私は、1992年にくも膜下出血で入院し、手術をしたことがあります。
そしてこの薬害ヤコブ病のニュースを聞いてびっくりしているのですが、
このニュースでは、硬膜移植というのが問題だと指摘されておりますが、
くも膜下出血の手術においてこのようなことが行われていたのでしょうか?

もし、行われていたなれば、再検査をして調べてもらいたいと考えているの
ですが、詳しくご存知の方がいらっしゃれば、お教え下さい。
よろしくお願い致します。

ちなみに、手術時は13歳でしたので、実際どのような医療行為が行われたの
かは知りません。地方の市民病院にて手術は行いました。

A 回答 (1件)

ブラウン社のライオデュラという乾燥硬膜で,1987年以前の製造品がクロイツフェルトヤコブ病の原因となっています。


多くの発症者の方は1990年以前に手術を受けられたのですが,それ以降であれば安全であるとか,或いは,それ以前であれば感染するとかいうことは言い切ることができません。
まずは,手術を受けられた病院の当時の主治医に問い合わせをしてみてください。
1992年ということですから,場合によってはカルテ等の保管に不安はありますが,事情を説明し,調査をしてもらうことができるはずです。
それでライオデュラを使用していたのか否か,また,使用していたとして新処理を施した安全品であったのかどうかについて知ることができると期待できます。
当時の何等かの記録はあるはずですから,調査は不可能ではないはずです。
問い合わせしてください。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