紹介予定派遣で内定をもらった会社から、仕事開始日の直前になって 内定を取り消されました。希望していた仕事であったので、 内定した時点で保留にしてもらっていた他社の内定や面接を辞退しました。 やっともらった内定を辞退するはめにまでなりすごく腹立たしいです。
労働基準監督所に相談したところ、労働局が無料で仲介する システムを利用して賠償金を請求することをすすめられました。 金銭的・時間的な損害の補填として派遣会社に請求する金額なのですが、 給料6ヶ月分の179万円はどう思いますか?労働基準監督所曰く、 請求額に相場はなく、自分の納得のいく金額を請求すればいいと のことですが目安がわかりません。相手は大手派遣会社ですがこの金額はどう思いますか? 正直、また1から内定への道が始まることを考えると許せません。 この金額請求して向こうは素直に応じますかねえ?高すぎても無視され、裁判を起こさないといけなくなるとか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 給料6ヶ月分の179万円はどう思いますか?



実際に労働が発生する訳ではありませんから、休職扱いの60%相当の金額とかの方が説得力あるかも。

1か月分は、解雇予告手当てに相当と考えて100%の請求でも良いかも。

あるいは、納得の行く就職先が見つかるまでの期間、賃金の60%相当の生活費の保証を求めるとか。
就職活動の月報なんかを報告する条件で、半年~1年とかの上限などを付ければ合理性もあるし、相手も折れやすいかも。

--
> すごく腹立たしいです。

眠れない、イライラする、就職活動が手につかないなどの症状があるのでしたら、お気軽に心療内科でカウンセリングを受けて見る事をお勧めします。
医師に直接相談したり、簡単なお薬でグッスリ眠れればラッキーです。
その際の診断書があると、慰謝料を請求する明確な根拠になります。

--
> この金額請求して向こうは素直に応じますかねえ?

請求内容の根拠次第かと思います。
支払わない場合、支払わないとする理由を必ず説明してもらいます。
その理由に矛盾点や合理性が無い点を指摘して、反論して行きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
辞退した他社の内定を得るまでの活動期間、これから振り出しに戻ってまた活動を開始すること、活動してもまた内定をもらえる保証がない点も考えると100万以上はもらえないと納得ができないです。

お礼日時:2006/09/17 18:55

No.1です。



> 100万以上はもらえないと納得ができないです。

179万円×60%=107.4万円
179万円×(100%×1ヶ月+60%×5ヶ月)/6ヶ月=119.3万円

で、希望金額に良く合致しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません、遅くなりました。労働局のあっせんの申請書を作成しているところです。
計算していただきありがとうございました。
考え方がとても参考になりました。

お礼日時:2006/10/04 23:27

やはり他のアドバイスのとおり60%で適当期間補償してもらう方向でしょうか。



専門家に相談して、とりあえず当方の主張を、内容証明で先方に伝えておく必要が有りますかね。

最近はこんな問題はなくなっているのですが、横浜のY銀行です。
むかし、ある採用選考のとき、電話で学生に、内定なので、集合日などの連絡を待って下さい
と連絡があったそうです。
その後、その学生に連絡がないので、学生が電話照会してみると、選考からもれていたというんです。
すったもんだで、証拠がないのでうやむやになったそうです。
最近は、メールでいろいろな指示が来ますので、万が一のことを考えて保存しておくことをすすめます。
何か、遅いとか、不安なときは、応募者のほうからアクションを、起こしておく必要がありますね。
以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
辞退した他社の内定を得るまでの活動期間、これから振り出しに戻ってまた活動を開始すること、活動してもまた内定をもらえる保証がない点も考えると100万以上はもらえないと納得ができないです。

お礼日時:2006/09/17 18:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q採用内定取消の電話がきました…

