交通事故で、車に損傷を負ったとします。
そして、A社で最初修理したのだけど、そこでは完全に直らず、後でB社でも修理を行い、やっと普通に走れるように直ったとします。

このとき、車の損害額としては、A社の修理費とB社の修理費を単純に足した額として良いものでしょうか?

それとも、A社の修理とB社の修理で重複する部分は認められない等、何らかの減額要素があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 例えば、正面が衝突した場合などで、グリルやヘッドライト周りからボンネットにかけて衝突していて、板金屋さんでは社枠を修理して終わったが、あとから実はエアコンが壊れていて、別会社の電装屋さんにその修理のための周辺の脱着工賃が発生しこれが重複した場合など、やむを得ない場合は、一律というよりも、その時々の保険会社担当者なり下請リサーチ会社担当者との打ち合わせなり協定により、保険金負担分が決められるべきものといえます。


 ただ、二重に修理するということは例外的で、むしろその場合一度目の修理は仕事を完成しなかったと考えられることから、色々なケースがあると思いますが原則的に修理代金自体の請求権があるものかどうかという問題になり、従って保険金もその部分について支払われないことがあり得るでしょう。
 以上のような場合は、やはり常識や法令や習慣に照らして合理的な支払がされるものと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング