ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

時代小説を読んでいると「芝の在から・・」とか「板橋から江戸に行く・・」と言ったようなくだりがしばしばみられます。
 江戸時代で「江戸」と呼ばれる所は今の東京のどこからどこまで辺りなのですか?またそれは川など、何によって分けられていたのでしょうか?

A 回答 (3件)

「子連れ狼」という劇画があり、主人公の拝一刀父子は


「江戸朱引き内への立ち入り禁止」という設定になっていました。
家康の頃は江戸城を中心に4里四方だった江戸も明暦の大火以後は市街が広がり、この朱引き内を「御府内」と呼び、江戸城を中心に豊島区、渋谷区、荒川区、北区、目黒区の一部、品川区の一部、板橋区の一部をも含む地域になります。
これが江戸と言う街になります。
犯罪者を「江戸所払い」という刑に処しますが、この内側に入らなければセーフで、赤羽あたりにいればよかったようです。
因みに町奉行の管轄は「墨引き」といって、旧東京市の15区に当たります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、なるほど!!
「江戸」って言っても今の都内のイメージからすると意外と狭いんですね?赤羽が江戸外とは・・・
 これから時代小説を読む時の参考になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/18 08:19

下記のページに地図があります


概ね各街道の最初の宿場のまでの範囲(板槁は中山道の最初の宿場です)といったところでしょうか

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/江戸
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地図で見ると一目瞭然ですね!
参考になりました。ありがとございました。

お礼日時:2006/09/18 08:21

小学生の頃、祖母から"かねやす"迄が江戸の内とききました。

"かねやす"が何処だったか忘れたので検索してみたらヒットしました。

参考URL:http://www.city.bunkyo.tokyo.jp/cgi-bin/kview.cg …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「かねやす」・・・今の本郷辺りまでだったんですね?

お礼日時:2006/09/18 08:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の絵文字?

江戸時代頃、文字を読めない人の為に、
「かまわぬ」の「かま」を農具の鎌の絵で置き換えたり、
「あります」の「ます」を升の絵で置き換えて
わかりやすくした暦や文などがありましたが
その絵を含んだ暦や、文献、あるいは、
この絵と文字との相関関係などが判るようなサイトを教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

お尋ねの絵は「判じ絵」というそうです。

↓参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.jti.co.jp/Culture/museum/eventApr99/Welcome.html

Q遠山の金さんは・・・

遠山の金さんはなぜイレズミをしているのですか?
最初から見たことがないのでわかりません。
お奉行さんですよね。
教えてください。

Aベストアンサー

遠山の金さんには、お兄さんがおられたのですが、お兄さんは少し病弱でもありました。それで、跡取りを弟の金さんにしようかという父の算段がありました。しかし、弟の自分がお兄さんを差し置いて奉行になるのは、仁義に反すると、わるになって、自分から身を引いたのです。
しかし、遊び人になっていた金さんに、事件の捜査依頼があり、捜査協力したところ、たまたま、お父さんが病気になりお白州のお裁きも代行することになってしまうのです。
これは、昔の古い映画版のストーリーです。

しかも、最初のころは、自ら進んで入れ墨を見せるのではなく、悪者に袖を切られたとき、破れて見えてしまうのです。わるものも、入れ墨をみて、ドキッとするので良く覚えているのです。お白州では、顔は覚えていないので、とぼけるのですが、入れ墨で思い出すのです。

ただ、ものすごく昔に一度しか見なかったので良く覚えていません。奉行になりたくないことから、出発するのは、鬼平犯科帳の平蔵が若いとき遊びまくっていたのと似ています。

Q!江戸時代の10大事件!

江戸時代の出来事の中で、あなたが重大だと思うことを理由付きで教えてください!!その事件の前後で何が変わった、その事件が後の時代にどのように影響したか、その事件はどのような点で特筆にあたいするかなどを添えてどしどし教えてください!!