というより、内定辞退を示唆する電話がきました。
企業側の取消理由は
 私のレスポンスが悪く、自分のことしか考えておらず、そしてその企業に行きたいと思っていない
ということでしたが、
逸脱した程レスポンスが遅かったことはなく
内定承諾書も入社までに送ってくれば良いということでしたので、内定通知書頂いてから2週間経っていますが、今月中に送れば良いかと思っていましたし
入社予定日を半月程早めて欲しいと言われても家族(夫や両親)と相談したりするのは当然だし、その返事のメールが相手に届いていなくても、まだ1週間しか経っていません。
確かに、他社と比較していた期間は内定受諾の催促の電話に出なかったこともありましたが…それでも内定は貰いました。
また、他社から最終面接のお知らせなどがきていたのを断ってその会社の内定を受けたのですから、行く気がない、ということはこちらとしてはありませんでした。
でも、今日電話を貰い、あなたの考えは当社とは全くあいませんね、という水掛け論をした後に、考えなおすならウチにきてもいいけど来てもあなたやり辛いだろうし、辞退したら?
みたいなことを言われ、あまりの身勝手さに損害賠償請求したいのですが、内定受諾書を送り返してない上、入社予定日まで30日以上ありますので、ネット上で調べた限りはこちらから裁判を起こさない限りは泣き寝入りしかない、ということですが、
どなたか良い方法がありましたら、教えていただけませんでしょうか。

というより、内定辞退を示唆する電話がきました。
企業側の取消理由は
 私のレスポンスが悪く、自分のことしか考えておらず、そしてその企業に行きたいと思っていない
ということでしたが、
逸脱した程レスポンスが遅かったことはなく
内定承諾書も入社までに送ってくれば良いということでしたので、内定通知書頂いてから2週間経っていますが、今月中に送れば良いかと思っていましたし
入社予定日を半月程早めて欲しいと言われても家族(夫や両親)と相談したりするのは当然だし、その返事のメールが相手に...続きを読む

Aベストアンサー

内定は様々な種類があり、後日入社式云々の・・・と言うような「もう就職決まりました」と言う意味合いの文章であれば法的に労働契約締結と扱われる可能性があります。
他方はこれに該当しません。

また内定とは「解約権留保付労働契約」と言う意味を持ち、経営者に労働者の解雇権が存在します。
そして、労働契約の予約の意味もあります。

つまり、内定通知があったとしても、余程の事で無い限り賠償はありません。

あと決定的であったのは内定受諾書の未送付で、法的拘束力はありませんが、一種の正式契約とする企業が多いですから企業からすれば「契約破棄」と見なす場合もあるでしょう。

あと通知後、3週間経っていると言うのはビジネスではレスポンスが遅いなどのレベルではありません。
通知が届いて親、夫に相談して一週間以内に出すのが普通です。
入社予定日を早めることですが、これに関しても即日回答(現時点での予定日を聞くなどして後日回答の旨を伝える)が原則です。

会社に行く気が有る無しは伝えなければ分かりません。

経営者は親しい人でも相談相手でもありませんから、こちらからの発信が無ければ来る気が無いと思います。

もし待ち合わせの場所に来て下さいと友人に言って友人から返事が無ければ来ないと思うはずです。

これで「行く気だったのに!」と言われた方は呆れます。絶対に。

この様なことから解決策は残念ながらありません。
もし貴方が迅速丁寧に応答していれば非は無く、内定通知の内容によっては裁判に勝てる確率はあったはずです。

ですが、そのような応対が下手な企業には就職すべきではありません。
着実に顧客も減り何れは倒産するはずですから。

内定は様々な種類があり、後日入社式云々の・・・と言うような「もう就職決まりました」と言う意味合いの文章であれば法的に労働契約締結と扱われる可能性があります。
他方はこれに該当しません。

また内定とは「解約権留保付労働契約」と言う意味を持ち、経営者に労働者の解雇権が存在します。
そして、労働契約の予約の意味もあります。

つまり、内定通知があったとしても、余程の事で無い限り賠償はありません。

あと決定的であったのは内定受諾書の未送付で、法的拘束力はありませんが、一種の正...続きを読む

Q転職先から内定取消され納得いきません。

当方、既婚38の男です。よろしくお願いします。
これが最後のチャンスだと思い転職を考え、時間はかかりましたが
良い会社と巡り合え、内定をいただき、これから頑張ろうと思っていた矢先、
先方より突然、内定取り消しを申し受け、その理由に納得がいきません。

内定の連絡を受け、後日、内定が明記された書類関係が一式送られてきたのですが
特に給料や待遇面に関しての記載はありませんでした。

面接時には先方から給与面に関する質問はありませんでしたし、
そのような話は内定が出てから話があるものと思っていました。
現在小さな子供が2人いることもあり妻も私の転職に関して不安を抱いており
入社する前にある程度は状況を把握しておきたいと考えました。

そこで入社後の待遇面について下記の内容を電話にて問合せました。

・社員の平均的な帰宅時間(残業が深夜まであり体調を崩したことがあるので)
・年収額はどのように決まるのか
・交通費、休暇等の話など

面接時に聞くのは失礼かと思い、内定後にそのような話があるかと思っていたのですが
それに関する話は一切ありませんでした。

後日連絡をすると言われましたが、連絡はなし、受けとった書類への記載もなく
不安になり電話をして確認したところ、「そういう細かいことを気にするような人は
うちの会社には必要ありません、内定は取り消します」と言われてしまいました。

面接時に話がなかったこういうことは内定後に聞くものではないのですか?
聞いたら内定取り消しっておかしいですよね?

どんなに仕事が出来ても働く以上、情熱ややる気だけでは働けません。
先方はそういう人材を求めていたのでしょうか。

だいたいでも構わないので働く前に年収を知りたかったのですが
そういうこを気にするな、と言われると納得できません。
帰宅時間や休暇の件は妻が心配していたので聞きました。

大勢の中からたった一人私を内定にしたと豪語していたのに
手のひらを返されたような仕打ちです。

現在私の手元には内定書類があります。
納得出来ないので法律的にどうにかならないものかと思ってます。
こういうことはよくあることなのでしょうか?

私の気持ちの中には諦めきれない部分があります。

経験者様、人事担当者様、法律に詳しい方、何かアドバイスいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

当方、既婚38の男です。よろしくお願いします。
これが最後のチャンスだと思い転職を考え、時間はかかりましたが
良い会社と巡り合え、内定をいただき、これから頑張ろうと思っていた矢先、
先方より突然、内定取り消しを申し受け、その理由に納得がいきません。

内定の連絡を受け、後日、内定が明記された書類関係が一式送られてきたのですが
特に給料や待遇面に関しての記載はありませんでした。

面接時には先方から給与面に関する質問はありませんでしたし、
そのような話は内定が出てから話があるものと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

内定は契約なので一方的な取消しは不法行為です。

弁護士に委任し、損害賠償請求しましょう。

ただし、訴えて勝訴したとしても弁護士費用で足がでることがありますので検討しましょう。

Q採用取り消しに対する解決金の相場はどのくらいでしょうか

宜しくお願いいたします。
内定の提示を書面で部署、年俸、勤務開始日まで書かれたものをいただき、個別の「一緒にぜひ働いてほしい」というメッセージまでいただいた会社に入社を決めました。
職業訓練校の入校(4月7日より仕事を探しながら通う予定でした)や、他、面接中の会社にお断りをした後、会社の都合により内定取り消しとの連絡を受けました。
最終面接まで行った会社3社、ダメにしてしまい、失業給付もとめてしまったので、ほんとうにやりきれない思いです。

これについて、職安から労働局の相談センターを紹介されまして、あっせんの解決金の請求を知り、検討しています。
相場というのはどの程度になりますでしょうか?
ご教示いただけるとうれしいです、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裁判に持ち込んでもいいなら手続きですが、相場はありません。

逸失賃金が、基本となりますから、あなたの約束された年収が、いくらだったかに左右されます。

多分、あなたは裁判で負けるでしょう。相手は、それなりの弁護士を雇いますが、あなたは、自費で雇えますか?

こんなのに係わりあう前に、就職先を見つけなければ困りませんか?

はっきり言います。あなたに内定した後に、あなた以上に優秀で、ファイトがあり、明るくて、男らしい男が来たんです。

比較検討の末。あなたは要らない。

それだけなんです。

ま。喧嘩して勝てる自信がおありなら、最初は内容証明で異議申し立てをします。その返書を頂いてから、弁護士に相談しましょう。

Q内定取り消しと雇用保険

転職を決意し、活動の結果ある会社に内定をもらい、その企業に転職をすることを決めました。その為、現在の会社に退職の意思を伝え、3ヶ月後の退職が決定しました。
入社まで2週間に迫ったところで、その会社から採用ができない旨の連絡がきました。どうやら、業績不振が理由のようです。
すでに、現在の会社の退職も決まっており、非常に困っている状況です。
この場合、その事実が証明できれば、給付制限なしに、失業保険を受給できるのでしょうか。退職理由としては、自己都合なのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

判例上、内定取消は解雇にあたるとされています。
言い換えれば、内定は労働契約の成立そのものなのです。(解雇権留保付きの労働契約、とか言う)

