何度も質問して申し訳ありません。
妻が従業員持ち株制度で毎月積み立てをし、4年ほど前の退職時に未満株に買い増しをして取得した、千株の株券です。
それを夫名義に書き換えをし、それから売却する方針です。

そこで質問です。

夫は現在申告分離課税を選択しています。
今回売却する株は妻が取得した頃よりも大幅に値下がりしており、売却損がでることはわかっているのですが、前期のような理由で取得価格が不明です。
この場合の売却損額はどのようにして見積もればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

NO.2で回答したものですが、補足です。



以下、主旨といささか異なりますが、
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/syot …
http://www.imanaka-kaikei.co.jp/news-bac12.htm
名義の移転を売買ではなく贈与で行った場合ですが、非常に判りにくいのですが、
贈与税 = 市場価格など公正な価格を基準に課税
贈与された人間の取得価格(売却時の簿価) = 原則、被相続人の取得価格
とこのふたつの価格が異なります。贈与か売買かを選択することで節税を行うことが有価証券を利用するメリットであると言えます(不動産なども同じですけど)。

価格証明ができなければ、売却時に5%の売買益が発生したとみなされます。贈与の制度を利用して、他の売買利益と損益通算するなどの税制上のメリットを生かすのであれば、価格が証明できることが前提となります。
私が売買をお勧めした理由はこちらの方が手続きが簡単だからです。仮に奥さまの売却に対する問い合わせが入ったとしても、取得時期の価格情勢から売却損なので
申告しなかったとの証明が容易だと考えたからです。手続きが簡単になるという理由以外に他意はありません。これを応用し、売買価格を実勢よりも高め、かつ奥さまの取得価格よりも低くに設定してその差額を贈与とするという方法もありますが、贈与と同様の手間がかかることにはなりますし、後述する税務署見解の確認が必要だと思います。

ご質問の主旨に関して、退職時の単位株にした時点の価格(持株会が価格証明を出してくれればベストですけど)を税務署が取得価格として認定してくれれば問題解決だと思います。持株積立で購入してきた価格がこの取得価格よりも上であればその可能性はあると思いますが、正直言って税務署に問い合わせしてみないと判りません。後々のためにはご質問者さま自身が税務署に問い合わせてみることをお勧めいたします(匿名でもOKです)。税務署は回答する義務がありますし、その時の経緯を記録しておけば後の申告でも困らないと思います(当然、無料で聞くことができます)。
お役に立てない回答で申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、妻からの夫への売却ということで、後は名義書換時の時価を取得価格として処理すればよいということですね。
2度に渡り、詳細な回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 01:28

#1の追加です。



奥様名義の株をご主人の名義にしてから売却するわけですね。

この場合、奥様名義のものをご主人の名義にするときに、1.奥様からご主人に贈与する方法と、2.奥様がご主人に売却する方法があります。

1の贈与にした場合、ご主人が売却したときの取得価格は、奥様が取得した時の価格になり、その価格が判らない場合は、売却価格の5%が取得価格とされます。

2の売買にした場合は、奥様が時価でご主人に売却したことになり、奥様の取得価格と売却価格の差が、奥様の譲渡所得となります。
この場合も、奥様の取得価格が不明な場合は売却価格の5%が取得価格となります。
又、ご主人の取得価格は、奥様からの売却価格となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度に渡って、丁寧なご回答ありがとうございました。
贈与か売却かということですね。
よくわかりました。

お礼日時:2002/03/27 01:24

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/unyou/20011130m …
同様の事例の相談例がありました。
色々な方法があり参考になると思います。

旦那さま名義に変更する段階の所ですが、
奥さまが時価で売却、旦那さまが時価で購入したものとして
処理することが一般的です。(売買契約を締結した方が良いでしょう)
他に売買がなければ、株の売買損は申告分離課税を選択すれば
課税されませんし、申告も不要です。
(税務署から問い合わせがあった場合は購入価格の証明が必要)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/unyou/20010910m …
時価以外の金額であれば、差額が贈与と見なされ後日面倒になる
場合がありますので、名義書換を担当する業者もご質問者さまに
とっても預け入れ日の引値などを利用した方が後の管理を行いや
すいと思います。
(仮に名義変更後に価格が上昇した場合は課税されます)

http://www.paxnet.co.jp/news/datacenter/200201/3 …
来年から譲渡損失繰延制度も始ります。損得と手間を考慮の上、ご判断ください。
    • good
    • 0

