プロが教えるわが家の防犯対策術!

第13番目 あるいは、第13回目 などを
英語で表現する際、
13th と 13rd の二つの表現が、
検索によって出てきました。

実際はどちらも使用していいのでしょうか。

どなたか詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

やはり,13rdは「破格の表現(表記)というべきでしょう。


原因としては,
「単なるミスプリ・ミスタイプ」
「thirteenthという言い方を知らず,3の序数がthirdだからten thirdと何となく読んでいる」
「わざとブロークンな書き方をしている」
「ローカルな表現(方言,業界用語など)」
など,いろいろなケースがあるでしょうが,正式な書き方はやはり13thです。

>実際はどちらも使用していいのでしょうか。

少なくとも,公の文書や業務関係のドキュメントなどには使わないほうがいいと思います。
個人的な手紙やメールでしたら,「分かっていてわざとやっているんだよ」ということが伝わればいいのですが,我々外国人が書くと,単なる無知として片付けられてしまいそうです。

(見かける頻度としては,21th, 31th などのほうがまだ時々見かけます。機械的になんとなくthをつけてしまうんでしょうね。)

なお余談ですが,second, thirdは日本ですと2nd, 3rdとしか教わりませんが,アメリカでは2d, 3dという書き方もしばしば見られます。(どちらも正しい書き方とされています)
ただしfirstは1stであって,1tとはなりません。
    • good
    • 3

再度の投稿です。



皆さんからのいろいろなご意見を見ていて、なるほどそんな風にも使われているのか、と驚いています。しかし13rdという表現はどう見ても文法的には正しくありません。アメリカではプエルトリカンとかメキシカンのような本来、英語を母国語としない人たちもたくさん居て、そういう人たちはかなり砕けた表現を使っています。
我々日本人は中学校から文法をたたき込まれているので、三人称・現在・単数の使い方は良く知っています。でも英語を母国としないのにアメリカで生活している人の中には、 He go to school. のように三単現を無視して話す人もたくさんいます。英語というのは世界中で使われるので、そういった文法的には間違った使い方でも、相手に伝わりさえすれば良いような面もあるのです。

しかし、テストで13rdなどと記載したら○はもらえません。

それと、外国人である我々日本人は出来るだけ正しい、あるいは美しい言葉を勉強すべきだと思います。日本に来た外人が汚い日本語を話すのを聞くと、その人の人格を疑います。我々も正しい外国語を勉強すべきだと思います。

本来の質問の趣旨からはずれました。ごめんなさい。
    • good
    • 1

読みで書けばthirteenthですしそれをその書式にすれば13thですが、13rdも通ることは通ります。

しかし正式とは言えませんし圧倒的にマイナーです。

googleで検索してみると分かりますが、ヒット数がかなり違ってきますし、13rdでかけてみるとなぜか.jpの率が高くなります。jpに限らず米英以外のところが多いですね。

下のリンクに挙げたところは英のサイトですが、タイトルが12th & 13rd May 2001というチャンポンな表現の上に本文はちゃんと13thになってます(^_^;)。これはミスタイプっぽいですが、あながちにそれが間違いとか通用しないとかは言えないでしょう。正式かどうかは別としてルーズな綴り方がまかり通ってる例はいくらでもありますからね。調べてみると面白いですね。

参考URL:http://www.jmckinlay.co.uk/bikecarnival.htm
    • good
    • 0

 


  わたしの知る限り、第13は、thirteenth で、略すと 13th です。13rd は、ten third の略だと思いますが、そういう言い方はないと思います。20以上の場合、23,33,43,……は、23rd, 33rd, 43rd,……となりますが、13は、13th です。
  
  恐らくミスだと思います。検索エンジン AltaVista で、any language で、13rd を検索すると2400件ほどのヒットで、13th は、1,493,318 件ヒットします。13rd は、600分の一回です。Google で、13rd は7600件ヒット、13th は、2,370,000 件ヒットです。Google の場合、300分の一回です。AltaVista の shopping site で「13rd」に対応する商品はなしで、Amazon.com でも「13rd」で検索できる商品なしです[13th では、100件近くあります。中古ショップも入れると1400件になります]。13rdは、日付や順位に使われていますが、同じページで、同じような日付や順位を表現するのに、13th と 13rd が併用されている例があり、どう違うの区別が分かりません。従って、これは「誤用」だと考えられます。23,33,44,……などが、23rd, 33rd, 43rd, であることに引き寄せられて「誤用」が発生しているのでしょう。
 
