多いんです。燃え尽きとまでは行かないものの、最初は持ってた理想が待った無しの現場ですり減らされていく。まあ、福祉だけでなく仕事の現場は皆似たようなものですが。3年間も勤めたのは性格的に向いてるからでしょうか、それとも、今の待遇を得るのが他でどうなるか分からないということでしょうか。もし、今の仕事が向いていると感じているならばもう少し現状でがんばってみませんか。もちろん歯を食いしばってとは言いません。ただ、もう少し冷静に、そして謙虚に自分とその仕事を見つめること。そのためには他の施設で同じような仕事をしている人と話すことが一番だと思います。わたしも福祉の仕事をしていますが、同じような境遇だけども違う職場の友人というのは貴重なものです。モチロン価値観が近くないとしんどいだけですが。
 福祉業界の先行きを心配するのも分かりますが、彼の心のうちに巣食っている川の流れに身を任せ症候群のほうが心配ですネ。燃料を補給しないと本当に燃え尽きちゃいますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
私がこの話を持ち出してから、多少言い合いにもなりましたが、
彼の中でもやっぱりこのままではいけないと思っていたらしく、彼から積極的に話をしてきたり、いろんな人の意見をいただいて、
「今はかえってやる気が出た。今までの俺の視野は確かに狭かったけど、たくさんの価値観の合う人たちに、たくさんのことを教えてもらえるようにしていく。」
と、まさにkarsoon50さんのアドバイスを自ら口にしていました。笑顔も良くなったみたいです。
今の彼にこの回答を見てもらうつもりです。
とてもわかりやすく大人な意見をありがとうございました。
私も勉強になりました。

お礼日時:2006/09/25 20:19

私なりの意見を言わせて頂いて宜しいでしょうか?現在、ヘルパーは資格がなくても仕事に従事できます。

しかし今後、介護の現場の質の向上を名目にした法の改正で500時間の講習を受けないと仕事に従事できなくなります。(ヘルパー2級をもっていると200時間軽減。さらにヘルパー2級をもった人が常駐現場に1年間勤務すると半分つまり(500ー200÷2)=150時間のですみます。※これは今後、全てのヘルパーが受けなければなりません。時間は少ないですが、1級ヘルパーの資格所持者も受けなければいけません。しかし講習を受ければ必ず良いヘルパーになれるのでしょうか?(受けないよりは受けた方が知識も高まり良いとは思いますが…)何を根拠に情熱がないとおっしゃっておられるのかわかりませんが、若い方は情熱をもって現場に入られますが仕事になれた1年くらいで理想と現実のギャップに悩み【燃え尽き症候ぐん】という状態に陥り仕事を辞めていく人が多いんです。彼の理想は素晴らしいと思います。(生活態度はわかりませんが…)彼の介護への取り組み方は彼を見るよりも利用者さん(特に認知症の)を見たほうが良くわかると思いますよ。良いヘルパーさんは利用者さんからの信頼度が全然違います。それと資格をとりケアマネなどになり福祉の世界全体を良くしようとするのも1つの考え方ですが…、現場から遠ざかってしまうのはどーでしょうか?上記に記載した法の改正も当初Newsなどで【ヘルパー2級】の資格をすぐに廃止するようなニュアンスの発表をされましたよね?介護の現場の95%がヘルパー2級の人でなりたっているのを国は知っているのか?95%の人が急に現場に従事出来なくなって仕事がまわると思っているのか?介護保険適用への対応はどぉー考えているのか?など疑問が山盛りでした。資格をもっていても馬鹿ではどーしようもありません。介護の未来を良くしていくのは現場からだと私は考えます。(今後高齢者はますます増えてくるので仕事的には沢山あると思いますよ)見学なども勉強にはなると思いますが、一人一人利用者さんにあった介護をすることが大切ですし、見学したことが全て現場の利用者さんに適応できるかというと疑問です。人間を相手にすることなので、直ぐに結果を出すことは難しいですし、ケアマネや介護福祉士の資格を取るにしても実務経験3年は必要なんでもう少しだけ長い目で見てあげることは出来ませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変親切にご回答いただきましてありがとうございます!
そうですね。私の視点だけではなく、他の人たちの視点からもみてあげると、仕事に対する彼の考えや、理想がわかってきますね・・・。(わかりにくい部分も多いのですが・・・)
このことで多少言い合いにもなったのですが、彼自ら話をしてきたり、いろんな人に意見やアドバイスをいただいて、今はかえってやる気が出たといっておりました。本人もやっぱりこのままではいけないと思っていたのでしょう・・・。彼は今までは視野が狭かったけど、もっと価値観の合う、いろんな人たちの意見を聞いていくようにしていくと言っておりました。

