高校レベルまでの数学の勉強のし直し方を教えてください。
私はエンジニアとして12年ほど仕事をしてきましたが、たまにふと「数学がもっとできればなぁ」と思うことがあります。
私は、基本的に算数レベルしかありません。
仕事は、基本的に四則演算で対応できたのでさほど困りませんでした。
部分的には対応できないこともありましたが、数学を必要とする一番の理由は、物事を考えるときなどに、「なにか他の考え方(理論)でこの困難を打破できないか?」と思うことがあるからです。
数学は、実務以外にも応用できると思っています。
良い方法がありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「高校の数学の教科書を読む」というのもオススメなんですが。

昔一度使っていたものなのでとっつきやすいと言うよさがあります。

ただ、社会に出て12年でかなり学校の勉強から離れてしまっているのであれば…。
読みやすさから言ったら下記参考URLの細野真宏さんの「数学が面白いほどわかるシリーズ」が高校生向けに書かれた本の中で一番読み進みやすいです。最近のベストセラーの「経済のニュースが面白いほどわかる本」の著者の方が書いた本です。概念や目的を考えられる書き方をしてあって頭に入りやすいです。エンジニアをされている方には易しすぎるかもしれませんが。

この本を読んだに学習参考書・問題集などを解くほうが役に立つと思います。受験するわけではないのですから、問題のパターンに慣れるということは不要ですよね。

参考までに、分野(単元)でオススメなのは、
●生活に密着…宝くじから生命保険までカバー。確率の「期待値」
●工場などで多用…線形計画法と呼ぶのですが、「領域の図示」・Excelと関連もある「行列」
●理路整然と考えるなら…「証明」の「背理法」「帰納法」・明確な概念の整理に「命題」の中の「裏・逆・対偶」

特に「確率」の難問と言われるレベルのものは、類推力・整理力・判断力などとてもよく使うと思います。教員をやっていてかなりレベルの高い生徒を教えているのですが、普段か頭の回転の速い生徒は良く出来る分野です。逆にガリ勉タイプはこの確率の分野で成績が落ちます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

整理されたご意見、大変感謝しています。
私にとっては「何に使えるか?」「何に応用すると役立つか?」はとても重要で、
私は学生時代、何か習う度に「だからこれは何に使えるのか?」という方向に疑問を感じるタイプでした。(当時の教科書ではそこまで書いてなかったような気がにます。)私が唯一知っている「三平方の定理」は、社会人になってから「ななめの距離」がどうしても出せず、恥じをかきながら聞き、学びました。「ななめの距離」は四則演算では絶対にでません。値がでたときは、「これはこの先つかえる」と感動しました。
gaak1さんの回答は、私の悩みをガッチリ掴んでおり、大変参考になると思います。

お礼日時:2002/03/25 15:07

私自身が一旦社会に出てから再受験した経験からですが、書店で中学レベルの参考書をご購入になり(中学レベルが終わってから高校レベルに移行する)、1日30分とか1時間とかお決めになられて「最初から」と「真ん中くらいから」を少しづつこなしてみられてはいかがですか?数学は人間の自然な理性の産物なので、段階を踏んでいけば必ずできるようになりますよ。

ここで、いわゆる受験参考書ではなく中学・高校生の教科書代わりのような(旺文社の「基礎からよくわかる」 文永堂の「理解しやすい」 など)ものをお使いになったほうがいいと思います。本当は教科書が最もいい参考書なのですが、教科書には練習問題の回答がないので不便だったりもします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「数学は人間の自然な~」は、共感するものがあります。
関係ないかもしれませんが、百分率をもとめるとき、例えば「314個のうちの76個は何%?」なんて問題があったとする。学校では、
76/(314/100)で習いますよね。
ですが電卓で計算するときは面倒くさいので、
76/314で計算したりしませんか?
出てくる値は桁がちがいますが、私はこれがとても便利に思います。
これは、私のなかでfirevalkyriesさんの「数学は人間の自然な~」だと思っています。
レベルが低くてすいません。
私としては数字の性質に気づくことがとても楽しく、ちょっと記述しました。

お礼日時:2002/03/25 16:56

まだ廃刊にはなっていないと思いますが、下記の本を読まれたらいかがでしょうか?


