C-MOSのICの未使用の入力端子を電源や、GNDに固定しないといけないのはなぜですか?
絶縁破壊と関係がありますか?
それともラッチアップと関係があるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

入力を固定しないと、それを受けた2つのトランジスタスイッチ(P-ch、N-ch)が同時にONになるため貫通電流が流れます。


これが原因で、CMOS構造の中に出来ている寄生トランジスタやサイリスタが反応してしまって、
大電流が流れ、入力を固定しても元に戻らない場合があります。これがラッチアップ現象です。

2つのスイッチは信号が0->1、1->0に切り替わるときに嫌でもONしてしまいますが
瞬間的なら大丈夫なのです。余談ですが、PCのCPUが速くなるにつれて電流を食ってしまうのは
同時にONする周期が速くなっているためです。

ラッチアップが起きてもその時間がそれぞれのLSIで耐えうる時間であれば電源を切って復帰できますが、
耐えられなかった場合、絶縁膜破壊を起こし、そのLSIは2度と使えなくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく分かりました。

お礼日時:2002/04/09 11:02

スレッショルド付近で起きる、ラッチアップと出力のふらつきについてはすでに他の方が説明されていますので。



CMOSICの中でもゲートICなどでは、GNDに落とすというやり方の他に、VDDにプルアップするという方法も有ります。
たとえば14ピンICとすると、GNDラインとVDDラインをICの下を通す(1~7Pと8~14Pの間)のが普通ですが、1~7PまではGNDへ、8~14PはVDDへ接続すると配線がすっきりします。

また他のICでは、そのICの機能を停止させるピンが有りますので、規格表に従ってGNDまたはVDDへ接続します。

いずれにせよ、空いているモジュールやパスコンなどは回路図に書きこまない設計者も多いので、実際に作るときはそれらを考慮する必要が有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/09 11:01

C-MOS の入力 pin はインピーダンスが高いため、オープンにしておくと、


絶縁破壊をする可能性があります。オシロスコープを使ったことが有れば、
その入力インピーダンスも高く数MΩですね、GND をつながずに触ると誘導
を受けて画面が乱れるでしょう。そのような入力が C-MOS にもかかってし
まいます。
入力 pin を絶縁破壊から守るのにレベルを H または L に固定します。

また 出力は Vcc(Vdd)に つながった物と GND(Vss) に つながった物とで構成されています。
取りあえず物と書きましたが半導体スイッチと考えて下さい 入力が H または L で固定されていれば、どちらか一方のスイッチしか入りませんが、中間の電圧の時に両方のスイッチが同時に ON してしまいます。
この現象をラッチアップと言います。Vcc GND 間のスイッチが両方入ってしまうため規格を超える電流がながれます。
いったんラッチアップすると電源を落とさないと解消しません。

両方の現象を避けるために、未使用入力ゲートは どちらかに固定したほうが良いというのが一般的使い方です。
ただしテクニックとして わざとに中間電位にしておく使い方も存在します。初代ファミリーコンピュータの2P側のマイクの部分アナログ信号の増幅に C-MOS 4069UB が使われていたんですよ。面白い使い方でしょ。

がんばって いろんな回路を読んで見て下さい。勉強になりますよ。

http://www.semicon.melco.co.jp/confidence/pdf/3. …

参考URL:http://www.semicon.melco.co.jp/confidence/pdf/3. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
勉強します。

お礼日時:2002/04/09 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテーラーのアイアン。

TMのr5のアイアンシャフト交換をします。
n.s.pro950が装着されてます。
工業用ドライヤーで暖めれば抜けますか?
ピンや左ネジとかの特殊構造になってますか?
テーラーメイドのシャフト交換された方教えてください。

Aベストアンサー

昨今のアイアンは接着剤の性能向上に伴い、ピン止めやねじ込みシャフトはほとんどありません。(PINGの古いモデルはちょっと厄介でしたが)現行のテーラーメイドのアイアンも加熱だけで抜けます。大丈夫ですよ。

ただシャフト抜き工具を併用しないと加熱のみではかなりの熱量と腕力を要するので、アイアンセット8~9本やるのはかなり根性要りますね。

Q絶縁油の絶縁破壊電圧試験について

絶縁油の絶縁破壊電圧試験を行ったのですが、資料対象の絶縁油を、5回放電させ、初回の放電電圧の値をデータから取り除くと実験書には書いてあります。それはなぜなのかが分かりません。どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

絶縁破壊電圧(火花電圧)は電極表面の状態の影響を強く受けます。
最初の放電のときは、電極表面の状況によるばらつきが大きく、データから除外することが多いです。
二度目以降は、前回以前の放電が電極コンディショニング(表面洗浄や細かいひげの消去)の効果を出すので、放電電圧が安定になります。

Qpin s59 アイアンについて

pin s59 アイアンを購入予定です。
現在同アイアンを使用している方、試用したことのある方、
よい点、悪い点を聞かせてください。
ピンのサイトではやっぱり良いことしか書いてないので、、、、
ちなみに現在のアイアンはウィルソンのスタッフ ブレード
初代です、かなり古いですね。
打感は最高ですがフェイスがつんつるてんになってきたので(よく使う#3はフェイスが窪んでいる)買い替え予定です。

Aベストアンサー

大変遅いレスになってしまいましたがもう買ってしまいましたか?
私は「S59ツアー」の#5~9/P、CSLite、Sシャフトを使っております。

芯に当たった時の打感は軟鉄のそれと変わらないくらい良い感触ですが、スイートスポットはそれほど大きくないですね。
私は購入の際、優しいクラブ=PING=G2と思い、特約店で試打を申し込んで渡されたのが、G5、i3、S59でした。打てば打つほどS59の打感の素晴らしさに惚れ込んでしまいました。そして技量も考えずにS59の購入を決めました。
どちらかというとマッスルバックに近いと思います。キャビティ使用が多い中、カートの他の人のクラブをのぞいてみるとソールの薄さに改めて「簡単なクラブではないんだなぁ」ということを実感させられます。
払い打つ人よりも、しっかりと打ち込んでいく人に向いていると思います。

私が今イチなじめないのがロフト角です。
7Iで34.25と比較的ロフトが寝ています。上級者モデルに多いことですが、以前に比べて飛距離が落ちたことです。
7Iで150y基準だったのが140yになり、今までとの距離感の違いにとまどっています。

5Iの重さが415g、とこれも私には少し思いように感じます。
CSLite=107.3g NS950=97g DG=124.5gと、これはシャフトの違いでしょう。
私はHS46、アベレージ90と決して振り切れない訳ではありませんし、このクラブに変えてからスコアがばらついている、という訳でもありません。むしろ打感を考えると手放すのが惜しいくらいです。1Wとの重量差、ロフト角から売却を検討しています。

こんなところでいかがでしょうか?

大変遅いレスになってしまいましたがもう買ってしまいましたか?
私は「S59ツアー」の#5~9/P、CSLite、Sシャフトを使っております。

芯に当たった時の打感は軟鉄のそれと変わらないくらい良い感触ですが、スイートスポットはそれほど大きくないですね。
私は購入の際、優しいクラブ=PING=G2と思い、特約店で試打を申し込んで渡されたのが、G5、i3、S59でした。打てば打つほどS59の打感の素晴らしさに惚れ込んでしまいました。そして技量も考えずにS59の購入を決めました。
どちらかという...続きを読む

QTTL IC と MOS IC、抵抗の定格について教えてください。

教えてもらいたいのですが、わかるかたおられますか?
・TTL IC と MOS IC って、どういうのなんですか?
・CMOS ICというのは、MOS ICの1つなのですか?
・アルミ電解コンデンサとマイラーコンデンサーの違いは、なんですか?
・抵抗とコンデンサーの定格についても教えてください。
・フェライトビーズについても教えてください。

本で調べるとCMOS技術を用いた集積回路とか書いてあります。ICの種類だという事は、わかるのですけど。

Aベストアンサー

>ディスクリート回路は、論理回路とは、同じ事を意味するのですか?
>部品を単独でつなぎ合わせて回路を作り上げる電子回路のことをディスクリート回路と呼ぶと書いてあったのですが。
>論理回路は、ORやANDを組み合わせたりするのですよね。やっぱり違うのかな?

いろいろと熱心に勉強されていますね。

回路で扱う電気信号の違いが、論理回路とアナログ回路の違いです。
回路の作成・実現方法の違いが、ディスクリート回路と集積回路の違いです。

---

論理回路は、デジタル信号(1または0)のみを入出力する、
OR、AND、NOT、F/F(flip flop)等回路を組み合わせてできる回路のことです。
論理回路に対立する言葉は、アナログ回路です。

ディスクリート回路は、書かれたとおり、
部品を単独でつなぎ合わせて回路を作り上げる電子回路のことで電子回路の実現・作成方法に注目した見方です。
プリント基板にトランジスタ、抵抗、コンデンサ等の電子部品を一個一個ハンダ付けして
作成する電子回路です(論理回路とは限りません)。
ディスクリート回路は、すべての部品を同時に一度に作りこむ集積回路に対立する言葉です。
集積回路はそれ自身が一個で電子部品です。

ディスクリート(discrete)---分離している、別個の、はっきり区別されている別個の部分から成る

論理回路は、トランジスタ、抵抗、コンデンサ等の電子部品を一個一個ハンダ付けしてディスクリート回路として
作成することもできれば、集積回路として作成することもできます。

>ディスクリート回路は、論理回路とは、同じ事を意味するのですか?
>部品を単独でつなぎ合わせて回路を作り上げる電子回路のことをディスクリート回路と呼ぶと書いてあったのですが。
>論理回路は、ORやANDを組み合わせたりするのですよね。やっぱり違うのかな?

いろいろと熱心に勉強されていますね。

回路で扱う電気信号の違いが、論理回路とアナログ回路の違いです。
回路の作成・実現方法の違いが、ディスクリート回路と集積回路の違いです。

---

論理回路は、デジタル信号(1または0)の...続きを読む

Qアイアンが絶望的に下手です

アイアンが絶望的に下手なので、一向に上達しません。 HPはオフィシャル20です。

プレーの内容を説明すると、ティグランドでのドライバー・ショットや、パー3でティ・アップしてのアイアン・ショットは自分なりに完璧です。

ショットの後、フィニッシュもプロのようにキチンと取れている時もあります。 あと、フェアウェイからのFWも悪くありません。

ところが、フェアウェイやラフからグリーンを狙うアイアンが全く駄目です。

例えば、ミドルホールのティショットが完璧で残り140y ・・ 7番I や8番I でグリーンのセンターを狙う (ピンをデッドに狙えるほどの腕は無いため) ・・ それくらいの残り距離なら、仮にグリーンを外しても、せめてグリーン周りから3オン、悪くてもボギーで上がる ・・

ところが結果は全く違って、大きくダフるかトップしてチョロ、あるいは右に押出して距離も出ず変なライに止まる、時には引っかけてOB ・・ ほとんどこんな感じです。 で、グリーン周りでドタバタして上がってみれば、またもや7や8。

よく思い出しても、フィニッシュが取れているケースはありません。 同じアイアンなのに、パー3でのティショットとは大違いです。 自分でも完璧だと感じるアイアン・ショットはありません。

どうして、こんなに極端に違うのでしょうか?

ボールが地面にあるという事でダフリ恐怖症になっている? 先にスコアを考えてしまって、自分のスイングが崩れてしまっている? こんな精神的なものなんでしょうか?

どうやれば克服できると思われますか?

