以前、献血をしたとき、気分が悪くなり倒れてしまいました。また、先日病院で検査のために採血したときも倒れてしまいました。運転免許取得の際に見た、「交通事故の恐ろしさ」みたいな映像でも気分が悪くなりました。

連戦連敗ですが、血や肉に対して免疫をつけるにはどうすればよいでしょうか?

同様の質問がありますが、私は将来血や肉を見る職種に就くことを考えていることもあり、根本的に改善したいと考えています。

【採血の後・・・ 】
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=80487

今は一般の学生なので、普段の生活のなかでは、血を見る機会がありません。

克服のためにすべきことはあるでしょうか?

この件に関しては、他人よりとても弱いのですが、“慣れ”は万人に有効なのでしょうか?

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 恐怖症の一つにヘマトフォビア(血液恐怖症)というのがあります。

血液を見ては勿論、それについての想像や、関連物を見ただけで、恐怖症状が出てしまうものです。だいたいは何らかの他の恐怖症と持っていることが多いようです。それで日常生活に支障をきたすほどひどい場合は病院にかかったりします。ただ、正常な範囲でも血液を好きな人はほとんどいないと思います。
 私は子供の頃からダメでした。それも、血という文字にさえ反応し、「出血大サービス」(今や死語かも…ですが)なんて文字を町で目にしただけでも気分が悪くなりました。字にも書けない。救急車のサイレン音を聞いただけで、事故や病で出血している人と即座に結びつけ、貧血状態です。しかし、慣れはやっぱりあるようです。今は子供の頃よりは平気です。不思議なことに生理の血だけは、まったく平気なんですが…。
 
 慣れは万人に有効か…? これは、精神的な治療を必要とする恐怖症でない限り、必ず血にも肉にも慣れると思います。
 蛇足ですが…父は外科医でしたが、No4の方の叔父様と同じく、オペなら全く平気なのに、自分の出血は、こと、苦手の様子でした。
 血肉克服法ですが、できるだけ、テレビやビデオのドキュメンタリーの病院、手術ものや、かなり荒療治ですがビデオのスプラッター系を見て、血や肉に慣れることだ、とは父の教えでした。自分の部屋でまず慣れるところから始めるのです。気持ちが悪くなっても大丈夫なように。あと、変に思われるかもしれませんが、さばなどの魚を毎日のようにさばくことで、血肉感を日常茶飯にしてしまうことが、慣れには良いようです。そうしてお部屋で血に慣れてきたら、町に出て、献血や採血を試みます。または見学なども。
 残念ながら、私自身は他の病気の関係から、血肉関連の職業(外科医)を早いうちに断念しましたが、どうぞ、pYmさんは、頑張って希望の職種についてくださいね。お察ししたところまだまだ軽い症状ですので、克服はすっかりできそうですね。
 
 一応、URLを付けておきます。いろいろな恐怖症が出ています。御興味があれば見られたらいいと思います。 

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~yochu/cthulhu/data/p …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

私は恐怖症というほどの症状ではないので、その点では安心できますね。

テレビやビデオで慣らすのも手ですね。外科医の方の教えなら説得力があります。自分の部屋なら倒れても平気ですし、納得です。

がんばっていこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 22:56

病院で輸血関連を、大学で解剖を担当していました。



献血で気分がわるくなる方、かなりいらっしゃいます。全体の1割くらいでしょうか。
また学生実習でダウンする方も、やはり多いです。医学部でもそうですね。
克服したい、というお気持ちはわかりますが、無理に思い詰めるより
dadakemono様のような前向きな方法が良いかと思いますよ。
結果的には慣れる方が多く、最後までダメという方は
(失礼な言い方をしてしまえば)
「ダメなものはダメっ」と先に思いこんでしまったから
余計にダメだった(?)みたいな感じを受けました。

ちなみに私の叔父はオペは平気だが自分の血はダメとのことです。
人は色々と言うことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

献血で気分がわるくなる人は、そんなにいるんですか。
意外です。
人の血は平気で、自分の血はダメという方もいるんですね。

つい気合を入れすぎそうですが、思いつめないように気をつけながら頑張っていこうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 00:49

35歳女性です。



私も未だに血が苦手です。映像はおろか、話を聞いただけで、貧血を起こして倒れてしまいます。絶対子供は産めないね、と良く言われます。勿論、健康診断の採血検査や、注射でも貧血を起こします。で、仕方がないので、恥ずかしいけれど横になって採血してもらっています。

これではいかん、と数年前から年に1回、会社に献血が来る度にチャレンジするようになりました。過去4回やって、うち2回は終わってから気分が悪くなりましたが、前回(昨年11月)は全く気分が悪くならず、しかも400ccも取れて自分でもびっくりしました。でも取っている最中の血は見れませんでしたが・・・貧血は起こすものの、血の成分は濃くて良い血だとか。

気分が悪くなると分かっていながら献血をするなんて・・・と人に言われたこともありますが、私の場合は、確実に血に対する苦手意識を克服する手段だと思っています。慣れが万人に有効かは分かりませんが、私の場合は有効みたいです。

後は、血は出ませんが、長距離ウォーキングが趣味なので、たまに足にマメが出来ます。そのままにしていると痛いので、針を刺して水を抜くのですが、以前は自分の体に針を刺すのが恐ろしくて、治療方法を口頭で聞いただけで貧血を起こしていました。今では、水抜き治療も自分で行えるようになりました。これも慣れの一種かと思います。

私の場合は30代半ばになって、ようやくマシになってきたかな、という段階ですので、まだ学生のpYmさんならば、必ず克服できると思います!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の場合、話を聞くのは大丈夫なんですよ。
想像するのも平気ですが、実際その場になると不思議なくらいダメダメです。

献血で慣らす。いいアイデアですね。
採用させてもらいます。

確か近所に献血センターみたいな所があったので、通ってみます。

人の役にも立てるし、自分のためにもなる。
まさに一石二鳥。
ぶっ倒れて迷惑かけるかもしれませんが。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 00:45

私と同じような方がいらっしゃるんですね。


実は私、臨床検査技師をしていました。
学生のとき、採血の実習中に気分が悪くなりました。
出血時間を検査するため、耳たぶを穿刺する実習は、他の人が平気でブスブス刺しているというのに、私はどうしても怖くてできませんでした。
でもマウスの解剖は、最初のメス入れに躊躇しましたが、その後はなんとか大丈夫でした。
採血も回を重ねるごとに、平気になってきました。
私も元々苦手な質ではありますが、最初は失敗しながらも、段々慣れてくるものだなあと実感しました。

pYmさんが、果たして「慣れ」で苦手意識を克服できるかどうかはわかりませんが、私のようなダメダメ人間でも、徐々に改善することができたということ、参考になればと思いまして書き込ませていただきました。
有効なアドバイスができなくてすみません。

※血に慣れる方法としてふと思いついたんですけど・・・お肉屋さんでレバーを買ってきて、解剖のように切り刻む練習をする。な~んていうのはダメ?(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

臨床検査技師の方でも同じような方がいて、次第に慣れるということを聞いてすごく安心しました。希望が持てます。あきらめずに、頑張っていこうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 00:38

慣れでしょうね。



私も付属高校から医学部にいける状態でしたが、「解剖」が嫌で最初の大学としては他の学部へ行ったのですが、その後医学部へ学士入学で入って小動物の骨から初めて(血は見ない)、人体解剖の時には解剖室で昼寝するし、解剖後に焼き肉食べていたし・・・・私は中学のときカエルの解剖が嫌でずる休みしたのですが・・・・ですから大丈夫ですよ。

人間ってなんにでも慣れてしまうんですね。だから地球上どこでも生きているし、こんなに繁栄しているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり“慣れ”は大きいのですね。
確かに、どんな環境でも人間って強く生きてますね。

まだまだ道は長そうですが、がんばりたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 00:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血の気が引く感じやフラつきは血が足りないせい?血を濃くするには?血が減った原因とは…?

もともと14ぐらいあった血の濃さの数値が、ここ半年間ぐらいで11.9まで下がっていもう献血は断られます。

他に何も変わりなく、風邪もあまり引かないし、体調不良ってわけでもなく元気ではいますが…何が原因でしょうか?
別に病気ではないらしいですが、献血が趣味だったので成分献血しかできなくて嫌です。
血を抜かれた時の血の色も、昔はドス黒かったのに今は鮮やかな赤になっています。

貧血な感じは特に感じませんが、会社で階段の昇降していると疲労じゃなく貧血っぽくなってフラフラします…特に降りる際(関係ないかもですが)

たまに、血の気が突然ザァーっと頭のてっぺんからつま先まで勢いよく下ってくような感覚になり、冷や汗がして、フラフラします。(献血の時に血を見てビックリして同じ感覚になった事があるのですが、精神的なものかも?)…プレッシャー感じたり緊張したり、ずっと座っていて突然立ち上がった際に置きます。あと飛行機に乗って離陸すると置きます。

別に何もないのに、たまに顔面蒼白します(何回か人から指摘された)

別に病的な感じはしませんが、そもそも貧血がどういうものか知らないんですが…、これも血が足りないせいでしょうか?

母が貧血体質ですが、遺伝も関係あるのでしょうか?

そして改善方法はあるのでしょうか?アドバイスをください。

もともと14ぐらいあった血の濃さの数値が、ここ半年間ぐらいで11.9まで下がっていもう献血は断られます。

他に何も変わりなく、風邪もあまり引かないし、体調不良ってわけでもなく元気ではいますが…何が原因でしょうか?
別に病気ではないらしいですが、献血が趣味だったので成分献血しかできなくて嫌です。
血を抜かれた時の血の色も、昔はドス黒かったのに今は鮮やかな赤になっています。

貧血な感じは特に感じませんが、会社で階段の昇降していると疲労じゃなく貧血っぽくなってフラフラします…特に降...続きを読む

Aベストアンサー

私もよくめまいが多発しました。体内の血液不足でした。

遺伝は関係無いぜぇ!

殆どあり得ませんが、血症板が不足すると、出血した際に血が止まらなくなります。
赤血球、白血球の不足は、食べ物によって起こります。
脂っこい食べ物は駄目で、何がお勧めかは解りません。
病院で相談するしか有りません。

Q献血 私は針とか血とか痛いこととかすごい苦手です。 でも人生、採血する事ってこれからもあり

献血



私は針とか血とか痛いこととかすごい苦手です。


でも人生、採血する事ってこれからもありますよね。。


献血って、それに慣れる訓練になると思いますか?



今日免許更新の夫に付いてきたんですが、試験場に併設された献血センターがあり悩んでます。


更新会場もすごい人で、待ちが長そうなので…ちょっと悩みます(ノ_<。)



おそらく私は体重制限で200cc程度ですが、そのくらいなら大丈夫ですかね??

Aベストアンサー

意外に痛くないですよ。
針を刺すのですから当然痛みはありますが、予防注射とは違って痛みは針を刺す瞬間だけです。
稀にずっと痛いこともありますが、その時は言えば良いだけですしね。

これから冬場で血が足りなくなります。
200ccでも助かる人が出てきます。
必要な人のために、小さな勇気を持って献血をしてください。

私は病気のために献血ができなくなりました。
献血バッチ、集めていたのですけどね。
http://www.kenketsu.com/jp/j4225.html

Q根本的に心と体をきれいにしたいです。スッキリしたいです。全て根本的に良

根本的に心と体をきれいにしたいです。スッキリしたいです。全て根本的に良い方へ変えたいです。答えを下さい。

Aベストアンサー

玄米を食べる。
規則正しく生活する。
自分の甘え、他人への期待を認識する。

Q簡単に貧血で倒れる方法を教えてください。なんで?とか、倒れてもいいことないよ?とかはいらないので。

簡単に貧血で倒れる方法を教えてください。なんで?とか、倒れてもいいことないよ?とかはいらないので。

Aベストアンサー

貧血より私は低血糖で倒れます。
食べない。ですね。血糖値が下がって手足が痺れて倒れます。
人によって様々ですが、私はあまり食べずにいたらすぐです。
甘いものは食べませんし…

Q首周りの肉や下っ腹の肉を効率よく燃焼できるダイエッ

今僕は大学2年の男子学生で、夏からダイエット(ラン&ウォークや食事制限)を始めて15キロを落とすことに成功しました。
以前までは太って着られなかった革ジャンやジーパンが、大分緩くなってきたのは嬉しいのですが、
まだ首や、座った時の腹の肉の質感が大きくて悩んでます。
もともと筋肉が無い事もあって、単純に「筋トレを始めよう」と思ってやったら、見事に肩を痛めてしまいました><
初心者でも低負荷から始められて、かつこれらの脂肪を減らすことのできるメニューがありましたら、
一例をあげて頂けるととても助かります。
どうかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

偶然ですね!!!たまたまこのタグの質問見てたら
ガントルを交換してくださる方じゃないですか!
あ、今日交換してもらってもいいのなら今日の21時からとかじゃダメですかね???
そして2回目が21時15分あたりで…

で、本題の質問の回答をさせていただきます。
たまたま、親がそういう関係の仕事をしてるもんでして…


単純に「筋トレを始めよう」と思ってやったら、見事に肩を痛めるので、
初心者でも低負荷から始められて、かつこれらの脂肪を減らすことのできるメニューということですね。
まず、足を伸ばして腰の横に両手を付いて床に座ります。
両足を45度くらいに上げ、(自然に身体が45くらいに傾きますよね。)お腹のほうに両足を引く。両腕は床に付けたまま曲げる。
次は、両足を突き出すように伸ばし、両腕は伸ばす。この時、下腹部に力を入れてやるといいです。この運動を12回づつ一日2セットやります。夜は夕食の前がいいそうです。
最初は、お腹の筋肉が少々痛くなり辛いかも知れませんが、(でも、効くー!って感じです。)頑張って是非やってみて下さい。
信じてやればそれなりの結果が出ると思います。
ただし、これは長期戦のダイエットなので毎日欠かさずするのが秘訣です。
すぐに結果が出なくても毎日やれば必ず成果がでてきます。

それと、父が認めたいいダイエット法がありましたので引用で持ってきました。


脂肪は全身からまんべんなく消費されますから、部分痩せに関しては残念ながら現段階では難しいと言うのが前提になってしまいます(^^;)。
では実現は絶対不可なのかと言えば、そういう訳でも無いと思っています。脂肪は消費と蓄積を繰り返しますから、これを上手く利用するんです。

>他の部分は細くなったり引き締まった感じはするのに、
>下腹だけは全然変わりません。

引き締まるのは、トレーニングの貢献が大きいんだろうと思います。下腹部を引き締めるトレーニングがあり、それをされればある程度解消にも繋がるとは思いますが、気になる原因が脂肪であれば脂肪そのものを減らす必要がありますね。

脂肪が気になる部分に偏る原因は、主に血行問題。脂肪は血中で合成されて運ばれますので、血行の悪い渋滞部分の脂肪細胞は必然的に脂肪が留まり易くなります。
他の部分に比べて脂肪が多めに存在しますが、これがまんべんなく減る場合、初期量が多い訳ですのでどうしても減りきるのに時間がかかるという訳です。
他の部分が目に見えて引き締まれば、例え気になる部分の脂肪は着実に減っていたとしても、この歩みは引き締めに比べてゆっくりですし、結果効果が出ていない様に感じてしまいます。

ですので一つは、出来るだけこまめに気になる部分を計るという方法があります。ダイエットが上手く行っている場合は、少しずつでも脂肪が減るのが普通ですから、これを数値的に確認できます。

さて、ここからが実際の方法です。前述の通り脂肪は消費と蓄積を繰り返します。消費はまんべんなくですが、蓄積は主に血行の悪い部分が優先されます。これを繰り返すと気になる部分が出来上がってしまいます(^^;)。

この理屈から、蓄積を極端に抑えつつ消費を促進させるか、蓄積の段階で気になる部分が優先される事の無いようにケアする、2種類の方法で解消が可能な筈です。

前者は全体的に脂肪が減って細くなります。とことん脂肪が減る頃には、気になる部分も解消できている訳です。僕自身はこの方法で解消しました。
後者は脂肪の蓄積をある程度許します。但し、気になる部分の血行に気をつけて、ここに脂肪が蓄積される優先度を下げます。
前者に比べて時間はきっとかかりますが、あたかも部分痩せが出来たかのように気になる部分は解消されるでしょう(^^)。僕の様に開始が大幅肥満で無い限り、後者の方法でじっくり改善されれば良いと思います。
是非ポケモンと両立して頑張ってください!!!
参考サイト:http://oned-ovllod.info/e3ukmg16r?br6o

偶然ですね!!!たまたまこのタグの質問見てたら
ガントルを交換してくださる方じゃないですか!
あ、今日交換してもらってもいいのなら今日の21時からとかじゃダメですかね???
そして2回目が21時15分あたりで…

で、本題の質問の回答をさせていただきます。
たまたま、親がそういう関係の仕事をしてるもんでして…


単純に「筋トレを始めよう」と思ってやったら、見事に肩を痛めるので、
初心者でも低負荷から始められて、かつこれらの脂肪を減らすことのできるメニューということですね。
まず、足を伸ばして腰...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報