私の父(77歳)の左足が2月3日頃よりこむらがえりのような痛みで
歩けないといっています。

数年前より糖尿病の症状があり、通院にて療養中です。
2月中旬になっても、足の痛みが取れないので、病院(総合病院)で診察して
いただきましたが、外科的な原因(骨などの異常)はないようです。
血流検査の結果、右足に較べて血流量が少ないという結果が出ています。
投薬は痛み止め、血流を改善する薬を内服し、外用薬をぬって1ヶ月になりますが
なかなか改善しません。外用薬をぬったあとはしばらく楽になるそうです。

そこで、針治療などどうかと思うのですが・・・
効果があるものなのか・・・
よきアドバイスをいただけたらと思います。

父は滋賀県大津市堅田に住んでいます。
近くでよい鍼灸院などをご存知でしたらお教えください。

また、参考になるホームページなどご紹介いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。

以前腰から足にかけての痛みで苦しんだ経験のある者です。念のため総合病院で診察しレントゲンも撮りましたが、結局原因不明でした。そこで、東洋医学の方にも頼ってみようと思い、近所の整骨院でマッサージを受ける事にしました。数ヶ月間(一日おき位のペースで)通ってみたのですが、今では殆ど完治に近いくらい改善されました。私の場合は、どちらかというと東洋医学の方が合っていたみたいですが、che-ez-babeさんのお父様は他にもいろいろな症状が出ている様子ですから、西洋医学と東洋医学両方の治療法が必要なのかもしれません。なにぶん素人の私ですから、これだという改善法は解からないのですが、痛いのは本当に辛いものですよね。無理をせず、少しでも楽になる治療法が見つかると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に貴重なご体験談を回答いただきありがとうございます。
完治されるまで、数ヶ月間も通われたのですね。
お体をお大事に、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/26 11:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニキビ外用薬で顔がジュクジュクで真っ赤に腫れあがっています

5日前に額の部分が赤くなりはじめ、それから少しずつ赤く痒い部分が広がり、Tゾーンの部分はほとんど真っ赤に腫れていてところどころ黄色い汁のようなものが出てきています。また、ズキズキとうずくような痛みもあります。

昨日、医師に診ていただきステロイドを処方されました。一日三回使用して、三日たっても良くならなければまた診察にくるように言われました。
何が原因かわからず、食べたものか、化粧品かなどいろいろ考え、よく顔を観察してみると、ニキビの痕の部分が腫れあがっていることに気が付きました。
そういえばちょうど4週間前ですがクリンダマイシン1% 過酸化ベンゾイル5%のDuacというニキビ薬を病院でもらい、毎日のように使用していました(海外在住です)。4週間目くらいから効き始めると言われたので連続使用していました。ニキビはほとんどTゾーンにできていたので、顔の腫れもTゾーンが中心です。
Duacの製薬会社に電話して、医師から処方されたステロイドをDuacのかぶれに使用しても大丈夫だという情報は得ています。

ものすごく痒いのですが、かかずに我慢しています。一日二回、低刺激の洗顔料をよく泡だてて触らないようにそっと洗顔しています。かぶれを感じてから化粧品類は何も使っていません。ステロイドは薄く塗り、一日三回を守っています。それから日中は日差しがすごく強いので、カーテンを閉め切って紫外線に当たらないように家に引きこもっています。

質問が5つあります。

腫れた部分から出ている黄色っぽい液は触っていませんので固まってきています。出る都度ふいたほうがいいのですか?それともそのまま触らずに放っておくべきですか?

昨日、医師に診てもらったときはニキビ薬が原因だと気づいてなかったのですが、三日待たずにまた診察してもらい原因を伝えたら処方が違ってくるのでしょうか?

今後のためになんのアレルギーか知りたいのですが、クリンダマイシンのアレルギーか、過酸化ベンゾイルのアレルギーかどちらかを特定することはできますか?(またどのように特定するのですか)

アレルギー反応が薬を使用しはじめた直後ではなく、4週間も経過してから出るというようなことはあるのでしょうか?
(また、パッチテストはどのようにするのですか?)

冷やしたらカユミが少し軽減されるのではないかと思いますが、かぶれに何も触れない方が良いでしょうか。

以上、お答えお待ちしています。。よろしくお願いします。

5日前に額の部分が赤くなりはじめ、それから少しずつ赤く痒い部分が広がり、Tゾーンの部分はほとんど真っ赤に腫れていてところどころ黄色い汁のようなものが出てきています。また、ズキズキとうずくような痛みもあります。

昨日、医師に診ていただきステロイドを処方されました。一日三回使用して、三日たっても良くならなければまた診察にくるように言われました。
何が原因かわからず、食べたものか、化粧品かなどいろいろ考え、よく顔を観察してみると、ニキビの痕の部分が腫れあがっていることに気が付...続きを読む

Aベストアンサー

調べてみると過酸化ベンゾイルは漂白剤として使われるぐらいで、極めて強力な酸化剤です。その殺菌力をニキビに使ってるのですが、日本では医薬品としては認可されてないようです。

まず使用に際しては日本人とアメリカなど西洋人とでは肌質が大きく違うことを想定しておく必要があります。濃度など同じ使い方ではリスクが高くなる可能性があるということです。
酸化作用の強い薬物は使用濃度にもよりますが、活性酸素による組織破壊のリスクが高まります。これを考えても使用するならかなり濃度の低いものから試す必要があったのではないでしょうか。

