最新閲覧日:

郵便局にお金をあずけようと思うのですが、定額貯金とスーパー定期がどう違うのか、理解できません。
定額は6ヵ月後におろせるというところだけが違うのかなあ?
また、どちらに貯金するのがお得なのでしょうか?
バカな私に教えてください。

A 回答 (3件)

まず、少し勘違いされているようなのですが


定額は半年複利なので
0~3年の利率、3年~の利率というのは
たとえ10年(満期まで)預けていても
0~3年分は低い利率です

「1円/1000円・6ヶ月」という方法は
1000円一口でなければ成立しません。
だから預けるときの用紙に
「いくらで一口か」指定する項目があると思うので
そこに1000円一口ということを記入すれば確実ですが
よっぽど意地の悪い局員以外なら
普通は1000円一口にしてくれます

また、この方法が0.2%/年の利率なので
0.2/0.8=0.25

つまり「0.25%」以上の利率が記載されているもの
でしたらそのまま10年待ったのほうがお得です
(もしくは景気がよくなって「0.4%/年」とかになるかもしれませんし)

少し前までは利率が記載されていないものもありますが
郵便局に問い合わせれば
利率・現在の利息などすぐ教えてくれます
ただし、なるべく郵便局が暇なときに行ったほうが対応が良いと思います。
    • good
    • 0

#1のかたの補足です



定額は6ヶ月たったらいつでもおろせます
6ヶ月+1日だろうが
6ヶ月+5年だろうが
6ヶ月~10年の間ならいつでもOKです

定期は一定期間おろすことはできません
たとえば6ヶ月で自動継続にすると
おろす機会があるのは6カ月おきです

あと定額は6ヶ月~3年まで利率が増えていきます
預けるときに利率が表示されますが
それは3年~の利率で0~3年までは表示よりも
少ない利率です

また、#1の方がおっしゃられれている
「定額を6ヶ月ごとに預け換えする」というのは
そうすることで「1円/1000円・6ヶ月」
の利息を得ることができます
つまり0.2%/年です

普通だと0.07%*0.8(税金分20%)
なので相当に得です
これは定額が1000円一口×1000口(100万円の場合)
となるためで
税金は一口あたりの税金が1円未満だと徴収免除(というか徴収しようが無い)ためです

一昔前は定期も1000円×○○という方式だったため
上記の方法が1ヶ月単位ででき
年1.2%という驚きの数字になりました

まあ、今も1.2%にできないことは無いですが
莫大な労力がかかるため
普通の人ならバイトかパートでもしたほうが
見合った成果が得られると思います

この回答への補足

詳しいご回答ありがとうございます。
バカなのでわからないのですが、「1円/1000円・6ヶ月」 というのはわかります。(前にどっかでそういう貯金方法を見ました)
 結局、たとえば5万円を今定額貯金にしていたとしたら、それを全部1000円1口にして預け換えしないと、そうならないんでしょうか?
ただ、5万円のものを一度解約して、また5万円の定額にしても、お得なのでしょうか?
わからないので、教えてください!

また、「預けるときに利率が表示されますが
それは3年~の利率で(←これ、知りませんでした!)0~3年までは表示よりも 少ない利率です 」とありますが、ということは、昔の金利が0.03よりもよければ、預けっぱなしにして、3年待ったほうがいいのでしょうか?
よろしくご指導願います。

補足日時:2002/03/26 17:21
    • good
    • 0

定額貯金の方が融通が利くので便利だと思います。

6ヶ月たったらいつでもおろせるし、千円ずつ分割しておろすこともできます。低金利のこの時代、手間かもわかりませんが、6ヶ月ごとに、解約と預入を繰り返すことをお勧めします。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
「6ヶ月ごとに、解約と預入を繰り返すことをお勧めします。」ということですが、6ヵ月たったらそのままにしていてはだめなのでしょうか?
なにか損なことがあるのでしょうか?
今は定額貯金にしてあるものがありますが、
全てそのままにしてしまっています。
教えてください!

補足日時:2002/03/25 23:56
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報