  (また、世界的に、この誤用があるようにも思えるので、意図的な「13rd」の使用が考えられます。600分の1とか300分の1は、頻度として「誤用」にしては多すぎますが、日本のサイトでも 13rd があり、「慣用的な表現」として、13rdがある可能性があります。……AltaVista で、13rd と 13th 併用例は270件。Google で、735件もあります。13rd 単独と、13th との併用が、10倍の比であることは、「誤用」の可能性が非常に高いです。なお、「ten third」の形で検索すると出てくるのは、third が、「三分の一」の場合が多いです。13rd の意味で、ten third を使っている例もしかしあります。ten third はしかし非常に稀です。AtaVista で360件ほど。thirteenth は、146,000件ほどです。「三分の一」の third を除くと、13rd の ten third はもっと少なくなります。従って「13rd の形で、慣用的に誤用する」ことがあるという、変な暫定的結論になります)。
   
    • good
    • 4

 実際に正確にどのように使われているか、統計的なことはわかりませんが、13番目はやはり、thirteenthと書くわけですから、13thが正当じゃないでしょうか?


 世間では、たまに31thなどのように、何でもthを付けてるのを見かけますので、13rdもいけそうな気がしますが・・・
 「自信なし」でお答えしてすみません。
 
    • good
    • 0

英語の専門家ではありませんが、これまでに読んだ新聞や書物の中で、そのような表現は見たことがありません。


序数を示すのに語尾に th をつけるのが原則で、1~3までが例外的に別の表現をしていますね。
でも 11 は eleventh、12は twelveth、13は thirteenth としか書きようがありません。
11を 11ST などと書いたものも見たことがありません。もっとも安っぽいTシャツの絵柄で「3ST」と書いてあるのを見たことがあります。とんでもない間違いだと思いました。
どこの辞書にあったのでしょうか。「検索」と書いてありましたので、PC関連の辞書でしょうか。私は検索プログラムのミスだと思いますよ。あまり自信はありませんけど。

この回答への補足

補足説明をさせていただきます。

検索といったのは、インターネットの検索で
13rd、13th のどちらを打ってもヒットするHPがでてきました。
1~3のほかは、全てthをつけるということが一般的なのでしょうか。
たとえば、第91番目を英語で言うと、
ninety-first(91st) ではなく 91thと、なるのでしょうか?
どなたか、おわかりになれば教えてください。

補足日時:2002/03/25 17:04
    • good
    • 0

thirteenth=13thです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q11月23日 Nov 23rd ですか?それとも Nov 23th ?

タイトルどうりなのですが、

23日は  23rd なのか 23thか教えて下さい。
検索かけましたが両方でるので。どっちでもいってことですか?

よろしくお願いします。

1日 1st.2日 2nd 3日 3rd
11日 11th? 12日 12th? 13日 13th?

英語苦手ですみません。

Aベストアンサー

23日は23rdです。
23thや31thとかの使われ方って、意味は通じるけど間違えてるって感じなんじゃないでしょうか。

11、12、13は11th、12th、13thで大丈夫ですよ。


参考)英語での序数表現
http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20030313/100300.html

Q「the 43th」と「the 43rd」どちらが一般的?

「第43回 国際○○友好会議」の「第43回」の英語の表記法は「the 43th」と「the 43rd」では、どちらの方が一般的なのでしょうか? 

Aベストアンサー

いろいろご意見が出ているようですね。
言葉は変わっていくものですし 表記の仕方も変わっていってもなんら不思議はありませんが 日本で開催されるちゃんとした会議名としてお書きになるのなら 今はまだ the 43rd がよろしいのではないかと思います。どちらの国からお集まりになるのか私には定かではありませんが 一般的に考えるとそういう会議には必ずしも英語ネイティヴだけが来るとは限りませんので 間違いのない 今現在正しいとされている表記にした方がよいと思います。the 43th これを見て・・・thirdとは発音できませんね。知らなければ。。。
寧ろnon-naitiveの参加者に 間違った表記をしていると取られる可能性があります。

ご参考までに。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Q【至急教えてください!】数の後に付く -st -nd -rd -th の使い分けについて

1st 2nd 3rd と続き、4から20までは th が付く。
21st 22nd 23rd で、24から30までは th が付く。
31~40は21~30までと同じ。
41以降も21~30までと同じ。

