【初月無料キャンペーン中】gooドクター

字面からすると「方丈」は僧侶の謙譲語のような気がします。その一方、超俗を旨とする世界であることを考えると矜持を秘めた語のような気もします。事実、広辞苑には「師への敬称としても用いる」とあります。
乏しい体験からいうと、映画の中で僧侶が自らを「方丈は」と名乗っている場面があった気がします。この用例は謙譲語です。一方、俗世の人間が僧侶を直接「方丈さん」と呼びかけている事例も法事の席で目撃しています。こちらは尊敬語で広辞苑の記述に合致しています。

そこで質問ですが現実はどうなのでしょう。「方丈」は謙譲語なのか、尊敬語なのか、両方を兼ねているのか、どちらでもないのか。
僧侶が自らを「方丈」と名乗ることは普通のことなのか、普通だとして禅宗以外の僧侶もそう名乗るのか。
俗世の者が僧侶を直接「方丈さん」と呼ぶことが可能だとして、禅宗以外の僧侶に対しても失礼ではないのか。
この辺りのことを解説して下さると有り難いです。

お願い1
内容によっては「補足」や「お礼」の欄を用いて回答者に問い合わせをすることがありえます。その際、「知らない」、「嫌だ」、「勝手に調べろ」、「愛想が尽きた」・・・など何でもよいのですが、何がしかの返事をして下さる方の回答を希望します。返事がないと締め切ってよいものやら、いけないものやら非常に困惑します。この質問が締め切られるまで、ご自分の投稿のその後に関心をもって下さる方の回答を希望します。

お願い2
僧侶や教団の関係者とは限りませんが呼ばれる僧侶の寛容によって通用してきたという裏話が隠れていては困るので、単にご自分の経験談や印象・感想ではなく、仏教界に明るい事情通の方の客観性のある回答を希望します。

よろしく、お願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

2.結論は、「知らない」ですね。

京都の有名な「竜安寺」「南禅寺」の紹介サイトでは、「方丈から見える庭園」というように建物を「方丈」と呼ぶことは行われているようです。わたしの地方では、「禅宗・曹洞宗」がもっとも多く、次いで「浄土宗」、残りは他宗派のようですが、信徒が僧に呼びかける時は、「和尚(おしょう)さん」で共通しています。一方、住職が自分を紹介するときは「○○寺の住職、××です」と名乗ります。葬儀など公式の行事では、司会者が「ご導師さま」と呼びます。こうした呼び方には地方差があるかもしれません。
 そして、方丈と言わない理由は、相当な田舎の寺でも、本堂と庫裡に分かれていますからでしょう。

3.最初に言いますが、「坊主」は職階ではありません。ネット上で「僧の階級」とでも入力して検索してみてください。真言宗の一派では「律師」「僧都」「僧正」などが存在するようです。それを偉い順序から書くと、「大僧正」「権大僧正」「中僧正」「権中僧正」「少僧正」「権少僧正」の6階級あり、僧都にも同様6階級。律師には「大律師」「律師」「権律師」の3階級、合わせて15階級ということです。他の宗派ではまた違い、中には「阿闍梨」「法眼」「三蔵法師」などいろいろです。
 ところで、「坊」とは建物で、「僧坊」のこと。大きな寺院では、中にいくつかの坊があった。その主が坊主。我が国で言えば、高野山金剛峯寺の各院、東大寺の堂(二月堂・三月堂)や院(戒壇院他)も似たような存在でしょうか。尼寺では、比丘尼を「庵主」という。
 というわけで、檀那寺の住職に向かって「お坊さん」とは言わず、2.で言ったとおり「和尚さん」と呼ぶのが普通。ただし陰では「坊さん」「坊主」など呼ぶのは聞いたことがあります。

4.上代には、唐から来朝した「鑑真」は「鑑真和上(尚)」と尊敬されて呼ばれたけれど、後世には「和尚」はむしろ親しみを表すようになったように感じます。わたしの知人に天台宗の「権(ごんの)大僧正」がいますが、わたしどもは親しみのつもりで「和尚」と呼んでいます。

この回答への補足

話が拡散してきましたので整理をする意味で確認します。
No.1、No.2によっては初出の質問文の回答は得られていません 。どなたなりと今後も回答をお待ちしています。