したがって制限無しに失業給付を受けるには、転職予定先からの証明が必要となるでしょう。現在の職場ではなく、転職予定先との雇用契約において考えてください。

まずはハローワークに相談を。
解雇予告手当が請求できる可能性もあります。

Q出社日の前日に採用取消は・・・

掲題の件、相談させてください。

4月初旬に顔合わせを行いました。
1週間後、私で決まったと連絡があり、
翌週の月曜日から就業と電話で言われました。

日曜日の夜、派遣元担当者から電話がありました。(これが夜9時)
派遣先企業の担当者が月曜日1日会議で席を空けるので
社員等への紹介もあるから、出社日を火曜日からにしてほしい
との連絡でした。

火曜日の朝、派遣元担当者から電話がありました。(朝の7時半です)
派遣先企業が来月5月からの就業にしてほしいとの連絡でした。

そして
5月の初出社日の前日、派遣元担当者から電話がありました。
これが午後10時です。
派遣先企業が社内調整をし、欠員分をフォローしたので
今回の話はなかったことにとの電話でした。

ここの派遣会社とは今までトラブルもなく仕事をしており
ある程度信頼していたのですが、こういうことになり
大変がっかりしています。

今回の派遣元担当者の連絡時間、連絡内容等
途中で不信感がありましたので
「この案件が流れることはありませんか?」等
質問もしておりました。

私の手元には、始めに出社日とされていた日付入りの
労働契約書があります。

こちらとしては、この案件があった為
他の派遣紹介は一切受けていませんでした。
こういった場合、待機していた期間約2週間の補償は
してもらえるのでしょうか?

私としては、派遣元担当者の常識はずれに
ちょっと頭にきております。

掲題の件、相談させてください。

4月初旬に顔合わせを行いました。
1週間後、私で決まったと連絡があり、
翌週の月曜日から就業と電話で言われました。

日曜日の夜、派遣元担当者から電話がありました。(これが夜9時)
派遣先企業の担当者が月曜日1日会議で席を空けるので
社員等への紹介もあるから、出社日を火曜日からにしてほしい
との連絡でした。

火曜日の朝、派遣元担当者から電話がありました。(朝の7時半です)
派遣先企業が来月5月からの就業にしてほしいとの連絡でした。

そして
...続きを読む

Aベストアンサー

 契約は口頭でも有効に成立しますので、「4月初旬に顔合わせを行いました。
1週間後、私で決まったと連絡があり、翌週の月曜日から就業と電話で言われました。」という4月中旬には「採用内定」状態だったと思います。
 「日曜日の夜、派遣元担当者から電話がありました。(これが夜9時)派遣先企業の担当者が月曜日1日会議で席を空けるので社員等への紹介もあるから、出社日を火曜日からにしてほしいとの連絡でした。火曜日の朝、派遣元担当者から電話がありました。(朝の7時半です)派遣先企業が来月5月からの就業にしてほしいとの連絡でした。」というのは、会社の都合により入社日を繰り下げ(延期)して自宅待機させたと考えられ、このような場合は「労働義務の免除」ないし「労務の受領拒否」ということになり、労働基準法26条の会社都合による休業に該当し、使用者はその期間中、平均賃金の100分の60以上の休業手当を支払わなければならないということになると思います。
 平均賃金の100分の60は時給と比べると40%前後です。民法536条第2項による請求(賃金の100%)ができるかどうかは契約書にもよると思いますが、質問者さんの場合は前日の夜にや当日の朝に連絡があり、派遣先の都合ということですので、会社側に非があると考えられますので、請求額として賃金の100%請求し、後は交渉次第、最低でも平均賃金の60%という考え方でいいのではないかと思います。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau30.pdf(休業手当)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1433/C1433.html(休業手当)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa04.html(休業手当)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa02/qa02_13.html(休業手当)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei04.html(休業手当)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu2-3.html(休業手当)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1404/C1404.html(平均賃金)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/qa02_01_09.html(平均賃金)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2682554.html(参考:労働基準法の休業手当と民法上の請求権)

