グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

時々、教えてgoo!で天皇に関して質問があると回答の中に、『日本の天皇はエンペラー(皇帝)だから王よりも偉いんだ』とか『日本の天皇はローマ法王と同格だ』という意見が見られるのですが、これがよく解らないのです。

確かに天皇は英語ではEMPERORと表記され、さらにEMPERORはKINGの上の位に当るようですが、そもそも日本の天皇にしてもその他各国の王にしても、それよりも上の誰かからそういう位を賜ったわけではなく、単にその国で権力を握った人が『自分は王だ(又は皇帝だ)』と自分で名乗っただけではないでしょうか?

とすると、どんなに偉い王や皇帝であっても、その立場というのはその国でのみ通用する立場であって、他国にとっては王でも皇帝でも同じではないのか?と疑問に思うのです。

それとも、自分でEMPERORを名乗っている以上はKINGよりも上になる(名乗った者勝ち)、という国際的なルールなのでしょうか?

私自身は日本の天皇を支持する者ですので、海外でも日本の天皇が一目置かれる存在であって欲しいとは思いますが、“天皇は他国の王よりも偉いんだ”という裏ずけになるものがあったら教えて欲しいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

『日本の天皇はエンペラー(皇帝)だから王よりも偉いんだ』とか『日本の天皇はローマ法王と同格だ』という意見の元ネタは、ここらへん↓から来ているんじゃないでしょうか。


http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/jap …
是非、次回の天皇訪米のアメリカ到着が昼間であって欲しいです。大統領が、夜の正装であるホワイトタイを着て、空港に出迎えるのだそうですから。日本人は、昼間の結婚披露宴で新郎がタキシード(夜の準正装)を着ても、別に変に思いませんが、アメリカ大統領が空港に、それも昼間に着てきますかねぇ。(笑)

さて、外交儀礼上の順位ですが、席次で言えば、もし「国際ルール」があるとすれば、それは国家元首が常に最上位、もし複数の国家元首がいた場合は、先任者が上位、というものです。↓
http://www.answers.com/topic/list-of-heads-of-st …
だから、現時点では、タイのプミポン国王が、一応は最上位となります。先任者を上位とする考え方自体に、「国王や皇帝といったタイトルそのものには、軽重はない」という概念を含んでいます。

但し、↑のサイトにもあるように、現実には、それぞれの国が独自の判断で順位を決めており、通常は、式典のホスト国の判断で決まります。選挙で選ばれた国家元首よりは、国王など世襲の元首の方が上に扱われるのは珍しくなく、また、主にカトリック国に於いては、ローマ法王が最上位に位置づけられるのもよく見られる事です。(裏返せば、ローマ法王と天皇が世界の二大『偉い人』ではない、という事でもあります。)
しかし、式典における席次は、ホスト国とゲスト国の関係の深さの影響を強く受けるので、「国際ルール」や「世界の常識」のようなものの存在を求める事自体、かなり無理があります。

東アジアにおける皇帝とヨーロッパにおけるEmperorが、そもそも論としては別物で、偶々Emperorを皇帝と訳しただけ、というのは、既に他の方が回答された通りですが、「皇帝と国王とどちらが『偉いか』という事を考える際には、あまりそこに拘るのはどうかと、私は思います。例えば、カール大帝や神聖ローマ帝国は、概念としては西ヨーロッパに於けるローマ教会の庇護者であり、教会が国境を越える存在であった以上、概念としては、明らかに国王よりも「偉い」存在でした。ごく初期の神聖ローマ皇帝は、ドイツ王であり、イタリア王であり、ブルグント王であり、かつそのすべての支配者である神聖ローマ皇帝でした。こういう概念があったからこそ、例えば、カスティーユとアラゴンの両方を支配したアルフォンソ6世が、「全スペインの皇帝」などと自称した訳です。
そして、何よりも重要な事は、近代に於いては、皇帝という称号は、そういったそもそも論からは離れて、近代になって、実態があろうがなかろうが、勝手に皇帝と名乗れるようになった事でしょう。ナポレオンのフランス皇帝やイギリスのヴィクトリア女王のインド皇帝は、まぁ『皇帝』っぽい領域支配の実態があったとしても、所詮、自分がそう名乗りたいから名乗っただけだし、ブラジル皇帝、メキシコ皇帝には、ほとんどそういう要素はありません。東アジアでも、併合直前の韓国は、大韓帝国になりましたが、これは、清の影響を脱した事を強調する為の自称であって、別に領土が拡大したわけではありません。でも、日本もちゃんと、外交上、大韓帝国・大韓帝国皇帝陛下と呼んでいます。日本の天皇が、対外的に「Emperor」と呼ばれるようになったのも、こういう時代背景の中です。
長くなりますが、↓のサイトから関係する部分を引用しておきます。
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/works/coene …

