木の枝にぶらさがっている「みのむし」についていろいろ疑問に思っていることがあります。  
詳しい人 もしくは書籍など 関係する情報を待っています。
よろしく お願いします。

A 回答 (3件)

本だとこんなものです。

年齢が判らないので幼児向けしか
探せませんでした。

みのむし-ちゃみのがのくらし- 特製版かがくのとも 甲斐 信枝 福音館書店 1984年
ミノムシ カラー自然シリーズ 三枝 豊平 偕成社 980 1985 年
みのむしがとんだ えほんちいさなせかい 得田 之久 童心社 680円 1978年
ミノムシは鬼の子か? 子ども科学図書館 いぬいみのる 大日本図書 1200円 1988 年
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラジオで「みのむし」の話を聞いて 成虫の姿が見たかったんですが インターネットの検索にかからなくて こちらに質問しました。すぐに回答を書いてくれて ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/05 02:33

蓑虫は蓑蛾という蛾の幼虫ですが、変態して蛾の姿になるのはオスだけで雌は蓑虫の姿のままです。

最近では以前は蓑虫の代表であったオオミノガの蓑虫はほとんど見られないそうです。

参考URL:http://www.ntv.co.jp/megaten/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラジオで「みのむし」の話を聞いて興味をもちました。インターネットで検索したのですが ひっかからなくて・・・そこで こちらで質問してみました。回答ありがとうございました。ポイントは書籍に関する情報を寄せてくれた人にあげたので sailorさんに 差し上げることができませんでした。ごめんなさい。

お礼日時:2001/01/05 02:42

kyaezawaさんの回答以外にも、以下の成書があります(’95年以降、内容未確認)。


-----------------------------------
1.蓑虫/伊藤重男/邑書林/2000.9 
2.ブランコみのむし/高家博成[他]/童心社/1999.10 
3.川端康成文学賞全作品/2(198…/新潮社/1999.6 
4.ふなうた/三浦哲郎/新潮社/1999.1 
5.幸福のかたち/佐藤愛子/角川春樹事務所/1998.6 
6.みの虫/大内力/東京大学出版会/1998.11 
7.蓑虫たちの旗/井ノ部康之/読売新聞社/1998.7 
8.幸福の里/佐藤愛子/読売新聞社/1997.6 
9.蓑虫/川岸富貴/あしたの会/1995.3 
----------------------------------------
http://www2s.biglobe.ne.jp/~yochu/y_lepid.html
(蓑むし(みのむし))
http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/bio_web/lab_pag …
(系統進化学研究グループ)

ご参考まで。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラジオで「みのむし」の生態の話を聞いて 成虫の姿を見たいと思ったのですが インターネットでも検索にかからなかったんです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/05 02:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみのむしについて教えてください

以前に質問したのですが、納得いく回答が得られませんでしたのでわからない点だけ教えてください。

1、ミノムシは孵化から羽化までずっとミノの中という ことはまる一年みのの中にいるということですか?

2、春夏秋冬みのにはいったみのむしはみれますか?

3、メスの一生はどれくらいですか?

これだけおしえてください。お願いします

Aベストアンサー

(1)ミノガのメス(ミノムシ)には3種のタイプがあります。オスはすべてガになります。詳しくは,下記URLをご覧ください。

・ガになるもの
・翅が退化したもの
・幼虫形態(蛆虫状)のもの
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/INSECT/20/20-1.html

(2)(3)ミノガのメスは(6~7月頃)孵化して,蓑をまとって冬を越します。ふ化直後は当然蓑をまとっていません。詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/boujyo/kaboku/5120.htm

Qみのむしのおしりから、なんかやわらかい管みたいのが

庭のさらさどうだんに多くの蓑虫がだいぶ前からぶらさがっています。最近、その多くのおしりの方から、なにやら先の割れた管みたいのが突き出てきています。なんでしょうか?

Aベストアンサー

ミノガが羽化した後の抜け殻ではないでしょうか。
蓑の中でさなぎになり、時期が来ると蓑の下からにゅっと出てきて羽化しますので…。
http://www.jpmoth.org/Psychidae/Eumeta_variegata.html(【蛹写真1】がわかりやすいと思います)
http://blogs.yahoo.co.jp/soso6549/10052814.html

Qみのむしについて教えてください

みのむしがみのをまとっているのは冬を越すときだけですか?

Aベストアンサー

>エサを食べるのは幼虫の時期のみとのことですが幼虫でも少しずつみのをつくっていっているのですよね??みのから顔をだしてえさをたべているのをみたひとがいますがそれは幼虫時代の様子なのですかね?

仰るとおりだと思います。
幼虫時代はミノから体を乗り出してエサを食べたり移動したりします。

Qみのむしって?

みのむしって、日本固有種なのでしょうか?
子供に聞かれて、答えられずに、困って
います。

Aベストアンサー

ミノガの仲間は、世界で300種ほどいます。日本にはこのうち約19種が生息しています。

<みのむしって、日本固有種なのでしょうか?

ミノムシのうちオオミノガだけが日本固有種です。

Qみのむしって年中いるのですか?

みのむしは冬をこすためにみのにはいってるのだとずっと思ってました。しかしメスは一生みので過ごすと辞書にのっていたのです。ということは年中みのむしはいるということになるのですよね?オスはみのに入ってない状態ででも存在するのですか?たとえばオスは春夏秋はうじむし状でみのには入っておらず冬だけはいって春には蛾になるといった考え方であってますか?そしてメスだけはうじむし状でいることはなく年中みのにはいってるのですか?そして一生蛾にはならない。。ということですか?オスメスの違いと春夏秋冬の状態を回答ください。

Aベストアンサー

みの虫の移動ならびに食事シーンを目撃したことがあります。ミノガ科のどの虫かはわかりません。目撃したのは愛知県です。
ミノの上部に穴が開いていて、頭部~胸部をその穴から出していました。胸部に足が3対あって、これで移動したり食草をつかんだりしていました。
幼虫が十分に成長して越冬に入る直前に、ミノを枝に固定するようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報