この回答を彼にも読んでもらおうと思います。
現実をしっかり見据えた方からの回答は、彼も私も大変刺激になります。これからはもうちょっと私が腰をすえて、彼を見守っていこうと思います。

お礼日時:2006/09/25 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福祉業界の将来性

現在老人保健施設に勤務する30歳の者です。
仕事自体には特に不満は無いのですが、現実問題給料があまりにも低く転職を考えています。
今回転職活動をするに当たり、社会福祉法人、有限会社やNPO法人が経営する小規模の所、全国規模の大手介護福祉事業者を一通り求人情報を見ました。

はじめネットや求人雑誌で見た感じ、全国規模の大手介護福祉事業者の給料がとてもよさそうに思えましたが、求人票を取り寄せるとそのカラクリが分かりました。
基本給が低く、その代わりに各種手当てが基本給よりも多いのです。つまり「ボーナスや退職金をあまり期待できないということかな?」と思いました。

有限会社やNPO法人が経営する小規模の所は、基本給や各種手当は社会福祉法人並ですが、昇給や退職金の面で不安が残りそうです。
とは言っても少人数ゆえ、将来的に幹部になれる可能性が高いようにも感じます。

となるとやはり社会福祉法人が経営するところが一番安心ということになるのでしょうか?

自分としてはこじんまりした小規模の所の雰囲気がとても好きなのですが、妻子を持つ身分では将来性を考えてしまいます。 

現在老人保健施設に勤務する30歳の者です。
仕事自体には特に不満は無いのですが、現実問題給料があまりにも低く転職を考えています。
今回転職活動をするに当たり、社会福祉法人、有限会社やNPO法人が経営する小規模の所、全国規模の大手介護福祉事業者を一通り求人情報を見ました。

はじめネットや求人雑誌で見た感じ、全国規模の大手介護福祉事業者の給料がとてもよさそうに思えましたが、求人票を取り寄せるとそのカラクリが分かりました。
基本給が低く、その代わりに各種手当てが基本給よりも多いので...続きを読む

Aベストアンサー

僕は現在50歳
この業界に入って6年です。
始めは介護職員として勤め、2年目から人生経験を生かして相談員に成りました。
前職より給与は60%ダウンしたけど、遣り甲斐はありました。(現在でも50%)

社会福祉法人ですが、護送船団の遺物のように何も知らない職員ばかりで、独学を続け介護保険制度も学習して居宅支援事業所、訪問介護事業所、特定施設と僕が企画し申請して創りました。

大きな施設だから余力があり、新規事業へも取り組めます。
小規模な施設がよければ貴方が作ればいい!
その代わり、人の10倍勉強してください
24時間福祉・介護を考えてください。
認知症ケアの講師もできるレベルまで学んでください
全ては姿勢です。

僕は6年間で就業規則の全面改定もしましたし、全業務の見直しもしましたよ。
でも、職務は今も相談員
2年後に新施設を作るので、転籍する予定ですが法人には役員又は事務局で関ります。

何から勉強??
手当たり次第勉強です。
気になることは全部
介護保険法、基準省令、基準通知、通知解釈、Q&Aも全部勉強してください。
資格も必要でしょう

相談員5年で昨年ケアマネ受験して合格し、非常勤でケアマネの実務と相談役をしてます。

まだ若いから無茶しても頑張ればいい
福祉業界だけでなく周辺知識も一緒に勉強してください
読むことです
理解して納得するまで勉強ですよ。

僕は現在50歳
この業界に入って6年です。
始めは介護職員として勤め、2年目から人生経験を生かして相談員に成りました。
前職より給与は60%ダウンしたけど、遣り甲斐はありました。(現在でも50%)

社会福祉法人ですが、護送船団の遺物のように何も知らない職員ばかりで、独学を続け介護保険制度も学習して居宅支援事業所、訪問介護事業所、特定施設と僕が企画し申請して創りました。

大きな施設だから余力があり、新規事業へも取り組めます。
小規模な施設がよければ貴方が作ればいい!
その代わり...続きを読む

Q障害者相談支援員の仕事について

障害者の相談支援員の仕事について質問です。先日面接を受けてきました。

簡単に言うと、どういうことをする仕事なのでしょうか。相談して来られた障害者の方に、適した施設を紹介するなどのこと、と理解していますが、大まかにいうとそういうことでもいいのでしょうか。

全くの未経験ですが(福祉じたいも)、教育系の大学を卒業していることで採用担当の方が少し前向きに考えてくれているようです。もともと経験者や有資格者を希望してあるようですが、なかなかそういう方が応募に来られないために、採用の幅を広げた、と言われていました。

実際に現場で働いている人も、福祉系の資格は持たず、教育系の大学卒で、仕事をしながら社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取っていき、仕事ができるようになったとのことです。

他の人に聞くと、大変な仕事だと言います。覚えることも多いし、法律がちょくちょく変わってきているので、一層大変だと。ましてや未経験の人が入って仕事をするのは無理があると。

もちろん、期間採用(契約社員で数年間の期限)で、自分が主になるわけではなく最初に見習いから入っていく形にはなるはずですが、それでも不安です。

実際、この世界でやっていけるか、という覚悟がまだ持てずにいます・・・。
もし、採用になったとして、どういうところを再度確認したほうがいいと思われますでしょうか。

経験者の方、または福祉関係でご存知の方で構いません。よろしかったらアドバイスをお願いいたします。
(知り合いに、福祉の仕事をしている人が誰もいません)

障害者の相談支援員の仕事について質問です。先日面接を受けてきました。

簡単に言うと、どういうことをする仕事なのでしょうか。相談して来られた障害者の方に、適した施設を紹介するなどのこと、と理解していますが、大まかにいうとそういうことでもいいのでしょうか。

全くの未経験ですが(福祉じたいも)、教育系の大学を卒業していることで採用担当の方が少し前向きに考えてくれているようです。もともと経験者や有資格者を希望してあるようですが、なかなかそういう方が応募に来られないために、採用の幅...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

知的障害者・精神障害者施設で相談員の経験があります。

社会福祉士でしたが、経験が無かったので

最初は障害者理解のために、障害者の方々と一緒に作業をしました(施設は授産施設でした)

知的障害と言っても、色んなレベルの方がいらっしゃいましたし、年齢が違うと受けた教育も違っていました。また、生育暦(親のかかわり方等)によっても違いが出ていました。

皆さん大変個性的でしたよ。

年代や家庭環境によっても抱えておられる問題は色々でした。


窓口に来られる方々の相談に対応されるのですね。
障害者ご本人・ご家族・民生委員さん・ご本人の友人・近所の方等々いろんな方が相談に来られると思います。
一度の相談で答えが出る事は少ないのではないでしょうか。
まず、良く話を聞き、ご本人さんの生活状況をアセスメントして、ご本人さんにとって一番良い方法を見つけていく事がお仕事になると思います。

施設入所は最後の手段になると思います。

相談に来られるご本人だけでなく、ご家族全員に支援が必要な場合もあります。

大変と言えば大変ですが、問題解決まですべて一人で支援するわけではないと思います。
色んな社会資源と連携をとって、複数の支援者が一人の障害者の方を支えます。



障害の理解・社会資源の把握・制度や施策の理解・他の支援者と協働できること等々が必要です。
そして何よりも、障害者の方の話にじっくり耳を傾ける事が大切ですね。


ある障害者の方が「昨日、足を怪我した」と言ってこられたので、慌てて対応しようとしたら、1年前の話でした。その方は、過去は昨日・現在は今日・未来は明日といった表現しかされない方でした。

また、ある精神障害の方は、授産施設の帰りに毎日支援センターに相談に行っておられました。
毎日1時間、施設の不満をいいに行っておられました。
センターの相談員さんに後でお聞きしてビックリしました。


最初は、慣れなくて振り回される事もあるかも分かりません。
オンとオフを使い分けて、上手にストレス解消する事が、仕事を続けるコツだと思います。



不安もあるでしょうが、もしかしたら向いているかも分かりません。

せっかくのチャンスですから、やって見られたら良いと思います。


教育系の大学を卒業されているとのことですが、相談支援は教えるのではなく
相談者ご本人の意志を尊重しつつ、一緒にご本人にとって一番良い方法を見つける事だと思います。

ご本人さんが自分で決められるように支援していく事が大切かと思います。


どうぞ頑張ってください。
失礼しました

こんばんは

知的障害者・精神障害者施設で相談員の経験があります。

社会福祉士でしたが、経験が無かったので

最初は障害者理解のために、障害者の方々と一緒に作業をしました(施設は授産施設でした)

知的障害と言っても、色んなレベルの方がいらっしゃいましたし、年齢が違うと受けた教育も違っていました。また、生育暦(親のかかわり方等)によっても違いが出ていました。

皆さん大変個性的でしたよ。

年代や家庭環境によっても抱えておられる問題は色々でした。


窓口に来られる方々の相談に対応され...続きを読む


人気Q&Aランキング