アイアンが絶望的に下手なので、一向に上達しません。 HPはオフィシャル20です。

プレーの内容を説明すると、ティグランドでのドライバー・ショットや、パー3でティ・アップしてのアイアン・ショットは自分なりに完璧です。

ショットの後、フィニッシュもプロのようにキチンと取れている時もあります。 あと、フェアウェイからのFWも悪くありません。

ところが、フェアウェイやラフからグリーンを狙うアイアンが全く駄目です。

例えば、ミドルホールのティショットが完璧で残り140y ・...続きを読む

Aベストアンサー

ダフリの科学とまでは行きませんが
今一度復習してみましょう
私のつたない経験からすると失敗の一番の原因は
「意識過剰」かと思います
本人はダフルのが恐いと言いながら
残り140ヤードの皮算用をなさっているわけですね
ここに一番の矛盾がありますね

まず、ダフリの解消から始めましょう
ダフリと言うのは申すまでもなく
クラブヘッドが地面にあるボールの手前に落ちているわけです
なぜ? 体の回転タイミングとクラブヘッドの回転タイミングが
インパクトで合っていないのですね

タイミングを合わせるには
練習場で、マットの上ではなく、足場のゴムシートにボールを置き
両方の肘を体につけて体ごと動かしてアプローチから始めます
この動きが大きくなればダフリが解消します
(体の回転タイミングとクラブの回転タイミングが合います)

崩れたら、また位置から始めてください
一度上手くいくと、安心できますよ

追記まで

Q電子回路 ICのVccとGND

いま、簡単なカウント回路を作っています。
そこで、NAND回路の入った14ピンのICとフリップフロップのICそれぞれ数個ずつ使っています。
ここで、それぞれのICのVccは、すべて電源につながなければならないのでしょうか?

またGNDのことについて。
言葉では説明しにくいのですが、まず、正方形を考えてください。そして、電池を右側のたての辺に置くとします。これで電池を含んだひとつのわっかが出来上がります。上側がプラスとします。そして、その正方形の中に、具体的な回路を作ると考えてください。
ここで、中の回路の、Vccが必要な素子はリード線を引っ張ってきて、正方形の辺につなぎますよね。
GNDのことについては、どれかひとつのICのGNDピンと、正方形の下の辺をつなぐとします。

このように考えると、この正方形のどこからどこまでがHiLevelで、どこからどこまでがLowLevelになるのでしょうか?

このようなことが起こらないために、正方形の左下の角を離さなければいけないのかも考えましたが、よくわかりません。そうすれば、正方形の右のたての辺の電池より下の部分から、下の辺の左角までが0Vで、正方形の右のたての辺の電池より上の部分から、左回りして、左角までがVccとなることが明確にわかるのですが…。
どっちでしょうか?

的外れの質問してるかもしれませんが、よろしくお願いします。

いま、簡単なカウント回路を作っています。
そこで、NAND回路の入った14ピンのICとフリップフロップのICそれぞれ数個ずつ使っています。
ここで、それぞれのICのVccは、すべて電源につながなければならないのでしょうか?

またGNDのことについて。
言葉では説明しにくいのですが、まず、正方形を考えてください。そして、電池を右側のたての辺に置くとします。これで電池を含んだひとつのわっかが出来上がります。上側がプラスとします。そして、その正方形の中に、具体的な回路を作ると考えてください。
...続きを読む

Aベストアンサー

 
 
>> 電池のプラスとマイナスが配線でつながってしまうと、まずいですよね? <<

 まずいです。
電源とグランドのライン(配線)は、レール のように配線します。どこまで行っても離れてること。

http://camell.atlas.co.uk/images/pgrail.jpg


使うICは たぶん↓こんなDIP型(ディップがた)ですよね?
http://www.itwissen.info/media/lex_pics/small/id90g10.png
これを何個も使う場合は、
↓のように整然と並べて、
http://faculty.capitol-college.edu/~andresho/ee304/gate.gif
すべての Vcc(ブイシーシー)端子を並列につないで、電池のプラスに。
すべての gnd(グランド)端子を並列につないで、電池のマイナスに。


いちばんお奨めのレイアウトは レールの写真の「枕木のように並べる」ことです。
まず電源とグランドの配線をズドンと直線状に引いてしまって、個々のICを枕木のようにその間に置くと、Vcc と Gnd の配線が整然とできますよね。 レールの間隔は一番広いICに合わせます。14ピンのほかに16ピンがあったらそれですね。
この種の配線は 被覆のない線材 がお奨めです、被覆線をむいてしまって使ってもいいですよ。

お作りの回路図に「電源パスコン」の指示はありますか?それも枕木として扱いましょう。すべてを整然と並べるのがコツです。 回路のスピード(周波数)がわからないので どの程度注意深くしないといけないか判断つきませんが、 回路図に書いてある配線をする前に、上記の「土台作り」をがっちりやってしまいましょう。

追加の質問がありましたら、お作りになる回路のサイトなどを紹介していただければ 話が早いです。



余談;
http://www.wipo.int/ipdl/IPDL-IMAGES/PCT-IMAGES/30012003/US0148844_30012003_pf_fp.x4-b.jpg
http://users.ece.gatech.edu/rincon-mora/classes/amp_ab_rr.gif
↑これらはIC内部の回路例ですが、
上の方にプラス電源の線を横に引いて、下の方にマイナス電源の線を横に引いて、回路はその間に書きます。これがいわば設計屋が仕込まれる標準作法ですね、実際に上下の線を上のレール、下のレールと呼んでます。
http://www.em.avnet.com/img_shared/fea/df2df2usa/stm-fea-rail_to_rail_op_amp.gif
http://news.thomasnet.com/images/medium/2003/07/24404.jpg
 
 

 
 
>> 電池のプラスとマイナスが配線でつながってしまうと、まずいですよね? <<

 まずいです。
電源とグランドのライン(配線)は、レール のように配線します。どこまで行っても離れてること。

http://camell.atlas.co.uk/images/pgrail.jpg


使うICは たぶん↓こんなDIP型(ディップがた)ですよね?
http://www.itwissen.info/media/lex_pics/small/id90g10.png
これを何個も使う場合は、
↓のように整然と並べて、
http://faculty.capitol-college.edu/~andresho/ee304/gate.gif
すべ...続きを読む

Qアイアン飛距離調整

プロ、シングルの方にお聞きしたい事があります。

「アイアンの飛距離調整はどのように練習を続ければ良いでしょうか?」


活躍しているプロはペタピンでグリーンに乗せてくると思います。

いろんな要素があり、無理に近い状態でも寄せてくる人達はなんなんでしょう?

遠くてカップも見えない場所から、常にカップ側に球を落とすなんてあり得なくない。
「人間GPS+ロボットショット+物理博士=天才」じゃないですか!

いったい何が違うんでしょう・・・。

Aベストアンサー

プロやトップアマの方とラウンドする機会は多いですが、
常にベタピンなんてことはないですよ。彼らも人間です安心してください。
最近のトーナメント放映はハイライト風ですので、スーパーショットばかりが目に入りますが、
結構ミスもしてますし、乗らない、寄らないこともザラですよ。
ただ凄いと思うのはティショットがトラブルになったとき、セカンドでグリーンを外したときの
パーセーブ率というかパーセーブ力が半端じゃないです。
ここはボギー打ちそうだな、というのをパーにしてくるのは驚愕ですね。

またこの距離ならピンデッドに狙えるという感覚があります。
プロだとそれが150yだったりトップクラスだと170yだったりという印象ですが、
スクラッチレベルのアマでは130yくらいじゃないでしょうか。
それ以上の距離でピンデッドに打つ場合はリスクを覚悟しているでしょう。

自分も一応片手ハンデですが、
絶対に寄らない状態では基本的に寄らないです。
ここはピンを5yオーバーしてもしょうがない
無理してショートするのだけは避けよう、といった感じで
最悪を避けてショット選択します。結果、たまたま寄ることはありますが、完全には狙っていないです。
ただ、寄せ切れなかったときも想定しているので、
次のパットは勝負できるラインにいくように配慮しますし、
そこからの勝負強さがあるかないかで競技でも差が出る気がします。

距離感に関しては距離勘とでも言いましょうか、
もちろんエッジまで、ピンまで、風やライなども確認しますが、
この番手でこのショットをチョイスすればショートしそうだな、とかが何となく分かります。
フェードやドローでの飛距離調整もしますし、出来ますが、両方を器用に使うアマはあまりいないです。
得意サイドの持ち球でコントロールしている人が大半ではないでしょうか。
出来るけどやらないという意味です。

そういった距離勘は遊びと練習量、プレー量で培われた気がします。
例えば水平無風の150yを打つとき、
フルショットなら私は9番Iですがバックスピンで戻ることも想定します。
そのため8番Iでスピン量を減らしたショットで150yも打っておきます。
7番Iのスライスで150y打つ練習もします。
5番アイアンで100yキャリー50yランのショットも遊んでおきます。
そんな遊びなのか練習なのか分からないようなことをいっぱいしてきました。

プロやトップアマとの違いは、元々のセンスもあるかもしれませんが、
やはりゴルフにつぎ込んだ時間の差を一番感じますね。
ホントに年に300ラウンドするようなおっちゃんには勝てません。

プロやトップアマの方とラウンドする機会は多いですが、
常にベタピンなんてことはないですよ。彼らも人間です安心してください。
最近のトーナメント放映はハイライト風ですので、スーパーショットばかりが目に入りますが、
結構ミスもしてますし、乗らない、寄らないこともザラですよ。
ただ凄いと思うのはティショットがトラブルになったとき、セカンドでグリーンを外したときの
パーセーブ率というかパーセーブ力が半端じゃないです。
ここはボギー打ちそうだな、というのをパーにしてくるのは驚愕ですね。

...続きを読む

Qフラッシオーバ=絶縁破壊?

フラッシオーバ=絶縁破壊と考えても良いのでしょうか?
本などを見ていると2つとも言い回しを使い分けているようにも
感じられるのですが、ニュアンスなどの違いについて教えて下さい。

Aベストアンサー

大抵の場合は、フラッシュオーバ(火花放電)=絶縁破壊、と捉えてよいかと思います。

ただ、送電線ガイシのアークホーンのように、火花放電用のギャップを絶縁体から離して取り付けて、火花放電が起きても絶縁物に影響(劣化)が出ない(放電終了後は元通りの絶縁耐力にもどる)ようなケースもあるので、完全に「=」とは言えない場合もあるかと思います。
(固体中だと、火花放電を伴わない絶縁破壊、というのもあるかもしれません。)

ニュアンスとしては
フラッシュオーバは、「火花放電」という物理現象そのものに着目した表現、
絶縁破壊は、「絶縁」という機能の喪失に着目した表現、
と言う具合に、着目点の差による使い分けをしているように思います。

Qこのアイアンはどんなアイアンですか?

 今現在、オヤジのお古の15年ぐらい前のアイアンを使っています。買い替えを検討中なのですが、オヤジに「このアイアンは名器やから使え」って言われ続けられています。最近、オヤジのカーボンシャフトのアイアンを打ってみて、自分のアイアンの難しさに気づきました。自分のアイアンは、Wilson 1200-LT シャフト:Pro step(スチール)で、総重量は410g(5I)のRです。このアイアンはどんなアイアンなんでしょうか?どなたかご存知の人がいらっしゃいましたら教えて下さい。
 あと、オヤジが使っているアイアンは、ブリジストンのTOUR STAGE 55-HM シャフト:TT-PRO(カーボン)で、総重量は410g(5I)のRです。このアイアンもどんなアイアンなのか教えてほしいです。
 ちなみに、オヤジのアイアンに打ちやすさが似たアイアンを現在探していますが、アドバイスをいただけたらうれしいです。長くなりましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Willson1200、 名機ですね、年代はもっと古いと思いますが
ゴルフを始めた頃はとても高くて手に入らなかったですね

現在は、ゴルフクラブも色々発展してきましたので(製造技術、素材共)
打ちやすい、よく飛ぶものになりました

ところが、ある程度まで上手くなると、ボールをヒットする感触をシビアに
求めるようになる傾向がありますが、そんな時に目標になるクラブですね

スチールシャフトですから、それなりの飛距離の減少や、球筋の違いが
出るのは致し方ありませんが、細かなボール操作が可能になると思います

価値観は、ご自分の力量がどの程度になるかで決まりますので
アスリート志向なのかどうかでご判断される事になると思います

Tourstage55-HM もやはりアスリート志向の方が好んでご使用になる
モデルですね、Wilsonと似たようなスペックになっていると思います
お父様がアスリート系と思われますし、アイアンの重量を揃えたところ
を見ても相当クラブの研究をされていると思いますので、お父様に
詳しく教わられる事をお勧めします

Willson1200、 名機ですね、年代はもっと古いと思いますが
ゴルフを始めた頃はとても高くて手に入らなかったですね

現在は、ゴルフクラブも色々発展してきましたので(製造技術、素材共)
打ちやすい、よく飛ぶものになりました

ところが、ある程度まで上手くなると、ボールをヒットする感触をシビアに
求めるようになる傾向がありますが、そんな時に目標になるクラブですね

スチールシャフトですから、それなりの飛距離の減少や、球筋の違いが
出るのは致し方ありませんが、細かなボール操作が可能...続きを読む

Q差動・シングルエンド・絶縁・非絶縁とは?

データロガーの入力仕様で,
差動,シングルエンド,絶縁,非絶縁と,
いろいろ形式があるようですが,
差動:入力端子間の電圧を計測
シングルエンド:GNDと入力端子間の電圧を計測
と考えていたのですが,これらと,
 絶縁/非絶縁
がどのような関係にあるのか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

絶縁、非絶縁は入力端子が装置本体と絶縁されているか、されていないかをあらわします。
差動は入力端子間の差分を計測、シングルエンドはグラウンドとの間を計測します。
全く違う概念ですが、用途を考えると複雑な関係になります。

測定したい対象によっては、グラウンドに接続できない場合があります。こういった場合に絶縁型を用います。測定したい対象のグラウンドを、測定器のグランドと共通にしてよい場合は非絶縁を用います。
測定したい対象が、差動出力の場合には差動を、シングルエンドの時にはそれを使う、というのが基本です。(あたりまえですが。)

差動入力は絶縁・非絶縁共にノイズに強いですが、絶縁のシングルエンドも、結局は差分を取る事になりますので、同様にノイズに強くなります。

多チャンネル入力できる時、測定器に他の回路がつながるときなどは、チャンネルごとに絶縁されているのか、入力チャンネル全体で絶縁されているか、などに注意する必要があります。
接続の仕方によっては、グラウンドがループしてしまいます。そういう場合に、絶縁型を使うと解決する事があります。また、差動入力の-側にグラウンドをつないだりすることで解決できる場合もあります。

そういったわけですので、使い方は千差万別あって、とても説明しきれませんが、他が同じスペックでしたら、差動のほうがシングルエンドよりも良く、絶縁の方が非絶縁よりもよいでしょう。

超高圧とか、そういった特殊な場合を除けば、「グラウンドループ」「グラウンドレベル」「コモンモードノイズ」「静電や電磁ノイズ」あたりのことを考えれば、測定器に必要なスペックがおのずと決まってくると思われます。

絶縁、非絶縁は入力端子が装置本体と絶縁されているか、されていないかをあらわします。
差動は入力端子間の差分を計測、シングルエンドはグラウンドとの間を計測します。
全く違う概念ですが、用途を考えると複雑な関係になります。

測定したい対象によっては、グラウンドに接続できない場合があります。こういった場合に絶縁型を用います。測定したい対象のグラウンドを、測定器のグランドと共通にしてよい場合は非絶縁を用います。
測定したい対象が、差動出力の場合には差動を、シングルエンドの時には...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング