ベネズエラ(エンジェルフォールなど)の旅行について検索していると、アドレナリン・エクスペディションズやSankei Travelといった旅行代理店をよく目にします。この2つの代理店について詳しく知ってみえる方いませんか?どういった感じのお店でしょうか?手配のやり取りなどはメールで日本から出来るでしょうか?またシウダー.ボリバルで他にもお勧めの代理店はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

会社名でネット検索して、ホームページを持っている会社ならとりあえずそれで日本語が通じそうな会社か否かは判断つきますが、やってみまし

たか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分析法の英語名を教えてください

いくつかの分析法の英語名を調べていますが、まだわかりません。助けてください。明日までに調べて報告しないといけないので。

分析法は
・吸光光度法
・ICP発光分析法
・蛍光光度法
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
・クロム酸バリウム吸光光度法
・チオ硫酸ナトリウム滴定法

の7つの分析法の英語名を、誰かわかる方教えて下さい。「英語」のカテゴリーかなとも思ったのですが、専門用語なのでこちらに投稿させて頂きました。すみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次からは 断片的でもいいから自分で調べた努力を書いてください。

・吸光光度法
(Visible) Absorption Spectrophotometry
・ICP発光分析法
Inductively Coupled Plasma - Atomic Emission Specryometry
・蛍光光度法
Fluorescent Photometry
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
Lanthanum/Alizarin Complexone Method
Alizarin Complexone and Lanthanum Nitrate Photometric Method
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
Spectrometric Method using 1,5-Diphenylcarbazide
・クロム酸バリウム吸光光度法 比濁法
Barium Chromate Colorimetric Method (比濁法)
・チオ硫酸ナトリウム滴定法
Titration Method using Sodium Thiosulfate

次からは 断片的でもいいから自分で調べた努力を書いてください。

・吸光光度法
(Visible) Absorption Spectrophotometry
・ICP発光分析法
Inductively Coupled Plasma - Atomic Emission Specryometry
・蛍光光度法
Fluorescent Photometry
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
Lanthanum/Alizarin Complexone Method
Alizarin Complexone and Lanthanum Nitrate Photometric Method
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
Spectrometric Method using 1,5-Diphenylcarbazide
・クロム酸...続きを読む

Q大手代理店と個人経営の代理店の違い

このたびモルディブ辺り(まだ未定ですが)の旅行を予約しようと考えてます。
そこでお聞きしたいのですが、大手旅行代理店(JTB,HIS)などと、近くにあるのですが、個人経営の旅行代理店との違いを知りたくて質問しました。

小さな代理店はいろんな会社のパンフレットを取り扱っているので選ぶ幅が広がる様な気もするのですが、、近くの小さな代理店に行って例えばJTBのパンフからいいツアーが見つかった場合、その店で申し込むとJTBで直接申し込むよりも手数料などで高くなったりするのでしょうか?

その他、両者のメリットデメリットなど教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

1、大手と個人経営の小さな旅行会社の違いは、

大手:
・国内、海外どの方面でもどんな旅行形態でも満遍なく取扱っているが、募集型企画旅行(主催旅行)の販売に限って言えば自社ブランド優先。
・顧客管理がしっかりしていて、過去のお客様からの評価や様々な社内データを持っている。
・取扱いの幅が広いことと、社内資料に頼るあまり、店頭の社員自身が持つ知識が広く浅い傾向にある(はずれは少ない)。
・社員個人に与えられる権限の幅が小さい。
・トラブルなどの際に会社としての体制が整備されている。
・倒産のリスクは小さい。

小さな旅行会社:(上記の反対ですが、一応書くと)
・国内、海外や方面、旅行形態による得手不得手がある。
本当に小さな個人経営だと、地元商店会や自治会、老人会、ライオンズクラブなどを主な顧客として経営が成り立っていて、海外旅行はパンフレットを置いているだけ(客が来たときだけ対応する)のような会社もある。一緒に深くのめりこんでくれる場合もあれば、まったく知識がない場合もある。
・募集型企画旅行(主催旅行)は、自社ブランドがない代わりにどれでも気兼ねなく申し込める。
・担当者個人の資質に負うところが大きいので、当たり外れがある。
・顧客管理がしっかりしている所とそうでないところの差が大きい(ダメなところはまったく管理されていない)。
・判断にもフレキシビリティがある。
・トラブル対応などは、マニュアルがなく(あっても訓練されていなく)場当たりのことが多い。
・経営上のリスクは高い。

