今週、大切なお取引先を接待する機会があります。
担当の方が、学生の頃アメリカの大学で地学を研究されていたとのことで、少しでも話題を提供できればと思います。
地学について初心者にもわかりやすくまとめてあるサイトをご存知でしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下記URLに高校生レベルのサイトがありました。


物足りなければ、地学で検索すれば他に大学の研究室などが、提供しているサイトもあります。

参考URL:http://isweb34.infoseek.co.jp/school/georoom/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすくまとめられているサイトで、私でも興味深く見ることができました。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/24 19:16

おはようございます。



化石については、前に、
「化石からわかること」という質問に答えたことがあり、
その中で、化石についての付随する話も少ししていますので、
とりあえず参考になさって下さい。(すぐ下のURL)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=205780

この中で、私の回答にも、他の方の回答にも
参考URLがありますので、そちらをさらに読まれると、
もっと広範でもっと正確な知識が得られると思います。

化石に関しては、他の 博物館などの公式HPや、個人でも熱心な方のHPで
いろいろなことが分かるのでは、と思います。
また、それらのwebページからのリンクによっても
適切なページを発見できるのでは、と思います。

化石 博物館

あるいは

化石 年代 環境

などで検索をかけると良いのでは。


検索の仕方については、
あまり人様にお教えできるほどの知識や経験がありません。
(この点では、「自信なし」です。すみません。)
個人的には、検索のキーワードをどう設定するか、
ということだと思うのですが。(あたりまえか?)
ちなみに、私も最近はGoogleをつかうことが多いです。

最近、同じ様な質問があったので、下の参考URLに
載せておきます。ご参考になりますでしょうか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=225208

この参考URLにたどりつくまで、
(最近このような質問があったなあ、という記憶をもとに)
このページの一番上の教えて!gooの質問検索に
検索 方法
と入れて検索をかけたら、どえらい数の質問がヒットし、
(まだまだ私も甘いです)
このURLにたどりつくまで5分以上かかってしまいました。
その意味では、「根気」とか、
あと私CATV回線ユーザで結構サクサクですので、
回線の「速さ」とかも重要になってくるのかも知れません。

特に後半(前半もかな?)頼りなくてすみません。
急いでいらっしゃるとは思いますが、
また補足して頂ければ、と思います。
それでは。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=225208
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おかげさまで化石についての知識が増え、取引先の担当者とも仲良くなれました。
検索の方法も、今後もっと勉強してみますね。
本当に感謝感謝です!

お礼日時:2002/04/25 19:10

おはようございます。


サイトの紹介でなくて恐縮なのですが、すこしコメントを。

先方の方が研究されていた「地学」の内容を、
もう少し詳しく聞き出せるとなお良いと思います。
「地学」といっても、あまりに範囲が広いので、そのすべてについて
たとえ基本的な知識でも短時間で学習するのはキツイのでは、と思うからです。

日本の高校の「地学」は、大きく
「いわゆる地質」「いわゆる気象」「いわゆる天文」の3分野からなっています。
各分野のキーワードを思いつくまま書いてみると、
「地質」・・火山の噴火、地震の発生、プレートテクトニクス、
      地層の堆積、岩石の種類、地球の歴史 
「気象」・・大気の構造、温度と湿度、雲の発生、降水の原理、
      天気の変化、大気大循環、地球の熱平衡
「天文」・・太陽の構造、惑星のタイプ、ケプラーの法則
      恒星の種類、恒星までの距離、銀河系の構造、宇宙の進化
などがあげられます。各キーワードで検索をかければ、それなりのWEBページがヒットするのでは、と思います。

大学レベルの「地学」となったら、やはり固体地球を対象にした分野でしょうか。
地質学、鉱物学、岩石学、堆積学、火山(物理)学、地震(物理)学、
地形学、古生物学、地球年代論 などが該当するのでは。