同じ明治政府の成立通告であっても、西洋列強との外交関係においては、この種のトラブル・不整合は生じなかった。日本の天皇が外交文書でいくら「皇帝」(Emperor)と自称しても、それが外交ルールに違反するなどとは解釈されなかった。古代ローマあるいは中世ヨーロッパであればまた話は別だが、「主権国家の至上性」なる観念が成立し、それが国際社会を律する近代的原理として定立されて以降、西洋諸国を中心に形成された近代国際社会においては、国際社会を構成する主権国家は、それ自体至高のものとして原理的に相互対等であり、一国の君主が皇帝(Emperor)と名のろうが、国王(King)と名のろうが、それが主権国家の代表であるかぎりにおいてすべては同列であって、そこに原理的に優劣の関係はない。主権者が対外的にどのような称号を名のるかは主権国家の自由勝手であって、それだけでは何ら他の主権国家を拘束するものではない、との解釈が定着していたからである。

日本の『天皇』は、そもそも論からすれば、単なる自称で、外交関係でも、中国中心の東アジアの外交関係(皇帝は中国に一人しかいない)においては、あくまで「日本国王」でした。対外的に天皇(Emperor)を主張した時(明治時代)には、既に「皇帝を自称すれば、そう呼んでもらえる」時代になっていただけの事で、そういうのを「諸外国に認められた」と呼ぶのはどうかと思います。

というわけで、今でも「皇帝」に類する称号を使っているという点では、確かに稀有ですが、国際関係上は、それ以上でも以下でもありません。

尚、現在のイギリス王室は、伝説上は、5世紀末にイングランドに来たサクソン人の首長の血筋をひいています。伝説は別としても、7世紀前半ぐらいからは概ね記録が信頼できるようになって、その頃の王の血筋をひいているのはほぼ間違いありません。ただ、元々「王位は特定の血筋に限られなければならない」という考え方自体がそれほど強くなく、まして「男系相続」にはほとんど拘わっていません。(キリスト教の影響で、一夫多妻が公式には否定されましたから、拘る事自体困難でしたし…)でも、血筋という意味では、非常に古いです。一方、中国では、王朝の交代時は、血の繋がりよりも、実力で皇帝の地位が決まります。

王位を特定の男系に限るのは、北アジアの遊牧民族に見られる特徴で、それとの類似性が、騎馬民族による日本征服説の根拠の一つになったぐらいで、そういう価値観があったから日本の皇位継承が男系相続だったわけで、そういう価値観の無い国ではそのようにならなかったもこれまた当然でしょう。

独特の価値観に基づけば、独特の歴史を持って当然で、それを、国内の一部(多く?)の人達が価値があると思うのなら、他人がどう思おうと関係ないのでは無いでしょうか?「世界にも認められた」と主張しようとするから、無理な議論になるんだと思います。

私は、男系相続に価値があると思っている人達が、「天皇家は世界にも稀な一家である」と考える事に、積極的に反対しようとは思いません。価値観の違う人間・国に「お前も貴重だと思えよ」と強要さえしなければ、それは個人の勝手だと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>国王や皇帝といったタイトルそのものには軽重はない
>一国の元首が皇帝と名なろうが、国王と名のろうが、それが主権国家の代表であるかぎりにおいて全ては同列であって、そこに原理的に優劣の関係はない。