一概にどっちがいいとはいえませんね。
お客様のニーズ、旅行の形態、など時々の条件によるんじゃないですか?
個人経営や小さな旅行会社は、特定の方面にものすごく詳しいことがあります。そういう会社で別の方面を依頼すると、やはり多少難あり、といったことになるでしょう。
質問者様の意向に合う会社を探せれば、強い味方になるでしょう。


会社の信用の目安は、旅行業登録とJATA(またはANTA)加盟かどうかが、最低限必要なチェックポイントです。


2、>近くの小さな代理店に行って申し込むとJTBで直接申し込むよりも手数料などで高くなったりするのでしょうか?

募集型企画旅行(旧主催旅行)であればまったく同じです。
極端に言えば、KNTでもJTBの商品を購入できます。

通常はまったく変わりありませんが、キャンセル待ちの請願や、特別の依頼事項があるときなどは、自社ブランドの方が融通が利くのは確かです。
小さな会社でも販売実績が多ければ(例えば、いつもJTBの商品を中心に販売してくれている会社など)、JTBの小さな支店より強い場合もあります。


※ここで記載したJTB、KNTという社名は、あくまでも例示です。念のため。

1、大手と個人経営の小さな旅行会社の違いは、

大手:
・国内、海外どの方面でもどんな旅行形態でも満遍なく取扱っているが、募集型企画旅行(主催旅行)の販売に限って言えば自社ブランド優先。
・顧客管理がしっかりしていて、過去のお客様からの評価や様々な社内データを持っている。
・取扱いの幅が広いことと、社内資料に頼るあまり、店頭の社員自身が持つ知識が広く浅い傾向にある(はずれは少ない)。
・社員個人に与えられる権限の幅が小さい。
・トラブルなどの際に会社としての体制が整備されてい...続きを読む

Q英語の学習法を相談できるサイト

英語の学習法を相談できるサイト

gooもよいのですが、英語そのものの質問の方がメインですよね。

英語学習者が悩みや学習法を相談するサイトをご存知ですか。
mixiでも構いませんし、それ以外でもいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ、学習法もなくはないのですが・・・・
http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%B3%D8%BD%AC%CB%A1&nsMT=&ct_select=1&ct0=210&ct1=385&ct2=

勉強法、とかでもけっこうありますよ。
http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%CA%D9%B6%AF%CB%A1&nsMT=&ct_select=1&ct0=210&ct1=385&ct2=

こういう路線の話ではなくて、ということならごめんなさい。
こんなワザ!というよりは、だいたいベーシックな学習法が多いように思います。

Q来週からヴェネズエラのエンジェルフォールに行きます

来週からヴェネズエラのエンジェルフォールに行きますがどのような服装や靴で行けばいいのでしょうか?
どなたか教えて下さい
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旅行形態次第です。ツアーならエージェントに確認するのが先決です。

ベネズエラの5月~10月は雨期ですからその準備も必要です。湿気対策に日本の雨期に着るようなシャツ、ズボン、但し、夜間は冷えるので長袖のシャツも必要です。旅の形態によってはサンダルも重宝するかも・・・

一般論しか言えないので下記URLを参考にしてください。 滝を望見するだけなら神経質に考える必要はありませんよ。 

http://dlift.jp/countryinfo/country185

http://www.saiyu.co.jp/feature/angel_fall/

QPCを使った英語の勉強法

ドキュメント ブログなど 英語のサイトが読めるようになりたいのですが
どのような学習方法がお勧めでしょうか?

1. PCを使った英語の勉強法は どのような方法がありますか?
2. JavaScriptなどプログラミングを使った英語の勉強法はありますか?
3. そのほかお勧めの方がありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ドキュメント ブログなど 英語のサイトが読めるようになりたい

1. PCを使った英語の勉強法は どのような方法がありますか?
*** "Yahoo! Answers"などの英語QAサイトで、PC関係や理系の質問に英語で答えたり、英語で質問したりすると、読み書きの実力は結構つくと思います。あるいは"教えてgoo!"の英語カテなどで回答したりすると結構力がつくものです。
http://answers.yahoo.com/dir/index;_ylt=Aizal22yYQOLFF0PcXulYijj1KIX;_ylv=3

2. JavaScriptなどプログラミングを使った英語の勉強法はありますか?
*** Javaはよく知りませんが、マスターしたプログラミング言語関係の書物の英語版を購入して読んでみると日本語と英語の対応関係がよく分かりますね。プログラミングそのものは論理力はつきますが、自然言語(人間の言語)の学習とは少し異なりますね。

3. そのほかお勧めの方がありましたらよろしくお願いします。
*** その他"google news"のUS版やその他の英語版にして、毎日ひとつのニュースは熟読することなども力はつきます。辞書はオンラインでたくさんありますから大丈夫です。
http://news.google.co.jp/?edchanged=1&ned=us&authuser=0&ar=1365675399
*** 各種英語サイトでPC関係とは離れた英語に接することも休息と勉強にもなると思います。USAとAustraliaですがリスニングもありますが、お嫌ならテキストだけ読むことも出来ます。様々なトピックが豊富にあります。
http://www.manythings.org/voa/scripts/
http://www.abc.net.au/radionational/
それに他の方の紹介で知りました「ゆずりん」というおもしろいサイトもあります。
http://english.chakin.com/eul-comic.html

とにかくこのgooサイト内だけの検索でも、過去の質問欄で、おもしろいほどたくさんの英語サイトが紹介されてあります。暇に任せて少しずつでも続けられれば知らぬ間に読解力はついていますよ。頑張って下さい。

>ドキュメント ブログなど 英語のサイトが読めるようになりたい

1. PCを使った英語の勉強法は どのような方法がありますか?
*** "Yahoo! Answers"などの英語QAサイトで、PC関係や理系の質問に英語で答えたり、英語で質問したりすると、読み書きの実力は結構つくと思います。あるいは"教えてgoo!"の英語カテなどで回答したりすると結構力がつくものです。
http://answers.yahoo.com/dir/index;_ylt=Aizal22yYQOLFF0PcXulYijj1KIX;_ylv=3

2. JavaScriptなどプログラミングを使った英語の勉強法はあります...続きを読む

Qバリの旅行代理店バリ王

バリ王で海外旅行を申し込みました。最初の電話での対応がかなりいいかげんでそのあとも電話をすると言われてこない。またかける。あとで電話するの繰り返し。5回以上もかかってきませんでした。入金確認の電話さえ頂けませんでした。そのせいか大変不安で、チケットはいつもは旅行に行くときは事前にもらうのですがバリ王さんは当日カウンターに日程表とパスポートを渡せばいいと言うことでしたが本当にそれで当日出発できるのか不安で不安でいける気がしません。どなたかバリ王で申し込んだ際のチケット受け取り方法を教えてください。本当にくだらない質問で申し訳ないのですが不安なので助けてください。

Aベストアンサー

飛行機会社が未定の場合、日程表が届くのも旅行開始日の3日くらい前だと思います。団体用のカウンターの位置(番号)などがそこに記載されていて、そこでチケットの発券が行われ、その場でチェックインするか、そのあと各航空会社のカウンターへ行き、チェックインする場合があります。
私もバリ王さんは利用したことないですが、日程表が届けば大丈夫だと思います。3日前の午前中になっても何も届かなかったら、もう一度電話されたらいかがでしょうか?

既に飛行機会社が決定しているのでしたら、直接その飛行機会社に予約確認することもできます。

バリはレギャン通りでのテロ以来、ツーリズムが落ち込み、未だに「回復した」とは言いがたいのだと思います。バリ専門にやってきた小さな代理店さんは苦しく、人員削減などで人手が足りないのかもしれません。

ただ国内でこうだと、現地に行ってなにかあったときにちゃんとクレームに対応してくるかどうかご心配ですよね。でもバリは南国でもともとがいい加減な所です。そのあたりがのんびりしてて、居心地のよさだったりするので、難しいとこところです。

本当に困ったら、大手の日本の旅行代理店オフィスや領事館などで助けてくれますので、地図で確認しておかれると良いかもしれません。

飛行機会社が未定の場合、日程表が届くのも旅行開始日の3日くらい前だと思います。団体用のカウンターの位置(番号)などがそこに記載されていて、そこでチケットの発券が行われ、その場でチェックインするか、そのあと各航空会社のカウンターへ行き、チェックインする場合があります。
私もバリ王さんは利用したことないですが、日程表が届けば大丈夫だと思います。3日前の午前中になっても何も届かなかったら、もう一度電話されたらいかがでしょうか?

既に飛行機会社が決定しているのでしたら、直接その...続きを読む

Q英語の仮定法過去と距離感

英語の仮定法過去の考え方として、「現実から距離感を感じるから過去形を使う」という説明を耳にします。その根拠はどこからきているのでしょうか、もしくは何なのでしょうか。というのは、他のヨーロッパの言語では仮定法(接続法)の語尾変化は過去形ではないと思うからです。実際のところ、仮定法の考え方と過去形には関係があるのでしょうか。それとも長い歴史の中で英語の仮定法が「たまたま」過去形を用いるようになったのでしょうか。

Aベストアンサー

古典ラテン語からすでに “事実に反する仮定と帰結“ は似たような構成で表します。よく言う「時制を一つ過去の方へずらす」方法です。現代語ではこういう用法で使う動詞の形が直説法と同じになったものも、接続法としての特別の形を保っているものもあります。前者に属する代表が英語やフランス語で、後者に属する代表がドイツ語です。

現在の事実に反する仮定

英語:if 仮定法過去、助動詞の過去+原形
仏語:si 直説法半過去、条件法現在
独語:wenn 接続法2式、接続法2式(or 助動詞の接続法2式+不定詞)
ラテン語:si 接続法過去、接続法過去(助動詞的なものはまだ確立されていない)

いずれも過去の事実に反する場合は時制が一つずれます。英語の仮定法過去は be を除いて直説法と同形なのはご存知の通り。フランス語の半過去は未完了過去で、現在(未完了現在)に対応するもの、条件法は構成こそ違うものの英語の would に似ているところがあります。ドイツ語の接続法2式は過去形をもとに作ります。古英語もドイツ語と同じような感じですが、直説法との違いはドイツ語に比べると小さいものでした。中英語期にはほぼ現代語と同じようになります。
ついでにスラブ系は、古いところは知りませんが、現在に反する仮定も過去に反する仮定も動詞は同じ形で表します。#1でも触れられていますがロシア語の “бы + 過去形” というのは形態的には西欧語の過去完了(大過去)に相当するもので、現在に反するものまでこの形で表すのは特異ですが、時制はやはりずれています。スラブ系は一部を除いて過去時制を一本化する傾向が強く、過去完了は使われなくなりつつあります(ロシア語に至っては過去系の時制は一つしかありません)。そのため本来の「過去完了」は現代では「仮定法」あるいは「接続法」と感じるのが普通です。

接続法現在まで含んで接続法全般の用法となると、時代が下るほど使用範囲が狭くなる傾向がありますが、その用法は言語によりさまざまです。じかし時制をずらす「反実仮想」については何らかの形で受け継がれていると言えます。

「なぜそうなるか」について説明されていることはほとんどなく、そういう決まりだと書かれていることがほとんどです。ただ、あるラテン文法書に次のような記載があります。


…事実が明らかに存在しない場合、事実とは反対に<かりにその事実があったら>とという状況を考えることも、ひとしく<主観的内容>であることにかわりはない。(←これ(主観性)がそもそも接続法(仮定法)を使う根拠)
そしてこの時は、話者の心中に<回想>が働くため…(以下、用法の説明。回想を時制がずれる根拠とし、日本語の「~だったら」と比較している)


これも一つの考えに過ぎないもので、本当のところは分からないというのが実際でしょう。「距離感」というのも、ことに接続法が単純化して形態というより用法に重点が置かれる英語において(特に広く教えられている英語であるからこそ)考え出された便法であると思います。距離感だけでは時制がなぜ “古い方へずれる” のか説明がつきません。

古典ラテン語からすでに “事実に反する仮定と帰結“ は似たような構成で表します。よく言う「時制を一つ過去の方へずらす」方法です。現代語ではこういう用法で使う動詞の形が直説法と同じになったものも、接続法としての特別の形を保っているものもあります。前者に属する代表が英語やフランス語で、後者に属する代表がドイツ語です。

現在の事実に反する仮定

英語:if 仮定法過去、助動詞の過去+原形
仏語:si 直説法半過去、条件法現在
独語:wenn 接続法2式、接続法2式(or 助動詞の接続法2式+不定詞)
...続きを読む

Q旅行代理店について

私は7月にハネムーンを考えています。
行き先は北オーストラリアかヨーロッパと思っているのですが旅行会社によってだいぶ金額に差があります。HISはかなり安いのですがJTBや近畿ツーリストとはどのような差があるのでしょうか?予算的にはとてもうれしいのですが、せっかくのハネムーンなので問題等はなるべく避けたいです。

お勧めの代理店や経験教えて下さい★

Aベストアンサー

回答者#3です。補足のご質問にお答えします。私はオーストラリア、2回はケアンズに5月と7月に行きました。たしかに7月はオーストラリアは真冬なのですが、日本の初秋くらいです。日中はかなり暑いくらいです。ダイビングをしましたが、私はフル・スーツを着ましたが白人の方々は水着だけで海に入っていました。水温でさえもそのくらいだということです。ケアンズからは近くに列車(あるいはレンタカー)でいけるレインフォレストもあるし、コアラのいる公園もあるし、12日間の滞在型でしたが退屈する暇はありませんでした。残りの2回は西オーストラリアのパースに行きました。この町は「一度訪れたら住みたくなる町」というのがキャッチフレーズでした。その通り、きれいな町でした。エアーズロックは残念ながら行ったことがありませんが、登るのには「体力」と「若さ?」が必要なので、若いうちにいらっしゃるといいかもしれませんね。
時差を考えるとAus.はお勧めです。体は楽ですよ。 Europe にいらっしゃりたいのなら、あまり欲張らずに最低1都市2~3日のツアーになさるといいと思います。ツアーの選びかたですが、費用を少し抑え目にしたいのならJTB や近ツーの第1ブランド「ルック」「ホリデー」は申し分ないのですが第2ブランドの「マイ・ツアー」「旅物語」なども検討なさってはいかがでしょうか?私は利用したことがありますが、不満はありませんでした。 現在、アメリカ に住んでいるため時差の関係でお返事が遅くなりました。
また、なにかご質問があればご遠慮なくどうぞ。
いいご旅行になりますように。

ちなみに、私たち夫婦は海外永住するなら、アメリカか Aus. のパースがいいと考えています。パースは日本人にはあまり有名ではありませんが(みなさん、シドニーやメルボルンに行きますね。)私個人としてはお勧めです。 私はしどにーもメルボルンも行った事がありません。ちょっと、あまのじゃくなもので・・・・。

回答者#3です。補足のご質問にお答えします。私はオーストラリア、2回はケアンズに5月と7月に行きました。たしかに7月はオーストラリアは真冬なのですが、日本の初秋くらいです。日中はかなり暑いくらいです。ダイビングをしましたが、私はフル・スーツを着ましたが白人の方々は水着だけで海に入っていました。水温でさえもそのくらいだということです。ケアンズからは近くに列車(あるいはレンタカー)でいけるレインフォレストもあるし、コアラのいる公園もあるし、12日間の滞在型でしたが退屈する暇は...続きを読む

Q英語学習に英文法は不要である ?

こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「1.英語学習に英文法は不要である」について考えてみようと思います。

1.英語学習に英文法は不要である
2.英語学習は早く始めるほどよい
3.留学すれば英語は確実に身につく
4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である
5.英語はネイティブから習うのが効果的である
6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である
7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある


日本人は英語の学習には意欲的な人が多いけれど、文法が嫌いだとか苦手意識を持つ人が少なくありませんよね。そこで、巷では「英語に文法は要らない」というようなキャッチフレーズで英会話の教材を売り込んでいる業者も多いわけです。しかし、大人になって外国語(英語)を学ぶ場合、文法抜きでは効率が悪いし、かといって 学校で習ったような
文法に偏重した方法ではうまく消化できない人が多いし、消化したとしても 知識と理屈だけでスキルとしての英語力が貧弱な人が少なくありません。

そこで質問ですが、英語の文法はどこまでが必要で、どこが不要だと思いますか。私が思うのは、5文型の分類には不合理な点があるし、「仮定法」に関しては中途半端に用語を持ち出しているものの、英文法が大好きな英語の先生さえ 根本的な概念を明確に説明できる人は多くありません。

こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「1.英語学習に英文法は不要である」について考えてみようと思います。

1.英語学習に英文法は不要である
2.英語学習は早く始めるほどよい
3.留学すれば英語は確実に身につく
4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である
5.英語はネイティブから習うのが効果的である
6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である
7.英語学習...続きを読む

Aベストアンサー

僭越ながら書かせていただきます。
正しい英語を話すためには、文法は必要だとは思いますが、私は、英文法を学ぶ時に習う、「仮定法」「過去完了」「現在進行形」「受動態」といった日本語の文法用語の数々を覚えることが、必要ないと思いました。
He had killed his dog. 
を理解しようとするとき、まず形式が日本語の文法用語で表すとどれになるのか?とするとこの場合の意味は・・・とやるから、日本の英語学習方法は効率が悪いんだと思います。
私もこれが嫌いで、学生時代は英語の成績は、悪い方でした。
でも、日本語の英文法用語をよく知らなくたって、英語は話せるようになります。
日本語を話すときだって、いちいち「これは受動態」なんて考えずに話してますよね。
社会人になってから語学留学をした際、この日本語の文法用語は一切使わない状態で(嫌いだったので覚えていなかったし)、改めて英語の説明で文法も学びました。
日本語への変換作業が省けるためかたいへん分かりやすく、短期間で習得することができたと思っています。

Q旅行代理店の利益

こんにちは。
よく海外ツアーなどのパッケージ旅行がありますが、
もともと旅行代理店なんて他人の設備等を利用して商売してるだけですよね。
今の時代、航空券とかホテルなんかネットを使えば誰でも簡単に予約できるのに。

仮に1人10万円のパックツアーだと、旅行代理店にいくらくらいのマージンが入るのですか?
(2,000円くらい?そんなに入らない?)

パッケージツアーを旅行代理店経由で申し込んだ場合は、
やっぱりそのマージン分を旅行代理店に 「くれてやった」 と考えるのがよいでしょうか?

また、旅行代理店とコンサートチケットのダフ屋はどうみても内容は同じに見えるのですが、
片方は違法ですよね。この違いを教えてください。

Aベストアンサー

一般的に粗利が15%
マージン分はくれてやったと思えばいいでしょう。
旅行屋もダフやも同じです。あなたの理解は正しいですよ。

「給料安い」「仕事きつい」「立場弱い」の旅行屋は
斜陽産業ですから、もうあまり苛めないでください。

旅行会社が代売だと言うなら、商社も自社製品もなければ
他国の権益を仲介して売買してるだけの業種ですね。
不動産も他人の土地や部屋を仲介しているだけのところも
ありますよね。
銀行も他人の金を集めて他人に貸して利ざやを稼いでいる。
大差ないと思いますが。

旅行業界と異なることをしたいなら自分の土地で自分で
生産した農産物でも作って日々、自分で直売するしかないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報