職安を通じて先月就職しました。
でも今日給与明細を見て、びっくり。
基本給がむちゃくちゃ低いんです。
確か職安の求人票では基本給だけで
給与額が記されていた筈なんです。

でも実際は基本給が減額され、
その分を職務給という形で支給されてるんです。

求人票には基本給のほかに別途毎月支給される手当ての欄がありました。
職務給があるならきちんとそちらに記載すべき事項ですよね。

これって職安に言った方がいいんでしょうか。
言ってどうにかなるんでしょうか。

私は年収を重点に職を探していたので
基本給が下がると賞与額が大幅ダウンするので辛いです。

職場の雰囲気はまずまずなんですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

賞与を期待して、入社する自体、今の時代状況とは合いません。


年俸契約で入社されていないのでしょうか、それでは、あなたの落ち度もあります。
条件が悪い会社が職安経由で募集する場合、職安から指摘されないように、ごまかす会社は多いです。職安に言っても、救済はされません。労働基準監督署に言っても難しいです。
現実的には、月収が確保できているからいいと思うか、他社を探すかです。
何を大事にしますか。他社で年収確保したいなら、年収をフィックスさせた契約書を結んで入るしかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答え有難うございます。
確かに賞与を期待するような時代じゃないかもしれません。
ただ、賞与については会社側から求人票に記載されている通り
支払うといわれていたので余計にショックだったんです。
面接時や雇用契約を結ぶときにしつこく聞くべきでしたね。
勉強になりました。
不足分はバイトでもして稼ぎますか。

お礼日時:2002/03/26 21:31

下の方が、書かれてるとおりの感じがします。



面接時、賃金など求人票に書いてあるとおりか確認はされましたか?
職安でも、面接時に直接、確認するように言われたのではないかと思います。
もし、求人票とあきらかに、ちがうのなら、経理担当なりに、聞いてみては、いかがでしょうか?

職安に言えば、会社に対して、色々言ってくれるようですが、
その場合、今の会社に居ずらくなるのではないでしょうか?
やめるつもりであれば、言ってみるのが当然ですが、

おっしゃられてる通り、
>職場の雰囲気はまずまずなんですが。
・・・・これが、一番良いのではないでしょうか?
賃金も大事ですが、雰囲気の良い職場というのが、一番だと思います。

ただ、
悪質な場合が続いていた会社ならば、
職安での求人の差し止めなどもするようですが・・・。

今のご時世、求人票と違うことは、けっこうあるみたいです。
さらに欲を言えば、仕事があるだけ幸せなのではないでしょうか?

以上参考にならなくてすいません。
プータローのusubeniでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

職安を通じて会社側に連絡したばあい、
会社に居づらくなる、という点がやはり問題ですよね。
当分転職活動はしたくないので我慢することにします。
仕事内容もかなり妥協したので本当に賃金の面では
心残りがあるのですがこのご時世、仕事があるだけでも
恵まれていると実感しています。
早く世の中の雇用情勢が好転してくれることを切に願っています。

お礼日時:2002/03/26 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般的な基本給、年収の平均金額

自分の給料が世の中一般的に見て高いのか低いのかよくわからないので
「これが平均」ってのが載っているHPなどがあれば教えてください。
(初任給、基本給、年収)

細かい表やになっているものは少しわかりづらく
資格などを入力して自動的にコンピュータが返す答えでは
100万円以上(年収)低いので心配になっています。

かといって住所などを入力して本格的な返事を郵送で待つのは
ちょっと困りますのでそれ以外のところ
「わかりやすく確実な情報源」のところを教えてください

Aベストアンサー

公務員の給料を参考にするのが良いのでは。
公務員以外は、厳密に決まらないでしょう。
民間の場合は平均にする意味が無いです。差が有りすぎですから。
本当に民間会社の平均は意味無いと思いますけど。
大手企業の場合なら、ある程度わかるでしょうけど、中小になれば、
給与体系自体が、決まりなんて無いし。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/~top/komuin/hokyu.html

Q求人票の基本給と時給の、同時記載について。

今日、職安でよさそうなパート(フルタイム)の仕事を見つけ、早速履歴書を送る事になりました。
その際、タイトルにもあるように、会社の求人票に基本給(14万弱)と時給(850円)の2つの記載がある事に気がつきました。
職安の職員さんに聞いてみると、「時給換算にしたら850円って意味なんじゃないの?」といわれたので深く考えずにいたのですが、
帰宅してよくよく計算してみると金額が合わないのです。

