戦後日本の6大企業は何ですか?それらの経営組織、戦略面での共通点は何ですか?それが今はどう変わっていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

6大企業と言うよりは"6大企業集団(orグループ)"との括り方の方が敗戦後の日本経済を考察する折により、理解し易いと私個人は解します。



確かに、敗戦前の日本では三井、三菱、住友の3大財閥の本社やその関連会社群が深く関っていましたが、(敗戦後の)財閥解体により、財閥本社よりは銀行を要とする企業集団、と言う点からの見方がより妥当性を有すると思うのです。

即ち、三井、三菱、住友の上記3大財閥は財閥本社に代り、各々の旧財閥名を冠した銀行が束ねる役割を担い、
又、富士(旧安田)銀、第一勧銀(第一と日本勧業の両行の合併により、成立)、三和銀もそれぞれの銀行の取引先との連携を強化し、芙蓉、第一勧銀、三和の各グループが三井、三菱、住友の旧財閥系グループと共に、つい最近の銀行再編迄、(良きに付け悪しきに付け)日本経済を引っ張り、世界経済に於いても、一定の役割を果たして来た、って事なのです。

更に、(2006年9/20)現時点では銀行も、三菱東京UFJ(東京+三菱+三和+東海)、三井住友(三井+太陽神戸+住友etc)、みずほ(富士+第一勧銀+興銀)と3グループに集約され、と同時並行的に(トヨタやNTT等の)"超優良企業を頂点とするグループ"が寧ろ凌駕している、場合もあると言えるかも知れません。

http://homepage3.nifty.com/54321/kigyou.html#sengo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、私の質問に回答してくれてどうもありがとうございます。もし良かったら、そういう資料の集まり方を教えていただきましょうか? またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2006/09/21 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営戦略と企業組織

経営戦略と企業組織をプロダクトライフサイクルに関連させて説明するとどうなりますか?

Aベストアンサー

http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/plm.html

レポートですか?

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/plm.html

Q経営戦略論

利潤を最大化することとシェアを拡大することは、どのような点で異なるのですか??

大学の課題で困っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

利潤を得るためのコスト・投資の捉え方と、シェアを維持・拡大するためのコスト・投資の捉え方が違うということです。

シェアの維持と書いたのは、たとえば飽和状態に近いマーケットで新しい参入者がそれなりのシェアを獲得した場合、自分のシェアを維持するだけで、分母が大きくなりますからシェアが拡大したのと同等の効果が認められるからです。

しかしこの場合、維持するために安易で効果的な方法は値下げですから、利潤を最大化するためにはもっとも慎むべき方法です。

利潤とシェアの両方をともに極大方向に持っていけるのは、十分にマーケットが小さく、これから拡大していき、なおかつ参入者が限られる場合だけでしょう。

Qマクドナルドの今後の経営戦略

アナリストの方や経営に詳しいかたがたは、今後マクドナルドはどのような
経営をしていけば、いまのいい経営状態を保てると思いますか?

Aベストアンサー

 マクドナルドの強みはロケーションと低価格路線だったと思うのですが、店舗を出し尽くして客も飽き始めてきた段階で、ある程度のいわゆる『差別化』をはからないと伸びていかないと思います。
 ですから店舗によっては高級なもの(モスみたいの)を取り入れたり、おにぎりやピザといったメニューを置いたりといったことを強いられるのではないでしょうか。

Q競争優位の経営戦略とは

はじめまして、今日授業で「競争優位のための経営戦略」という課題が
出されました。どういうことを書くべきか困っています。

(1)「競争優位のための経営戦略」とはどういうことなのでしょうか?
(2)参考、サイト,図書などありましたら教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

問題解決へ向けての突破口としては過去の[教えて!goo]の中では下記の質問が有用でしょう。
但し後者の質問への回答者にはいい加減な人物が含まれる点にご留意下さい。(それは[彼=私]だからです)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa96106.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1500131.html

又(ME)ポーターが提唱した処の"競争優位"なる概念は経済学の枠内に留まらず"ビジネス&キャリア"にも跨っていますから、こちらのカテで検索されるのも一法でしょう。
http://oshiete.goo.ne.jp/category/206.html

更に[教えて!goo]以外のHPでは次の2つのURLも活用のし甲斐がかなりある部類だと言う気がします。
ですから、前者は検索エンジン的に活用しつつ後者を熟読されれば氷解し易いか、と思ったのですが如何でしょうか?
http://www.blwisdom.com/strategic/
http://recre.boxerblog.com/takuji_yanagida/2005/10/post_e36a.html

