今月の末に自動車保険に加入をしようと思っているのですが、会社が契約している保険会社は2流?というか聞き慣れない会社であるためどっちの会社にしようか
迷っています。
どなたか保険会社に詳しい方がいらっしゃればアドバイスを下さい。
選択肢は下記の2つのみです。

1 ニッセイ同和損害保険
2 日新火災海上保険

の2つからの選択しかありません。

私としてはアフターサービスがいい会社を希望しています。
どなたか判断できるかたがいらっしゃればアドバイス下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

保険のサービスでアフターサービスも重要なポイントだと思いますが、もう一つ信用力にも気を配られた方が良いのではないかと思います。

現在までの所損害保険会社が破綻しても保険支払上の大きな問題が発生していないと思いますが、今後も保証されたものではないと思うことがその理由です。

信用リスクを見る上で格付を調べて見ました。
http://www.moodys.co.jp/ssl/list/ratlist.asp
http://www.r-i.co.jp/jpn/
http://www.jcr.co.jp/ratlis23.htm#T4
http://www.standardandpoors.com/japan/ratingsact …

ニッセイ同和損害保険
Moody's:A2(格下げ方向で見直し中)
JCR:AAp
S&P:AA-(格下げ方向で見直し中)

日新火災海上保険
R&I:A
JCR:A+
S&P:BBBpi

上記を比較する限り、信用リスクと言う観点からはニッセイ同和損害保険の方が勝っているようです。
昨年、大成火災が破綻しましたので、ご参考までに記載いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が求めていた回答というかアドバイスに100%一致しています。
本当に有り難うございました。
これで判断が付きましたので、契約の方向で作業を進めたいと思います。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 13:19

こんにちは。

友人が某保険会社の代理店を行なってます。
友人から聞いた話なのですが、自分の顧客が自動車事故を起こし、連絡が来た場合、相手の保険会社がどこかを聞きますが、会社名を聞いただけでだいだい今後の交渉状況、結果が見えるそうです。
つまり、自動車事故に対して強いところと弱いところがあるということです。
何処が弱いか強いかということをここでは書くことは出来ませんが、2社以外で加入することは出来ないのですか?
ここからは個人的な見解ですが、大手の損保会社(損保専門に保険を扱っている、扱っていた会社)が相手先だった場合、baigetuさんの選択肢に上げていらっしゃる会社では負けてしまいますよ…。
アフターサービスが良いところは代理店を置いている保険会社です。
セールスレディが勧誘に当たっているような某社は止めておいたほうが良いと思います。私は加入していましたがどんなことにせよ、加入後はすぐに対応してはもらえません。加入前はとても迅速ですが…。
極端に言うと代理店は顧客の見方、セールスレディは保険会社の見方です。
自分の生活を支えているもの(お金の出所)が何処か?の差だと思います。
    • good
    • 0

代理店をしていますが、貴方のお住まいの近くに両社のサービスセンター(事故処理センター)がありますか。

どうしても事故をおこした場合に処理をしてくれるところが近くにあるほうが心強いと思います。
私は、両社と代理店契約を結んでいないし、両社と契約をしておられる方に出会ったことがないので確かなことはいえませんが、何か物事が起きた場合に頼りになるのは、保険会社ではなく、いかに相談にのってくれる代理店によります。大手の保険会社でも何も知らない・動いてくれない代理店もいます。しっかりと貴方の疑問点を納得いくまで説明してくれる、出向いてくれる代理店が良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答感謝致します。
よく調べてみます

お礼日時:2002/03/26 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険会社の選び

私は小さいな会社を経営しています。とても大事な役員の方が万が一仕事できなくなった時(病気や事故等あった場合)の保険をかけたいと思っています。
保険会社の事詳しくないので、少なくとも5社の保険会社と相談比較してから決めたいのです。
しかし保険会社は沢山あり、ランキング見ても良く分かりませんので、詳しい方にお勧めできる良さそうな保険会社5社を教えて頂きますでしょうか?

Aベストアンサー

保険の窓口でネット検索かけてみて下さい

最大35社比較可能でフリーダイヤル有りで

相談無料です。

Qニッセイ同和について

現在、ニッセイ同和に加入しているのですが、解約しようと思っています。解約するときは担当者に言えばすぐに解約の手続きをしてくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

担当者に連絡をして解約もいいですし保険証書の連絡先に電話をして解約手続きのの申し込み書を送ってもらってもいいですよ。
保険の解約は担当者の成績にかかわるので知り合いなら一言連絡をしておけば問題ないと思います。しかし成績に関係する為に解約しないように説得してくると思いますよ。保険は知り合いの付き合いではなく本人のライフスタイルに合った保障内容が大切なので自分の意思をしっかりともち担当者に話してみるのが一番と思いますよ。

Q被害者請求をしたら任意保険会社から電話・・・

被害者請求を自賠責保険会社にしたら、任意保険会社から電話が来ました。たまたま出られなかったので、出ていないのですが、どうして任意保険会社から電話が来るのでしょうか?

たしかに、自賠責保険会社に被害者請求をする際に、「不足分の書類は~任意保険会社、~さまよりお取り付けください」とのようにメモは入れました。

任意保険会社からの留守電にも、「詳細を確認したく思いますので・・・云々」とありました。

この電話には出ていいのでしょうか?
それとも任意保険会社の悪質な妨害のひとつでしょうか?
任意保険会社と対応しなくても、自賠責保険会社が話を進めてくれているのでしょうか?

対応策、これからどうすればいいのか、など教えてくださいませ。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

後遺障害の被害者請求をした場合、良くある事です。
ただ単に確認をしたいだけなのか?質問だけからは判断できません。
一度保険会社に連絡を取り詳細を確認して下さい。
妨害として、書類を受領したにも拘らず自賠責が無視する、
先に任意保険会社と任意一括の解除を要請する等有ります。
これ等は自賠責側の妨害ですが、任意保険側の妨害として任意一括の解除を拒否する(書類の送付を拒否する)等あります。
しかしながら被害者の自賠責への被害者請求は法律で認められた権利ですから、
慌てる事は有りません。
兎に角先に詳細を確認する事です。
それには任意保険会社に連絡し、確認する以外に有りません。

Q大手保険会社の東○海上日動の傷害一時金

現在軽度の打撲ということで物損事故扱いで2日通院しています。
自分の保険の担当者には人身扱いにしなくても治療代は出ると言われています。

あと1回では治らないと思うので計4回以上通院すると思うのですが、
5回以上通院したら物損のままでも傷害一時金は貰えるのでしょうか?

5回通院する前に治れば、もちろんわざと5回通院するようなことはしませんが、
もし5回通院するのであれば貰えるものは貰いたいです。
しかしこのことを保険担当者に聞くと
お金目的で通院してると思われるのが嫌で聞けません。

実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

約款に書いてある以上払ってもらえますよ。
問いあわても問題ないと思いますよ。そのために一時金の保険料も払っています。堂々と請求しましょう。

Q複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、
例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。
保障内容も同じであるとすると、
保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から
保険金が支給されるのでしょうか?

それともある保険会社から支給された場合、
他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

これからが本論ですが、
損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支...続きを読む

Q【保険会社の補償の謎】保険会社は保証金を支払うときに「現在、どの保険に入っているかを確認する」 そし

【保険会社の補償の謎】保険会社は保証金を支払うときに「現在、どの保険に入っているかを確認する」

そして1番支払額が高い保険が支払われるという。

で、他の保険は補償金を支払わない。

これっておかしくないですか?

色々と保険に入っていて、いざ事故ったら、支払額が1番高い保険のみ支払われて、たとえ少額でも多数の保険会社から支払われたら結構な額になるはず。

なのに1番高い支払い額の保険しか支払わないってどういうこと?

保険会社って払うときになったら払わない。

だから保険ゼロで事故られた方がマシ。

保険加入せずに事故られるとちゃんと会社が保険に入っているので支払われる。

個人で保険なんか掛けても意味がない。

保険ってちゃんと掛けてるんだから、保険会社は保険内容がバッティングしても個別に払うのが筋でセコくないですか?

だから海外に行く時に航空機墜落事故時のために海外旅行保険に入る人いるでしょ?

1人3000円とか。

でも実際に墜落したら、航空会社の保険の方が高額だから個人で入った数千円の保険なんか降りないのね。

ということは海外旅行保険の保険料は保険会社のぽっけに入って出てこない。墜落しても。

【保険会社の補償の謎】保険会社は保証金を支払うときに「現在、どの保険に入っているかを確認する」

そして1番支払額が高い保険が支払われるという。

で、他の保険は補償金を支払わない。

これっておかしくないですか?

色々と保険に入っていて、いざ事故ったら、支払額が1番高い保険のみ支払われて、たとえ少額でも多数の保険会社から支払われたら結構な額になるはず。

なのに1番高い支払い額の保険しか支払わないってどういうこと?

保険会社って払うときになったら払わない。

だから保険ゼロで事故られ...続きを読む

Aベストアンサー

>保険ってちゃんと掛けてるんだから、保険会社は保険内容がバッティングしても個別に払うのが筋でセコくないですか?

契約約款次第の話なので、きちんと読んで契約していれば「なんで?」と言う事はないです。

>だから海外に行く時に航空機墜落事故時のために海外旅行保険に入る人いるでしょ?

海外旅行保険は、渡航先での病気やケガの治療費、他人にケガを負わせたり、他人の物品を壊した場合の賠償責任、カメラや衣類などの携行品の破損・盗難などを補償する保険です。
航空機墜落事故時のために入る物ではないです。

Q100%信頼できる安全な保険会社を探しています。

僕は今年40歳になる独身で一人暮らしをしている男性です。
実は、ある保険会社【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険に入ろうかと思って随分考えて悩んでおります。
と言うのは、保険会社でも今最近では色んな保険会社が次々と出て来ているので正直何処の保険会社が一番安全で確かで不払いの無い100%信頼できる保険会社なのかインターネットを利用して調べていた所【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険会社が見つかりました。
この保険会社は世界各国でランク付けが【AAA】トリプルAAAと出ていて世界各国でも多数広げている会社だと思ってこの度このサイトに質問してみました。
この保険会社【マニュライフ生命保険株式会社】で一応入ってみようかなって思っている保険が有ります。
一応パンフレットを見て【病気・ケガなどの保障】の医療保険。
若しくは【介護保障】の辺りの保険を検討していますがまだ今の所検討中です。
そして、担当者からはまだ保険の事について詳しい説明とか保障内容とか毎月の掛け金などの詳しい説明を受けていないので検討中なんですが、これ以外にこのサイトの皆さんでこの保険会社の事について詳しい方で実態をご存知の方がおられましたらお手数ですが教えて頂けないでしょうか。
この保険に入っても安心出来るのか不払いなどの無い100%信頼出来るのかどうか知りたいです。

僕は今年40歳になる独身で一人暮らしをしている男性です。
実は、ある保険会社【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険に入ろうかと思って随分考えて悩んでおります。
と言うのは、保険会社でも今最近では色んな保険会社が次々と出て来ているので正直何処の保険会社が一番安全で確かで不払いの無い100%信頼できる保険会社なのかインターネットを利用して調べていた所【マニュライフ生命保険株式会社】と言う保険会社が見つかりました。
この保険会社は世界各国でランク付けが【AAA】トリプルAA...続きを読む

Aベストアンサー

経営の安全性と不払いは、別問題ですね。
100%安全な会社などこの世の中に存在しません。
不払いは、会社よりも営業職員に寄与するところが大きいです。

外資系の男性営業、総合乗り合い代理店の営業、○○生命のセールスレディの話を三様に聴いてみると、違いがわかりますよ。

私のお勧めは、コンサルティングのできる、乗り合い代理店ですね。

Q東京海上 人身傷害保険の保険金支払い方法について

東京海上 人身傷害保険の保険金支払い方法について教えて頂きたく宜しくお願い致します。
交通事故で後遺障害が残り、人身障害保険を自動車保険請求書 兼 一括払用委任状・確認書にて請求し、書類も全部揃え保険金の算出が終わったそうですが、いついつに口座に振り込みますという書面が届き振り込まれと思うのですが、間違いですか?
 しかし、算出後に保険金の支払いについての確認書という書面が届き、そこには「私は上記事故による人身損害について、貴社との保険契約に基づき下記の保険金を受領することにより、本件事故についての人身傷害保険金の請求が一切終了したことを確認いたします」と書いてます。
 しかし、算出に不服がある場合はどのように請求をしたらよいのか?
 私は先に算出された金額を先に貰い、その後に不服申し立てを行いと思うのですが、そのような事は可能であるか?
 自賠責ではいついつ口座に振込ますという書面がきて振り込まれました。しかし、減額されていましたので、振り込まれた後に不服申し立てをし、減額なしとして減額分の金額がふりこまれました。
 私は遅延金が発生すると思いますので、自賠責と同じように先に口座に振り込まれると思いますが、間違っていますか?
 そして、人身障害保険を自動車保険請求書 兼 一括払用委任状・確認書提出後に「保険金のお支払いについての確認書」が届くことがあるのか?それも出来れば教えて頂きたく宜しくお願い致します。

東京海上 人身傷害保険の保険金支払い方法について教えて頂きたく宜しくお願い致します。
交通事故で後遺障害が残り、人身障害保険を自動車保険請求書 兼 一括払用委任状・確認書にて請求し、書類も全部揃え保険金の算出が終わったそうですが、いついつに口座に振り込みますという書面が届き振り込まれと思うのですが、間違いですか?
 しかし、算出後に保険金の支払いについての確認書という書面が届き、そこには「私は上記事故による人身損害について、貴社との保険契約に基づき下記の保険金を受領することに...続きを読む

Aベストアンサー

自賠責保険と人身傷害保険では、請求から保険金支払いまでの流れで決定的な違いが一つあります。

それは、人身傷害保険は被保険者と保険会社とが損害額(保険金の支払額)について合意する協定書(確認書・承諾書等)の取り交わしが必要だということです。

自賠責保険は金融庁/国交省令の自賠責保険・共済支払基準、人身傷害保険は約款の人身傷害条項損害額基準によって、保険会社が損害額の算定を行います。

自賠責保険は他の請求権者との競合がなければ、損害額が算定できた時点で請求者に対して保険金の支払い処理を行い、支払い通知を発送します。
したがって、請求者が保険金額に異議を申し立てる場合は、保険金支払い後ということになります。

人身傷害保険は、保険金支払い前に算定した損害額を通知し、被保険者がその内容を承諾する書面(協定書・確認書・承諾書等)を保険会社に提出するという形で、損害額の協定を行います。保険会社は協定後に、保険金の支払い処理を行い、支払い通知を発送します。
ですから、損害額に異議があれば、損害額の通知を受けた後、その内容を承諾する書面を返送するまでの段階で申し立てることになります。
人身傷害保険金の支払いを受けるということは、損害額の協定ができた(協定書・確認書等に署名して保険会社に提出した)ということですから、協定に関して錯誤無効が主張できるようなケースでないと、支払い後に異議を申し立てても一切認められません。

ただし、ご質問は後遺障害があるケースということですから、傷害部分については症状固定により損害額が確定しているので、傷害部分と後遺障害部分に分けて協定書を取り交わすことにより、傷害部分の保険金を先に受領することは可能です。

自賠責保険と人身傷害保険では、請求から保険金支払いまでの流れで決定的な違いが一つあります。

それは、人身傷害保険は被保険者と保険会社とが損害額(保険金の支払額)について合意する協定書(確認書・承諾書等)の取り交わしが必要だということです。

自賠責保険は金融庁/国交省令の自賠責保険・共済支払基準、人身傷害保険は約款の人身傷害条項損害額基準によって、保険会社が損害額の算定を行います。

自賠責保険は他の請求権者との競合がなければ、損害額が算定できた時点で請求者に対して保険金の支...続きを読む

Q更新目前に事故、対応に不満…保険会社の変更は可能?

自動車の任意保険更新日を目前に、物損事故をおこしてしまいました。

保険会社の対応が悪く、この保険会社での契約更新は考えておりません(今後、事故をおこしてしまった場合に同じ保険会社でまた怠慢な対応をされるのは真っ平御免なのです)

まだ相手の保険会社との話し合いが終わっておらず、このままでは更新期日を過ぎてしまいます。

今回の事故で保険を使用することになり等級が3ランク下がったとしても、他の保険会社と契約したいと考えております。

このような場合、新たな保険会社と契約をするタイミングはやはり更新日が好ましいのでしょうか?

それとも全ての処理が終わるまでは、このまま同じ保険会社に加入し続けなくてはならないのでしょうか?(とりあえず更新し中途解約?)

また今後、他社との任意保険契約に関して何かお気づきの点などございましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

>新たな保険会社と契約をするタイミングはやはり更新日が好ましいのでしょうか?
 いいえ。更新日前ある程度余裕を持ちたいですね。最低でも1週間は余裕を持ちたいものです。というのもどの保険会社も契約が増えることはありがたいものです。しかしその反面事故を起こす可能性の高い契約はできるだけ断りたいものです。今回どこの保険会社で契約しようとも「前契約事故あり」ということになります。保険会社は喜んで引き受ける契約ではありません。おそらく具体的な保険会社名が頭の中にはあると思われますが、契約自体を断られたり思うような条件で契約できないことも考えられます。ある程度日数的に余裕を持ちこのあたりを確認しながら薦めていきたいですね。

>それとも全ての処理が終わるまでは、このまま同じ保険会社に加入し続けなくてはならないのでしょうか?
 更新時に保険会社を変えるのは問題ありません。ただ当然ですが既に発生している事故については事故発生当時に契約していた保険会社が処理することになります。事故処理が長引けばふたつの保険会社とお付き合いすることになりますね。

Q自動車事故で保険会社が保険金の支払いを拒んで(2)

自動車事故で保険会社が保険金の支払いを拒んでいます

保険内容は任意自動車保険ではなく、
当方で個人的に加入している傷害保険です
この保険はどんな怪我をしても1通院あたり
32000円が支給されるものです。

20通院したので32000円×20日=64万円になります。

保険金支払いの免責事由は
「被保険者に重大な過失があった場合」です。

(1)
事故内容は私が走行中目測を誤りダンプカーに突っ込んでしまい、自身怪我をしたことです。

(2)
当方、証拠は
・事故証明
・事故後 警察を呼んで来て頂いています。
・保険証明書
・医療機関からの診断書
・医療機関からの診療報酬明細書
・事故証明
です。

この保険の場合、事故があった事実、
通院した事実があれば保険会社は支払いを拒めないとおもいます。

訴訟は当方、法学部卒業で以前にも民事訴訟を起こしたことが5件ありまして、
証拠が揃っていたのですべて勝ちました、
ですので「本人訴訟」で挑むつもりです。

如何でしょうか、どのようなアドバイスでもお願いいたします。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 質問者さんへ最終的に回答いたします。

 他の回答者さんも保険約款を詳細にご存じない方が多いようですが、免責条項に記載されている「故意または重大な過失」という用語の定義は、過失の程度を表すものではありません。

 故意に事故を起こす場合、確定的な故意と未必の故意があります。
 しかし、これらはあくまでも運転者の内面にかかわるものです。
 故意と過失の境界は「未必の故意」となるか「認識のある過失」となるかの違いです。
 以前の保険約款では故意免責の記載はありましたが、故意を立証することの困難さが問題となり、新たに「重大な過失」が追加されるようになりました。
 保険約款上の「重大な過失」とは、故意とまでは証明されなくても、その状況から通常の過失行為では説明がつかない場合を想定し、そのような保険事故を免責とするという規定です。

 質問者さんが真に法的に明るい人であれば、「未必の故意」と「認識のある過失」の区別くらいは分かるでょう。

 いずれにしても、質問者さんが列挙している書類は、事故発生と治療内容を明らかにしてあるだけで、免責条項に該当しないことを証明できる資料にならないことは明らかです。
 一般の民事賠償訴訟と比較して、傷害保険類のこの種の訴訟は、よほどなれた人間でなければ対処できません。
 それでも本当に「本人訴訟」を行うというのであれば、やってみたらいかがですか?
 自信がないなら弁護士に依頼するか、あきらめるかしかありません。

 また、傷害保険の免責条項の詳細な内容を理解し、かつ、これに対する判例の収集を行っている回答者がこのサイトにいるとは考えられません。
 おそらく的を得た回答は掲載されないと思います。

 少なくとも保険会社が顧客に対してこの種の約款規定を主張することはよほどのことです。
 そういう方に対してこれ以上のアドバイスは行いません。

 質問者さんへ最終的に回答いたします。

 他の回答者さんも保険約款を詳細にご存じない方が多いようですが、免責条項に記載されている「故意または重大な過失」という用語の定義は、過失の程度を表すものではありません。

 故意に事故を起こす場合、確定的な故意と未必の故意があります。
 しかし、これらはあくまでも運転者の内面にかかわるものです。
 故意と過失の境界は「未必の故意」となるか「認識のある過失」となるかの違いです。
 以前の保険約款では故意免責の記載はありましたが、故意を立証す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報