呼び名は各々違ってもその国での元首的な立場は同じでしょうから、国を代表するような立場なのかどうかが問題であって、勝手に名乗っているタイトルは他の国にとってはどうでもいいようなことですね。

お礼日時:2006/09/29 05:37

天皇のことは英語でもテンノーと言うべきだと思います。

その方が誤解がありません。

エンペラーは権威と権限を兼ね備えたものであり、天皇は権威のみです。エンペラーというと天皇が独裁者であるかのように誤解される恐れがあります。

日本の場合、権威である天皇が一番上にあり、その下に権限である総理大臣がいるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/29 05:38

(延べ15人のカキコみを読んだ後の拙いカキコみですが、精確さを欠いたり、気に障る点があったら前以てお詫びして置きます。

)

先ず、偉いか否か?の視点からではなく、超国家的宗教的存在(or機能)のローマ法王を取敢えず置く事にします。その上で立憲君主として英国(女)王と日本国天皇との過去を含めた序列を考えて見るなら、私個人の捉え方は以下の通りです。

1989年迄は124代の昭和天皇(1901~1989)がエリザベス女王II(1929~)より厚遇されて来ており、その拠り所は(NO14さんの指摘の如く)前者が後者より生れが早く、即位日も古かった点に求められる気がします。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/uk/
royal.html

http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/human/si/sho …

1989(第125代天皇即位)年~2006年9/23・・・

上述の如く、英国のエリザベス女王IIは健在で、しかも第125代(明仁)天皇が1933年生れで、前者より若輩なのは動かせぬ現実ですから、国(英国や英連邦構成国等)によっては昭和天皇並みの厚遇は止める動きが起きたとしても、止む無しなのかも知れません。
何故なら、両者が共に健在であり続ける限り、年令及び即位期間の長さの面で、後者の逆転は絶無だからです。

更に(質問者さんの)"他国の王よりも天皇が偉くあってほしい"願望が成就するとすれば

それは(不謹慎は熟知していますが)エリザベス女王IIが例えば2006年急死され、その後約40年間位、第125代天皇が生存し続け、113才を迎えた頃と推測されますが、英国の現女王の急死の上に始めて成り立つであろう"天皇の偉さ"が真の偉さか?私には頗る疑問なのです。

何れにせよ!医学的には天皇にせよ、女王にせよ、ホモサピエンスからは逃れられぬ訳ですから、双方の心臓にお訊ね下さい、としか私には言えぬのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>超国家的宗教的存在のローマ法王を取敢えず置くことにします。
>昭和天皇がエリザベス女王よりも厚遇され、、、即位日も古かった点に求められる気がします。

国家元首の序列に関して、ローマ法王を例に挙げて比べることが間違いだと私は思っています。

他の回答にありますように即位の順で序列を決めているようでしたら納得です。

お礼日時:2006/09/29 05:14

日本では、大和の国など 県レベルが国に相当します。



日本全体では、朝鮮の2~10倍の人口があり、
江戸(一都市)が数百万の人口だった時、朝鮮は200万~の人口しか いませんでした。

それぐらいの差異があったので、県レベルでも国を名乗っても充分な力を持っていたので
特に、天皇がエンペラー扱いでも 諸外国は全て認定していただけですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/29 04:57

追記


ですので、昭和天皇とローマ教皇がエリザベス女王よりも上座だったのは、ローマ教皇を自国元首よりも上座に置く国が存在するためと、その当時の出席した各国元首(特に君主)の即位日順で並べたら、昭和天皇が最も在位期間が長かったからでしょう。
 国際舞台では小国・大国かかわらず、各国は対等の立場としています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>国際舞台では小国・大国かかわらず、各国は対等の立場としています。

解ります、そうでなければオカシイですよね。

お礼日時:2006/09/22 07:47

興味のある内容だったので、国際的な行事・会議などで、元首クラスの席順の取り決めについて、いろいろと調べてみました。


正直、各国事情によって差異はありますが、基本としては即位順・就任順・年齢順などによって席順を取り決めるのが慣例のようです。
 ですから昭和天皇がエリザベス女王よりも上席だったのは、エリザベス女王の即位が昭和28年(1948)なのでそれに基づくのでしょう。
 ですから時によっては天皇陛下が、他国の元首(王族・大統領)よりも下座に座ることもあります。

参考HP
http://www.melma.com/backnumber_108241_3271877/
(7月10日「両陛下、ご訪タイ時のふしぎな席次」を見てください。タイ王国での記念撮影では天皇皇后両陛下は、ブルネイ・スウェーデン両国の王・妃の下座です)

ただし、晩餐会などの王室主催行事であれば、関係の深い元首が優先的に上座になることもあるようです。

 日本の場合では元首では分かりませんでしたが、外交官席次においては、特命全権大使>臨時代理大使>左記以外の大使>領事官の順位で、各役職共に信任順で席次が取り決められるようです。
ただし、ローマ教皇大使は常に外交団長とする国が多いので、信任順にかかわらず上席になる場合もあります。
参考:『中野文庫』外交官席次
http://www.geocities.jp/nakanolib/giten/gaiko.htm#外交官席次


ですから大統領は、君主に対して就任期間が短いことが多いので、自然と君主よりも下座になる場合が多いのでしょう。
不遜な例えですが、もしも皇太子殿下が本日即位され、複数の元首が集まる行事に出席されれば、ブッシュ・ノムヒョン・シラクなど各国大統領よりも下座に座ることもあり得るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>基本的としては即位順・就任順・年齢順などによって席順を取り決めるのが慣例のようです。

王、皇帝、大統領など元首クラスの呼び名は各国で違えども、ランクなど最初から決まっていないということですね。
即位順、就任順、年齢順などでその時々で序列を決めるということでしたら理解できます。

お礼日時:2006/09/22 07:44

王や皇帝が他国にとってであれば、他国にとっては偉いというよりも尊重しているといった方がよいかもしれません。


宗教的な皇も同様です。

総称して王と書きますが、王はその国(宗教)の代表者であり、制度として存在するものであります。
実際に実権のある国もありますし、実際には政治的な実権のない場合もあります。

格をつける場合は、どれくらいの規模の組織の長であるかということとどれくらい歴史があるかということが影響するかと思います。
実際には、政治的なその組織の重要度に応じても待遇が変わることもあるかとおもいます。

天皇の他国での扱いでいえば、天皇は国の制度的な王(的存在)であると同時に宗教的な長(神道の長。なので、天皇が公務をされていないときの仕事の一つに日本の平和を祈るというものがあったりします)でもあります。
例で言えば、イギリスのエリザベス女王やオランダ王室ような国の王であると同時に、ローマ法王のような宗教的な長でもあるわけです。
そのため、国の王としてや宗教的な長としての待遇どちらかでは待遇として不足する(尊重が足りないなど)ということから、待遇が上になるということは実際になされているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>他国にとっては偉いというよりも尊重しているといった方がよいかもしれません。
>格をつける場合は、どれくらいの規模の組織の長であるかということとどれぐらい歴史があるかということが影響するかと思います。

尊重している、、、そうですね、どちらが偉いとかでなく“尊重する”と考えた方が理解できます。
日本の天皇家は2600年以上も延々と続いているということでいえば、確かに世界でも稀な王家というそれだけでも尊重される立場なのかもしれないですね。

イギリス王家も英国国教会との密接な関係のようですね。
各国で尊重される対象というのが何となく解ります。

お礼日時:2006/09/21 12:24

ローマ皇帝をすでにあげていますよ。


国を越えています。

歴史の詳細は、ネットでも見れますよ。
    • good
    • 0

>、全く異なる国の王や皇帝又は首領さまはA国の序列で判断するものではないのでは。



判断ではなく、実際の現実世界での扱われ方を見ればいいだけです。
A国に皇帝がいる場合の多くは、その国は他の国も吸収・支配・合併などをし、国という国境や定義を超えた頂点がいます。
そこには皇帝はなれますが、国王は国に縛られています。

あなたの判断ではなく、多くの実例をみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あなたの判断ではなく、多くの実例をみましょう。

まさしくそれを質問しているのですよ。
#9さんの回答のように実際に他国の扱いを教えて欲しいのです。
そうでなければ皇帝でも王でも首領さまでも同じではないかと思うのです。

お礼日時:2006/09/21 11:34

偉いかどうかは別として、儀礼上は国王よりも天皇陛下を上に扱う国がほとんどです。

公開された文書で明記されているのはアメリカで、
一番上の扱い 日本国天皇陛下 ローマ法王
2番目の扱い エリザベス女王
3番目の扱い その他の国王&国家元首
4番目の扱い 国家元首でない首相(日本の総理大臣が此に該当します       が実際の扱いは3です)

記憶が定かではないのですがNational Archives?的な公文書を電子公開している機関で公開されています。相当前に見たので文書no等は手元にありませんが海外からでも閲覧できるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>儀礼上は国王よりも天皇陛下を上に扱う国がほとんどです。
>一番上の扱い 日本の天皇陛下 ローマ法王

ありがとうございます、こういう回答を聞きたかったのです。
こういう国際的な序列みたいなルールがあるのでしょうか?
公文書に載っているとしたら何らかの取り決めがあるみたいですね。

お礼日時:2006/09/21 11:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界28ヶ国の王家の中では、天皇家が世界一の格上ですか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%A4
世界には、日本・イギリス・ベルギー・スペイン・タイ・カンボジア・
サウジアラビア・スウェーデン等28ヶ国に王制が存在しています。
これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか?

例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Emperor」であるから。
 歴史的に言えば「King」よりも「Emperor」の方が格上。「Emperor」は世界でただ一人。

世界的には、「差別や格差はいけない事だ」みたいな風潮がありますが、
そんな事を言ってしまえば王室の存在が崩壊してしまいます。
王族の世界とは歴然とした格差社会であり、格とか身分の差を公認する
社会だそうです。
彼ら王族は「王族の何たるか」という教育を受けているため、天皇家の
格の高さをちゃんと認識しているため上座を譲りますが、天皇家の権威を
よく知らないのは、もしかすると我々日本人かもしれませんね。

さて、世界の王室において、「格の違い」は存在していますか?
日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%A4
世界には、日本・イギリス・ベルギー・スペイン・タイ・カンボジア・
サウジアラビア・スウェーデン等28ヶ国に王制が存在しています。
これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか?

例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Empe...続きを読む

Aベストアンサー

私も以前考察しました。
その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。

>>日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?
ガセネタです。

まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。
http://www.thaiembassy.jp/photo%20gallery/60th/Albums/Album3/Source/Best_Wish_Expression_116.htm
天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。ただしカトリックを国教とする国ではローマ教皇を自国元首よりも上座に位置させる国も存在するようです。

ただし、国(公的)ではなく王室(皇室)の行事、つまり私的な席では元首同士、国同士でのつきあいの深さによって、席次が決まることもあります。

ですから国家間では格に違いはない、国の規模、王家の歴史、称号の違いなどは関係なく、また元首が王であろうと大統領であろうとすべて平等です。

 西欧社会のEmperor、Kingの関係と、中華文化圏の皇帝(天皇)と王の関係を混同させて「天皇はKingよりも格上である。なぜならEmperorだからだ」というのはむちゃくちゃな理論です。
 ヨーロッパにおけるEmperorと、中華文化圏の皇帝(天皇)はまったく異なる政治概念です。ただ、似たような意義が含まれるから皇帝(天皇)をEmperorと翻訳に当てただけにすぎません(King・Queenを王・女王と訳すのも同様です)。また近代以降ではEmperor、King、皇帝、王と、どのように名乗るのも勝手でした。

だから明治になって天皇の訳語にEmperorを当てたに過ぎません。

参照
ヨーロッパにおける「皇帝」
http://kyoto.cool.ne.jp/rekiken/data/2002/020628c.html

ヤマトの王が天皇を名乗った理由
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20050413A/?FM=cukj&GS=book

より詳しい回答が教えてgooにもあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3952917.html
No.3氏の良回答をご覧下さい。

また、
http://q.hatena.ne.jp/1145697267
の3番目の回答者さんもご覧下さい。

さらに重要なことは三大権威とか、天皇はKingよりも格上などというものは、ネットで、しかもなんら確たる証拠も提示しない掲示板やブログの書き込みでしか見あたらないということです。この時点で眉唾物です。
そういったものが公的に認められているのであれば、その条文なり、条約なりを提示すればいいのにしない。「不文律なんだ」「世間では隠されているのだ」とすれば、それほどのものがだれが書いたとも分からぬ掲示板ごときに流れること自体がおかしいでしょう。

誤解無きようにいえば、わたし自身は毎朝、神仏に天皇家の繁栄を祈り、皇室に敬意を持っています。
だからこそ、このようなデマにすがりつく必要はない。なぜなら、天皇は「日本の天皇」だから敬意を持っているのです。ほかの国よりも偉いから敬意を持っているのではないのです。
正直、この手のデマにすがりつく人って、天皇を敬うフリをしながら、正直天皇に敬意など持ち合わせていない。天皇の権威が分からない。だからこんな恥ずかしい理屈にすがりつかなければ、「天皇への敬意」が表現できないのではと思えます。
また、この手のデマにすがりつくサイトは、天皇への敬意、敬愛の念よりも、「俺さまの天皇は偉いんだぞ!! お前らなんか…」といった他国への憎悪、罵倒が表立っています。正直、他国を見下すダシに皇室を利用しているのではとしか思えません。

わたしは日本の天皇だから敬意を持っています。決して他国より偉いから、他国を見下したいからではありません。

私も以前考察しました。
その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。

>>日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?
ガセネタです。

まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。
http://www.thaiembassy.jp/photo%20gallery/60th/Albums/Album3/Source/Best_Wish_Expression_116.htm
天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。ただしカトリックを国教とする国...続きを読む

Q「王」と「皇帝」の違い

 「王」と「皇帝」の違いについて、疑問をもちました。
 取り敢えず、国語辞典で調べてみたのですが、

王 → 国王
国王 → 国の君主
王国 → 王が治める国

皇帝 → 帝国の君主
帝国 → 皇帝が治める国

 というふうに、たらい回しにされてしまいました。
 歴史的に見ると、ヨーロッパにおける封建時代には「王」が多かったと思います。でも、ローマ帝国は「帝国」ですから、代々「皇帝」です。中国では、今までいくつもの国が生まれては消えていきましたが、殆ど「皇帝」だったと思います。
 いったいどうゆう基準で王と皇帝、王国と帝国は分けられるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLがわかりやすい説明をしていると思います。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/yappi27/e/c56dbc94a16040b9a40093bb96cf099f

Q天皇と皇帝と王の違いって??

タイトルのとおりなのですがこれらは何が違うのでしょう?
英語においても
EmperorとKingと分けているようですが
立場上の違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

天皇は「天の子」です。
「天」は「神」と同義だと考えて(日本では)間違いないでしょう(実際、この辺はかなり乱暴な解釈ですが)。
「子」ですから、血筋がつながっていることを意味します。ですから天皇は代々血統でつながるわけです。

皇帝は「帝国empireを治める男」を意味します。
empireとは「ただ一人の権力者によって統治される領土」と定義されますが、これは、ヨーロッパが小さな国に一人ずつ王がいて、争っていた中で、強い権力者が小さな国の王をまとめて、一番トップにたった、というところから、理解できる定義でしょうね。

たとえていいかどうか分かりませんが、戦国時代に次々と武将を倒して将軍になったのと同じかもしれませんね。もし日本にもともと天皇がいなければ、皇帝と名乗った可能性もあります(あるか?)。

また、皇帝は、中国にもいます(こっちが元祖?)が、中国の場合も「天の子」であることは同様ですが、「天」の概念が日本に入った時点で変質していることからいっても、日本の天皇と中国の皇帝は別のものです。中国の皇帝は血統でつながりません。