Aベストアンサー

時系列的に見ての第一は、
・秀忠の将軍襲名(1605)
理由:
徳川家が将軍職を世襲する意志を天下に知らしめた
その後の影響:
秀忠による大名鉢植え政策、和子入内等の政略とあいまって徳川家の絶対的な力を決定付け、他の武将や皇族貴族等への徳川家支配の端緒となった

・武家諸法度・禁中公家諸法度・諸宗諸本山法度 発布(1615)
理由:
武家・皇室貴族・宗教を徳川支配下に置く事を宣言した
その後の影響:
天皇家に対して法規制を行うという考え方を生み出した

・家康の神格化(1617)
理由:
家康を神にする事で、徳川家の支配に対する絶対的根拠を生み出した
その後の影響:
天皇親政と同様、決して他者による代替が出来ない政治形態成立を印象付けた

・鎖国完成(1639)
理由:
海外交易を幕府独占にした
影響:
徳川家支配のための重大な資金的根拠になった
また、交易による最新技術の独占も支配に大きな力を与えた(家継の正徳新令も参照)

・日米修好通商条約に調印(1858)
理由:
その後現代にまで影響を与える日米の不平等条約調印によって、遠くは、第2次大戦勃発の遠因ともなった
影響:
(アジア拠点を与えた事によって)アメリカによる世界支配の礎の1つを作った(?)

・大政奉還(1867)
理由:
徳川独裁の終焉
影響:
維新功労者による政治形態成立を促し、軍事的外交の時代を作った

以上6つが特に大きな出来事ではないかと思います

時系列的に見ての第一は、
・秀忠の将軍襲名(1605)
理由:
徳川家が将軍職を世襲する意志を天下に知らしめた
その後の影響:
秀忠による大名鉢植え政策、和子入内等の政略とあいまって徳川家の絶対的な力を決定付け、他の武将や皇族貴族等への徳川家支配の端緒となった

・武家諸法度・禁中公家諸法度・諸宗諸本山法度 発布(1615)
理由:
武家・皇室貴族・宗教を徳川支配下に置く事を宣言した
その後の影響:
天皇家に対して法規制を行うという考え方を生み出した

・家康の神格化(1617)
理...続きを読む

Q江戸時代以前の江戸

江戸時代以前の江戸とはどのような所だったのでしょうか?

歴史に殆ど登場しないので、太田道灌が江戸城を築城したことくらいしか知りません。

徳川家康は当時無名だった江戸をなぜ選んだのでしょうか?

Aベストアンサー

 もともと江戸は、寂しい漁村に過ぎず、江戸という地名も「入江の門戸」の村を意味していました。

 鎌倉時代に江戸氏がこの地と関わりを持ちましたが、とくに長禄元年(1457)に上杉氏の家宰太田道灌が江戸城を築いてから城下町が出来ました。

 その江戸城は、戦国時代には小田原の北条氏の一支城となり、遠山氏が上代を務めて支配していました。

 家康が天正18年(1590)に江戸に入府した頃は、「町屋なども、かや葺きの家百ばかりもあるかなし」で、「城も形ばかりに、城のようにこれもなく」というありさまだったということです。 

 なお、徳川家康が江戸を選んだのではなく、豊臣秀吉から領地替えを命じられ、苦渋の思いをしながら江戸に入府したのです。

Q江戸十里四方所払い

「大岡越前」や「遠山の金さん」で、「江戸十里四方所払い」という刑を聞きますが、この十里四方の範囲はどうになっているのでしょうか?江戸を中心とした対角線長二十里の正方形なんでしょうか?それとも江戸から街道を二十里以内なんでしょうか?

Aベストアンサー

追放刑の一種で刑としては中位の追放刑で、日本橋を中心として四方五里外に追放するものです。
普通常磐橋、または呉服橋外まで護送しここで縄を解き追放します。

江戸市内には戻れませんから旅行に必要な旅手形も入手出来ず無宿人になる他ありません。
その後無宿人が増加し(追放刑者の累積、地方の飢饉などによる離村者など)江戸の治安が憂慮されて1790年松平定信の時、長谷川平蔵の建議により人足寄場が設置され、無宿人を収容し職を与えるように訓練するようになりました。 

日本橋を中心にしたのはここに晒し場があったからかもしれません。 

Q『忠臣蔵』の「蔵」

『忠臣蔵』の「忠臣」はよく分かりますが、「蔵」というのは何でしょうか?

Aベストアンサー

江戸の歌舞伎関係者が工夫をこらした命名でしょうね。

「忠臣蔵」が赤穂事件を基にしているのは明らかですが、
そのままでは上演許可は出ないので、現実の事件と関係ないというタテマエにしてあります。
歌舞伎の「忠臣蔵」の主人公は大星由良之助であり、大石内蔵助ではありません。

検閲がなければ、題名は「忠臣大石内蔵助」となっていたことでしょう。
しかしそれはできないので、一字だけ取って「忠臣蔵」としたのでしょう。
役人が「この『蔵』はなんだ。大石内蔵助のことじゃないのか」
と言ってきたら、
「いえいえ、蔵のように多くの忠臣がいるという意味ですよ」
と返すわけです。
役人の方でも、そこで「なるほど」と納得したふりをする…という呼吸だったと思います。

Q埋蔵金伝説、掘ったらほんとに出てきたことはあったのか

 四国の剣山にソロモンの財宝が埋まっているという話があって、何十年も掘り続けた人がいたそうです。その他、埋蔵金伝説は徳川埋蔵金などイッパイありますが、伝説に基づいて掘ったら、実際にお宝が出てきた例はあったのでしょうか。
 シュリーマンのトロイアの発掘以外に、伝説どおりに出てきた例は知りません。実際に掘り当てたという面白い話があれば教えてください。

Aベストアンサー

残念ながら…自分は近代日本(大正、昭和と)の新聞雑誌を10年近くかけて読み漁った事がありますが…埋蔵金を探していた人が見事見つけたという話は記事で読んだ事がありません。
工事現場で小判が発掘された、という話は結構あります。
でもこれは、宝探しをしていて見つけた訳じゃなくて、偶然出てきた、という話なので。
あとは埋蔵金にまつわる詐欺話は記事でよく読みました。
昭和8年には赤城山埋蔵金発掘ファンド詐欺事件があり、赤城山の財宝ってこんな昔から有名だったのか、って話ですが。
 
そうそう、出典は忘れたのですが…愛知の知多の方だったと思います。昭和40年代だったか50年代だったか、埋蔵金伝説のある海辺の町で、定期的に江戸時代の金貨を少額ずつ換金に来る老人がいて、「きっと埋蔵金をひそかに掘り当てたに違いない」と噂になった事がある、という本を20年以上昔に読んだ事があります。
よく考えれば、財宝を1人で発見したら、マスコミに公表する訳もなく、黙っていて少額ずつ掘り出して目立たないように換金するよなあ、とその話がやけにリアルに思えて、いまだに覚えています。

残念ながら…自分は近代日本(大正、昭和と)の新聞雑誌を10年近くかけて読み漁った事がありますが…埋蔵金を探していた人が見事見つけたという話は記事で読んだ事がありません。
工事現場で小判が発掘された、という話は結構あります。
でもこれは、宝探しをしていて見つけた訳じゃなくて、偶然出てきた、という話なので。
あとは埋蔵金にまつわる詐欺話は記事でよく読みました。
昭和8年には赤城山埋蔵金発掘ファンド詐欺事件があり、赤城山の財宝ってこんな昔から有名だったのか、って話ですが。
 
そう...続きを読む

Q江戸時代は肥満はどのように見られていたのでしょうか?

宿題のレポートで、「江戸時代の子供と現代の子供に肥満指導をするとしたらどんな方法がよいか」という課題が出ています。江戸時代に肥満児は存在していたのでしょうか?だとしたら、「肥満」は現代のようにマイナスな印象だったのでしょうか?適当な資料もなく困っています。誰か江戸時代の文化に詳しい方がいらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本に限らないと思いますが、昔は一部の権力者や金持ちを除いて
たいていの人が、毎食満腹になるような食事はとれませんでした。
また、肉体労働が主でしたから現代人と比べてカロリーを消費する生活形態でした。
ですから、飢餓とは隣り合わせでも肥満とは縁遠かったのではないかと思います。

そんな中で肥満になれると言うのは
あくせく働かずに十分食べられるという証拠で
金持ちの象徴のようなものでした。

現代の尺度で言えば、肥満は不健康で寿命を縮める要因かもしれませんが
昔は、それ以前に栄養が取れなくて早死にする人が多かったので
例え肥満の結果肝臓を悪くして死んだとしても、
普通の人の寿命が短いので、早死にとか健康を害したとか思われなかったのかもしれません。

「恰幅が良い」というのは、太鼓腹の貫禄のある姿を指しますが
これは誉め言葉です。
この言葉が、昔の肥満の認識を物語っていると思います。

Q江戸時代のヒット商品

どんなものがありますか?
本なども知りたいです

Aベストアンサー

一時的なヒットだけでなく、徐々に広まったものも含めて分野別にあげてみます。

1.食べ物では江戸での握り寿司(それ以前は鮒寿司のような熟れ寿司だけ)や飲食店(屋台を含む)

2.植物では朝顔、オモダカ、桜(これらはブームの時期があり高値で取引され、多品種が生まれた)

3.動物では犬(江戸では伊勢屋、稲荷に犬のくそと、どこにでもあるもののたとえとなるほど野良を含めて犬が多かった。狆は高級犬で高かった)

4.芸能では世話浄瑠璃(曽根崎心中等)、歌舞伎(仮名手本忠臣蔵等)、都都逸、小唄

5.出版では旅行本(ガイドブック)、美人画(ブロマイド)、小説(南総里見八犬伝等)、大名武鑑(江戸初期から幕末まで常に出版され、氏名、役職、官位、家紋、俸禄高、在所、大名の江戸屋敷、行列の際の道具等が記載され、大名行列を見物するためのガイドブック)

6.建築では瓦(ヒット商品という分類ではないが火事の延焼を防ぐため推奨された)、畳や布団(庶民に広まった)

7.趣向品ではたばこ(戦国時代に輸入され、当初は薬として徐々に広まった。しかし本格的に広まったのは明治時代に徴兵された軍隊内で休憩時の一服から)、金魚、花火

8.生活品では陶磁器(文禄、慶長の役で朝鮮から多くの陶工が来て各地で窯元ができ、瀬戸製品が広まり日常で使う陶器は瀬戸物と呼ばれるまでになった)、木綿(庶民は麻から保温性のある木綿が日本で栽培されたので)、お札(火の用心の秋葉神社、おかげ参りの伊勢神宮のお札等)

9.旅行や旅行用品(安全で街道や宿場も整備されてきたので誰でも旅行ができるようになってきた)

ちょっと思いついただけなので他にも服装、髪型等、まだいろいろあると思います。

一時的なヒットだけでなく、徐々に広まったものも含めて分野別にあげてみます。

1.食べ物では江戸での握り寿司(それ以前は鮒寿司のような熟れ寿司だけ)や飲食店(屋台を含む)

2.植物では朝顔、オモダカ、桜(これらはブームの時期があり高値で取引され、多品種が生まれた)

3.動物では犬(江戸では伊勢屋、稲荷に犬のくそと、どこにでもあるもののたとえとなるほど野良を含めて犬が多かった。狆は高級犬で高かった)

4.芸能では世話浄瑠璃(曽根崎心中等)、歌舞伎(仮名手本忠臣蔵等)、...続きを読む

Q上屋敷、中屋敷、下屋敷

それぞれどんな位置づけなのでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

江戸時代参勤交代で江戸にやってきた各藩が逗留する為、それぞれ江戸屋敷の敷地を幕府から与えられ、造営したのが江戸屋敷上屋敷です。
敷地は譜代、外様の区別、石高に応じて場所、広さなどが区別されました。
上屋敷はいわば本宅にあたるもので、公式な行事や登城の場合の主発点として使用されます。

徳川御三家、譜代外様の大藩などは重要度や家臣も多いので上屋敷だけで収容するのが難しいなど理由が認められた場合、別宅の造営を認められました。
それが中屋敷、下屋敷のはじまりです。

下屋敷は別荘の役目にあたり、藩主の休息所や側室の住居、など内々の用途にあてられる事が多くいわば隠れた屋敷に相当します。 このため藩主の好みで庭園など上屋敷以上に凝った工事もあったようです。
詰める家臣も下級のものが当てられますが、上級の家臣は都度上屋敷から出勤する形が多かったようです。

中屋敷はそれを持てるのは限られていて江戸に常駐するなど幕府要職につくものに許されていました。
それぞれ用務が多いなど必要があったからです。
事務所のようなものと考えれられます。
側室の住居などが置かれる事もあったようです。

江戸時代参勤交代で江戸にやってきた各藩が逗留する為、それぞれ江戸屋敷の敷地を幕府から与えられ、造営したのが江戸屋敷上屋敷です。
敷地は譜代、外様の区別、石高に応じて場所、広さなどが区別されました。
上屋敷はいわば本宅にあたるもので、公式な行事や登城の場合の主発点として使用されます。

徳川御三家、譜代外様の大藩などは重要度や家臣も多いので上屋敷だけで収容するのが難しいなど理由が認められた場合、別宅の造営を認められました。
それが中屋敷、下屋敷のはじまりです。

下屋敷は別...続きを読む


人気Q&Aランキング