就業時間は8時30分~17時15分。(休憩60分) 時間外 なし。 土日祝休み。
1日の労働時間が7.45×850=6332.5 
月平均労働日数が(求職票に書いてあるのをそのまま書いて)20.4(←この端数は何でしょうか…)

単純にこれをかけると 6332.5×20.4=129183 となります。

基本給にある14万というのは、保険など引かれる前のものだと思いますが、
時給850円というのは、どういう意味として考えれば良いのでしょうか。
ちなみに試用期間は1ヶ月あるのですが、労働条件に変更はありません。


今まで職安でパートを探してきて、時給と基本給の箇所に同時に数字が記載されている
求人票を見たことがなく、これが初めてです。
なので、どのように解釈をしていいのか戸惑っています。
(面接希望の電話をした際に聞いてもらえば、悩まずに済んだのに…馬鹿でした。)

どなたか同じ様な疑問を持ったり経験したことがある方がいれば、教えて頂けると幸いです。

今日、職安でよさそうなパート(フルタイム)の仕事を見つけ、早速履歴書を送る事になりました。
その際、タイトルにもあるように、会社の求人票に基本給(14万弱)と時給(850円)の2つの記載がある事に気がつきました。
職安の職員さんに聞いてみると、「時給換算にしたら850円って意味なんじゃないの?」といわれたので深く考えずにいたのですが、
帰宅してよくよく計算してみると金額が合わないのです。

就業時間は8時30分~17時15分。(休憩60分) 時間外 なし。 土日祝休み。
1日の労働時間が7.45×850=6332.5...続きを読む

Aベストアンサー

企業に聞くのが一番ですが・・・

私の推測だと
1日の労働時間が7.45×850=6332.5ですね。
ちなみに今月12月のカレンダーで考えると土日祝をはずすと21出勤になりますが祝日がないと考えると22出勤になりますね。
6332.5×22=139315になり14万弱になります。

20.4は祝日や月の終わりが31もない月があったり、長期の休みとかもあれば月に22働く月もあったり18日しか働かないような月もあったりするので年間平均で20.4になっているのではないでしょうか。

Q最低賃金について。。。 高卒で正規雇用として入社してから一年に成ります。 月の基本給が13万。月平均

最低賃金について。。。
高卒で正規雇用として入社してから一年に成ります。
月の基本給が13万。月平均22日、一日7.5時間労働です。
最近になり、他の会社の友人より、明らかに少ないと知りました。
僕の住む県の最低賃金は820円。
それより下回る給与って、ありですか?
小耳に挟んだのですが、
「契約時に飼わした内容が少ないのなら、最低賃金であっても了承の上で捺印したのだから、仕方ない。」
とも聞きました。
正直、県の最低賃金にも満たない給与なら、《転職》も視野にいれたいです。
もし、最低賃金に満たない金額を請求出きるとしたら、どこに、どのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、元総務事務担当者です。

月給が13万円、平均22日、一日7。5時間労働だったら、そのまま計算したら時給が最低賃金を下回っているとお考えになられたのですね。でも、比較しなければならないのは、そのように計算された時給ではないんですよ。最低賃金と比較する場合は、年間所定労働時間を12で割った1ヶ月平均の労働時間数で月給を割らなければなりません。

年間所定労働時間でしたら、#3さんのおっしゃるとおり土日や祝日、年末年始の休暇、夏期休暇などの所定休日を引かなければなりません(有給休暇は年間所定労働時間から引いてはだめです)。それで計算すれば低いとはいえ#3さんのおっしゃっているとおり最低賃金を上回るでしょうね。

なお、最低賃金以下で雇用できるのは
1 精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者
2 試の使用期間中の者
3 職業能力開発促進法に基づく認定職業訓練を受ける者のうちの一定の者
4 軽易な業務に従事する者
5 断続的労働に従事する者
という者であり、なおかつ労働基準監督に申請して許可をもらう必要があります。

ですので労働契約になんと記載されてようが、最低賃金を下回る労働契約は違法であり、「契約時に飼わした内容が少ないのなら、最低賃金であっても了承の上で捺印したのだから、仕方ない。」というようなことは認められません。

はじめまして、元総務事務担当者です。

月給が13万円、平均22日、一日7。5時間労働だったら、そのまま計算したら時給が最低賃金を下回っているとお考えになられたのですね。でも、比較しなければならないのは、そのように計算された時給ではないんですよ。最低賃金と比較する場合は、年間所定労働時間を12で割った1ヶ月平均の労働時間数で月給を割らなければなりません。

年間所定労働時間でしたら、#3さんのおっしゃるとおり土日や祝日、年末年始の休暇、夏期休暇などの所定休日を引かなければなり...続きを読む

Q職安の求人票と実際働いた時の違い

例えば、職安の求人票に一ヶ月の平均残業時間20時間と書いてあったとします。でも、実際働いてみると一ヶ月50時間以上残業があたりまえだったりします。
このような誤差があると、嘘や詐欺にしか思えません。求人票とぜんぜん違うじゃないか!と思ってしまいます。

なぜこのような誤差ができるのでしょうか?そもそも職安の求人票には嘘を書いてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

小さな町工場の経営者です。

求人票ですが公式書類なので基準や労働法に違反するような内容は記載できません。
また記入内容も他社より待遇を良く「見せようとして」表現が誇張され「がち」ですね。

>>求人票とぜんぜん違うじゃないか!
良く有ります、ですので面接などでは就労条件はしっかり確認してください。

Q基本給と平均年収モデルの差

転職活動中の30台前半、ある会社から内定を戴きました。
その会社は食品業界の上場企業で老舗の堅いイメージの会社、仕事は工場勤務の生産技術系、過去の経験が生かせる仕事です。
求人票の「賃金」欄では24万円前後なのですが、同社の平均年収を巷のサイトで検索すると同年代で650万円位、求人票の「年収例」では同年代で590万円(残業手当含む)となっています。
面接時に転職者に不利益はあるかと確認したところ、同年代の給与と職級に合わせるからハンデはほぼ無く、また残業も数時間/日程度、休日出勤もほぼ無しとの話でした。
そこで疑問なのですが、求人票の「賃金」を基本給と考えた場合、各種手当やボーナスを多めに考えても、せいぜい年収400万円位の計算になり、年収モデルと合いません。

面接では踏み込んだ質問も出来ず、労働条件通知書も未着なので判断材料が少なすぎるのは承知の上ですが、どこが間違っているのか、月々の手取りやボーナスはどの位になるかなど、想定できますでしょうか?
長文失礼します、憶測でも結構ですので、なにかご意見戴ければ幸いです。

Aベストアンサー

残業が数時間/日もあるなら、それが普通の水準では。

残業が月40時間~もあれば、月7万円くらいは増えます。過去データのボーナス水準も昨今の好景気下では5.5ヶ月くらいは出ていたでしょう。


基本給: 24万円×12ヶ月=288万円
残業:   7万×12ヶ月=84万円
ボーナス:基本給×5.5ヶ月=132万円
各種手当: 3万×12ヵ月=36万円

この条件で540万円です。
同年代の平均590万には、同じ年代でも早く出世した少数派も含まれるでしょう。そのような出世街道まっしぐらな人が平均を引き上げますから、多くの同年代の平均は590万より低いのでは。たぶん560万や570万あたりでしょう。


540万と560万、ハンデはほとんどないように思います。

Q基準給与と、基本給について

求人広告には賞与、基本給の◯◯か月、実際は基準給の◯◯か月分だった。これってどうなんでしょう。

Aベストアンサー

納得いかないのは求人時の書き方だと思いますが、賞与は企業側が業績に合わせて変更することができますので、なんとも言えませんね。

あなたの会社の基本給と基準給が何を指すのかわかりませんが、仮に基本給20万、基準給15万だったとして、賞与が30万だったら基本給の1.5ヶ月か基準給の2.0ヶ月かの書き方の違いだけです。

期待させておいて、という気持ちはわからないでもないですが。

Q基本給と能率給について。 ハローワークで紹介された会社で、基本給16万の会社があり、先日面接を受けま

基本給と能率給について。

ハローワークで紹介された会社で、基本給16万の会社があり、先日面接を受けました。
ですが、面接時に給料体制が基本給8万+能率給8万=基本給16万と説明されました。

基本給+能率給=基本給とは、どういった仕組みなのでしょうか?
また、能率給とは個人の技量や会社の業績により変動するのでしょうか?

給料体系などについて、よく知らない部分が多いので教えていただくと幸いです。

Aベストアンサー

そうですね、世間一般的な基本給でしょう。

Q基本給の額について

先月からアルバイトという形で就職した者です。時給¥1,000で、残業も多く(大体毎日2~3時間くらいです)3ヶ月の使用期間後→契約社員→正社員という道があるということで面接を受け、将来は社員を目指ている旨も伝えました。ところが、先日休日出勤したところ、すでに社員の方からそれとなく基本給がとても少ないことを聞きました。(その先輩(女性です)は高卒後入社して現在在籍5年ほどらしいのですが、はっきりとは教えてもらえませんでしたが基本給は15万よりも少ないようです。しかもその人は一番仕事ができるベテランということもあってか毎日18時の定時後21,22時くらいまで残って残業しています。なのに社員には残業代は出ないそうなのです。賞与も1.5ヶ月だと聞きました。アルバイトの時給が1,000と私にとっては高額だったので、てっきり社員の基本給も高いものだと勘違いしていたのですが、少ない基本給で(おそらくは12~3万くらい?)で毎日遅くまで残業しても手当てはなく、賞与もけして多くはないので、正直社員になれたとしても収入が厳しいと考えています。先輩にも社員より残業代が出る契約社員のほうがもうかりますよ、と言われました。社員のメリットといえば賞与と雇用待遇(有給とか退職金とか)が考えられますが、毎月の収入を考えるとずっと契約社員でいたほうが良いのかな・・・と悩んでいます。(実際に40代の家庭がある男性の同僚で契約社員のままで働いている人もいるようです。)
私は現在36歳で年齢的にもやっと決まったこの会社
でできれば定年まで働きたいと考えています。その気持ちで就職活動もしてやっと採用が決まったのがこの会社です。まだアルバイトのうちから基本給を聞きにくいですし(人によって違いますから)考えて今からでも転職を考えたほうが良いでしょうか。よかったらアドバイスお願いします。

先月からアルバイトという形で就職した者です。時給¥1,000で、残業も多く(大体毎日2~3時間くらいです)3ヶ月の使用期間後→契約社員→正社員という道があるということで面接を受け、将来は社員を目指ている旨も伝えました。ところが、先日休日出勤したところ、すでに社員の方からそれとなく基本給がとても少ないことを聞きました。(その先輩(女性です)は高卒後入社して現在在籍5年ほどらしいのですが、はっきりとは教えてもらえませんでしたが基本給は15万よりも少ないようです。しかもその人は一...続きを読む

Aベストアンサー

残業代が出ないということはありませんよ。
労働基準法では、法定労働時間を超えて残業を行わせた場合には、2割5分増以上の割増賃金を支払わなければならないことになっています。
裁量労働を採用されている方や営業の方は”残業代”でなく別名目での”手当”として付いているところもあるようです。
もし、そういったものがないようなら、密告ものです。
本当にそうであれば、辞めておきましょう。

私の場合は基本給+能力給+役職給+残業代・・・と細分化されていて、基本だけだともっと少ないですよ。

会社側も給与体系や、金額、労働条件は会社就業規則として説明しなければいけません。
なので、給与体系や支給額、おおよそでの税引き後の手取り額はきちんと聞いておくべきですよ。
それを聞いてから、決められれば良いです。
頑張ってください。

ちなみに日々顕微鏡を覗きながらゆったり座って有線を聴きながらマイペースで仕事を進めることができます。今の季節だと冷房もしっかり効いており・・・とありますが、これだけ快適空間で、さらに薄給と言ってるとバチ当りますよ。
もっと劣悪環境で賞与も出ない方もいらっしゃいますから。

残業代が出ないということはありませんよ。
労働基準法では、法定労働時間を超えて残業を行わせた場合には、2割5分増以上の割増賃金を支払わなければならないことになっています。
裁量労働を採用されている方や営業の方は”残業代”でなく別名目での”手当”として付いているところもあるようです。
もし、そういったものがないようなら、密告ものです。
本当にそうであれば、辞めておきましょう。

私の場合は基本給+能力給+役職給+残業代・・・と細分化されていて、基本だけだともっと少ないですよ。

...続きを読む

Q年金について(基本給と能率給)  

現在勤めている会社の給与明細を見てみると、基本給と能率給に分かれていました。(ほぼ半々)
(契約社員で昇給はないようなので、能率給もずっと定額のようです)
基本給は給料のほぼ半分なのでかなり低額です。
基本給と能率給に分かれている会社はあるとしても
基本給の割合が半分というのは少なすぎだったりしますか?

この場合、基本給の分しか厚生年金保険は払われていないということになるのでしょうか。
将来の年金もその分低額になってしまいますか?

以前の会社では基本給と能率給に分かれていたりということはなかったので…

会社の人からは、基本給が少ないため、将来の年金も低額になってしまうというような話を聞いたので、このような質問をしました。

そもそも基本給と能率給が分かれているのは何のためですか?

また、失業した場合の失業手当ての額も、基本給をもとに算出されるのでしょうか?

Aベストアンサー

社会保険(健康保険、厚生年金)、失業保険、
共に、実際の給料(基本+能率+手当て+交通費)の、
全ての、合計額で決まります。
ご心配なく。

ちなみに、保険料(給料から引かれる額)は、
給料の合計額の7.7%(厚生年金)。
健康保険は、健保の種類、あなたの年齢で異なり、約3~5%。
雇用保険(失業保険)は0.6%。


>会社の人からは、基本給が少ないため、将来の年金も低額になってしまうというような・・・
嘘です、そんな事は絶対ありません、御心配なく。

>そもそも基本給と能率給が分かれているのは何のためですか?

建前
仕事の、出来る、出来ないで差をつけるのは、当然(会社側の言い分)。
多くの、会社も同様です。

本音
給料減らしたいとき(会社側が)、
基本給は、簡単には下げられないが、能率給は下げやすい。
ま、景気悪い最近は、基本給も、多くの会社で下げています。

変な会社は、基本給が安く、それ以外の手当て類が多いです。
これだと、簡単に給料カットしやすい。
あなたは、契約社員なので、この限りではないと思います。

社会保険(健康保険、厚生年金)、失業保険、
共に、実際の給料(基本+能率+手当て+交通費)の、
全ての、合計額で決まります。
ご心配なく。

ちなみに、保険料(給料から引かれる額)は、
給料の合計額の7.7%(厚生年金)。
健康保険は、健保の種類、あなたの年齢で異なり、約3~5%。
雇用保険(失業保険)は0.6%。


>会社の人からは、基本給が少ないため、将来の年金も低額になってしまうというような・・・
嘘です、そんな事は絶対ありません、御心配なく。

>そもそも基本給...続きを読む

Q私の会社では基本給が上がりません。入社した時点から給与のかなりの割合を

私の会社では基本給が上がりません。入社した時点から給与のかなりの割合を手当てとしてしきゅうされており、昇給したときも手当てが上がったり、別の手当てがつくなどして、基本給が上がりません。このことによって経営者はどのようなメリットがあるのでしょうか。また、雇われ側のデメリットも教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

賞与や退職金の規定があって、賞与は年間5ヶ月分支給と言えば、聞こえはいいですが基本給の5か月分ですから、たとえば基本給10万で、諸手当が15万の25万が毎月の平均給だったら諸手当込みなら125万の賞与になると考えられますが、賞与は基本給のみの計算ですから50万しか出ないと言うことです。
基本給は出来るだけ抑え気味にしたいというのは、此処です。
不景気がさらに深刻となった場合、会社は経費削減を余儀なくされます。一番簡単な経費削減は、人件費の抑制です。が、簡単ではありません。給料を弄るのは、労使双方の合意を必要とするからです。これは、基本給に関してですから、簡単に基本給は動かせないのです。反面。諸手当は経営者の判断で増減が簡単でもないけれど比較的容易に出来ますから、売り上げが良くなければ諸手当の何がしかをカットしたり減額したりと言う操作はどのようにも出来ます。これは労使双方の合意を必要としません。こんなところが一番の根拠でしょうね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング