高等学校で教諭をしております。先日、生徒がある大学の推薦入試を受けるから、自由課題小論文を「織田信長」のネタで書きたいと相談されました。私の信長に関する知識はいわゆる受験レベルでして、恥ずかしながら本も読んでません。生徒には文章を自分で書くから文献を紹介してくれといわれています。しかし、生徒でも読めるような信長の本が思いつかず、私のほうでも探しているんですが、みなさんにもご協力いただければ、はやいと思いました。どうか文献の紹介をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

信長というのは、何でも書けるから選ばれたわけで、本能寺の変の真相はなんて下種なテーマでは最低点になってしまうでしょう。


信長が計画して、秀吉が実行した唐入りは、侵略戦争について書けます。
信長は天皇を越えようとした人物なんで、天皇制とはについても書けます。
楽市楽座で国力を増した大名なので、自由経済についても書けます。
鉄砲の活用や巨大鉄甲船で勝ち抜いてきましたから、先進技術をうまく取り入れる技術立国について、
比叡山焼き討ちや石山本願寺との対決では、宗教と政治というテーマ、
地元の有力者達を集めるのではなく、専業の武士(=公務員のはじめ)を作った為政者というテーマ、
出自ではなく、能力で武将を取り立てていく能力主義等々信長は何でも書けますよ。
    • good
    • 0

生徒さんはどのくらい織田信長についてご存知なんでしょうか。

自由課題小論文のテーマにしようと思うくらいだから少しは織田信長について知識をお持ちなんだと思います。でしたら小和田哲男 著「集中講義 織田信長」という単行本サイズの文献をお薦めします。少し信長びいき調の本だと言われる方もいらっしゃいますが、小和田先生(静岡大学教授)は現代の戦国史研究者の代表のような方で著書は小学生向けのものから専門書まで出され、テレビにもよく出演されている方なので、まず間違いはないと思います。文献の中身は各章ごとに様々な視点から織田信長を分析していくような形式なので、その中から小論文のテーマが見つかるかもしれません。分厚い本ではないのですぐ読めると思います。教諭さんも生徒さんも頑張ってください!
    • good
    • 0

もちろんハードカバーもありますが、新潮文庫から、「下天は夢か 信長私記」という津本陽さんの著作があります。


私は、古本屋で100円で買いました。
目次を拾うと、「情報と調略の戦い」「戦略家としての信長」「信長のリーダーシップ」「信長の女性観」「経済の改革」「本願寺法王国への挑戦」など、現代に通じる章立てがされています。
ある程度の読解力と現状に対する知識があれば、高校生でも読めるのではないでしょうか。
やや、サラリーマン向けではありますが、250ページ程度なので、結構面白く読めると思います。
    • good
    • 0

もう9月も半ばでしょ。

いまさら信長公記なんて
読んでて間に合うんでしょうか・・・。

そもそもなんで自由課題が「織田信長」なのでしょうか?
何かプランがあるのなら、そのプランに沿った
資料集めが必要でしょうし、
ノープランなら「なんで織田信長なんだ」という点を
もうちょっと詰めるのが指導する教諭の立場って
もんじゃないのでしょうか。
自由だから何でもいいって考えてたら、失敗するよ。

自由だからこそ選択が重要でしょう。

ま、スポーツかなんか別の特技があって
何を書いても合格するようなレベルの課題かもしれませんが
人物について書くだけじゃ、漠然としすぎ。
もっと具体的な論文のテーマをしぼるべきでしょう。
信長がやったことは五万とあるわけで、
時代背景や、行動、
歴史的なテーマやミステリー、素朴な疑問等々、
内容とできることはなんでもありますが
人物伝だけは書かせないほうがいいし、
「論文じゃなくて感想だろこれは」ってみたいな失敗作にならないように・・。
    • good
    • 0

信長といえば「信長公記」でしょう。



http://www.amazon.co.jp/gp/product/4044037019/sr …

これは織田信長の直属の部下が書き記した信長の一代記です。信長のことを書きたいと言うからには、ある程度の知識は持ち合わせているのでしょう。角川版は読み下し文ですので難解ではありますが、これを読まずして信長の何を語るのか、というくらいの本です。小説やゲームだけの知識で信長の事を書かれても、詳しい人からするとガキの戯言にしか読みとれません。返り討ちに合うだけです。逆にこれを読めなければ、違う題材にした方が良いと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4044037019/sr …
    • good
    • 0

日本の100人なんかはどうでしょうか。


とても読みやすいのでお勧めです。

参考URL:http://www.de-club.net/nhy/
    • good
    • 0

他の回答者の回答を批判する投稿は禁止されているので、


サイトの紹介にとどめておきますが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%88%87% …

入試対策である以上、一般的な歴史観で書かれた文献を参考にしたほうがよいと思います。
    • good
    • 0

「信長殺し、光秀ではない」八切 止夫著なんてどうでしょう。



信長の死体(首)を誰も確認していないのはなぜか、と昔から疑問でした。

信長の死は火に焼かれてのものではなく、爆殺されたので死体がないとか、マカオを狙ったので殺したなど、奇想天外ですから高校生向きかどうかは難しいですけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界史を小論文で書く

今年大学受験をする者です。
とある大学の一般入試の世界史が小論文形式になっていました。
世界史のの出来事についての説明文があり、その出来事について600字~800字で意見を述べよ。とのことです
私は一般入試しか意識していなかったので、小論文対策など全くやっておりません。
とは言っても国語の小論文ならわりと書ける方なのですが・・
世界史の小論文となると、何をどのように書けばよいのかさっぱり分かりません。
インターネットで探してみても、世界史の小論文なんてどこにも載っていませんでした。
どのように書いていけばよいのかどなたか教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

 世界史の小論文の書き方。基本は国語の小論文だよ。それを説明する。
 世界史の小論文の出題は歴史に関する評論が考えられる。基本的に、現代文読解法の評論文に関する読解力があれば問題はない。だが、現代文のように各段落の読解法は要らない。歴史の小論文は各段落を読むより評論文全体を正しく読む事が重要。だから、世界史の小論文に段落読みの思考は無用。その代わり、全体的な作者の主張を汲みとれるかが重要だ。
 各段落の主張の理解が求められる箇所は限られる。総論賛成各論反対という意見の場合は、各論つまり作者の一つの主張に限り批判する事になる。批判する箇所の部分の段落を正しく読み、読み間違いの的外れな意見は避けた方がいい。作者の主張を汲み、そこから自分なりの意見が言えたらいいのである。
 断片的な説明より、小論文の論述型の形式を話そう。まず、二つの大きな段落に分けられる。一つは”要約”で、もう一つは”意見”だ。まず、評論文を簡潔に要約し意見がある部分の箇所が漏れないようにする。次に、その意見がある箇所を自分なりの主張とその理由を説明する事が大切である。少し誤解があるかもしれないので、要約に使う部分は自分の意見が言いたい箇所を中心に書くべきだ。
 少し大学は違うが、東北芸術工科大学に歴史系小論文の問題が掲載されているのでリンクする(http://www.tuad.ac.jp/admission/2005sanko-sui/heritage/essey.html)。

 世界史の小論文の書き方。基本は国語の小論文だよ。それを説明する。
 世界史の小論文の出題は歴史に関する評論が考えられる。基本的に、現代文読解法の評論文に関する読解力があれば問題はない。だが、現代文のように各段落の読解法は要らない。歴史の小論文は各段落を読むより評論文全体を正しく読む事が重要。だから、世界史の小論文に段落読みの思考は無用。その代わり、全体的な作者の主張を汲みとれるかが重要だ。
 各段落の主張の理解が求められる箇所は限られる。総論賛成各論反対という意見の場合...続きを読む

Q織田信長について、卒論を書こうとしているのですが・・ 

卒業論文で織田信長について調べているのですが
知識と史料が乏しく、困っております;

●ある掲示板にて"侍女惨殺(竹生島参詣の事)"や
"比叡山の焼き討ちはなかった"というような
書き込みを目にしたのですが、実際は・・?
●信長の"優しさ"がわかる話 (Ex.山中の猿 等
●信長公記の信憑性はどれくらいか
●濃姫の行方

少しでも、ご存じの部分がありましたら
知恵を貸していただきたく・・;

Aベストアンサー

ちょっと視点を変えていいですか?

pa05さんは、信長の「何」について卒論を書こうとされていますか?最初の回答者さんも仰っておられますが、まさに「勇者」だと思います。といいますのも、信長についての「論文」はそれこそ「ゴマン」とあるわけで、卒論ならば、信長の「何」、というところまで絞らないと書けません。「徳川15代についての研究」と言っているのと同じことです。

信長の研究史、というものは通読され、把握されておられますか?今までどんな人が信長の何について論文を書いているか、ということです。例えば東大の史学会が出している超有名な「史学雑誌」の毎年5月号に「回顧と展望」というのが編まれますが、それの古いところから昨年5月までの分は目を通されましたか?

上記のことも含めて2次資料(史料や論文などが1次史料で、2次資料とは論文索引や文献目録を指します)には目を通されたかどうかもご確認下さい。例えば・・・

●考証織田信長事典 / 西ケ谷恭弘著. --2000 出版者:東京:東京堂出版,2000.9 形態:306p ; 22cm 内容注記:織田信長略年譜:p293-295 引用史料・文献・参考文献一覧:p296-298
●織田信長総合事典 / 岡田正人編著. --1999 出版者:東京:雄山閣出版,1999.9 形態:iii, 474p ; 22cm
 内容注記:詳細年譜: p4-76.索引: p456-474.主用参考文献: p452-455
●織田信長事典 / 岡本良一{ほか}編. --1989 出版者:東京:新人物往来社,1989.4 形態:414p ; 22cm 内容注記:織田信長関係文献目録・年譜:p374~407
●日本人物文献目録 / 法政大学文学部史学研究室 --1974 出版者:東京:平凡社,1974.6 形態:1199p ; 27cm 一般注記:明治初年から昭和41年末までに刊行された図書・逐次刊行物の記事で,日本人の伝記に関する文献を収録 監修:岩生成一
★上記文献目録は、以降、日外アソシエーツから年刊で出版されています
更に、
●織田信長家臣人名辞典 / 谷口克広著. --1995 出版者:東京:吉川弘文館,1995.1 形態:495,7p ; 23cm 一般注記:監修:高木昭作 内容注記:参考文献:p483~495

上記はほんの一例です。なお、言うまでもありませんが、いずれの●も「内容注記」の「目録」や「年譜」の部分が特に重要です。
すでにどれも目を通されたとは思いますが、上記のものに「もしも」目を通されていないようでしたら、論文の土台そのものがゆらいでしまいます。

ちょっと心配性な小父さんでした。
ご参考まで。

ちょっと視点を変えていいですか?

pa05さんは、信長の「何」について卒論を書こうとされていますか?最初の回答者さんも仰っておられますが、まさに「勇者」だと思います。といいますのも、信長についての「論文」はそれこそ「ゴマン」とあるわけで、卒論ならば、信長の「何」、というところまで絞らないと書けません。「徳川15代についての研究」と言っているのと同じことです。

信長の研究史、というものは通読され、把握されておられますか?今までどんな人が信長の何について論文を書いているか、と...続きを読む

Q歴史について小論文を書く

中3です。

今度高校受験で小論文があります。
過去問を見ると、歴史で、グラフなどを見ながらなぜその事象が起こったのか説明するという問題があるのですが、書いてみると歴史、過去のことなので全ての文の終わりが「…た。」になって、おかしいような感じがします。ですが、「…している」「だろう」といった終わりかたができるジャンルではないので困ります。
この場合は「…た」で終わってのでしょうか。だめなら、どう終わればいいのでしょう。

よくわからない質問のしかたですみません。お手柔らかに教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

基本的に出来事、事実であれば過去形の文面になるのは当然です。
問題ないですよ。

あとその事実に基づく考察について、他の人の論とか引用したうえで自分の考察も入れる場合は「私は~と思う」という形でも大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報