私は上のように解釈していたのですが、42th や 51th のような表記を見ました。
どこで見たのかは伏せますが、あやふやな記憶とかうろ覚えではありません。何度も確認したので私の見間違えではないです。個人のサイトなどではなく、何人もが携わっている公な場です。(と言っても官公庁ではありません)

そこで質問なのですが、このように「11以降は全て -th で構わない」という暗黙のルールのようなものがあるのでしょうか。
それとも前出の 42th や 51th が間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに、最近、このように"-th"を数詞に付けるケースが増えている感じがします。以下に説明するように、英語の序数表現も日本語のように分化が始まっているからかもしれません。
辞書等にはまだ出ていない用法だけに、憶測だけで考えてみれば、"1th, 2th"といった1周年、2周年といった用法の場合、今後年数を重ねていく可能性がある数字で、まだいくつまで数が伸びるか未知数の場合に用いる印象を受けます。日本語に置きかえれば「第1回目のアニバーサリー」「第2回目のアニバーサリー」という「第△回」ということになると思います。「第○番目のアニバーサリー」というのは不自然です。
 それに対して"1st, 2nd, 3rd"の用法は、すでに数の伸びが見通せる場合、あるいは決まった数字のセットがすでに決まっている場合に、その中の何番目にそれが位置付けられるかを示しています。例えば1ヶ月は30日前後ですが、1日は"1st"、2日は"2nd"、3日は"3rd"といった具合です。仮に日付を1日"1th"、2日を"2th"と言ったら、かなり不自然な表現になると思いますし、日本語でもこれを「第○回目の日」と言い換えることはできません。住所の番地もこれにあてはまります。日本語で言えば「第△番目」となるでしょうか。
いずれにしても言語は日々変化しますので、またどのように用法が変わるか注目していきたいですね。

とのことです。

確かに、最近、このように"-th"を数詞に付けるケースが増えている感じがします。以下に説明するように、英語の序数表現も日本語のように分化が始まっているからかもしれません。
辞書等にはまだ出ていない用法だけに、憶測だけで考えてみれば、"1th, 2th"といった1周年、2周年といった用法の場合、今後年数を重ねていく可能性がある数字で、まだいくつまで数が伸びるか未知数の場合に用いる印象を受けます。日本語に置きかえれば「第1回目のアニバーサリー」「第2回目のアニバーサリー」という「第△回」というこ...続きを読む

Qregarding toとinの違いについて

regarding toとregarding in の違いをどなたか教えていただけませんか? 英作文をネイティブの方に添削していただいたところ、Regarding to raising the consumption tax in Japanと書いたらRegarding in raising ~と添削されていたので尋ねたのですが、そういうパターンだから、としか返してもらえなかったので完全には理解ができませんでした。どなたかわかる方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「regarding」=「in regard to」。質問に「regarding to」とありますが、もともと「regarding」 が正しくて、「regarding to」とはいいません。「in regard to」や「with regard to」というつかいかたはありますが、長ったらしいので、あまり好まれないと思います。ここでの「to」をつかって「regarding to」でつかうのはまったくの誤解と思います。むしろ「concerning」一語をつかうほうが、迷いがなくていいです。

「regarding in」というつかいかたはもともとありえませんから、添削したひとは、なにかの理由で「to+~ing」より「in+~ing」がいいと思ったのかもしれません。真意がわからないですが、なにかふたりのあいだにミスコミがあったかもしれません。

http://dictionary.reference.com/browse/regarding
ページなかごろの「Usage note」を読んでください。ネイティブの解釈がバッチリ代弁されてると思います。

http://www.usingenglish.com/forum/threads/28107-quot-regarding-quot-or-quot-regarding-to-quot
つかいかたについて多少の違いが見られますが「regarding to」はやっぱりおかしい、と受け取れると思います。

ネイティブでも間違った、標準でないつかいかたをするひとはいます(わたしも間違えます)。日本人でも文章のヘタなひとがいるのとおなじようなことだと思います。ネイティブチェックといっても、たとえば一般人のわたしに聞いて、標準のブリティッシュ英語とわたしのニューヨーク巷英語の違いにまよったりするようなもので、相手をえらばないと...。

もともと「Regarding raising(the)consumption tax in Japan」とすれば正解だったはずです。この文では「Regarding Henry」とちがい「Regarding raising the consumption tax in Japan」はものすごく長いですから、「Regarding, in raising the consumption tax in Japan, 続きの文章」とかいって読み分けをしたかったのかもしれません。あるいは「regarding raising」の「r」と「ing」のくりかえしがイヤで、なにか間にいれたかったのかもしれません。むしろ「Concerning」にかえるとか、むだな「the」をとって「Regarding raising consumption tax in Japan」とするか(「raising tax」だけで「増税」の意味になりますので、ここで「the」がなくても違和感はない)、できるだけ短くする工夫をすればよかったと思います。

「Regarding raising consumption tax in Japan」になおして添削をお願いしてみたらどうでしょうか?