持株会や証券会社に10年間は記録が残っていると思いますが、照会できませんか。



どうしても取得価格が判らない場合は、売却価格の5%を取得価格として、計算することになっています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q持ち株会の株の売却

国税庁のホームページで次のような記述をみつけました。

>Q 従業員持株会を通じて取得した株式の取得費について
>[平成18年4月1日現在法令等]

>A 従業員持株会を通じて取得した株式の取得価額は、
>その株式を従業員持株会が取得したときの価額によるのが原則ですが、
>従業員持株会から交付された資料では取得価額、取得時期が分からない場合には、
>従業員持株会から引き出したときの名義書換日を取得時期として、
>その株式の取得価額を算定しても差し支えありません。

実は、昨年売却した株の確定申告に取り組んでいるところです。
しかし、何年にもわたって取得してきた株の取り扱いに困っています。
今まで取得した株の価格(平均)がいくらだったのか、というところでつまずいています。
証券会社から送られてきた資料を見ても、なかなか判別がつかず、
平均株価の資料を持っているとされるところに連絡しても、渡せない、などと言われています。
交渉しているところなのですが、上の記述を使えば、
持株会から株を引き出した日の株価だけがわかれば、計算がとても楽にできます。
それでもいいのでしょうか?
実際の所得と変わる可能性があると思うので、この解釈が間違っているのでは、と心配です。

国税庁のホームページで次のような記述をみつけました。

>Q 従業員持株会を通じて取得した株式の取得費について
>[平成18年4月1日現在法令等]

>A 従業員持株会を通じて取得した株式の取得価額は、
>その株式を従業員持株会が取得したときの価額によるのが原則ですが、
>従業員持株会から交付された資料では取得価額、取得時期が分からない場合には、
>従業員持株会から引き出したときの名義書換日を取得時期として、
>その株式の取得価額を算定しても差し支えありません。

実は、昨年売却した株...続きを読む

Aベストアンサー

>従業員持株会から交付された資料では取得価額、取得時期が分からない場合には、従業員持株会から引き出したときの名義書換日を取得時期として、その株式の取得価額を算定しても差し支えありません。

質問者さんの解釈で間違いありません。

平成13年9月30日以前に、名義書き換えをしていれば、みなし取得価格も適用できます。(13/10/1以降の名義書き換えが1枚でも有ればだめですが)
価格の高いほうの選択ができます。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1473.htm
http://www.daiwa.co.jp/ja/service/advance/tokutei/minashi.html

Q損してる株を売却する時

3年ほど塩漬け状態の株がありますが、売却しようか悩んでます。
株についてはそんなに詳しくないのですが、売却時の税金について質問します。

口座は特定口座(源泉あり)になっていますが、利益が出てない場合は税金って取られるのでしょうか?
この口座になってから売却したことがないのでよくわかりません。
証券会社(ネット証券)に電話してもぜんぜん繋がらないのでどなたか教えて下さい。
初心者扱いでお願いします。

Aベストアンサー

専業主婦で扶養家族を続けたいなら、特定口座・源泉徴収ありが良いです。
特定口座の損益計算は受渡し日でするため、年内扱いの取引は27日で終わりました。
株を売った結果、年間で利益が出ていれば税金を徴収されます。どうも、書き込みは評価損益のような気がします。
特定口座・源泉徴収ありでも、確定申告して構いません。

2社で利益と損失なら、確定申告で利益から損失を引くことができます。損が多ければ損失繰越もできます。
ただ、専業主婦の場合は、確定申告時の利益が38万円以内でないと税金の扶養家族から外れます。そこのところの損得勘定は、よく考えて下さい。

Q値下がりした銘柄を 買い増しする方法。。

(7731)ニコン
(1) 1917円で  買いました。下がってきたので
(2) 1900円でも 買いました。まだ 下げてます。(本日 1864円)

(3)明日 ○○円 。。。。
このように 買い増して いくのは 馬鹿な 方法のような 気がしてきました。。。

一度 (1) (2) を 売ってから (3)を 買った方が 良いのか 判断が できず 困っています。

確実な正解は ないとは 思うのですが
皆さんは どのように この状況を 乗り越えておられるのか 私見で 構わないので ご意見 頂けませんでしょうか??


