昨夜ニュース23で辻元議員が疑惑の経緯を
「週間新潮に書かれたっていうのが腹が立つ」と発言していました。

辻元議員と週間新潮、または新潮社とは以前何かあったのですか?

ご存じの方がいらしたらよろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

以前彼女が関係していたピースボートが「自らが企画したクルーズについて、著しく名誉を傷つけられる報道をされた」という事で



週刊新潮との間で「名誉毀損事件」の裁判を起こし、新庁舎との間で諍いがあったようです。。。詳細は判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどなるほど、ネットで調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/26 17:54

さんまを出した事件かなぁ。



私自身は、きよみちゃんに、はまってるのですが、
周りが無視状態なので、
過去に痛い目にあったのか。

むねお氏より、真紀子さん、きよみちゃん、
女の子のほうが、見てておもしろいんです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピースボートのボランティア

私は今とても迷っています。
その悩みとはピースボートのボランティアに参加しようかしないかとゆう事です。私は15で受験生です。
勉強も頑張りたいし・・・でもどおうしてもピースボートのボランティアに参加したいんです。親は反対みたいです。どおしたらいいと思いますか?
後、今ピースボートのボランティアに参加している方どおいう事をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

色々な考え方があると思いますが、私はピースボートのボランティア自体は、いいと思います。
(私は参加したことがありませんが、何人か知り合いが船に乗りました)

もともとどういう経緯で成り立ったかは詳しく知りませんが、そのような活動(赤軍云々)を船の上で強要されることはまずありえませんし、洗脳されることもありません。友達に確認してみたところ「ピースボートの色、っていうのはあるけど、マジメに討論したりディスカッションしたりして、偏った内容ではなかったよ」とのことでした。

就職についても下でコメントがありましたが、私は不利になるとは思いません。むしろ、そのような体験をすると視野が広がりますので、有利だと思います。
(ちなみに私は、ピースボートではありませんが、海外ボランティア活動に携わった経験があります。その経験で様々な人脈も広がりましたし、体験談を中学校などに出向いて話すこともあります。ちなみに一緒に行った友達は、みんなその経験を就職活動の武器にしていたようです)

ピースボートに乗った友人の1人は、先日転職しましたが、その際にピースボートの話になり、「世界中を回ったなんておもしろいじゃないか。よし、採用してみよう」ということになったそうです。(極端な例だとは思いますが)

今hekisaさんは学生で受験勉強中とのことですので、無理に参加する必要はないと思います。優先順位をつけてみてください。おそらく、(1)受験 (2)ボランティア ではないでしょうか?私も受験勉強はがんばりましたが、ボランティアを片手間でやるのは、はっきり言って難しいと思います。
その代わり、大学生になれば、少なくとも1~2年の間は時間がたくさんありますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

色々な考え方があると思いますが、私はピースボートのボランティア自体は、いいと思います。
(私は参加したことがありませんが、何人か知り合いが船に乗りました)

もともとどういう経緯で成り立ったかは詳しく知りませんが、そのような活動(赤軍云々)を船の上で強要されることはまずありえませんし、洗脳されることもありません。友達に確認してみたところ「ピースボートの色、っていうのはあるけど、マジメに討論したりディスカッションしたりして、偏った内容ではなかったよ」とのことでした。

就職...続きを読む

Q朝まで生テレビなどで、元自民党議員、元公明党議員、元創価学会幹部、元統

朝まで生テレビなどで、元自民党議員、元公明党議員、元創価学会幹部、元統一教会幹部、元北朝鮮政府幹部、元アメリカ政府幹部、元CIA,元共産党幹部、元裁判官、元検察官幹部、元警察官幹部、元法務省官僚、元財務省官僚、元外務省官僚、元厚生労働省官僚、元読売グループ幹部、元フジサンケイグループ幹部、元NHK幹部、元経済団体幹部、元電通幹部などをいっせいに出演させて、裏の実態を思う存分暴露してもらう番組は作れないでしょうか。