問題解決へ向けての突破口としては過去の[教えて!goo]の中では下記の質問が有用でしょう。
但し後者の質問への回答者にはいい加減な人物が含まれる点にご留意下さい。(それは[彼=私]だからです)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa96106.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1500131.html

又(ME)ポーターが提唱した処の"競争優位"なる概念は経済学の枠内に留まらず"ビジネス&キャリア"にも跨っていますから、こちらのカテで検索されるのも一法でしょう。
http://oshiete.goo.ne.jp/category/206.html

更に[教え...続きを読む

Q経営戦略に関する問題です。

J社では4つの製品を取り扱っている。投資効果をあげるため、ひとつの製品に集中して投資したい。市場の景気が好景気、停滞、加工の場合、それぞれの製品の利益高が表のとおりのとき、利益高が最も高い製品はどれか。ここで景気が好景気、停滞、下降となる確率はそれぞれ、0.3、0.4、0.3である

Aベストアンサー

1クラス50人学生の試験の点数の平均点を計算するときは、それぞれの学生の得点を合計して、人数の50で割れば計算できます。さて、あるクラスの試験の平均点が80点であったとします。もし試験直後に、難易度が全く同じ他の問題でもう1度試験を「行ったとしたら」、2度目の平均点はやはり80点であろうと「期待され」ます。
それぞれの学生が実際に何点を取るのかはわかりませんが、その点数の平均を取ればたぶん80点になるだろうと考えられるわけです。このような未来の事柄の平均が期待値であると思ってください。

厳密な議論をすると異論はあるのですが、質問者さんは数学者になろうとしているわけではありませんから、まあ、そういうものだと思っていてかまわないと思います。

さて、2度目の試験では個々の学生が実際に何点取るかはわかりませんが、全学生の平均を取ればたぶん80点んぐらいになるだろうと期待されます。しかし、ここの学生について何か予想できることはないでしょうか?

成績の悪かった学生に追試験を行うことを考えてみましょう。
試験は50点満点にします。C君は50点満点のうち10点しか取れませんでした。このままでは落第なので、1週間後に追試験を行います。さて、C君は何点取れるでしょう?

一生懸命勉強して30点を取るかもしれません。あまり勉強しないで10点のままかもしれません。落ち込んでしまって勉強をやる気になれず、全然勉強をしなかったのですが、易しい問題があったので運よく10点を取るかもしれません。たまたま試験の前日に見ていたところが出て点が取れるかもしれません。いろいろな未来が考えられます。

未来の数は無数にありますが、それでは計算できないので、考えられる未来が1万通りあったとします。1万ある未来のうち、3割にあたる3千通りの未来では勉強をしたので30点取れます。今迄通りの勉強しかしていない未来が1万のうちの4割にあたる4千あり、この4千の未来では点数は10点です。そしてやる気が失せてしまった未来が3割の3千通りあり、この3千通りの未来では易しい問題があったので10点取ります。さあ、1万通りある未来の点数の平均点は何点でしょう?

平均の計算は、それぞれの点数の合計を未来の総数の1万で割ればよいわけですから

平均点=(30×1万×0.3+10×1万×0.4+10×1万×0.3)÷1万
=1万×(30×0.3+10×0.4+10×0.3)÷1万
=30×0.3+10×0.4+10×0.3
=9+4+3=16

これがC君の未来の点数の平均です。未来の総数を1万通りとしましたが、こうして計算してみると、1万は消えてしまいます。ですから、未来の数が無数あろうがいくつあろうが、点数とその確率をかけて足し合わせると、未来の平均になります。未来の平均が期待値ですから、C君の追試験の点数の期待値は16点です。

質問者さんの問題も同じです。
それぞれの製品の利得とその確率をかけて足し合わせると、その製品の利得の期待値になります。4つの製品の利得の期待値を計算してどの製品の期待値が最も大きいかを見ればよいわけです。

1クラス50人学生の試験の点数の平均点を計算するときは、それぞれの学生の得点を合計して、人数の50で割れば計算できます。さて、あるクラスの試験の平均点が80点であったとします。もし試験直後に、難易度が全く同じ他の問題でもう1度試験を「行ったとしたら」、2度目の平均点はやはり80点であろうと「期待され」ます。
それぞれの学生が実際に何点を取るのかはわかりませんが、その点数の平均を取ればたぶん80点になるだろうと考えられるわけです。このような未来の事柄の平均が期待値であると思っ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報