もし、地球を対象にしていても、流体関係であるとすると、
気象学、気候学、大気物理学、海洋学、陸水学、雪氷学 などが該当するのでは。

もちろん、これらもさらに、例えば、
鉱物学なら、粘土鉱物の鉱物学 とか
岩石学なら、火山岩岩石学 とかに細分されるでしょう。

もう少し細かな情報を頂けると、
私もそれにあったWEBページを検索してみたいと思っています。

それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございます。
地学はそのようなカテゴリーに分かれていたんですね。
先方は、地質の研究、特に化石について詳しくご研究なさっていたようです。ですので、化石について初心者でもキャッチボールができるくらいの内容が掲載されているサイトがあれば嬉しいです。

余談ですが、jun1038さんは今回に限らずどのようにサイトを検索されているんでしょうか。
私は主にGoogleを利用しているのですが、情報収集に時間がかかりすぎて、また用語を絞り込みすぎるとヒットしなくて苦戦しており、こちらに投稿しました。
なにかコツでもありましたら、併せてお教えいただけると助かります。

どうぞ宜しくお願いします。

お礼日時:2002/03/26 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都立高校で地学の授業は行われていますか?

専門が地学の高校理科教員です。来年度、東京都の採用試験の受験を少し考えています。
東京都の理科は物理・化学・生物の募集ははありますが、地学での募集はありません。
他の科目で受験することはかまわないのですが、できれば地学の高校教員でありたいのです。

都立高校の先生方および生徒さんに質問です。

都立高校で地学の授業は行われていますか?
行われている場合、専門の地学教員が教えていますか?
そもそも専門の地学教員がいるのでしょうか?
他の科目で受験した地学教員の方はいらっしゃいますか?

回答できる方、お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

東京都ではありませんが、地学を中心に授業等を担当している高校教員です。
私も地学以外の科目で受験し、採用されました。
私のように他科目で採用された教員は、私の自治体をはじめ、全国にいます。
東京都でも、物理で採用され、地学を担当されている方を知っております。

3.11前から、現場では地学教員の需要があります。
私の勤めている高校では、私の着任以降、地学の部活ができましたし、年々地学選択希望者が増えています。
地学の教員が現場にいないから、地学が人気のないように見えるのであって、
地学の教員が現場にいれば、地学の人気はでてくると確信しています。

次のサイトで、東京都内で「地学が学べる高校」が紹介されています。
少なくともこのサイトで紹介されている数以上に、地学担当の教員が東京都にはいるのだと思います。
http://www.ne.jp/asahi/nanto/earth/Chigaku-Manabi-H-index.htm

Q地理と地学??

地理と地学??

受験においての質問です。

地理と地学の違いはなんですか。

詳しく具体例とかあると助かります。

おねがいします。

Aベストアンサー

学習内容で言えば、地理は地図を見て、どの地方がどういう地形をしていてどのような気候で、作物は何がとれるか、どんな産業があるかなど。日本だったら太平洋気候と日本海側気候と瀬戸内気候の違いや、京浜工業地帯や阪神工業地帯とか…。
地学は地層など地質学的なものや、気象や宇宙・天文学も含まれると思います。

Q中学理科(地学分野)と高校地学Iについて

こんばんは

私は現在社会人なのですが、とある理由があって地学に興味を持ち、勉強しようかなと思うようになりました。

そこで、まず中学校の理科の参考書を見たのですが、どういうわけか地学分野の内容が全く頭に入ってないどころか、習った記憶すらない(特に天気や地震の範囲)状態でした。

こう書くと「学生時代不真面目だったんでしょ」と思われるかもしれませんが、私は学生時代(今から17~18年前)真面目な方で理科の成績も良い方でした(ちなみに私立中高一貫校から旧帝大薬学部に進学しました)

このような状態で、地学の勉強をして、中学校の地学分野の理解をし、さらに高校の地学Iをセンター地学の受験者レベルぐらいまでもっていきたいと考えております。

そこで質問なのですが、センター試験対策の地学の参考書を読み、問題演習をして高校の地学Iをある程度のレベルに仕上げた場合、中学校の地学分野は簡単に理解できますか?
(例えば高校化学が理解できていれば中学の化学分野は簡単だと思いますが、それと同じことが地学にも言えるのでしょうか?)

中学の地学分野および地学Iに詳しい方がおられましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんばんは

私は現在社会人なのですが、とある理由があって地学に興味を持ち、勉強しようかなと思うようになりました。

そこで、まず中学校の理科の参考書を見たのですが、どういうわけか地学分野の内容が全く頭に入ってないどころか、習った記憶すらない(特に天気や地震の範囲)状態でした。

こう書くと「学生時代不真面目だったんでしょ」と思われるかもしれませんが、私は学生時代(今から17~18年前)真面目な方で理科の成績も良い方でした(ちなみに私立中高一貫校から旧帝大薬学部に進学しました)

こ...続きを読む

Aベストアンサー

高校生の時期に地学Iを2年間履修した者です。
ということで地学Iの教科書から中学校の理科の教科書の順に見てみました。
学習してからかなりの時間が経ちますが、この順でも中学校の分野の理解は大丈夫でした。

ただ、中学校の理科の知識の発展と言う形で高校の地学Iは構成されていますから、
中学の知識が不安な状態で高校地学に挑むのはやや辛いかもしれません。

Qgoo地図、航空写真の提供元

こんにちは。

gooで昭和時代の東京の航空写真(22年、33年)を見られるサービスがありますが、
あの航空写真の提供元が国土地理院だということは分かったのですが、
誰が撮影したのでしょうか…22年は、米軍?

また、航空写真集などという名目で出版はされていないのでしょうか。
インターネットの画面ではなく、紙に印刷されているものを探しています。

Aベストアンサー

 昭和22年なら、日本の施政権が GHQ にあったので、間違いなく
米軍が撮影しています。米軍は戦後、日本全土を隅から隅まで空撮
しています。占領地の厳密な測量は戦勝国にとっては基本なのです。

 写真集になってはいないと思います。というのも、戦後すぐの
空撮写真をけっこうな値段で売っている業者がいますからね。
たまに新聞や週刊誌に広告が出ていますが、万単位の値段です。
私もそういった写真集があれば、ぜひ見てみたいですけどね。

Q受験での地学選択について

現在高校三年生です。国立大の受験にあたって、センター・2次に地学の選択を考えています。
しかし、学校では地学の授業がないので、参考書による独学をすることになると思います。
そこで参考書選びについて質問があります。
私は地学についてはまったくの初心者で、どの参考書を選べばいいのかまったくわかりません。
アマゾンや書店で探してみましたが、「地学I・II」という本が見当たらないです。
受験地学の良書を教えてください。

Aベストアンサー

高校までの地学はとても広く、地球環境学や天文学の分野も地学に含まれています。基本的に今の時期なら、大学近くの本屋さんや大学内での本屋さんにも教科書が置いてありますので見に行って買われるか、売り切れならば予約をすれば取り寄せてもらえます。大学でも文系の人が習う地学の本は高校で使う本に等しいです。高校の理科の先生は地学も教えられるので、その先生になんという本が良くて、どこで買えるかをきいてくるのも良い作戦です。
さて地学の三本柱は
・天文学
・環境科学・地球の仕組み
・火山・地震
ですね!!天文学では太陽や惑星の違いや単語、星間物質から超新星爆発までの流れや星の明るさと大きさをあらわしたHR図の知識が必要です。
地球環境学では地球46億年の歴史を1年間のカレンダーにしたという内容で良く取り上げられます。これはNHKスペシャルを見れば映像と共に知識を楽しく学べます。地球の仕組みとはなぜ自転や公転をするのかとか地殻 マントル 外殻 内角の違いや液体か固体か、とかどうしてそれがわかったのかとか知っておきましょうね!!あとは自治問題としても地球温暖化のことは本や新聞などで知っておきましょう。
最後に火山・地震・石の種類!!
火山や地震はテレビのネタにされていて画像を見る機会が多いはず。そういう番組は必ず見ましょうね。石の種類だけは覚えにくいし、参考資料も少ないですから暗記しましょう。
がんばって下さい。
もし中学校の2分野で学んだ記憶がないのなら中学校の教科書から見直したほうが意外に上達早いですよ。