 

Aベストアンサー

 なんともいってあげられませんけど、手持ちの情報では株価の振幅が激しい銘柄とのこと。景気敏感株で、循環株。円高で少し売られてるんでしょうか・・
 業績はすこぶる好調ですから、明日は四季報発売ですし、買いが入ってくるかもしれません。まあ倒産の心配はなく、日経ももう少し上があるとしたらホールドでもいいでしょうね。
 いずれにしろ、中長期でじっくり構える必要がありますね。
 下手なナンピン・・・なんとやらといいますが、資金も豊富な方の様ですので、勝率100パーというナンピンの仕方貼っときます。
 http://kabukikin.seesaa.net/
過去ログ勉強になりますのでよろしかったら
 

Q今年、株式投資に利益が出ている場合には、含み損を抱えている株を売却して、相殺するべきか

今年、約40万円程度の利益が出ています。その内、利益の10%ほどの約4万円が課税金額になりそうです。そこで、相談です。
今、ちょうど40万円ほどの含み損を抱えている株があり、本当はホールドしたいと思っているのですが、売却・即買い戻しをすることにより、その含み損で今年の利益を相殺した方がトクなのでしょうか。
手数料がかかることから、売った価格よりも、ちょい安めで買い戻したい欲もあります(笑)。
ただ、確か、2007年(2008?)から、利益の20%が課税されることから、「含み損を有効に使う」のであれば、今年ではなく、課税比率が戻ってからの方がよいような気もします。
また、2007年以降、その含み損を抱えていた(買戻し済み)株が、当時の損を越えて大きく上昇した場合、「あのとき含み損を吐き出すのではなかった」と後悔することになりはしないか心配です。
つまらない質問で大変恐縮ですが、ご教示いただけましたら、幸いです。

Aベストアンサー

そうですよね。確実性を求めれば1か2でしょう。

2008年までに限らず「塩漬けて」待つという手法は「不確定要素=不確実性」が多すぎて、その動向と対応が事前にキッチリ計算できませんよね。

もし私が同じ立場だったら、27日の大引けで売ります。引け値なら後悔しないでしょうから・・・

そして翌日の28日の寄りに再度買いを入れますね。これならわずかな差額で買い直せるので、思い入れの面でも良いのではないかと思います。

もちろん、もっと安く買い直すなら2月まで待てば確実でしょうけど、それだと1月の上昇の恩恵は受けられない可能性があるので、12/28日に買ったら1月の天井を目標にいったん売りたいですね。細かい売買になって恐縮ですが・・・そして2月の底値で拾い直す・・・どうでしょうか

Q妻が勝手に夫の株を売却することはできますか?

友人の夫が、都内愛人宅で愛人と共に覚せい剤所持・使用・譲渡で逮捕されました。
現在、警察署で勾留中(接見禁止)です。
帰ってくるのは何年も先になるようです。

友人は、数年前から月に1回程度しか帰ってこない夫から、食費生活費等込み3万円しか貰えず、2人の子供(2歳と3歳)を育ててきました。
時には、カップラーメン1個を3人で分けて食べるときもあったそうです。

愛人がいるかもしれないとは思っていたようですが、これで確定しましたし、愛人のお腹には赤ちゃんまでいて2月には産まれるそうなので、これを機に離婚をして、実家の長崎に帰る事を検討しています。

慰謝料の請求を弁護士に頼むと時間がかかりそうですし、長崎から東京までの距離も遠い為、何かとお金もかかりそうです。

そこで、慰謝料がわりに夫の株を妻が売却し、手にできる方法は無いか?と思っている次第です。

無理なのでしょうか?
私も友人も株に関しては全くの素人です。
どうかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

大きく分けて2つ方法があります。
まずは、離婚前の状態で婚姻費用の請求を行います。
婚姻費用請求は請求の申し立てをした時点から有効になるので、早目の申し立てが必要です。
恐らくこの請求は認められるので、株式の売却が認められますが、手続きに関しては無料法律法律相談に尋ねて下さい。もし、売却益が出ても税法上の特典があるかもしれません。
次に離婚調停を申し立てた場合、財産分与、慰謝料、養育費に充当するために売却する事です。
ただ、いずれの場合も証券と(今では証券は証券会社保管が中心えすが)登録印鑑を持って証券会社に行く事になりますが、必要以上の株を売却してはなりませんし、売却明細票もダンナに渡す必要があります。

どーせわからんから、と言って勝手に売買すると盗みや私文書偽造という刑法犯に問われます。
慎重に行きましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報