以下は狭い意味では質問文と無関係ですが、質問文から派生した話題であって、これはこれで有用だと思いますので纏めておきます。
1建物を「方丈」と呼ぶことがあるのは判りました。ただ、竜安寺も南禅寺も禅宗ですね。どうも「方丈」という語は禅宗好みなのか、ひょっとすると禅宗でしか使わないのか、そういう疑問が当初から質問人にはあって、それが初出の質問文にもなった訳です。
2宗派を問わず「和尚さん」と呼べることが判りました。敬称なので僧が自ら名乗ることはないらしいと判断しました。
3「導師」は呼び名に困ったときの「先生」と同じで宗派や職階を問わずに使えて無難そうです。
4「坊主」は職階でなく建物内の長と理解しました。大僧正だが坊主でなかったり律師でしかも坊主の僧がいたりする訳ですね。
以上は補足というよりお礼の一部みたいなものです。看過できない誤りがある場合以外、ご返事の有無は一任します。

補足日時:2006/09/21 20:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べて下さって大変だったと拝察します。ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/21 20:16

ご希望に添うような事情通ではありませんが、口出しすることをお許しください。


「方丈記」の筆者が、「広さはわづかに方丈」と言っていますが、「方丈」とは本来一丈四方の広さを言います。一丈=十尺≒3m3cmですから四畳半に近い広さの住居、お堂を言います。また古代インドの維摩居士の住居の広さに因んで、お寺・住職を意味するようになったようです。
 敬譲表現であるかは、ちょっと微妙であり、本人がそう言う場合は、謙称ともとれる(質問者おっしゃるように、住職としての矜持が含まれているかも)が、信徒がいう「方丈さん」は尊敬でしょう。
 似たようなものに、「坊主」と「お坊さん」、「和尚(わじょう・かしょう・おしょう)がありますが、この和尚は高僧に対する敬称のようです。因みに、私の土地では、「おしょうさん」(禅宗・曹洞宗)とか、「おっさん」とか呼んでいます。

この回答への補足

1口出しなんて、とんでもないです。大歓迎です。

2 「方丈」については
”僧侶が自らを「方丈」と名乗ることは普通のことなのか、普通だとして禅宗以外の僧侶もそう名乗るのか。
俗世の者が僧侶を直接「方丈さん」と呼ぶことが可能だとして、禅宗以外の僧侶に対しても失礼ではないのか。”
このことについては判らないというお答えと判断してよろしいですか。

3 >>似たようなものに、「坊主」と「お坊さん」
があるということは「僧侶が自らを『坊主』と名乗り、俗世の人間が僧侶を『お坊さん』と呼びかけることがある」という意味ですか。そういう意味だとおっしゃる場合に限って、お聞きします。
「坊主」は職階ではないのですか。やたらに「お坊さん」と呼ぶことは部長や係長を課長と呼ぶのに似た失礼をしでかす心配はありませんか。

4 >>似たようなものに、「和尚(わじょう・かしょう・おしょう)」
があるということは「僧侶が自らを『和尚』と名乗り、俗世の人間が僧侶を『和尚さん』と呼ぶことがある」という意味ですか。そういう意味だとおっしゃる場合に限って、お聞きします。
曹洞宗に限った話であって、他宗では僧侶が自らをこうは名乗らないし、また俗世の者が僧侶を、こう呼ぶことはないのですか。
また、「和尚」は職階ではないのですか。やたらに「和尚さん」と呼ぶことは社長や課長を部長と呼ぶのに似た失礼をしでかす心配はありませんか。

都合のよいときにご返事があると有難いです。

補足日時:2006/09/17 21:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

締め切るに当たって
本日は10月15日です。質問文の投稿以来ひと月が経ちました。質問文に直結した回答は何らかの理由によって得られませんでしたが、そういうことがあるのは当然でしょう。どのタイミングで締め切るのがよいのか判断できませんが早いにしても遅いにしても一月後は許容範囲かと思い実行します。
No.2のお礼の欄も補足の欄も使ってしまって記入する所がないので、ここを利用しました。この質疑に加わっていない方には読み難いことで御免なさい。
何はともあれ有り難うございました。

お礼日時:2006/10/15 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング