自転車の車輪ですが(例えば)18インチ、24インチだったら大きいほうが少ないエネルギーで早く、遠くに進めますよね(たぶん)  ではギアの大きさはどのように関係あるのですか?ちょっと質問が上手く出来ないのですが「どっちのギアで、どちらが少ない力で早く、そして遠くに進むのですか?」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

テコの原理とは別に、経験的にですが、なぜか大きい車輪の方が小さい車輪より楽なことは確かです。

直進性が良いからかも知れませんが。
前ギヤ÷後ろギヤで比率お出しますが、その数字が大きいほうが(自転車の進む距離が長く) スピードが出ます。しかしぺたるは重くなりますから、上り坂などでは、ギヤ比を落として足の回転で登るわけです。
その足の回転力には慣れと個人差があります。くるくる回すほうが性に合っている人、じワ~と踏み込むのを好む人それぞれです。
昔、泊りがけのサイクリングにいったときなどの経験では、重いギヤ(ギヤ比が大きいことを重いと言います)ではその日は良いのですが翌日足が鉛のように重くなりました。軽いギヤでは疲労感もなく快適でいられますが、仲間のスピードについてゆけなくなりました。私には回転力がないということです。心拍数を高く維持できる人ほど有利になります。私は心拍数が120以上に上らないからでしょう。心拍数以上の反復作業は長続きしないからです。安静時50・最高心拍数180なんて人もいるそうです。
早く遠くに進む方法は大きめの車輪、高いタイヤの空気圧、乗車姿勢で決まると思います。チューブラタイヤをつけたドロップハンドルの自転車で、自分の手足の長さに合わせ調整をしたロードレーサでしょう。27インチということになります。
いわゆるままチャリでも空気をやや高めに入れるとかなり楽に走れます。入れすぎるとバーストしますから、限界を知る必要がありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しくありがとうございました

お礼日時:2002/03/24 18:47

No.3のものです


再び回答します
すっかり忘れていましたが、ホイールの大きさについてですが、26インチの場合ホイールの外周が約207CM、20インチだと約159CMとなります
この値は、二つの自転車のホイール以外の条件が同じで、ギヤ比が1である場合、クランクを1回転させると26インチのほうが約48CM前に進むということです
よって、同じ力で自転車をこぐ場合、機械的な条件が同じである場合は、ホイールが大きければ推進力は上がります
    • good
    • 0

こんにちは karikataさん



自転車の車輪(車輪自体はリムといい、中心についているものをハブ、ハブとリムを繋いでいるものをスポーク、ハブ、リム、スポークをまとめて、ホイールといいます)の大きさとエネルギーの関係ですが、確かにフロント、リアのギヤ比によって、軽い力で自転車をこぐことが可能ですが、その前に自転車自体は、てこの原理で動いています

ペタルがついている金物をクランクといいますが、まずはこの長さにより、力のかけ具合が変わってきます

大きな石を動かしたい場合、長く太い棒を石の下に置き、支点となる部分に小さな石を置けば、少ない力で重いものを持ち上げることができます

クランクはこれと同じで、長ければ少ない力でホイールをまわすことができます

ただ、クランクは長ければ長いほうが言いという分けではありません

自分の足の長さを考えて、クランクの長さを決めなくてはなりません

最後にギヤ比のことですが、ギヤ比の計算式は、=(フロントギヤ)÷(リヤギヤ)で計算できます

フロントが50、リアが25の場合、ギヤ比は2ということになります

この2という値の意味は、クランクを1回転させたときのホイールの回転数を表します

よって、クランクを1回転させると、ホイールは2回転します

フロントとリアのギヤの歯(ギサギザになっている山の部分)値の差が大きければ、クランク1回転で、ホイール回転数は大きくなりますが、その分クランクにかける力も大きくなります

逆に、フロントのギヤの歯の値を小さくすると、クランクにかける力は小さくなりますが、ホイールの回転数は下がり、なかなか前に進まない状態になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変理解しやすかったです ありがとうございました