顔や実名をふせてもかまわないですし、まともな国民はこういう実態が一番知りたいわけですから。

Aベストアンサー

 国民に見えない闇の部分は実際に多いと思います。
いっぺんには無理ですから、テーマを週ごとに変えてできれば面白いと思いますよ。
私としては公安警察やCIA関係者などによる「諜報活動の実態」とか、外務省や専門家による「実はこんな密約が・・」とか、裁判官や検察の「おかしな冤罪の真相」など長時間掛けてがんがんやってくれたら釘付けでしょうね。

でも、実際には難しいですよね・・。着想は大大賛成です。

Qピースボートについてご質問させて下さい

私は現在、19歳になったばかりの女です。

ピースボートへの参加を検討しているのですが、ネットで調べてみるとあまり評判が良くないようです。
費用にたいしての苦情はあまり聞きませんが、船内環境や参加者にたいしての不満が多いように感じます。
(あくまで、私が乗船経験のある方のサイトやブログを拝見しての意見ですが)

私がピースボートへの参加を考えている理由は、10代最後の思い出を作りたいということ、様々な文化を覗いてみたいという気持ちからです。
世界一周(ピースボートは地球一周と書いていますが)にしては格安だと思いますし、何より同じ日本人が沢山居ることに安心します。ちなみに、私は一人での乗船予定です。

また、苦情を書いている方の年齢をみてみると、30代(20代も含む会社を退社した方)からご高齢の方に多いように思います。そりゃあ、会社を辞めるリスクを背負ってまでの乗船だったら文句も出ると思います。
過去に素敵なツアーなども経験されているようなので、それらと比べる方が…と個人的には感じました。(「関係者が若い」なども)
未成年や学生の方の体験記が少ないので、比較することは難しいですが、溢れる若さと友達が出来れば何でも楽しく過ごせるような気がします。と、それは甘い考えでしょうか。

船内での携帯電話やPCの使用についても、とても気になります。


調べた結果、2010年出港予定は4月、8月、10月にあるようです。
そのうちのどれかに出来れば参加したいと考えています。

ピースボートに参加したことがある方、または参加を辞めた方、経験談や辞めた理由、助言を頂けると助かります。

ピースボートの他にも、「飛鳥」や「にっぽん丸」や「ぱしふぃっくびいなす」なるものがあるそうですね。
これらの船に乗ったことがある方からも、意見を頂ければ幸いです。

私は現在、19歳になったばかりの女です。

ピースボートへの参加を検討しているのですが、ネットで調べてみるとあまり評判が良くないようです。
費用にたいしての苦情はあまり聞きませんが、船内環境や参加者にたいしての不満が多いように感じます。
(あくまで、私が乗船経験のある方のサイトやブログを拝見しての意見ですが)

私がピースボートへの参加を考えている理由は、10代最後の思い出を作りたいということ、様々な文化を覗いてみたいという気持ちからです。
世界一周(ピースボートは地球一周と...続きを読む

Aベストアンサー

10年ほど前ですが、母親が定年退職後に参加しました。とてもよい経験だったらしく、特に同じ船に乗っていた若い人たちに対して、若いうちに経験するのは素晴らしい、という感想を持ったようです。
私自身は20代の頃にヨーロッパとアフリカを一人で放浪した経験があります。その上での実感ですが、同じ経験をしても、どう感じるかは人それぞれまったく違います。情報を集めるのは大切ですが、評判についてはあまり気にする必要はないと思います。私自身は船旅とバックパック旅行ならバックパックを選びますが、ピースボートにも他では得られない貴重な価値があると思います。
尚、携帯電話が使えるのは基本的に寄港中だけです。今は衛星を使ったローミングサービスがあるのかもしれませんが、気軽に使える値段ではないと思います。航海中はインターネットの利用も難しいでしょう。ただし、代表のメール等で連絡手段は確保されていたと思います。緊急時には船舶電話(って今でもいうのかな?)も使えるでしょう。
繰り返しになりますが、どんな経験でも活かすも無駄にするも本人次第です。何でも楽しんでやろうというバイタリティがあれば、きっと素晴らしい旅になると思いますよ。

10年ほど前ですが、母親が定年退職後に参加しました。とてもよい経験だったらしく、特に同じ船に乗っていた若い人たちに対して、若いうちに経験するのは素晴らしい、という感想を持ったようです。
私自身は20代の頃にヨーロッパとアフリカを一人で放浪した経験があります。その上での実感ですが、同じ経験をしても、どう感じるかは人それぞれまったく違います。情報を集めるのは大切ですが、評判についてはあまり気にする必要はないと思います。私自身は船旅とバックパック旅行ならバックパックを選びますが、ピ...続きを読む

Q新潮社、朝日襲撃誤報問題、どうして?

「新潮社、朝日襲撃誤報問題」
週刊新潮も誤報であることを認め、4月16日発売号に「『週刊新潮』はこうして『ニセ実行犯』に騙(だま)された」とする検証記事を掲載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090501-00000588-san-soci

週刊新潮はガセネタを掴まされたわけですが、どうしてひっかかってしまったのでしょうか?
民主党の某議員のニセメール事件がありましたが、あちらはそのようなことに対しては素人なので仕方がない面もありました。
しかし週刊誌の記者となるとその点ではプロのはずです。
天下の週刊新潮が、重大な刑事事件について真贋を見極めないままに記事を掲載するなんて考えづらいです。
何かのトリックにひっかかってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090415/crm0904151812017-n1.htm
産経新聞のサイトで検証がありますが、
ありえないほどお粗末です。とてもジャーナリストのレベルには至っていないと言うのが印象です。
引っかかった理由として
「彼が話しているような人物が実在したり、彼が話しているような事件があったり、そういうものがあった」とあるように、証言者の話の中に真実が巧みに混在していたということではないでしょうか。

Qピースボート乗船を今考えているのですが、旅の「質」のことが少し不安です

ピースボート乗船を今考えているのですが、旅の「質」のことが少し不安です。
船の衛生面に対する批判などもあるようですが、そうではなく、寄港地の滞在時間が少なそうなので、どの程度寄港地を見て回れるのかが気になります。
また、寄港地ではプログラムに参加しないと十分に楽しめないのでしょうか?プログラムにもけっこうなお金がかかると思うので、その点も考慮して決めたいです。
ピースボートに実際に乗船したかたや周りにそういった方がいらしたら、ぜひご意見ください。


それから、ピースボート乗船の代わりに海外に一人旅へ出ることも考えています。
英語が少ししか話せなくても行ける国はあるでしょうか??
治安のいいおすすめの国などがあれば教えてほしいです。
ちなみに、現在学生です。
では、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

以前、アテネのシンタグマ広場で、ピースボートのメンバーが何か訴えるためにマイクやら設営している場に遭遇しました。
興味なかったから早々に立ち去ったけど、多分、そういう類いに動員されたり、手伝うのかなと思った記憶が。
翌日、スニオン行きのバスで、ピースボートに乗っている女性二人組に出会い尋ねたところ、
「滞在時間が短くて、見たい所に行けない」と言ってましたね。
失礼ながら「旅を楽しんでいる」雰囲気は無かったな。疲れてただけかも知れないけど。
英語は今からだって勉強できるし、自分で組んだプランで旅するのも良い経験だと思います。
ピースボートの趣旨に深く賛同するとかじゃないなら、普通にツアーや個人旅行で良いと思いますよ。

Q週刊新潮と週刊文春

週刊新潮と週刊文春はいつも並んで新聞に広告が掲載されていますが、その記事の見出しのものすごさにはいつも圧倒されています。

あそこまで対象の記事の主人公をぼろカスに良くも書けるもんですね。

なんだかマスコミとしての良心やマナーが全く無くて、あれはごろつきと変わらないんじゃないですか?

あれが言論の自由と言うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

週刊誌は元から過激さとゴシップ記事で成り立ってるものです。
マナーや良識は記者になったときから捨てているので、何を言っても無駄ですよ。
一番賢い選択肢は、「買わない」、これにつきます。

むしろ、良識を隠れ蓑に読者の意見誘導を行う新聞の方がたちが悪いです。
報道の自由とは彼らに言わせれば「何を報道するかは新聞社が決める」ということだそうで、すべての記事が新聞社の色眼鏡を通っています。
日本には見た物を見たまま伝えるメディアが全く存在せず、嘆かわしい限りです。

Q【世界一周・ピースボート】ピースボートに乗って世界が変わった!という人を見たことがないんですが周りに

【世界一周・ピースボート】ピースボートに乗って世界が変わった!という人を見たことがないんですが周りにいますか?