著者:大村平
出版社:日科技連
書名:統計の話、微分積分の話、など「何々の話」シリーズ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「大村平」をキーに検索し、有効な書籍と「数理計画法」と言う手法(考え方)に出会いました。「数理計画法」は、大変興味をそそれられます。
私の場合、ものにするのにかなりのハードルを越えなければならないと思いますが、有効であることは間違いなさそうです。
有効な情報をありがとうございました。

お礼日時:2002/03/25 15:16

えっと、何にせよ仕事を12年間も仕事をしてらしたのでしたら、基礎的な部分は出来てると思いますので、大学受験用の(通称)「青本」や「

赤本」をやってみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明が足りなくてすいません。
実は、基礎もできていません。
中学レベルも駄目でしょう。
アレルギーがないくらいです。

お礼日時:2002/03/25 17:55

公文式のようなプリント学習はどうでしょうか。


もしくはドリル形式の問題集。
ただひたすらと問題を解いていくだけでも、頭の体操になると思いますよ。
私はというと、文系だからと数学を毛嫌いしてきたのですが、人生には発想の転換が必要だ(なんて大袈裟ですが)と思い立ち、以来、数学のプリント学習をしています。
難しい問題はとことん時間を掛けて解決するように心がけています。受験の時は「わからないものは飛ばして、わかるものから解く」としていただけに、焦ることのない学習はとても自分に役立ってる、、、と思ってます。

参考URL:http://www.kumon.co.jp/home.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明がたりなくてすいません。
受験や対象ではないので、「全てを一から」という必要性はありません。
目的の分野・式等を絞った後、対象のプリント学習の必要性を感じました。

お礼日時:2002/03/25 18:08

月並みですが、本屋で自分に合いそうな基礎からの参考書を買うのが良いと思います。

代ゼミTVネットのなんかわかりやすいですよ。必ず中を読んで、自分に合いそうかどうかをチェックするのが大事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明がたりなくてすいません。
受験対象ではないので、「全てを一から」という必要性はありません。
おっしゃる通り、まずは本屋で基礎レベルの本を探すことに時間を費やすことかなと思いました。

お礼日時:2002/03/25 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qとっても基本的な質問で。。。

オープン系
業務系
制御系
メインフレーム

の差がわかりません。よく出てくる用語なんですけど。。。

Aベストアンサー

個人的に、オープン系にWindows含むのは違うと思いますが。。

主にUnix中心で組まれたシステムを言うことが多いです。

業務系は#1さんのご説明の通りで、企業の業務を扱うシステムを指します。
制御系は、色々な意味があるのですが、業務系との対比で使う場合は、業務システムではなく、もう少しシステムより、例えばDBの処理や稼働率を計測したりするシステムを指します。

メインフレームは大型コンピュータを指します。日本語で「汎用機」と呼ばれる事が多いです。
IBMや富士通、NECにも製品があり、それぞれ独自のOSで動きます。最近はLinux等も動くようになっています。
とにかくデカイので電気や資源を食う、値段が高い、管理が大変、という理由で使われなくなってきてます。
ただし信頼性はWindowsやUnixと比較しても段違いですので、ダウンの許されないシステムで細々とですが生き残っています。

Q転職を考えてます。 ①基本給がかなり高い企業だけど、年二回の賞与合計が10万くらい。 ②基本給は安い

転職を考えてます。
①基本給がかなり高い企業だけど、年二回の賞与合計が10万くらい。

②基本給は安いけど、賞与がかなり高い。

あなたならどちらを選びますか?

Aベストアンサー

①の方が魅力的です。
基本給は、基本的には変動しません。むしろ、昇給方向です。
賞与は固定ではなく、変動幅が大きいです。

QSEって、やっぱ、物事をまとめる力が必要ですよね

私はSE(システムエンジニア)を目指す就職活動中の大学3年生です。大学が情報系のことを教えているのでSE(システムエンジニア)になりたいと思うのは自然の流れなのですが、私には人の話を聞き、それをまとめる力がありません。SEの仕事のメインはお客様のお話を聞き、それらをまとめ、分析することだと思うので、最近、自分にはもしかしたらSEはあってないんじゃないかと思い始めています。なので、こういう能力は入社してからでもどうにかなるものなのかが聞きたいです。

そして、そもそもそういう人は入社すらできないんじゃないかと不安です。私は今のところ説明会後の適性検査で全て落としています(10社くらい)。適正検査にはSPI2のような基礎学力を問うものと受験者の性格が自社に適しているかを見るパーソナリティテストがありますけど、もし、そのパーソナリティテストで「物事をまとめる力」がないと判断され、いままで受けた会社が共通してそういう部分を理由に落としているとするなら、いくらSPI2の勉強を使用が面接対策をしようが無駄なのではないかと悩んでいます。

Aベストアンサー

私は、SEです。
人の話を聞き、それをまとめる力がないとのことですが、
SEとかにかかわらず、人の話を聞く、文章をまとめる、わかるように説明するというのは、
必要な職種は多いのではないでしょうか?
まず、人の話を聞くことが大切です。
文章をまとめることは、SEとしては大切ですが、それもお客様にメールを書く、
魅力的な提案書を書く、明快な設計書を書くなどさまざまな場面で最初からうまく
できる人はほとんどいません。
新人くんが配属されたら、お客様とやり取りする文書は先輩や上司がかならずチェックします。
何度も何度もだめだしをして、直させてを繰り返させます。
ちゃんと話を聞いて、どこがどう悪いのか受け止める人は、その中で進歩します。
まずはプログラマーから始まると思うので、先輩のやり方を見て、良いと思ったところをまねて
どんどん吸収していけばいいんです。
現場でがんばって、失敗して、怒鳴られて、自分なりのやり方を見つけて
だんだん一人前になっていくんです。
「この仕事、合ってないんじゃないかと思うんです。」と何人もの後輩に相談されました。
その中でいやになってやめた人もいれば、そこをがんばって一人前になった人もいます。
要は、その仕事でどこまで前向きにがんばれるかです。
それから、不況で大変だとは思いますが、
あなたのほうも、良い先輩にめぐり合えそうな会社を選んでくださいね。

私は、SEです。
人の話を聞き、それをまとめる力がないとのことですが、
SEとかにかかわらず、人の話を聞く、文章をまとめる、わかるように説明するというのは、
必要な職種は多いのではないでしょうか?
まず、人の話を聞くことが大切です。
文章をまとめることは、SEとしては大切ですが、それもお客様にメールを書く、
魅力的な提案書を書く、明快な設計書を書くなどさまざまな場面で最初からうまく
できる人はほとんどいません。
新人くんが配属されたら、お客様とやり取りする文書は先輩や上司がかならずチェ...続きを読む

Qプログラマ・システムエンジニア

こんばんは。プログラマやシステムエンジニアの人材募集で、
制御系、オープン系、やWEB系プログラマ、システムエンジニアと
いろいろありますがそれぞれの仕事内容は例えば
流通、金融系、生産管理、自動車関連制御これもまたいろいろありますが、
私がしたいのはWindowsやオフィスのような一般の人が使う
ソフトウェアです。
これはどういった募集(~系の~という仕事内容)で示されていますか?
無知なものでよろしければ説明してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Windowsやオフィスのような一般の人が使う
ソフトウェア」を製作する、という意味でいいですか?
おそらく、市販されているパッケージ製品を
作ってみたい、ということだと思います。

企業によって、呼び方は違うと思いますが、
オリジナルソフト開発、パッケージソフト開発
等のキーワードでいけるかな?
(但し、一概にパッケージソフト、といっても、
 市販されていない業務用のものの方がはるかに多いので
 このキーワードですぐに見つかるとは限りません)
Windowsの類であれば、OS開発、オペレーティングシステム開発、ですね。
そうそうは無いですが・・・


試しに、作ってみたいソフトを開発している
企業のホームページで採用情報を調べてみては?

あいまいな答えですみません。

Q浮動小数点演算とは

浮動小数点演算とは何か調べたのですがイマイチよくわかりません。

簡単に言うとどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

浮動小数点演算は、実数の演算の近似です。浮動小数点そのものが実数の近似で、加減乗除を1回行うごとに丸め誤差が入ります。

(今はあまり使われませんが)固定小数は、整数の適当な位置に小数点を入れて位取りする数値です。素直な表現方法ですが、大きい数や小さい数ほど桁がたくさん必要になってしまい、しかも0の桁が多くなるので効率が悪いです。

これに対して浮動小数は、M進法L桁の固定小数に、Mのn乗をかけて表す数値です。つまり10進数で6桁だと、#2さんのように「a.bbbbb x 10^n」になります。数の表現には便利ですが前述のような誤差があり、有効桁数の範囲内で本来表すべき実数と一致します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報