お礼日時:2002/03/24 18:52

追伸



車輪についてですが
ギアと同じように遠くに進める分必要なエネルギーは大きいため、大きな車輪だとこぎ始めにちょっと大変かもしれません(小さなものと比べると)。

その分速度に乗ったらぐんぐん進めるでしょうけど
(ひと漕ぎで進める量が大きいため)

あと最後の「ギアの仕組み」は「ギアの原理」の間違いです。MTBのギアを見て自動車のトランスミッションの仕組みが理解できたら超能力者です(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありごとうございました

お礼日時:2002/03/24 18:34

ギアとは歯車の大きさの違いを利用して


・動かすのに必要な力
・動く量
を変化させるものです。

中学校などでやる仕事量などと同じで
使っている労力(足を動かす力)は一定で
それを楽に動かすか(力は少ないが、たくさんこぐ必要がある)、速く走りたいか(少ない量で速く進むが、こぐ力はたくさん必要)を使い分けます。

よって御質問のように
「少ない力で&遠くに進む」
というのはありえません

走り出すときは多くの力が必要となるため「低い」ギアでこぎ、ある程度(高いギアでもこげる)の速度になったら
「高い」ギアにして少ない回数でたくさん進むように使い分けます。高いギアでも楽に感じるのは速度が乗ってくるとそれを維持するのに必要なエネルギーが少なくてすむためです。

ギアの仕組み(車・自転車・歯車)などは
お近くにMTBなどのギアが露出した自転車をお持ちの方がいればよく分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明ありがとうございます

お礼日時:2002/03/24 18:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車 あさひ

先日自転車パンクしてしまって、タイヤ、チューブを自分で取り付けたら、これからあさひでの修理を、受けることは、できるのでしょうか?

Aベストアンサー

サイクルベースあさひは、基本何処で購入した自転車でも修理を受けてくれる様です。
ママチャリタイヤ+チューブ+リムテープ1本分 相場1,500円 自分でやればここ価格のみ
自転車屋相場 フロント3,000円 リア3,500円 それでよければ 持ち込んでやってもらえば良いでしょう。 直ぐにやってもらえるとは、限らず 預かりで指定時間に取りに行く形でしょう。

Qエネルギー(熱エネルギー、電気エネルギー)の問題

明日物理の試験なのですが、本当に苦手なので中々答えが出ません。
得意な方、出来れば簡単な解説とともに計算式・答えを教えていただきたいです。

**
(必須)某社の電気ポットは消費電力が700ワット(1ワットとは、1秒間で1ジュールの電気エネルギーを消費すること)で、2Lの湯を沸かすことができる。

(1)15℃の水2Lを100℃に熱するために必要な熱エネルギーは何calか。
ただし1Lは1000cm3であり、水1cm3の質量は1gとする。

(2)これをジュール単位に換算せよ。
ただし、1cal=4.2ジュールとする。

(3)消費した電気エネルギーが全て熱エネルギーに変換されるとすると、この電気ポットで15℃の水2L沸騰させる(100℃に熱する)のに何分間かかるか。

++

どうかお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

(1)
1カロリーは、1g(体積で言えば1cm^3)の水の温度を1℃上げるエネルギーです。

ですから、
15℃から100℃にするということは、85℃上げるということ。
つまり、温度上昇は、1℃の85倍です。
そして、
2L = 2000cm^3 ですから、1cm^3 の場合の 2000倍のエネルギーが必要です。
ということは、
「1カロリーの85倍の2000倍」のカロリー(エネルギー)が必要です。

(2)
「(1)の答え(単位は[cal])」 × 4.2[J/cal]
です。
単位を見れば、cal×J/cal = J でジュールになりますよね。
ですから、(1)の答えに4.2をかければいいんです。

(3)
ワット(W)は、[W]=[J/秒] です。
ワット数が大きいほど時間は短くて済みますから、ワット数をかけるのではなくワット数で割ることになります。
ですから、式は、
「(2)の答え(単位は[J])」÷ ワット数[J/秒] = かかる時間(単位は[秒]
となります。
単位の関係も、J ÷ J/秒 = J × 秒/J = 秒 となりますから、矛盾していませんよね?
ちなみに、「何分間」というのが問題ですが、上の式の答えは秒で出てきますから、
仕上げに秒を分に直さなくてはいけません。


ご参考になりましたら。

こんばんは。

(1)
1カロリーは、1g(体積で言えば1cm^3)の水の温度を1℃上げるエネルギーです。

ですから、
15℃から100℃にするということは、85℃上げるということ。
つまり、温度上昇は、1℃の85倍です。
そして、
2L = 2000cm^3 ですから、1cm^3 の場合の 2000倍のエネルギーが必要です。
ということは、
「1カロリーの85倍の2000倍」のカロリー(エネルギー)が必要です。

(2)
「(1)の答え(単位は[cal])」 × 4.2[J/cal]
です。
...続きを読む

Q自転車のあさひ の店はネットで注文したクロスバイクの組み立てをやってくれますか? また、費用はどのく

自転車のあさひ

の店はネットで注文したクロスバイクの組み立てをやってくれますか?

また、費用はどのくらいかかりますか?

Aベストアンサー

組立も出来ない 自身でやる自信が無いのに ネット通販で買うものでは、有りません

普通の自転車屋スポーツサイクルショップでは、門前払いか怒られます。
サイクルベースあさひなら 受けてくれるかもしれませんが 一応礼儀正しくお願いするような形で 聞いてみてください。

箱入り配達なら7部組立 
ホイール前後組み付け ハンドルをコラム(Fフォークから出てくるパイプ)に差し込み固定、サドル、ペダルを取りつける程度
ブレーキや 変速機のワイヤーは、一応調整済ですが 中華でいい加減な組立調整なので有ってるか???(店では再チェック再調整します)

車体そのもので配達 
ハンドルが斜め固定なので 真っ直ぐに直し ペダル取りつけ程度
完成車様態で配送なので傷が付くリスクが大で 少々の傷は、クレーム交換されない
(変形とかでないと交換は、無理)
こちらも ブレーキ・変速機のワイヤー調整は、ちゃんとできてるかは???
※組立に際し 工具は、必要 ペダルレンチ、六角レンチ

あさひで組み立てうけてくれても 組み立て工賃は、掛かります。
通販購入費用、送料+持ち込み組立費用 結果高くつくと思います。

初めから あさひで新車購入した方が良いです。
スポーツ自転車は、変速ワイヤーの初期伸びが起きます。なので 1か月点検と言うのがあり 各所のネジ緩みチェックや作動確認 ワイヤーの調整を無料で行います。
リアル店舗で購入すれば 初回1か月点検は、やってもらえます。その後も変速機の不調などが出ることがまず想定されます そういうときに購入店へ持ち込めば 無料もしくは安価にやってもらえます。

しかし通販購入車で 1か月点検などやってくれるところは、有りません
輸入販売だけなので 修理整備などしてませんし 技術者も居ません 売ってポン 後知らない~と言うのが 通販自転車です。

ホームセンター自転車や通販自転車を 街の自転車屋へ持って行くと 大半修理や整備を断られます。
まともな部品を使っていない、きちっと組み立てられていない、きちっとした調整がなされていないのが要因です。 自転車屋さんは、職人です。言われた部分だけの修理でも付近の状態が 変(間違った組立や調整)な部分が見えれば 関わりたくない。
パンク修理だけうけたのに その後走っていてハンドルが緩んで事故った場合。
〇〇自転車店でパンク修理した際にハンドル緩んでるなど言われなかったなど 責任を最後に触った自転車屋さんのせいにする傾向があるからです。
もっとも通販やホームセンターで自転車買うような人は、知識や常識の少ない人なので
関わりたくないので 修理は、断られます。

使い捨てで良いなら 何処で買ってもOK
修理やメンテナンスして長く快調に乗りたいのなら 自転車店で購入してください。

組立も出来ない 自身でやる自信が無いのに ネット通販で買うものでは、有りません

普通の自転車屋スポーツサイクルショップでは、門前払いか怒られます。
サイクルベースあさひなら 受けてくれるかもしれませんが 一応礼儀正しくお願いするような形で 聞いてみてください。

箱入り配達なら7部組立 
ホイール前後組み付け ハンドルをコラム(Fフォークから出てくるパイプ)に差し込み固定、サドル、ペダルを取りつける程度
ブレーキや 変速機のワイヤーは、一応調整済ですが 中華でいい加減な組立調整...続きを読む

Qエネルギー保存則(位置エネルギーと熱エネルギー)

次の問いでどうしても理解出来ない点があります。


問)高さ84mのダムがある。
水の重力による位置エネルギーがすべてエネルギーに変化すると
放流により水の温度は何度上昇するか。
ただし、重力加速度は9.8m/s^2、水の比熱は4.2J/g/kとする


 位置エネルギーとエネルギーの和は=で結ばれるのですよね?

  放流した水の質量をm(kg)、温度上昇をt(℃)とするとエネルギー保存の法則より

    m×9.8×84=1000m×4.2×t
             t=0.196

    となっているのですが、なぜ水の質量mは1000でかけるのかが
    わかりません。
    どうしてなのでしょうか?
    また、位置エネルギー、熱エネルギーの公式は覚えておく方がよいのでしょうか。
 
    よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は理系ですが、公式は暗記していません。
どうやって覚えているかというと、

「位置エネルギーは、力に対して、その力をかける距離をかけたもの」
これって、仕事の定義と同じでしょう。

「比熱は、温度の上がりにくさを表す物質固有の比例定数」
「物質の量(質量)が多いほど、それだけ熱を与えないと同じだけ温度が上がらない」
これさえ覚えておけば、いつでも、
温度上昇 = 比熱 × 質量 × 与えた熱量
という式が書けます。
単位だけ書くと、
K = ? × kg × J
ですから、つじつまを合わせるためには、比例定数である比熱の単位は当然、K/(J・kg) になります。

問題では、K/(J・kg) ではなく K/(J・g) になってしまっているので、
4.2K/(J・g) = 4.2K/(1J×0.001Kg) = 4200K/(J・Kg)
と直してから計算すればよいです。
それが、1000をかける意味です。

Q自転車 あさひのサイクルメイト

自転車あさひのサイクルメイトに加入すると“2年間の無料点検”という特典がある、
と記載されていますが、それは

・「2年間の間ならいつでも店舗に持っていけば無料で点検してもらえる」
・「6,12ヶ月・・・の定期点検時の費用が無料になる」

のどちらなのでしょうか。調べてもイマイチ詳しく書いてあるページが見当たらなかったので・・・
知っている方がいらっしゃいましたら、教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

Yahoo!知恵袋にあさひの店員さんの回答があったので紹介を…

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1171569196

一部引用すると、
>サイクルメイトで受けられる「無料点検」というのは、
>基本的にはブレーキや変速調整など、頻繁に調整
>が必要になる部分の点検・調整がメインになります。

>もし「無料点検」で持ってこられて、追加で料金が発
>生してしまう場合などには事前にお伝えするはずな
>ので、お気軽に、どんどん店舗にお持ちください。
>回数に制限はございませんが、サイクルメイト自体
>の有効期限が加入から2年間です。

という事でした。回答1の内容とはちょっと違うみたい。

ネットでもいろんな情報が混じってますね。
きちんとホームページで説明しておけばいいのに。
もしかしたら書いたらマズい事でもあるんでしょうか?

Qベルヌーイの定理とは、速度や圧力は変化するが位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーは、変化し

ベルヌーイの定理とは、速度や圧力は変化するが位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーは、変化しないということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

何をとぼけたことを!勉強してないことが明らか。
ベルヌーイの定理はエネルギー保存の法則そのもの。
何をとぼけたことを!勉強してないことが明らか。
ベルヌーイの定理はエネルギー保存の法則そのもの。
位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーの総和は不変。
これがベルヌーイの定理

Q自転車屋のあさひって、大丈夫ですか?

一年くらい前でしたが、店員に話を聞いても、ギヤの段数が書いてあるのと違う段数を言うし、質問しても明らかに間違っている答えが返ってきたりして、しまいにキレだす店員がいました。


自転車自体は問題なく値段を重視していい感じだったんですが、とにかく、営業なのに対応が普通に返答ができない。


なんか、買うのはいいけど、もう利用しないって心に感じてしまいました。

別にそういう店員の態度とかには無関心なFC形式なのでしょうか?

さいきん、近所のいい自転車屋が閉めるし、ホームセンター付帯のところは忙しくて、まともな工具も揃ってないからとかいいだすし、いい感じがしません。

ほんと、参りました。


金払って、高いプロショップみたいなところにいくしかないのでしょうか。。

自転車って、近場じゃないと、行けないっていうジレンマがあるんですよね。とくに足回りの問題だと。

Aベストアンサー

お客は あなただけでは無いので 心配無用

Qこのような静電エネルギーの充電されたコンデンサをコイルに繋ぐとエネルギーが消費されずエネルギーは行っ

このような静電エネルギーの充電されたコンデンサをコイルに繋ぐとエネルギーが消費されずエネルギーは行ったり来たりすると習いました。

そのエネルギーの向きについてなのですが、図Aのコンデンサ→コイルの時は+電荷が図のように上側に貯まっているのでエネルギーは時計回りに流れるのはわかります。

分からないのはコイル→コンデンサに向かうエネルギーの向きです。
以前、Bのようなスイッチのある回路を図Cのようにスイッチを開放するとでんりは図Cのように流れ、それは図Dのように電池を付けたのと同じようなもの
と習いました。その理屈ですと図Aもエネルギーが行ったり来たりする時
コンデンサ→コイルは時計回り
コイル→コンデンサも時計回り
になると思うのですがコイル→コンデンサは反時計回りだそうです。

どこを間違えているのでしょうか。

Aベストアンサー

>コイルの場合は、コイルはスイッチオフすると
>直前の状態を維持しようとするので
>電流の流れもそのまま維持→電池でいうと陽極が
>下側にくるので右側だけの回路

あ、そうか。右の四角の電流が逆になるという意味なら
正しいですね。

図をよく見てませんでした。申し訳ない。

これ、エネルギーの流れとどう繋がるのでしたっけ。

Q自転車業界って儲かってるんですかね

 自転車販売店の「あさひ」が掘北真希を起用してCMを放送していますが、自転車の販売店が大々的にCMを流すって珍しいですよね

 ロードバイク人気の影響から、自転車業界ってやっぱり儲かっているんですかね?

Aベストアンサー

大半の方が、売れていないからCMを流して、儲けようとしてると考えますが・・

実は、CMを流すと言うことは儲かっているから流すのです。儲かっていないのにCMなど流せる訳はないのです。
解りやすく言うと車がそうです。売れている車もしくは、以前から売れていてさらに改良してもっと売りたい車種など
をCM対象にします。売れてないのにCM流すほどの賭けにでるほど企業には余裕はないです。

だから、逆にイオンバイクは片手間で自転車業界に参入したので、CMなど一切出さず店舗の片隅に買い物ついでにどうぞ・・って感じでしか考えていません。ですからイオン店舗内にないイオンバイクで売り上げのないところは速攻撤退しています。CMしたところで、そこに客足が進むことはないからです。出遅れ自転車店舗がCMを出したところで、あさひに対抗できる程、業界は甘くないと言うところですね・・

あさひは、そこら辺はうまく庶民の好む自転車をPB商品として展開しているし、専門車(ロード)などは突起して置いていませんかなり台数が少ないです。その代わり手の出しやすい、シティ自転車の延長にあり、そこそこ走しれて手軽に購入できる価格帯なのでクロスバイクを中心に置いています。子供、小中高生、大人・・誰もが平均して欲しい物を置いているしかも、PB商品も多いので利益も多い。だから、CMも流せるし、ご覧の通りPB商品を中心にCMしています。先ほどの売れている商品をCMで流す。あさひはPB商品が充実していてそれだけ売れていると言うことですね。

関西の自転車ショップ、だいわサイクルこの頃CMしません・・CM入れても儲けが変わらないからです。PB商品も少なくCM対象になる商品がない中CMをするよりも、名が売れているので店舗拡張した方が会社としては儲かってるようです。

専門書ショップは、CMなど流せないので、口コミ及びネットで名をうるしかありませんね^^

業界自体は落ち着いてきているようですが、元々の定数が増えたのは確かなので、その定数の人間が徐々に周りを巻きこんで増えて行くって感じですね^^乗れなくなる人・・増える人がトントンぐらいで、定数自体は変わらない感じだと思います^^

スポーツ車は落ち付く感じで、一般車はまだまだ儲かると思いますよ~^^

大半の方が、売れていないからCMを流して、儲けようとしてると考えますが・・

実は、CMを流すと言うことは儲かっているから流すのです。儲かっていないのにCMなど流せる訳はないのです。
解りやすく言うと車がそうです。売れている車もしくは、以前から売れていてさらに改良してもっと売りたい車種など
をCM対象にします。売れてないのにCM流すほどの賭けにでるほど企業には余裕はないです。

だから、逆にイオンバイクは片手間で自転車業界に参入したので、CMなど一切出さず店舗の片隅に買い物ついでにどうぞ・...続きを読む

Q高速ギア低速ギア

車にはギアがありますよね。それで、高速ギアだと速度が高く、力が弱くなって、低速ギアだと逆に速度が低く、力が強くなりますよね。このことについてどのような物理現象が起こっているのか、数式などをふまえてどなたか教えてもらえないでしょうか。お願いします。昔からの謎です。

Aベストアンサー

ちょっと前回分は適当なことをかいちゃいました。
出力=トルクと言ってしまいましたが、エネルギー単位の出力ではないです。
ごめんなさい。

とりあえず、誤解と思われる部分の指摘から。
・自動車の速度が2倍になったからといって入力は2倍になっていません。
ここで言う「入力」(エンジンの出力)のエネルギーと
「ギアボックスの出力」のエネルギーとは(理想的には)等しくなります。
それは何に等しいかといえば、車の走行にかかる抵抗です。
つまり、車輪の転がり摩擦や空気抵抗などです。
で、これは速度に比例しているわけではないので、
速度が2倍になってもエンジン出力は2倍にはならないのです。

ギア比が一定の場合はエンジンの回転数と速度は比例します。
しかし、エンジンの出力エネルギーは回転数ωとトルクTの積に比例しますので、
同じトルクであれば、出力エネルギーに速度が比例することになります。
が、トルクが変化するわけです。

エンジンの特性でどのぐらいの回転数で大きなトルクが得られるか異なります。
そこで、エンジンの特性にあわせて、ギア比を変えて、できるだけ効率的なところで走っているわけです。

・・・・さて・・・・えーっと・・・・
つまるところ、速度はエンジンの出力特性と車の走行抵抗等のバランスできまっているのであって、簡単にわかる式があるわけではないということでした・・

ちょっと前回分は適当なことをかいちゃいました。
出力=トルクと言ってしまいましたが、エネルギー単位の出力ではないです。
ごめんなさい。

とりあえず、誤解と思われる部分の指摘から。
・自動車の速度が2倍になったからといって入力は2倍になっていません。
ここで言う「入力」(エンジンの出力)のエネルギーと
「ギアボックスの出力」のエネルギーとは(理想的には)等しくなります。
それは何に等しいかといえば、車の走行にかかる抵抗です。
つまり、車輪の転がり摩擦や空気抵抗などです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報