高校までの地学はとても広く、地球環境学や天文学の分野も地学に含まれています。基本的に今の時期なら、大学近くの本屋さんや大学内での本屋さんにも教科書が置いてありますので見に行って買われるか、売り切れならば予約をすれば取り寄せてもらえます。大学でも文系の人が習う地学の本は高校で使う本に等しいです。高校の理科の先生は地学も教えられるので、その先生になんという本が良くて、どこで買えるかをきいてくるのも良い作戦です。
さて地学の三本柱は
・天文学
・環境科学・地球の仕組み
・火山・...続きを読む

Qグーグルで話題になった地図

最近グーグルで話題になった、洗濯物まで見えてしまって困るという地図を見るには、どうすればいいですか

Aベストアンサー

こんにちは。


 もしかしてストリートビューのことでしょうか?最近というより2年くらい前ですが…

 グーグルマップを開いて、道路上に線が引いてありましたら、右クリックでストリートビューが見れたと思います。

Q質問です。 国公立大学を目指している友達のことです。 その友達は文系でセンター理科を 化学基礎と地学

質問です。
国公立大学を目指している友達のことです。
その友達は文系でセンター理科を
化学基礎と地学基礎
地学
地学基礎と生物基礎で悩んでるそうです。
ゼロの状態から始めた場合どれが最短でコスパがいいと思いますか?
ちなみに僕は化学基礎と地学基礎をおすすめしましたが、友達には地学だけがいいと言われて混乱してるそうです。
たくさんの意見ヨロシクお願いします

Aベストアンサー

かなり相性だと思うけど短期で伸びるのは化学基礎だと思う。

地学は分からないけど、生物と地学は覚える量はそこそこある。

Q地学IIは存在するのか?

「物理I・II」「化学I・II」の参考書は見たことがありますが、
「地学I・II」という参考書は見たことがありません。「地学IB」ならあるんですが。

IBのBってどういう意味なんでしょうか。IAっていうのはあるんでしょうか?
地学IIというのは存在するのでしょうか?

本屋には地学IIという名前の入った参考書や問題集を見たことがないのです。

Aベストアンサー

地学はなぜかマイナーな科目で、ほとんど文系のセンター専用科目みたいになってますよね。

一応地学(2)も教育課程上は存在するのでしょうけど、理系で地学(2)まで勉強して受験につかう人が極端にすくない(または大学が受験科目から地学を除いているので使えない)ので地学(2)の本は一般人の目に触れる機会がないのだと思います。

今は変わったのかもしれませんが、私の時は理科は(1)Aと(1)Bがあって、(1)Bが「いわゆる高校で習う難しい理科」で一般に大学受験に使われるものでしたが、(1)AはIBをかなり薄めたような、知識習得はあまり重視してない、みたいな科目でした(実際に高校時代に教科書をみて思った感想です。文科省の理念がどうだったのかはわかりません)。
それでIBの発展版として(2)があったんです。
だから地学(1)Aも課程上はありましたよ。(履修者は極端に少なかったと思いますが)

地学はセンターで使うだけだからIBまででいいという人が多いので(2)の部分はカットして参考書は売り出しているのでしょうね…。僕も地学(2)の参考書・問題集が店頭に並んでいるのは1回見たことがあるかどうか…忘れたなって感じです。

ただし、チャート式「地学」という、当時の旧課程(今でいうと、旧旧課程?)の、理科に「(1)B」とか「(2)」の文字が付されてなかった時代の参考書が売られているのをみたことがあります。その時代の「地学」は「地学(1)B+(2)」の内容だったので、「ああ…理系2次地学を受ける人はこういう昔の本で勉強するんだなあ…」と、思いました。なんかそのチャート式「地学」は、ほかの「物理(1)B・(2)」とかと違って、ハードカバーで、装丁も古い感じでした。

地学はなぜかマイナーな科目で、ほとんど文系のセンター専用科目みたいになってますよね。

一応地学(2)も教育課程上は存在するのでしょうけど、理系で地学(2)まで勉強して受験につかう人が極端にすくない(または大学が受験科目から地学を除いているので使えない)ので地学(2)の本は一般人の目に触れる機会がないのだと思います。

今は変わったのかもしれませんが、私の時は理科は(1)Aと(1)Bがあって、(1)Bが「いわゆる高校で習う難しい理科」で一般に大学受験に使われるものでしたが、(1)AはIBをかなり薄め...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報