129万円の価値があると思いますか?

それとも129万円を使って手に職を付けた方がいいですかね?

Aベストアンサー

辻元清美議員に聞けばいくらでも紹介してくれるのでは?

Q週刊新潮対横峯さくらの父の良郎

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000092-mai-soci
 と、法廷に持ち込まれたんですけどね。どうなんでしょうかね?新潮は時々、訴えられて、負けたりしてるから、虚偽の記事が他所の週刊誌よりは多い気がするんですけど。
 読んでて、説得力や信憑性は感じますけど、新潮、文春、現代の3週刊誌。
 どうなりますかね?新潮の記事は全体的にどうなんでしょうか?全部出鱈目ですか?横峯親父を弁護してる訳ではないです。いずれにせよ、娘のさくらが可哀想とは思う、彼女のファンではないが。

Aベストアンサー

新潮を読みました。
横峯氏の付けひげの変装写真を載せ、愛人との楽しげなやり取りを連想させ、信憑性は高いと感じています。
ゴルフ場でのやり取りで、負けが込むと逆転のプッシュルールはいかにもありそうなやり方で大金が動くことが分かります。


横峯氏は記者会見で「賭けゴルフは10年前に5千円」と馬鹿な事を言っています。
ゴルフをする人ならこの言い訳には皆唖然です。皆さん賭けています。
こんなすぐにぼろが出る事を言ってよいのでしょうか。
これこそ、横峯氏が「私はうそをついています」と告白しているのと同意語です。
「私は彼と去年賭けた」という話がいずれでます。
これでは任期の6年どころか、半年も持たないと思います。

Q地球一周の船旅、ピースボートについて

 私は今、ピースボートの参加を本気で考えています。かかる費用や期間のことを考えるとけっこうリスクも伴いますが、それだけの価値はあると思ったのです。しかし、ピースボートについてネットで検索してみると、経験して良かったという感想と同じくらい、悪い情報も目にして、闇の部分があるのかと、参加するのが怖くなってもきています。私は時事問題に詳しくないのですが、辻元清美元社民党代議士という人の関連で、何かあったようですね。
 私は、このピースボートに参加して、いろんな国の様子に実際に触れ、いろんな国の人と交流し、いろんなことを感じ、考えることで自分の視野を広げ、今後の人生に役立つこと間違いなし!と目を輝かせていたのですが、実際はどうなのでしょうか?
 ただ、世界を周り、いろんなこと経験できる企画ではなく、何か悪の意図が絡んでいるものなのでしょうか?
 どうかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご希望のようですので再信致します。
〇これだけの問題点のあるツアーであること、
〇長期のツアーに関わらず安全教育、対策などに不満
〇「NGO」を旨く利用して、P/B、J/Gを運営
 両者は別法人でありながら、責任の所在と実体は?
〇船客は当然ながら10,20代と50,60代と二極化、
 特にこの船は10,20代の船客が多い、P/Bにとって 扱い易く偏向思想の  PR、洗脳が行いやすい?。
〇逆に50,60代以上の中は同志派、無視派と二極化。
〇10,20代客は当然ながら金に余裕がなく、よって運動 会、学芸会的な催し事多し、
〇「ボラスタ」なるボランティアで得た報酬分を積み 立てその代償にスタッフの一員として乗船できる、 ーーー>P/Bツアーの主体。
〇ツアーの催行、運営はP/B。経理関係はJ/G?
 と区別がつかず責任の所在が曖昧。事故時の不安。
〇単純に割り切って乗るか、外国船ツアーであまり値 段が変わらない安い船が最近は数多く出ています。 充分、研究して下さい。
 
 

Q新潮社の社長ほか数名が書類送検

という話を耳にしたのですが、詳細を教えて下さい。

Aベストアンサー

「フォーカス」の件だと思います。

参考URL:http://news.goo.ne.jp/news/sankei/shakai/20030703/SHAK-0703-03-15-42.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報