もうあと10日くらいで凱旋門賞です。これは競馬のワールドカップですよね?

そこでみなさんにお聞きしたいのはディープインパクトは勝てるでしょうか?

僕は彼のレースをみてきて絶対的な自信があり勝てると思います。

みなさんの意見なども聞いてみたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

NO.2です。


やはり、負けましたね。
タケトヨがインタビューで、「状態も馬場も最高。不安は騎手だけ。」と言っていたのが見事に当たりました。
ペリエが騎乗していたら、勝てたかも?
    • good
    • 0

ディープインパクトの参戦について、JRAが「はしゃぎすぎ」です。

このことが競馬の神様の機嫌をそこねていないかと気になっています。そうでなければ勝てると思います。
    • good
    • 0

武騎手が冗談で「ジョッキーに不安あり」といっていたが私もそう思います。

日本人騎手なら断トツでナンバー1ですが、最近はどうも乗れていない感じがします。
1月には1日7勝したりと絶好調でしたが、今はあのときほど好調でないような。

しかし、武+ディープなら間違いなく、かつと思います。
    • good
    • 0

お邪魔します。



ディープは絶対勝つ!と言えないです・・・。
個人的にはハリケーンランにどこまで太刀打ち出来るか
と言う感じで見ています。
デットーリさんが乗れば話は別かも知れませんが・・・

個人的に是非たいのは
ハリケーンランVSディープの一騎打ちです。
出来ればナリタブライアンVSマヤノトップガンの
阪神大賞典みたいな抜きつ抜かれつみたいな感じ
だったら鼻血出して応援しているかも知れません。

いずれにしても無事に走って帰ってきて欲しいです。

#とりあえず日本のシロッコを替え玉にすれば・・・w
    • good
    • 0

馬場状態によると思う。

日本産日本調教馬なので、頑張って欲しいが。
    • good
    • 0

競馬に絶対はありません。


あってほしくないことですが、マンハッタンカフェやサクラローレルなどは遠征時に故障、引退という結果になったり、ホクトベガに至っては帰国の途に着くことすらできなかったという事実もあります。

確かに日本競馬史上、もっとも凱旋門賞制覇の期待は高いでしょうが、あまり意識せずに応援する程度が一番いいのではないでしょうか。
世界のレベルはやっぱり高いですから。

どうでもいいですが、エルコンドルパサーが挑戦したときはテレビの前で正座してみてました。
特に好きな馬ってわけじゃなかったんですが、やはり日本代表という意味もありそれなりに期待はしてました。
結果はモンジューの2着。何とも言えないため息が出て、気がついたら手は握りこぶしになっていて汗をかいてました。
サッカーのW杯や野球のWBCと何ら代わりの無い世紀のスポーツ観戦でした。
馬券を買えないレースなのに、馬券を買ってたレースよりも身を乗り出して見てた記憶が鮮明によみがえります。

ディープの凱旋門賞を見たんだ、というそのこと自体が素晴らしいことだと何年か経ったときに思えるようなレースが見れれば勝ち負けは二の次なんじゃないかと思います。
(もちろん勝てればそれに越したことはないですが)
    • good
    • 0

絶対勝ーーーーーーーつ!!!




8馬身差!!

競馬好きの人は馬場がどうの、斤量がどうのって解説者風になっちゃうんですよ。それもまた競馬の楽しいとこ!
レコード8馬身差やね、うん!間違いなし!
    • good
    • 0

 最有力馬の一頭であることは間違いなく、他の方が仰るように「レベル的には問題ない」ものの、私は絶対的な自信が持てるほどではないと思っています。

予想すれば「対抗」か「穴」ぐらい。
 理由は以下に挙げる通りです。

1 古馬である
 過去20年間の凱旋門賞を振り返ると、誰もが指摘しているのが「3歳馬の圧倒的有利」です。ご存知のように、勝ち馬20頭のうち14頭が3歳馬。これは秋に行われるためにある程度成長してきていることと、斤量の差が5kg軽いことが挙げられます。例年、ヨーロッパのどこかの国のダービーで好走した馬がそのまま凱旋門賞馬に、というのがお決まりのパターンに見えます。
 ハリケーンランの父、モンジューも3歳時に凱旋門賞を勝ちましたが、翌年は台頭してきた3歳馬シンダーに破れました。
 従ってハリケーンランもディープインパクトも、まずこの「年齢の壁」と闘わなくてはなりません。
 この年齢の壁でディープインパクト、ハリケーンラン両方に味方する情報としては、「今年の欧州三歳馬はレベルが低い」と言われていることだと思います。

 個人的には、ディラントーマスにも出てきてほしかったですね。今年のアイルランドのダービー優勝馬です。
 しかしサー・パーシー、レイルリンクが出てきているのでこれら3歳がディープインパクトのライバルだと個人的には思っています。
 いずれも戦績はすばらしく、血統的にも問題ないように見えます。凱旋門賞に勝てるチャンスが充分あると思います。特にサー・パーシーです。

2 馬場適性に不安
 私個人の勝手な想像ですが、サンデーサイレンス産駒はヨーロッパの馬場にあまり適性が高くない気がします。もちろんディープインパクトは母がヨーロッパ出身ですので、どこまでこなすか、ということになります。
 しかしこれからフランスは雨も多くなります。日本に比べると芝生も深いそうです。素人としてはやはり、どんな馬場で走ることになるのか馬に一度経験させたほうがよかったのではと思ってしまいます。
 調教では機嫌よく走っているようで、特に問題でもないかもしれませんが・・・。

3 やはりジョッキーは一抹の不安があります。ある国でのトップジョッキーは、別の国へ行っても成功できると思います。しかし、ペリエ、デットーリは凱旋門賞を3勝した経験があり、出走回数はさらに多いです。コースを良く知っているはずです。特にデットーリがレイルリンクあたりに乗ると怖いのでは・・・。
 いくら才能のある騎手でも、よく知らないコースでは勝てる確率は低くなると思います。

4 その他諸々
 やはりステップレースを一度も走っていないのはマイナス点でしかありません。一叩きすることで大レースに備え体調を上げてきていないこと、ヨーロッパの芝を体験させていないことは馬をまごつかせることになると思います。


 要するに、私個人の意見としてはハリケーンランがやはり本命だということです。A.6さんと同じ意見です。「勝てそうな気もするんだけど、負ける要素も少なくない」です。
 それにハリケーンランが超えなくてはならない壁はディープインパクトにとっても同様なのに、ディープインパクトが超えなくてはならない壁は他の馬より多いのです。
 万全を期したとはいえないと思います。
 ただ、この馬が勝てないとなると日本の馬はなかなか勝てそうにないので、それを考えると勝つ確率も低くはないのでは・・・と思います。(日本とヨーロッパでは馬場が違うのですから、日本ではそこそこでもヨーロッパの馬場に適性のある馬を連れて行けばいいのに、と思います。かつてジャパンカップに勝ったドイツ馬、ランドのように。)
 それでも「1回きりの勝負」だとなんともいえないんですよね。10回やれば9回勝つ馬が勝てない時が本番ってことがありますから。
    • good
    • 0

勝てると思う? ということなので、日本馬は勝てると言いたいです。



しかし、欧州のトップレベルのレースを走り続けて連対率100%のハリケーンランは超強敵です。今年の大レースのステップを2着に負けるところが、日本で言うところのシンザンみたいだね。
次に4連勝中のシロッコですが、勝ちタイムが早いとダメ見たいなので、当日の馬場次第です。
プライドは主戦がC.ルメールなので、ディープとハリケーンランの両方を負かしているジョッキーです。人気は一つ落ちるところなんで、両方に勝つのは難しいですがどちらか片方に勝つ可能性は高いです。
マンデシャは同じロンシャン2400mのヴェルメイユ賞を好時計で勝っていて、54.5kgの最軽量なので穴としては抜群です。
シックスティーズアイコンはセントレジャーS(菊花賞のモデル)勝ちですが、GIだがやや見劣りレースなので大穴でしょう。
サーパーシーは今年の三歳馬でザ・ダービー・ステークス勝ちの連対100%です。
レイルリンクは裏路線的だが、ロンシャン2400mを3連勝中でタイムもバラバラで適性は高い。

次に8月下旬から9月上旬に一叩きした馬が優勝する傾向にあります。長くてもせいぜいキングジョージの7月下旬です。つまり、サーパーシー・ディープは外れる。セントレジャーSからは記憶上では76年のアレジット以来出ていないと思う。なので、シックスティーズアイコンは消える。牝馬は低メンバーの93年を除くと84年のGI5勝馬オールアロングまでさかのぼり、プライドは切れる。マンデシャは1位降着をいれると5連勝ですので一発に期待。

上記を踏まえると、
◎ハリケーンラン
○シロッコ(馬場次第)
△レイルリンク
穴マンデシャ
大穴ディープ
となります。
上は欧州を中心と考えた客観的なものだと思う。

ただし、今のところ8頭なので三強が差しにまわり、一頭が大逃げの後続仕掛けミスなんて大波乱も考えられる。直線が長いからと直線一気もダンシングブレーヴなみの歴史的名馬の能力が必要。
欧州の関係者はディープが直行と聞いて疑問視しているらしい。確かにハーツクライも一叩きすれば指し返されなかったかもしれないので、この当たりが不安です。

一番無いかもしれないけど、私が考える理想は、スローのためやむなくディープ逃げ、そのまま5馬身差の勝利。「逃げて勝つ馬こそ最強」が自論です。

負けるような予想を書いていきましたが、馬場は問題無さそうですし、メンバーもハリケーンラン以外それほどというメンバーなので、「優勝か2着」でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信有難うございます。
ものすごく詳しいですね。
なんだかもうディープはまけてしまうんじゃないかと思ってきましたよ。レイルリンクがこわいですね。
2400メートルを三勝しかもロンシャンでとは…しりませんでした。
アルカセットが買ったときおジャパンカップテレビでごらんになられましたか?あのとき木崎先生はアルカセットをあてましたよね?
あのとき先生が言ってたのは、2400メートルのG1を勝った馬ははどこの国の2400メートルのG1も勝てるって言ったんですよ。
だとしたらディープも日本ダービーを勝っているので勝てると僕は思っていたんですが、
そんなに詳しい情報をみてしまうと正直不安になってきました。

分かりずらい文章ですみません。
もうレースがあと10日だと思うと不安と興奮が襲ってきてなんて書いていいのか良く分からなくなる今日この頃です。

お礼日時:2006/09/21 01:50

確かにレベル的には問題ないでしょう。

ですが初めて走る競馬場な上に日本のように簡単な競馬場ではですからね。(いくら競馬場で追い切りをしたと言ってもレースをしたわけではないですから)その上宝塚記念以来ですからレース感覚がどうなのか?でしょうね。国内のレースを見てもほぼ全部差し、追い込みですからね。(天皇賞・春での4コーナーで先頭に立ちそのまま押し切りも相手がリンカーンレベルでしたから上手くいきましたけどね)対してハリケーンランなどは先行できますから微妙ですよね。ハーツクライのドバイや有馬記念のようにあそこまで先行できれば3200Mを普通ではない方法で勝てる馬ですからいくら日本よりアップダウンのきついコースでも勝機はあると思いますけどね。勝って欲しいけど微妙ですね。誰かが言ってましたけど大外を追い込みで勝てる馬はダンシングブレーヴぐらいじゃないと無理って言ってましたね。ディープがそこまでかというと微妙ですね。
最もこうだから競馬は面白いんでしょうけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
僕がディープに期待してるレースはサイレンススズカのような大逃げ。又は春天のようなまくり。
それかダンシングブレーブですかね。
もしハリケーンラーンとおなじような正攻法では勝てないと思います。

お礼日時:2006/09/21 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング