プラトンとアリストテレスの理論がわかりません。
頭の中がごちゃごちゃになっています・・・。

プラトンは理想主義で、アリストテレスは現実主義。
プラトンの理論で考えると、夢は叶わない。
アリストテレスの理論で考えると、夢は叶う。

これは正しいですか?(間違っていたら訂正お願いします)
また、夢が叶うか叶わないかを例にして、これについて説明して頂けませんか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

指 夢」に関するQ&A: 夢占い 結婚指を購入

A 回答 (4件)

夢が叶うか叶わないかを例にしてプラトンとアリストテレスの理論を比較相対するという非常に面白い視点の質問なので個人的な意見を書かせて頂きます。


(回答というよりは、あくまでも個人的な意見ですので語弊・誤解・偏見などもあるかもしれませんが御了承ください)

プラトンとアリストテレスの理論の比較・相違については既に回答されてますので、夢が叶うについてに焦点を当てて・・・

アリストテレスは三段論法で有名な演繹法を体系化しました。
いわばアリストテレスは演繹的理論。

逆にプラトンは本質を見極めようとする帰納法的理論。
帰納法は、確率(可能性)の要素も多分に含んでいます。

夢を実現するということ(実現できる)は、階段を一段ずつ上っていけば夢は叶うという考え方・捉え方をするならば、演繹的なアリストテレスの理論で考えると夢は叶うということになるでしょう。

でも、夢を実現するということ(実現できる)は、可能性を引き出し、可能性の実現が夢だという考え方・捉え方をするならば、帰納法的なプラトンの理論で考えると夢は叶うということになるでしょう。

要するに、夢をどう定義する(夢の捉え方)かによって変わってくると思います。

プラトン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9% …
アリストテレス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA% …
演繹
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E7%B9%B9
帰納
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E7%B4%8D
思考法-演繹法と帰納法
http://www.abysshr.com/mdklg010.html
    • good
    • 0

>プラトンの理論で考えると、夢は叶わない。


>アリストテレスの理論で考えると、夢は叶う。

人間の歴史を見て、結果はとうに出ているとするか、何億年か先に結果が出るとまだ期待しつづけるのかは、それぞれだと思いますが。。。

私の理解は下記のようなものです。
正しくないかもしれないし、中途半端な理解かもしれませんが。

プラトンは、「幸福とはなにか」「いかに生きるべきか」の探求者で、結局は「いかなる共同体を構成するのが人間にとって幸福であるか」を考え抜いたようです。(国家論)

<ギュゲスの神話>という物語を通して、「人間の原理はこうじゃないか」というものを語っています。
羊飼いのギュゲスはある時、姿が消える指輪を手に入れた。
ギュゲスは直にその指輪を使い姿を消し、王妃を犯し、王を殺し、権力を手中に収めた。
<姿を消す能力を得たものが、何もしないでいるわけが無い>というのが、プラトンの考えです。
もし姿を消す能力がありながら、何の悪事もしない人がいたとしたら、それは世にも憐れな愚か者に違いない とした。

<表向きはまったく善人と思われ、実際は悪事の限りをつくし、しかも! 誰にもその悪事が知られることなく、善人だと思われている。>

では逆に本当の正義の人とはなんなのか。
どうやって見分けることが可能なのか。
「いい人」だという評判を一切とりはらう必要があるとしたわけです。
なぜなら <いい人> という評判がくっついていたら、その人が評判のためにいい事をやっている可能性があり、その代償としていい評判や褒美が与えられている可能性があるからです。

だから一切 取り払い、なに一つ不正を働いていないのに、不正であるという評判を与える。
鞭打たれ、拷問にかけられ、磔にされても、死に至るまで正義の人で在り続けたならば、結果評判とは関係なく、その人の本性が正義だと証明される、としたわけです。
(このプラトンの思想が、後々イエス物語の作者に影響を与えたようです)
物語の中では一切が取り払われた人が処刑されたとなり、集団は至福の時を迎え幸福になったのか?
その集団から、略奪・侵略・破壊・殺人の文字は彼らの成す行いには皆無だったのか?
皆無ではくても、少なくなったのか? それとも逆に・・・・
わたしが言う必要はもはや無いですよね。

プラトンは国家論の中でこうも言っています。

彼は善き(上記の)イデアを見るところまで登りつめたのは、再び洞窟の囚人仲間に元に降りるためだったとしています。

何故降りるのか。
それは、国の中のある一部分の人が浄福になることではなく、国(集団)全体のうちにあまねく幸福を行き渡らせることこそが、正義の求めるところだとしたから。

そしてこうも言っています。

『その国(集団)において支配者(指導者・導き手)となるべき人びとが、支配権力を積極的に求めることのもっとも少ない人間であるような国家(集団)こそが、もっとも善く収められている国家(集団)なのではあるまいか。』

理論上は国家(集団)はすみずみまで至福に満ちるとなりますが、現実は、、、、
どこが間違いだったのでしょうね。



アリストテレス。
彼は運動の始源(原理、根拠)について考えました。
机、服 これは自ら活動しません。
車は活動する? 人間によって操作されているのであって、自ら活動しません。全て人工品です。
それら人口品は、存在者として存在するという始源(原理)を彼らの内に持ちません。

人間はどうか? 運動と静止を操る。
人間は内に始源はあるとアリストテレスはしています。
ではその始源とななにか。
土、火、空気、水が始源つまりアルケーだと考えました。
(ここから錬金術=アルケミーになったのかもしれません)

アリストテレスはその始源はただ無秩序に存在するのか、それとも何かになる目的を持っているのかと考えました。
アリストテレスは、秩序・目的を内在して存在している考えました。
なぜなら、夏に氷が張ることはなく、どんぐりの実がキリンになりませんから。
そこから、人工物ではないものは、自らの中に自己形成の原理を内在しており、(どんぐりの実はどんぐりの木にしなからない)、人間は自分の存在の仕方を決定する原理を内在し、それを言動により形となし外に現している(実体化している)と考えたようです。

こう考えると人間の運命は既に決まっており、必然的に自らがあるべきようになっていっているにすぎないとなるのでしょうか。

アリストテレスの思想は<限界>というものがあるようですが、後世ではその限界を突破するものとして、<錬金術>という思想が生まれた?ようです。

こうしてみるとプラトンは理想論で、理想は理想ですが、あっさり現実によって否定されてしまい、アリストテレスの理論では現実を証明したとはならず、ある分野の人にとってみては利用できる好都合な思想ですが、その理論には欠陥も多いように思います。

この2人の思想は、理想がかなう、かなわない ではなく、2人とも理論が未完成というか未熟だと思えます。
現実どうであったかとマッチしなければ正しいとは言えず、吟味する材料が限定でしか成り立たないのであれば、普遍とも言えない。

でも古代の人はすごいこと考えたなぁとは関心しますし、古代に彼らの思想があったので、構成のヒトがそれを吟味することができたわけで、彼らの思想なくしては、現代の哲学は無いと言っても過言ではないですよね。
    • good
    • 0

>また、夢が叶うか叶わないかを例にして、これについて説明して頂けませんか。



この”夢”が何を指しているのかよくわかりませんが、例えば「ホンモノの○○になりたいっ!」というような夢を持っていると仮定して、プラトン的に考えるとそれは無理だということになりますね。なぜならいくら現実世界ですばらしいモノになってもそれはホンモノではなくイデアの模倣に過ぎないと考えるからです。

アリストテレスはそういうモノの本質(イデア)みたいな考えを否定し、現実世界のモノとモノの関係にこそ本質があるというように考えます。この世界でその人が「ホンモノの○○になりたいっ!」と思って、実際になることができれば、その人はホンモノです。

こういう意味なら

>プラトンの理論で考えると、夢は叶わない。
アリストテレスの理論で考えると、夢は叶う。

と考えて良いと思います。
    • good
    • 0

 アリストテレスは、プラトンのもとで20年間学びますが、やがてプラトンのイデア論を批判して、独自の思想を展開させていきました。



 まずプラトンは、真の実在はイデアの世界(完全で永久に不変な精神世界)にあり、現実の個々の存在は、仮の姿(生成消滅し不完全な世界に属しているもの)に過ぎないと考え、イデアの世界と現実の世界を区別する二元論の立場に立っていきました。

 これに対してアリストテレスは、「私たちは、私たちの知っていることから始めなければならない」として、プラトンの考え方を、詩的で空虚であると批判していったのでした。例えば彼は、美しいということも、現実世界にある美しいものを離れては存在しないとしたのでした。実際、現実の存在から離れたイデアは、単に考えられたものに過ぎず、そのようなものを、真の存在とすることはできないとして、一元論を唱えたのでした。そして、もしプラトンの言うように、イデアの世界だけが真の実在であって、現実の姿は仮の姿であるというのであれば、この現実世界は無意味なものになってしまうとして、個々の現実こそ大切にすべきであるとする、現実主義の立場に立ったのです。

 簡単に言えば、アリストテレスは、川の「岸辺に立っている木」こそ真の実在であるとしたのに対し、少し、難しく考える傾向のあるプラトンは、「川面に映っている木」が真の実在であると考えたのです。ものすごく曲解したような例えですが、まんざら、はずれた答えとは言えないと思います。・・・なお、「夢が叶うか叶わないか」について、何を意味しているのかよくわかりませんでした。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラトン『国家』

プラトンの『国家』における、魂の捉え方について知りたいのですが、レポートの課題でして、国家全部を読む時間がありません。
『国家』についての新書などを探しているのですが、先生からの参考資料他、当たってみたものの、見つかりません。なにかよいものはありませんでしょうか?
サイトでもいいので、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

ANO1さん回答のリンク先のエピソードは面白いですね。(笑)
心の狭い教授なのか、悪ふざけが過ぎたのか、、、。

それはさておき、プラトンの『国家』の主命題は『正義とは何か』です。
私も、まだ読破したことがないので明確な回答は避けますが、「プラトン・国家・正義論」などで検索してみてください。
結構、ヒットしますよ。

最後に、分かりやすく纏められたページを見つけたので参考URLに貼っておきますね。

参考URL:http://www.nagaitosiya.com/a/politeia.html

Qプラトンやアリストテレス、ソクラテスに苗字はあったのでしょうか?

こんにちわ。早速ですが質問させていただきます。

古代の偉大な哲学者として名高いこの3名ですが、苗字(もしくは氏など)はあったのでしょうか。
確かアリストテレスは貴族の末裔でしたから、苗字はあったと思うのですが、見つかりません。
もし、ないとすれば、古代ギリシャにおいて苗字というシステムが始まったのはいつごろになるのでしょうか。
また、あったとすればその苗字は平民にも与えられたのでしょうか。(奴隷や娼婦の方など、一般的に卑しいとされていた人たち含む)

以上3点よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも古代ギリシア特にアテネは民主制が完成した都市国家だったので法律上市民は平等でした。あらゆる貴族の特権は廃止されています。
古代ギリシア人の名前については次のサイトに明確に書かれています。ギリシア人は本来たった一つの名前があるだけだったが紀元前402/3年から公式の文書においてはデモス名を添えなければならなくなったそうです。
http://ancienthistory.about.com/od/nameetymologies/p/AncientNames.htm
ここでいうデモス(demos)とは「人民」という意味ではなく地区名です。東京で言えば「足立区」のような感じです。デモスについては次のサイトの民主制のところをお読みください。
ソクラテスについてはアローペケー区の出身と言うことが伝わっています。
http://www.maat.it/livello2-i/socrate-i.htm
ヨーロッパ文学最古のものと言えばホメロスのイーリアスとオデュッセイアですが、この叙事詩に出てくる英雄たちもたった一つの名前だけで(アキレウス、ヘクトル、メネラオス等)、ときおり父親の名前が添えられます。たとえば、「ペーレウスの子アキレウス」とか。王様でも貴族でも名前はひとつです。

そもそも古代ギリシア特にアテネは民主制が完成した都市国家だったので法律上市民は平等でした。あらゆる貴族の特権は廃止されています。
古代ギリシア人の名前については次のサイトに明確に書かれています。ギリシア人は本来たった一つの名前があるだけだったが紀元前402/3年から公式の文書においてはデモス名を添えなければならなくなったそうです。
http://ancienthistory.about.com/od/nameetymologies/p/AncientNames.htm
ここでいうデモス(demos)とは「人民」という意味ではなく地区名です。東京で...続きを読む

Q旧ソ連の構成国は「国家」でしたか。

旧ソ連の構成国は国連憲章3条のいうところの「国家」でしたか。特に、白ロシア(ベラルーシ)、ウクライナ、リトアニアの三国はどう国際法上の評価を受けていたのか気になります。教えてください。

Aベストアンサー

  146husouzai さん、こんばんわ。

  たしか、こういう国は「衛星国」と呼ばれていた記憶があります。そのうち白ロシア(ベラルーシ)、ウクライナ、リトアニアとい った国は国連に正式加盟していたと思います。でもソ連から離脱するのはその当時、法的にも実際的にも不可能に近かった と思います。当時のソ連は軍事力がありましたからね。確か90年だと思いますが、バルト三国が独立するのはペレストレイカ 以降でベルリ ンの壁が崩壊してからです から、かなりソ連中央政府の力が弱まってからだと思います。

Qアリストテレスの考える中庸の具体例で疑問があります

参考書では、中庸の具体例として

不足←中庸→過度
のようにあらわすと


臆病←勇気→無謀
鈍感←節制→放埒
卑屈←自尊心→虚栄


がありますが
節制は逆じゃないですか?

欲望の制御が不足すれば放埒になって
過度になると鈍感になるのではないのですか?


それとも、この解釈は
節制をしすぎた生き方はかえって大量の欲望をうみだし放埒な生き方をしかねないからよくない、ある程度節制を緩めて、ある程度の欲を満たすような生き方がいい

節制が欠けた生き方では、既存のあらゆる欲が満たされてしまい、新しい欲に鈍感になりがちだからよくない、ある程度は節制して欲を生み出した方がいい

よって中庸が好ましい


…と自分なりに考えましたが
どのように考えるのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

徳の項目がないからいけないのです。

勇気は、「恐怖と平然」に関する中庸です。
節制は、「快楽と苦痛」に関する中庸です。

ですから問題ありませんね。
「快楽と苦痛の不足」が鈍感で
「快楽と苦痛の過多」が放埓です。
その間の節制と抽象化される状態にするのが美徳なのだと。


しかしながらあなたの説や解釈はなかなかでした。

何事も具体性が大事です。具体性によって思索に節度が伴います。

Q国立大学での教授と国家公務員法違反の構成要件

国立大学において、教官が政治的な分野について、
講義で私見をのべたり、学会やネットで持論を発表する事は、
国家公務員法第102条違反で罰せられるんでしょうか?
それとも教育研究活動は「業務」なので、
刑法第35条で「罰しない」ことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

服務の宣誓 第97条
法令及び上司の命令に従う義務 第98条第1項
争議行為等の禁止 第98条第2項
信用失墜行為の禁止 第99条
秘密を守る義務 第100条
職務に専念する義務 第101条
政治的行為の制限 第102条
私企業からの隔離 第103条
他の事業又は事務の関与制限 第104条

 以上が国公法の服務に関する規定のようですが、このうち、同法第102条は、

「職員は、政党又は政治的目的のために、寄付金その他の利益を求め、
若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、
あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはなら
ない。
2 職員は、公選による公職の候補者となることができない。
3 職員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問、その他これらと同
様な役割をもつ構成員となることができない。」

 大学教授は高度専門家として学問として樹立されたものについて持論に基づき情報伝達をすることが主な職務であるといえ、内容としてはそれが学問になっているかどうかが、似て非なる評論家などとは違う点でしょう。その意味、講義に際して、または学外で、大学教授として意見を述べることはある意味当然のことと思われます。
 ご質問の内容が「抗議」ではなく「講義」であれば、上記に際して政治的私見を述べることが「政治的行為」に該当するかどうか、ということがポイントになると思います。これについては、具体的には事実を上記の条文や同条にあるような人事院規則に照らしてみないとはっきりしませんが、おしなべストレートに国公法違反とはなり難いようなケースであり、実際には「抵触」していたとしても「罰する」とまではなり難いでしょう。判例法の有無については勉強不足で知りません。
 なお、刑法第35条は「法令又は正当な業務による行為」を罰しない規定であり、国公法違反の場合には、もとより同条による正当業務に該当せず、本件に関しないものと解されます。

服務の宣誓 第97条
法令及び上司の命令に従う義務 第98条第1項
争議行為等の禁止 第98条第2項
信用失墜行為の禁止 第99条
秘密を守る義務 第100条
職務に専念する義務 第101条
政治的行為の制限 第102条
私企業からの隔離 第103条
他の事業又は事務の関与制限 第104条

 以上が国公法の服務に関する規定のようですが、このうち、同法第102条は、

「職員は、政党又は政治的目的のために、寄付金その他の利益を求め、
若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与...続きを読む

Q【哲学思想・構造主義】今の主流は何主義ですか?古代ギリシャのプラトン(イデア)→ニーチェ(ニヒリ

【哲学思想・構造主義】今の主流は何主義ですか?

古代ギリシャのプラトン(イデア)→ニーチェ(ニヒリズム=虚無主義)→サルトル(実存主義)→構造主義→?

今は構造主義の時代?

もう構造主義は古い?

構造主義ってどういう思想なのか簡単に分かりやすく教えてください。

今の主流主流思想も教えてください。

どういう思想の流れですか?

思想の歴史の流れも簡単に分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

OKWaveのマルチポストの質問にも回答がついてゐましたとほり、流行を追ふことではなく、自分で考へること、それが哲学です。特別変つたことが述べられてゐるわけでもなく、部分にこだはるなとか、主体性を持てとか、生きる意味はむづかしいとか、現実ではつかめないすばらしい世界があるとか、そんな常識的に考へられることがいかにも高尚な思想であるかのやうに、もてはやされてゐるだけなのかもしれません。

Qプラトンが描いたソクラテスは史実の姿???

プラトンが描いたソクラテスは史実の姿???

プラトンの国家、ソクラテスの弁明を読んで、ソクラテスの史実の姿に興味を持ちました。

国家やソクラテスの弁明に描かれるソクラテスの姿は、大体、史実、ありのままと考えていいのでしょうか。
それとも、プラトンが描くソクラテスというものは、大部分が、史実とはかけ離れた空想の産物なのでしょうか。

Aベストアンサー

史実という考え方自体が、近代的考えです。

古典時代の人々が、食べていた食べ物を「今の目線で」
「まずい」とか「料理の仕方が洗練されていない」とかと評価できないのと同じで、歴史的に「それはそれ」とまず、さらっと読むことが大事です。

史実という事で言うと
ヘロドトスとトゥキディデスの比較がよく話題となります。
ヘロドトスは、「物語」の作家
トゥキディデスは「史学」の著者とされます。

さて
「伝記」は、「歴史書」なのでしょうかそれとも「読み物」なのでしょうか?どちらかというと「奇跡をつづるといった側面が強いと思います。少なくとも「記述するにふさわしい数奇な内容」のはずです。

この時代に書かれた書籍は
基本的には、「伝説的読み物」といったほうがいいと思います。

トゥキディデス=史実重視の見方・政治的意図で書かれた文章=プログラムは、例外中の例外です。

比較の対象として「クセノフォン」のソクラテス伝をよんでみるのもよいのかもしれませんが、「思想」としては、プラトンのほうが優れています。人から人へ伝えていくといった視点からも明らかに勝っています。

また、「弁明」のほうは、史実に比較的近いということも出来ます。ソクラテスの弟子=プラトンが書いたことですから、内容(こんな感じだったんだろうなというイメージ)だけ
持っていけば
いいと思いますが、

でも、全てが夢物語ではありません。

「聖書のでたらめ」を信じている人たちが、党派的に「哲学全般に対して批判・弾圧を繰り返してきた」という歴史的事実にも着目してください。肩の力を抜いて取り組んでください。

プラトンは、自分に対して「辛口」になることが出来る思想のヒトツです。キリスト教はその逆。

史実という考え方自体が、近代的考えです。

古典時代の人々が、食べていた食べ物を「今の目線で」
「まずい」とか「料理の仕方が洗練されていない」とかと評価できないのと同じで、歴史的に「それはそれ」とまず、さらっと読むことが大事です。

史実という事で言うと
ヘロドトスとトゥキディデスの比較がよく話題となります。
ヘロドトスは、「物語」の作家
トゥキディデスは「史学」の著者とされます。

さて
「伝記」は、「歴史書」なのでしょうかそれとも「読み物」なのでしょうか?どちらかとい...続きを読む

Qプラトンとアリストテレスについて

アリストテレスは、プラトンの四元徳をどのように引き継いだのでしょうか?

Aベストアンサー

「無謀」と「臆病」の中庸は「勇気」、「虚栄」と「卑屈」の中庸は「自尊心
(名誉)」という事で…

 :アリストテレスは『ニコマコス』の中で、中庸について述べますが、その際
「徳」を何とするかも述べられます。「徳」を知恵としたプラトンに対し、彼は
徳を「状態」と説くのですが、それによって「中庸」という言葉の意味が生まれ
てきます。ですから、「勇気」も「名誉」もそれが中庸にある「状態」を徳と
するようです。

「正義」「友愛」の両極端はあるのでしょうか…

 :先にも書きましたが、アリストテレスは人間に限定して哲学しています
ので、最高善を「幸福」とまず説きます。その基で徳は「中」の状態である
事を説きますが、「正義」に対しては「不正義」という事で、これは説明
されますし、「友愛(親愛)」については、「機嫌取り」と「不愉快」な人
の中庸として紹介されます。「中」の状態に必ずしも呼び名が備わる訳では
ないと述べられますが、「友愛(親愛)」に関しては、そう呼べると述べら
れます。

Qプラトンとアリストテレス

プラトンは「理想国家から芸術家を追い出すべきである」としたのに対しアリストテレスは美の独自の価値を認めたとある本にかいてあったのですが、二人の思想の違いは何なのでしょうか??よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

>プラトンは「理想国家から芸術家を追い出すべきである」とした~

>アリストテレスは美の独自の価値を認めた~

このふたつの文章がどのような文脈で語られたのか
わからないので、類推になってしまいますが……。

プラトンとアリストテレスの最大のちがいは「イデア論」についてです。

プラトンの提唱したイデア論は、美しさなら美しさの原型、理想型はイデア界にある、
としました。
つまり、私たちがたとえば銅像を見て「素晴らしい
銅像だ」と思えるのは、
理想的に素晴らしい銅像がイデア界にあり、それを
想起して素晴らしい、と思えるといいます。

一方、アリストテレスはイデアは別世界にあるのではなく、銅像なら銅像に内在する、
としました。その形が形相であり、材料を質料と呼びました。

そういうことですから、プラトンにとっての究極の芸術はこの世にないのであり、
追い求めても意味がありません。

一方、アリストテレスは「創られたものに内在する」
のだから、意味があります。

この両者の根本的な思想のちがいが、
発言のちがいにあらわれたものと思います。

こんにちは。

>プラトンは「理想国家から芸術家を追い出すべきである」とした~

>アリストテレスは美の独自の価値を認めた~

このふたつの文章がどのような文脈で語られたのか
わからないので、類推になってしまいますが……。

プラトンとアリストテレスの最大のちがいは「イデア論」についてです。

プラトンの提唱したイデア論は、美しさなら美しさの原型、理想型はイデア界にある、
としました。
つまり、私たちがたとえば銅像を見て「素晴らしい
銅像だ」と思えるのは、
理想的に素晴らし...続きを読む

Qプラトン、アリストテレスの解説書について

プラトン、アリストテレスの解説書について教えて下さい。

両者について、これから読んでいこうと思っているのですが、サブ・テキストも併読しながら、
自分の視点を相対化しつつ、理解を深めたいと思っています。

どなたか、良い本をご存じでしたら、教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

ブラックバーン『プラトンの『国家』』
アクリル『哲学者アリストテレス』
アーウィン『西洋古典思想』
あたりがお薦めです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報