○だるい
○疲れがとれない
○風邪が治りきらない
○熱はない
○食欲はある

仕事は休まずにやっていますが、休みの時はほとんど起きあがる元気がない。運動不足かとも思うけど、のどがいがらっぽいし、だるいし、そういう風邪っぽい症状が収まってからと思います。かかりつけの医師は、大したことないだろうという見解です。
どうすれば、この状況から脱出できるか、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

どの位の期間其の自覚症状が続いているのでしょうか?年齢や環境なども医学的質問には書き加えてください。


これだけの情報では目の前で見た医師以上の返事は無理でしょう。

長期間続いているなら、大病院や大学病院で、「CFSの検査をして欲しい」として受診されることをお勧めしますが、

短期間なら、ただの疲れから、免疫機構の状態が悪く、完全に微生物感染を除去できない状態と思われます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
二ヶ月近くになります。
私は38歳女性で、公務員、一人暮らしです。
身長157cm体重48kgです。

長期間とは、どの程度を目安にしたら良いでしょうか?
またCFS検査とは、どういったものでしょうか?

教えて頂けると助かります。

補足日時:2002/03/27 12:56
    • good
    • 0

お疲れがたまっておられるようですね。


以前にも同じような症状がありましたか?
お医者さまから「大したことないだろう」と言われるということは、血液検査や、その他の検査結果からは特に悪いことが見つからなかったのでしょうね。
ひとつ安心材料ができたと思って、一歩前進ですね。
風邪を治すための休養が充分にとれないでいると、もっともっと長びく可能性が大きくなりますので、できるだけ早めにしっかりと休養をおとりになることが先決でしょうね。
健康の三大原則は
「食う」「寝る」「遊ぶ」=「栄養」「休養」「運動」です。
このバランスを崩すとだるくなったり、風邪が治りにくかったりいろいろと自覚症状(お医者さま的観点から見て健康でも、ご本人がすっきりしない感覚)になってあらわれます。

余談になりますが、私の専門はカイロプラクティックなんですが、体の不調を訴える患者様に数回施術を行ったら、いわゆる「ひきこもり」も治ってアルバイトを始める事ができた20歳の方もいました。
体の調子と心の調子はものすごく密接な関係にありますので、色々とお試しくださいませ。
「元気になりたい!」と思うことが健康への第一歩だと思います。
「元気」になるために、色々と試す(栄養について考える、仕事について考える、休み方について考える、運動について考える、カイロプラクティックに行く(笑))ことが次のステップですね。

お早く心身ともにお元気になりますように!
(本格的なアドバイスになりませんですみません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>「食う」「寝る」「遊ぶ」=「栄養」「休養」「運動」です。

この辺は私もなるべく心がけておしまして、この後にもうひとつ「なるべく早く医者に行く」っていうのもついているのですが・・・・。
多分医学的には大したことがないのだろうと思います。いつも診ていただいている先生なので、詳しい検査をして、肉体的、経済的、時間的負担をかける必要はないと判断されているのだと思います。
腰痛や肩こりでカイロの先生に時々、調整してもらっているので、このことを話してみようかな。

お礼日時:2002/03/27 12:55

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