さて、そうすると中国の皇帝とヨーロッパの皇帝の違いは、ということになります(ここからは推測になりますが)。

中国の皇帝も、ヨーロッパの皇帝同様、次々と倒してトップに上るつめた人、ですが、「天の子だから、この地位に就いた」とするのが、中国の皇帝概念だといいます。
一方ヨーロッパの皇帝は、「自分は神の子である」とは名乗らない(ですよね?)ので、ここが中国の皇帝との違いでしょう。他にもっと違うところはあるでしょうが、質問から離れてしまいますね。

なお、王はひとつの国のトップ、皇帝はその小さな属国をまとめたときのトップ、ということになります。これは、中国でもヨーロッパでも同じですね。

天皇は「天の子」です。
「天」は「神」と同義だと考えて(日本では)間違いないでしょう(実際、この辺はかなり乱暴な解釈ですが)。
「子」ですから、血筋がつながっていることを意味します。ですから天皇は代々血統でつながるわけです。

皇帝は「帝国empireを治める男」を意味します。
empireとは「ただ一人の権力者によって統治される領土」と定義されますが、これは、ヨーロッパが小さな国に一人ずつ王がいて、争っていた中で、強い権力者が小さな国の王をまとめて、一番トップにたった、というところ...続きを読む

Q天皇・皇帝・首相・大統領・書記長・王様・将軍・・・

国によって一番偉い?と言うか権力と持った人の
呼び方ってそれぞれ違うじゃないですか!
もちろん、同じところもありますがそれぞれなにが
基準で首相と言ってみたり大統領と読んだりするのでしょうか?なんとな~く、もやもやっと定義は
わかっている気もしないでもないのですが、うまく
人に説明できなくって、・・・どなたかスパっと
回答できる方いらっしゃいますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大統領:一般に君主制でない国の最高の統治者の称号です.皇帝,王などがいない国です.

アメリカ,フランス,ドイツ,ロシア,イタリア,パキスタン,マレーシア,インドネシア,フィリピン,メキシコなどです.台湾の総統もプレシデントですから大統領と同じです.

ただし,大統領が直接内閣を指揮して統治実権を握るアメリカ,フランス,ロシア型と
大統領の下に総理大臣がいて,総理大臣(首相)が内閣を指揮して統治実権を握るドイツ,マレーシア型が
あります.

首相(総理大臣):内閣を指揮して統治実権を握る人物です.
日本,イギリスのように君主(天皇,王)が象徴で,その下にいるのと,
ドイツ,マレーシアのように大統領の下にいる場合があります.

書記長:政党の書記局(事務局)の最高責任者です.特定の政党が事実上国政を掌握している場合は,書記長が事実上統治実権を握ります.
ソ連のスターリン書記長がよい例です.

将軍:軍隊が政治実権を握っている国(軍政をしいている国)の最高権力者です.
リビアのカダフィー大佐などがこれに近いのだろうと思います.
朝鮮の将軍様は俗称でしょう.

王:イギリス,タイ,トンガなど皇帝よりも下位,公や侯よりも上位の称号を持つ君主です.マレーシア(連邦)の構成国のスルタンは王に当たると思います.

公・侯:王よりも下位の称号を持つ君主です.ルクセンブルグ大公や,モナコ侯や,アラブ首長国連邦の構成国のエミール(侯)などがこれにあたります.

大統領:一般に君主制でない国の最高の統治者の称号です.皇帝,王などがいない国です.

アメリカ,フランス,ドイツ,ロシア,イタリア,パキスタン,マレーシア,インドネシア,フィリピン,メキシコなどです.台湾の総統もプレシデントですから大統領と同じです.

ただし,大統領が直接内閣を指揮して統治実権を握るアメリカ,フランス,ロシア型と
大統領の下に総理大臣がいて,総理大臣(首相)が内閣を指揮して統治実権を握るドイツ,マレーシア型が
あります.

首相(総理大臣):内閣を指揮し...続きを読む


人気Q&Aランキング