炎症の原因は過酸化ベンゾイルによるものではないと思われます。4週間かかって次第に組織が破壊されていったのでしょう。体は破壊された組織を修復するためにわざわざ炎症を起こします。炎症反応では痒みや腫れ、分泌物など辛い症状をともないますが、炎症が治まる治癒過程ではしょうがないものです。

ステロイドは確かに炎症を抑えますが、原因の薬物を排泄しながら治癒をすすめるためにはどうしても必要な炎症ですので、最初にスパッとうまく使ってあとは次第に切るようにしていって下さい。

誠に辛い症状ですが我慢できるのであれば、基本的には炎症にまかせておけば良いのです。ステロイドを使うとその分治癒が長引くことになります。
組織破壊の原因になった薬物が希釈されたり排泄されてしまえば治ります。次第に枯れてきたり、カサブタになったりしてきますが、無理やりには剥がしたりしないでできるだけ自然に剥がれるのを待って下さい。気になるなら患部をお湯で軽く拭き取るぐらいが良いと思います。

調べてみると過酸化ベンゾイルは漂白剤として使われるぐらいで、極めて強力な酸化剤です。その殺菌力をニキビに使ってるのですが、日本では医薬品としては認可されてないようです。

まず使用に際しては日本人とアメリカなど西洋人とでは肌質が大きく違うことを想定しておく必要があります。濃度など同じ使い方ではリスクが高くなる可能性があるということです。
酸化作用の強い薬物は使用濃度にもよりますが、活性酸素による組織破壊のリスクが高まります。これを考えても使用するならかなり濃度の低いものか...続きを読む

Qよきアドバイスをお願いします。

父親(59才)が悪性リンパ腫(ガン)と診断されました。両親とは離れて暮らしている為、遠くでもやもやしている状況です。両親は2年ほど前にやっと自分のお店をもった状態で、父親が弱ってしまうと、今後の二人が心配で心配でしかたありません。
私には何ができるのでしょうか。
ガン告知を受けたものに対しての家族のありかた、それを支える母親に対して(母親も精神的にやられそうで心配です)、また、お金の面(高額治療費)でもなにかアドバイスがあれば教えて下さい。高額治療費など相談すれば教えて頂ける所などはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

医師なのでお勘定のことにはあまり詳しくないのですが高額医療費制度については一度支払ってから超過分を払い戻しを受ける手続きをするものと思っていました。このサイトの過去ログにもネット上にも説明はあるとおもいますし,病院の事務に相談されるのがよいでしょう。
心理的問題については悪性リンパ腫という病気は非常に患者団体がしっかりしておりまして,そちらへ相談されるのもよいかと思います。(参考URL)
なお,全身の悪性リンパ腫は4割ほど寛解(≒長期生存)があると記憶していますが,中枢神経(脳や脊髄)の悪性リンパ腫は5年生存率1割以下です。ネット上の説明のほとんどが前者で後者の説明は少なくまた,似ていますがまったく話が違う点にご留意ください(どちらとも書いてなかったので)

参考URL:http://www7.wisnet.ne.jp/~gia/lymphoma/

Q医療用語のこと教えていただけますか

医療用語でヘミコレってなんですか?

Aベストアンサー

hemicolectomy(ヘミコレクトミー)のことですね。
日本語では「半結腸切除術」といいます。
読んで字のごとくです。
主に結腸癌や潰瘍性大腸炎やクローン病などでも行われています。

Q骨粗鬆症 薬に頼らない改善方法

47歳男ですが、先日転倒し第5腰椎を圧迫骨折し、骨粗鬆症と診断されました。

薬物治療を開始すると主治医は言っておりますが、骨粗鬆症の薬の副作用が怖いです。
骨粗鬆症と診断された後は、毎日日光浴をしながらウオーキングとカルシウムのサプリメントを取ってます。

薬を飲まずに、食事と運動で改善したいと思っておりますが、主治医はそれでは追いつかないと言っております。

薬に頼らない方法はありますか。

Aベストアンサー

骨粗鬆症の治療では食事・運動療法と薬物療法を併用して行うことが多いです。
質問者さんの場合、既に食事や運動に気を遣っていて
そのうえで主治医さんに「それでは追いつかない」と言われたとのことなので
思い切って薬物療法に踏み切った方が良いのでは、と思います。
副作用はどんな薬にもつきものです。納得できるまで、主治医さんにじっくり説明してもらってください。

Q祖父がこむら返り

 祖父が、時折こむら返りを起こします。端から見ている
と結構つらそうです。(本人は負けず嫌いのため、大した事はないと言い張りますが。。。)
 寝るときは暖かくする事がよいそうですが、起こったとき応急処置的に痛みを和らげるのに何かいい方法はありますか。
現在は、湿布を使っています。
 また、予防には鍼灸がいいと聞きましたが、真偽の程
ご存知の方いらっしゃいますか?
 

Aベストアンサー

こむら返りの主な要因は、血行不良だそうです。
お祖父さんは普段から、あまり出歩かないんじゃないですか?
または、こむら返る方の足に、何かクセがあってよく使ってるとか。
(貧乏ゆすり、足を組むなども当てはまります)

これは湿布なら冷たいのではなく温湿布に、出来たら足湯をするのが一番です。
つまり暖めて、血行をよくするんですよ。
足湯じゃなければ、お風呂でこむら返る足をよく揉んで下さい。

実は、これは有名な某指揮者が行っていて、エッセイに載せていた方法です。
この方は指揮の最中、体を伸び上がらせる動作の時に、どうしても同じ足で体を支えてしまうようで、その足がホテルでよくツるので、とても苦しかったというエピソードがあったんです。
で、結局熱いお湯で足を暖めたら、翌日からの指揮のあとでも、足がつらなくなったそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報