「regarding」=「in regard to」。質問に「regarding to」とありますが、もともと「regarding」 が正しくて、「regarding to」とはいいません。「in regard to」や「with regard to」というつかいかたはありますが、長ったらしいので、あまり好まれないと思います。ここでの「to」をつかって「regarding to」でつかうのはまったくの誤解と思います。むしろ「concerning」一語をつかうほうが、迷いがなくていいです。

「regarding in」というつかいかたはもともとありえませんから、添削したひとは、なにかの理由...続きを読む

Q「突然のメール失礼いたします」を英語でいうと?

ビジネスレターで、面識の全くない相手にメールで質問をしたいとき、「突然のメール失礼いたします」と書き出したいのですが、何といえばいいでしょうか。英語にも決まった形式があれば教えてください。因みに、

Please forgive me rather impolite email.
I am sorry about this impliteness, but...

などは×でしょうか。正式な表現を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、これに対してのみ決まった言い方というものはありません。 御社のだしたいイメージによって変わってきます。

全く言わないで、そのまま、本題に入ることも、失礼とは見ません。 それが、メールのスタイルと見ているからですね。

つまり、Attn: Sales department (customer service dept) ここでは手紙のようにDear Sirs,とか書くことは殆んどありません。 もし、名前を知っているのであれば、
Attn: Mr. Jack Johnson

We need to ,,,,,,,

としてかまいません。 日本の感覚から言うとなんてぶっきらぼう、というかもしれませんが、問題はありません。

質問どおり、どうしても書きたいというのであれば、簡単に、 I have not had any communition with you before but we need,,,,and appreicate it if you get back to us with any answers or suggestion/advice,,,,,,

と、手っ取り早く本題に入れば、いいと思います。

ただ、気をつけなくてはならないことは、スパムメールは犯罪とみなされますので、面識の全くない相手にメールを送る時には、念のために下の文をつけて置いてくださいね。 これで、スパムメールではないと言う事を表していますので。

そして、返事が来て、メールのやり取りが始まれば、これはもう書く必要はありません。 会社内の誰がメールしても、又、相手の誰でもメールを送っても。 

If you no longer wish to receive these transmissions,
press reply and type "REMOVE" in the subject line.

**************************** NOTICE *****************************
This email can not be considered spam as long as we include:
Contact information & remove instructions. This message is intended
for dealers/resellers only. If you have somehow gotten on this list
in error, or for any other reason would like to be removed, please
reply with "remove" in the subject line of your message. This message
is being sent to you in compliance with the current Federal
legislation for commercial e-mail (H.R.4176 - SECTION 101Paragraph
(e)(1)(A)) AND Bill s.1618 TITLE III passed by the 105th U.S.Congress

コピーすればいいだけです。

最後にメールは英語ではmailではなくe-mailですので、メールで返答してもらいたければ、Please e-mail us. 郵便でカタログなどを送ってもらいたいのであれば、 Please mail your catalogs (もしくはsend your catalogs via a mail) to the below address.(住所を書いてください)

分からない点がありましたら、又補足質問をしてください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、これに対してのみ決まった言い方というものはありません。 御社のだしたいイメージによって変わってきます。

全く言わないで、そのまま、本題に入ることも、失礼とは見ません。 それが、メールのスタイルと見ているからですね。

つまり、Attn: Sales department (customer service dept) ここでは手紙のようにDear Sirs,とか書くことは殆んどありません。 もし、名前を知っているのであれば、
Attn: Mr. Jack Johnson

We need to ,,,,,,,

として...続きを読む

Qこれは英語でどういいますか?

先方に出すメールです。

「交渉が予定より長引き、結果がまだ出ておりません。もう少しお待ちください。」の「もう少しお待ちください」の部分はどのように言ったらいいでしょう?「Please wait for a whie」では、ちょっと違うような感じがするのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります.

相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね.

ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible.とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest.と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます.

これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と...続きを読む


人気Q&Aランキング