動脈は血液を心臓から体の外部へ運ぶ血液ですよね?そして、静脈は血液を心臓に運ぶ血液ですよね?どっちが皮膚のそとからみえやすいんですか??静脈のほうが、もっと内部にあって、よく自殺したい人が腕をきるのが静脈なんですかね?それをきったらしんでしまうんですよね??血圧を測る時に聞くひじのあたりにある血液は動脈ですかね。。?なんかややこしいかもしれませんが誰かおわかりになるかたお願い致します・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

動脈:血液を心臓から遠ざかる方向へ運ぶ血管で相対的に壁が厚く筋に富み拍動を示します。

肺動脈と臍動脈を除けば、動脈は酸素を多く含んだ赤い血液を運ぶものです。
静脈:心臓へ血液を運ぶ血管で、肺静脈を除くすべての静脈は、暗色の、酸素の少ない血液を運ぶものです。

ですので、動脈=酸素飽和度が高いとはいえません。
肺動静脈に関してはそれが逆転します。
動脈と静脈で皮膚の外から見えやすいのは静脈です。
お聞きになりたいのは、血圧を測るときに聞く肘のあたりにある「血管」ではないですか^^;?
あれは上腕動脈です。
手首で脈を取る場合に触っているのは橈骨(とうこつ)動脈です。
自殺したい人が基本的に静脈でしょうね。
あまり致命傷になることはありません。(場合によりますが。)

pulp pressure:細胞以外の組織液の圧力による歯髄腔の圧力で、歯髄が歯に取り囲まれているため、心周期に従って脈動性変化を示します。
Korotokoff sounds:聴診法により血圧を測定するとき動脈上に聞こえる音で、収縮期血圧以下まで駆血する圧力が低下したときに聴取されます。
同じ意味ではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

-mizuki-様、いつもお世話様です。みずきさんはとてもわかりやくすて私の疑問にずばりと答えて下さって・・・・ぜひ恩返しをさせてくださいと言いたいところですがここはそういうサイトではないので残念です。感謝感激です。私もしっかり勉強してみずきさんのように答えられるようになるまでがんばります!!ありがとうございました!!!!

お礼日時:2002/03/27 09:38

大抵外側に見えてる血管は静脈だと思います。


病院で血液検査するときに注射するのも静脈です。
切って危ないのは動脈です。
首にある頸動脈はその名の通り動脈で、切ったらどばどばと血が出るでしょう。(切ったこと無いですけど)
と私は認識していましたが。

でも下でTomy-expoさんおっしゃてるのが正しいのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外側にあるのは静脈なのですね、どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/03/27 09:32

動脈は心臓から末梢方向へ流れる酸素飽和度の高い血液が流れます。

静脈はその逆で末梢から心臓へ向かう酸素飽和度の低い血液が流れます。ただし、肺動脈と肺静脈だけは流れる血液の酸素飽和度が逆です。要するに、心臓から遠ざかる流れの血管は動脈、心臓に向かう流れの血管は静脈と呼びます。
一般的に、動脈より静脈の方が表面よりを流れますが、全てではなく動脈が表面に近い場合もあります。
動脈と静脈はほとんどの場合隣り合っています。指で触れてドクドクと脈を感じられる血管は動脈です。ですから、おっしゃるように血圧を測るときの肘の血管は動脈です。
でも、自殺したい・・・なんていう哀しい表現はやめましょうネ。命は大切な宝物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。そうですか、肘のところは動脈ですね。腕の親指に近いところも動脈ですね、きっと。静脈もうえにでてくることもあるのですね。なんだかややこしいですね。動脈も静脈も、どちらもしぬんですかね?いや、死にたいわけではなく、どこが致命的なのか知りたかったので・・。^-^ありがとうございました。あの、それと、血圧についてふれてくださったので質問していいかしら??! pulp pressure と korotkoff's sound って同じ意味かご存知ですか・・??あの、ご存知でなかったら気にしないで下さい。

お礼日時:2002/03/26 19:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動脈と静脈のエアーについて

看護師です。
バスキャスの洗浄やAラインの採血など動脈には、絶対に空気が入らないよう細心の注意を払いますよね。閉塞が心配だから。
一方で静脈では多少の空気が入ってしまっても静脈内で空気が溶けるから大丈夫と教わりました。
そこで質問です。
なぜ動脈では閉塞が起きて、静脈には起こらないのですか?
静脈に入った空気はどういった機序で溶けるのでしょう?

Aベストアンサー

(血管造影に従事している)放射線技師です。
ご存知かと思いますが、動脈に空気が入らないよう細心の注意を払うのは、脳などの終動脈でエアーがつまらないようにするためです。動脈はそのまま体の各部位に流れてしまいますから危険です。
しかし、静脈においては、その後心臓にもどるので、右心房→右心室→肺動脈と流れ、肺の毛細血管にたどり着きます。
このとき、少量のエアーであれば、肺には非常に多くの毛細血管があるため、多少引っかかってしまっても、影響はありません。もちろん、多ければ肺梗塞を起こすでしょうが…。

また、そもそも肺は呼吸器官であり、空気交換に優れているため、「吸収」が可能らしいです(吸収という表現が正しいかは分かりませんが)。

お互い、エア抜き気をつけましょう~。

Q心臓カテーテル検査でAS(大動脈弁狭窄症)の患者の検査

心臓カテーテル検査でAS(大動脈弁狭窄症)の患者の検査

心臓カテーテル検査室で働いています(医師ではありません)
ちなみにカテ室1年目です。

AS患者の大動脈圧を記録するときに、大動脈にカテーテルを置いた時にカテが動いて大動脈圧が上手く記録できなかったりするようですが、なぜでしょうか?

狭窄による大動脈付近の圧増加、血流の速度が速いとかが関係するのでしょうか?

その他にAS患者の時に気をつけて見なくてはいけないものってありますか?

詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>大動脈にカテーテルを置いた時にカテが動いて大動脈圧が上手く記録できなかったりする

引き抜き圧の事でしょうか? 大動脈圧だけなら大動脈弁から少し離して測定すればいいので圧がうまく測定できないというのは経験がありません。
引き抜き圧の場合は、大動脈弁狭窄があると大動脈弁口近くでは4~5m/sの流速があるのでカテが吹き飛ばされる事があります。が、それでも、1拍~2拍の汚い圧波形があっても別に問題ないので気にしません。

Q膝下3分枝とは、前・後脛骨動脈と腓骨動脈のことでしょうか。

膝下3分枝とは、前・後脛骨動脈と腓骨動脈のことでしょうか。
また、血管を数える際の単位は「枝」でいいのでしょうか。
たとえば、膝窩動脈と後脛骨動脈は「2枝」と数えていいのでしょうか。

Aベストアンサー

>膝下3分枝とは、前・後脛骨動脈と腓骨動脈のことでしょうか。
そうです。
>膝窩動脈と後脛骨動脈は「2枝」と数えていいのでしょうか。
私たちはそう、読んでいます。例えばCABGなどは2枝バイパスとか。

Q人工心臓と心臓移植

子供が心臓移植のために渡米というニュースをよく聞きますが、
人工心臓ではだめでしょうか?
人工心臓はまだ不完全なのでしょうか?
それとも子供に負担が大きすぎるのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の考えで、突飛かもしれませんが・・。
科学の発達で人間は、なんにでもチャレンジします。医学でも研究が進み、それが行われています。
移殖や人工臓器、再生臓器などいろいろ研究されていますが、私は反対派です。
これらは実験であり、未来の科学の発展や医学の発展のためには良いかもしれませんが、生命への冒涜であると考えます。

なぜなら、人間のルーツは「腸」だけの生物「ヒドラ」から進化したということが科学雑誌「ニュートン」に発表されました。

腸から脳が生まれ内臓が派生したように述べられています。
そうであれば、病気などでも人間の「根」である「腸」を整えれば多くの病気は克服できると考えています。
 
私の16年の「健康で生きる」の追求は、ここへ達しています。
それで、腸に興味をもって「腸内細菌」「腸内細菌生産物質」「乳酸菌生産物質」へと勉強や体験をすすめてきました。
 
そして、腸の環境を理想的な状態に保つことによって、「自己治癒力」は高められ、臓器は再生するのだということを発見しました。
 
私は肝臓に問題があります。長生きはできないと思っていました。「このままでは長く持ちません、心臓にペースメーカーを付けましょう」と医師から簡単に言われました。泣きました。
胃潰瘍や前立腺の問題も持っていました。
 
その私が、ある先生の教えから、薬をやめ自然食品や高度技術でつくられた食品などを取り入れて、結果、甦りました。
  
人間は60兆個の細胞の集合体です。ということは遺伝子の働きによって、手・足・骨格・内臓・目・鼻・耳などなんでもつくられているわけです。
 
内臓に故障があっても、腸を整えることによって、臓器は再生するということを知りました。
 
従って、臓器移殖も人工臓器も薬も必要のないものだとわかったのです。
 
とんでもなことを発言していることは承知しています。
しかし、私の関係者の中ではそういうことが起こっているのです。
  
しかし、現実に各種がんの人々や白血病・膠原病などの難病の人々も救われているのです。
 
早く、これらの製品が医療現場で使われるように祈っているところです。
 
それぞれの人の遺伝子は、部外者を異物として認識し、他の細胞を受け入れることはありません。それで固有の生命を維持しているのですから。
 
それを人工的に無理やり付け替えようとする医学には賛成できません。
世界的に移殖医療が行われているからと言って、正しいとは言えないのです。医学は細胞の生命力を高め、細胞自身が遺伝子の働きで再生するようにするべきです。
 
早く気がつき、移殖や人工の臓器を開発するなど、やめるべきです。人間をサイボーグにしたい科学者がいるのです。正しいことではありません。
そうしなければ、気の毒な人々がどんどん増えることになるでしょう。

私の考えで、突飛かもしれませんが・・。
科学の発達で人間は、なんにでもチャレンジします。医学でも研究が進み、それが行われています。
移殖や人工臓器、再生臓器などいろいろ研究されていますが、私は反対派です。
これらは実験であり、未来の科学の発展や医学の発展のためには良いかもしれませんが、生命への冒涜であると考えます。

なぜなら、人間のルーツは「腸」だけの生物「ヒドラ」から進化したということが科学雑誌「ニュートン」に発表されました。

腸から脳が生まれ内臓が派生したように述...続きを読む

Q交通事故により、心臓機能が低下して余命宣告されることってありますか?また、心臓機能の低下により、どの

交通事故により、心臓機能が低下して余命宣告されることってありますか?また、心臓機能の低下により、どのような体の症状が出ますか?
全く詳しくないので、簡単な言葉で、わかるようにお答えいただけると嬉しいですm(__)m

Aベストアンサー

心臓そのものが、「打撃」を受け、働きに障害が起きていれば
余命宣告も有り、では?
直接の症状は、心電図の不整脈・・etc. でしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報