建設業退職金共済組合掛金の内容について教えてほしいです。
どのようなしくみ、内容なのか出来るだけ詳しくお願いします。

A 回答 (1件)

 建設業退職金共済組合とは、政府が作った建設業者むけの退職金制度の運用母体であり、「中小企業退職金共済法」に基づき、勤労者退職金共済機構建設業退職金共済事業本部により運営されています。



 日雇いで働く建設労働者は、長年働いても雇用主が頻繁に替わるため、統一した退職金制度の埒外に置かれてきました。そこで、そのような労働者や一人親方と呼ばれる立場の事業主にも退職金制度を創設する必要から生まれたしくみが建設業退職金共済組合制度です。
http://www.kentaikyo.taisyokukin.go.jp/
にあるように、建設業者が加入し、現場への出勤日数に応じて証紙を退職金共済手帳に添付し、張った証紙が1年分を約250枚として、それに達するごとに新しい手帳が発行されます。1枚303円の証紙代は政府や元請け雇い主が負担し、労働者は払う必要はありません。手続きについては小規模の事業主が寄り集まって作られた事務組合がこれにあたることになっていますが、詳しくは建退共の支部でお聞きになると良いでしょう。
http://www.kentaikyo.taisyokukin.go.jp/other/n_d …

 また一人親方の場合は任意組合を作りそれぞれがそこに雇われている形で加入します。

 また、建設業退職金共済組合への加入は公共工事を入札する際に必要な経営審査の手続きにおいても、各自治体で加点の対象になっているようです。 

参考URL:http://www.tokyo-doken.or.jp/zenekon/kanyu/kanyu …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