 さらに、「派遣先企業が社内調整をし、欠員分をフォローしたので今回の話はなかったことにとの電話でした。」というのは、解雇に該当する可能性があるのではないかと思います。
 派遣先の都合で就業できなくなっても、派遣社員は派遣元と契約を締結していますので、契約解除(解雇)されるものではありません。派遣元がこの契約を一方的に解除するのであれば、解雇となり、30日前の解雇予告又は平均賃金の30日分以上の解雇予告手当の支払いが必要になります。
 解雇でないのであれば、契約期間中、上記の休業手当の支払い義務が派遣元に生じます。
 指針によれば、派遣元の会社は同等の就業先の紹介に努めなければならない、派遣先も協力しなければならないとされており、紹介を受けるまでは休業手当の支払いを受けられ、紹介を受けて前の契約を合意解除(この場合は解雇ではない。)するかどうかも、ある程度派遣労働者に決定権があるのではないかと思います。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/haken/index.html((「派遣労働者」として働くためのチェックリスト 11 :厚労省)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1463/C1463.html(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau47.pdf(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200601.html(派遣契約の中途解除と解雇)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa12.html(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.asahi-net.or.jp/%7ERB1S-WKT/qa2350.htm(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.asahi-net.or.jp/%7ERB1S-WKT/qa2340.htm(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.giraffe.jp/romuinfo/qa/qa_33.asp(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.jassa.jp/association/advice/example/39.htm(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.jassa.jp/association/advice/example/06.htm(派遣契約の中途解除と解雇)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu09/pdf17/q16.pdf(派遣契約の中途解除と解雇)

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/haken/15.html(派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針(平成11年労働省告示第137号) )
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/haken/16.html(派遣先が講ずべき措置に関する指針(平成11年労働省告示第138号))

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1670073(類似質問)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1765363(類似質問)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2013105(類似質問)
http://www.asahi-net.or.jp/~RB1S-WKT/qa2340.htm(類似質問)
http://www.asahi-net.or.jp/%7ERB1S-WKT/qa2275.htm(類似質問)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1559820(類似質問)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=944338(参考?No.1紹介義務等)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau29.pdf(2ページ 解雇と退職の類型)

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/taisyoku/taisyoku05.html(解雇予告)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1446/C1446.html(解雇予告)
http://www.kyoto-roudou.plb.go.jp/rodo/qa/qa01.html#Q4(Q4:解雇予告)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/taisyoku/taisyoku10.html(解雇予告)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/taisyoku/taisyoku06.html(退職証明書等)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1449/C1449.html(退職証明書等)
http://www.fukuoka.plb.go.jp/22yoshiki/yoshiki01/index.html((9)退職、解雇)

 就業前とのことですが、それでも契約自体は成立(書面交付も済んでいる)していますので、「内定取消」と考えられ、内定取消は事実上の解雇に当たると考えられると思います。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/saiyou/saiyou01.html(採用内定取消)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1378/C1378.html(採用内定取消)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu1-1.html(採用内定取消)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau04.pdf(採用内定取消)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_01.html(採用内定取消)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/qa01_01_04.html(採用内定取消)
http://www.pref.gunma.jp/g/06/soudan/soudan/5/1.html(採用内定取消)

「4月初旬に顔合わせを行いました。」
法的にはこれ自体も問題です。
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu09/pdf17/q6.pdf(派遣労働Q&A:東京都産業労働局雇用就業部)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/siryo/panfu/panfu09/index17.html
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/haken/05.htm

 相談先としては、労働基準監督署や労働局需給調整事業室(派遣の許認可を行っている機関)があります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html(労働基準監督署)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/jukyu/haken/tantou_ichiran.html(労働局需給調整事業室)

 契約は口頭でも有効に成立しますので、「4月初旬に顔合わせを行いました。
1週間後、私で決まったと連絡があり、翌週の月曜日から就業と電話で言われました。」という4月中旬には「採用内定」状態だったと思います。
 「日曜日の夜、派遣元担当者から電話がありました。(これが夜9時)派遣先企業の担当者が月曜日1日会議で席を空けるので社員等への紹介もあるから、出社日を火曜日からにしてほしいとの連絡でした。火曜日の朝、派遣元担当者から電話がありました。(朝の7時半です)派遣先企業が来月5...続きを読む

Q前会社を退職申告したあと内定を取り消された。

在職しながら転職活動をしている者です。
昔の後輩から誘いがあり、新しい会社に転職することにしました。
現在の会社は退職しますが、社内規定で1ヶ月ほど期間をおかなければなりません。

新会社の社長にお世話になる旨を伝え、ただし規定で1ヶ月待って欲しい旨を伝えて、現在の会社に退職の意思を伝えて1週間ほどたった現在、社長ではなく、その後輩から「すぐ入社出来る他の人が見つかったので内定は取消になった」という内容のメールが突然届きました。

こちらはもう後戻りは出来ません。これは何処に訴えたらよいのでしょう?

Aベストアンサー

相手の会社に行って、面接とかしてきちんと内定をもらったのでは?

私も、在職しながら転職しました
給与面や、その他の待遇面をきちんと確認して
担当上司、役員と話をしてお互いの意思を確認しました

それから、在籍している会社に退職の意思を伝えて
円満(???)退社でした

>その後輩から「すぐ入社出来る他の人が見つかったので内定は取消になった」という内容のメールが突然届きました。

こんなの無視しましょう
そんな使い受ける理由はありません
後輩のメールは何ら信憑性が無いし、内定取り消しを携帯メールで
する会社なんてありません
それは人事の仕事です
社長から、直接言われたのなら事実として考えなければなりませんが
それでも、何らかの補償は求めるべきです

そこからスターとでは?
私なら、後輩のメール削除して知らないものとして、人事に別件で問い合わせますね

今の会社に泣きつけないですか?
失業なら事実を伝えなければ先に進めません
まぁ、転職はもうできないと思いますが…

Q口頭で頂いた内定の取り消しについて

類似案件あると思いますが急ぎのため質問させて頂きます。

妻の事になります…

以前からチャレンジしたい職があり、ダメ元で面接したらありがたい事に内定を頂きました。(内定連絡が10/9日です)
当初は11月頭からの出勤で構わないと言われており、妻も会社に迷惑かけることなく退職出来ると安心し退職手続きを行いました。しかし本日内定を頂いた企業から連絡があり、初日を10/15日にしてほしいと。念のため現職先に確認したそうですが当然「人員が少ないので困ります」と不可回答。内定先には、応募者多数だしそれが困難なのであれば別な人にする事も出来るので、この話しは無かった事にと言われ非常に困惑してる状況です。
そこでご質問が御座います。

1、口頭の内定取り消しは法的に有効なのか?

2、現職先から損害賠償等の請求をされる可能性はあるのか?

因みにバイトなんですが、雇用契約等は交わしておりません。

自分でも折角のチャンスを潰したくはないが、後々に問題が出ても…と不安になっておる状態です。

夜分に申し訳ございませんが、ご教示頂ければ助かります。

類似案件あると思いますが急ぎのため質問させて頂きます。

妻の事になります…

以前からチャレンジしたい職があり、ダメ元で面接したらありがたい事に内定を頂きました。(内定連絡が10/9日です)
当初は11月頭からの出勤で構わないと言われており、妻も会社に迷惑かけることなく退職出来ると安心し退職手続きを行いました。しかし本日内定を頂いた企業から連絡があり、初日を10/15日にしてほしいと。念のため現職先に確認したそうですが当然「人員が少ないので困ります」と不可回答。内定先には、応募者多数...続きを読む

Aベストアンサー

1.口頭の内定取り消しは法的に有効なのか?

>最近の質問に多いですが、すぐ「法的には問題ないか」「違法では?」って言うけど、
 会社に入るのにそんな主張してたらすぐリストラ対象ですよ。
 そういう発言自体が自分の首を絞める話です。
 (会社に対して法的な対処を求める社員を優遇することはあり得ない)
 「じゃあ、裁判にしますか?」ってならないでしょ?
 正社員とか関係ないです。
 労基署に相談したり、裁判所に提訴したりしているとそれだけで働くチャンスを失うことになります。
 働き始めても、すぐに辞めさせられたら同じことですから。
 10/15から働けるような返事がすぐに出来ない時点でマイナスポイント付いてます。
 

2.現職先から損害賠償等の請求をされる可能性はあるのか?

>「急に辞めたことによる損害賠償請求」なら心配無用。
 そんな手間暇はかけません。
 ただし、最後の給料が手渡しになって気まずい(振込の義務なんてないから)とか
 諸手続きで嫌がらせ(後回しにされることが多い)とかはあるかと思います。
 
次を探す方が賢明です。

Q試用期間中の14日未満での解雇

はじめまして☆
ご相談させていただきたいことがあります。
私は試用期間中に明日からもう来なくていいと突然会社から解雇を言い渡されました。入社して1週間での突然の解雇です。
同期は全部で5人。理由はうちの会社に適した人物がこのなかにはいないとの事で5人全員解雇でした。
そこでご相談なのですが、このような短期間での突然の解雇場合、やはり会社からの保障は一切ないのでしょうか?
14日以上の場合は試用期間でも突然の解雇の場合保障されると聞いたことがあるのですが15日間に満たない解雇の場合はそのような保障はまったくなく投げ出されてしまうのですか?
ご回答どうぞお願いします。

Aベストアンサー

 14日経過後の解雇の場合、労働基準法第20条の手続(30日以上前の予告または30日分以上の平均賃金の支払)をとることが必要です。
 しかし、14日以内の場合は、労働基準法の適用はされず、よって会社からこのような保障もありません。
 ですので、解雇理由が正しいものである場合、会社からの保障はないとゆう事になります。

 ただし、試用期間中であるからといって、解雇は自由にはできません。
 就業規則の解雇理由に違反していない限り、解雇はされないとゆうのが原則です。
 また、会社側には教育・指導する義務もあるので、何の注意もせずに仕事ができないから解雇、とゆう事も原則的には認められていません。

 質問内容とは少しズレますが、解雇理由が正しかったかどうか検討する余地があるのではないでしょうか?
 5人とも就業規則に違反したとは考えにくく、ただ単に会社側の勝手な都合で解雇された可能性があります。
 その場合、解雇無効の手続きを請求する事ができます。

 まずは、各地の労働相談情報センターに、相談される事をお勧めします。

Q解決金(和解解決金)は課税?非課税?

未払い賃金支払い争議が解決し、未払い賃金の外に解決金(和解解決
金)が支払われることになりました。
未払い賃金分の所得税については会社が対応してくれましたが、解決金
は給与所得ではないため確定申告が必要と説明を受けました。
しかし、当方弁護士は非課税(慰謝料・和解金は)なので申告不要と言
います。
今後の対応をご指導下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和解金の性質によります。

通常、不法行為などの損害賠償は非課税です。
したがって、離婚の慰謝料や、交通事故の慰謝料には課税されません。その点においては、その弁護士の言うとおりです。
なので、ここで問題になるのはその「和解金」が慰謝料(精神的被害に対する損害賠償)に当たるか否かという点です。

どういう意味でその和解金が支払われるのか、質問文には書いていないので明確には答えが出ませんが、たとえば示談金が「裁判などの心労に対する慰労」という意味で慰謝料だというのであれば、非課税ということになります。逆に「仕事につけなかった場合の賃金保証」とか言う意味であれば、それは賃金と同じ性質ですから所得税の対象になるでしょう。
また、その金額が「社会通念上、考えられる範囲」を大きく逸脱している場合、利益供与とみなされ一時所得の対象となります。通常、裁判することに対する心労に対して慰謝料が認められることは少ないので、それ以外の理由で慰謝料が発生するような事情がなければ、利益供与(一時所得)と判断される可能性はあるでしょう。

現実問題、金額がたいしたことがなければ(20万円とか)当局も何も言って来ないと思いますし、確定申告しなくても何の問題もないでしょう。逆に、金額が大きければ、いずれにせよ申告しておいたほうが無難ということになります。

和解金の性質によります。

通常、不法行為などの損害賠償は非課税です。
したがって、離婚の慰謝料や、交通事故の慰謝料には課税されません。その点においては、その弁護士の言うとおりです。
なので、ここで問題になるのはその「和解金」が慰謝料(精神的被害に対する損害賠償)に当たるか否かという点です。

どういう意味でその和解金が支払われるのか、質問文には書いていないので明確には答えが出ませんが、たとえば示談金が「裁判などの心労に対する慰労」という意味で慰謝料だというのであれば、非...続きを読む

Q採用証明書の提出は…

長い失業期間でしたが先日やっと再就職先が決定し、来週火曜から働くことになりました。
職安に電話で「決まりました」と報告したら、「今週の金曜に手続きしますので、雇用保険受給資格証と失業認定報告書を持って来所してください」と言われたのですが、採用証明書はいつどうすればいいのでしょうか?
来週火曜の初出社の日に会社の人に書いてもらって、職安に郵送すればいいのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

採用証明書は、再就職先の人に記入して貰ってください。
就職日の前日から次々回認定日の前日までに行く様になると思います。
明日、職安に行かないといけないんですよね。
就職日の前日は月曜日なのでちょっと早いかも・・・
採用証明書の提出も明日でよいか職安に尋ねてみてください。
結構、面倒臭いですけど頑張ってね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報