現在とある文章を書いてます。その中で、『記憶が甦る』という部分があるのですが、そのままでは何か表現が物足りないような気が致します。
出来れば、『記憶が○○』と同義語で表現したいのですが、なにか良い表現の仕方はないでしょうか?
勿論全く別の表現の仕方(記憶が入らない)などでも構いません。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 思い出すことを「想起(する)」といいますよね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
なるほど。。。かっこいい表現ですね!
それで行ってみようかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 04:30

 


  記憶が再現された
  忘れていた記憶が復活した 
  忘れていた記憶が賦活(ふかつ)され甦った
  記憶が賦活する
  忘れていた記憶が、心(意識)に(再び)流れ込んで来た
  忘れていた記憶が、心に湧(涌)き出た
  記憶が湧き上がって来た
  記憶が心に湧出(ゆうしゅつ)して来た
  記憶が心に溢れ出た
  記憶が心に横溢した
  記憶が心に展開された
  記憶が開展した 
  忘れていた記憶に覚醒した
  記憶に目覚めた
  記憶に覚醒した
  記憶を覚知した
  記憶が再び現出した
  記憶が蘇生する
  記憶が蘇活する
  記憶が回生する
  記憶が復元された
  記憶が回復した
  忘れていた記憶が心に芽生えた
  記憶が芽生え復元された
  忘れていた記憶が、心に萌え出た
  記憶が胸一杯に再現された
  記憶が心に花開いた……こんなこと誰が言いますか(わたしが言いますとか)
  記憶が星のように耀き再現された
  記憶が銀河のように再現された
  記憶が心に具象化した
  記憶が心に形象として現れた
  記憶が姿を取った
  忘れていた記憶の姿を想起した
  忘れていた記憶の相貌が鮮やかに見えて来た
  忘却に沈んでいた記憶がふと心に浮上した
  記憶の相貌を知った
  過去の記憶が浮かび上がった
  …………
 
  その他色々
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのご回答ありがとうございます。
本当に日本語はいろいろな表現がありますね♪
改めて、『ニホンゴムズカシイネェ~!』(外人風)と
感心しました。
これからもこのキレイな言葉を大切にしたいと思います。

お礼日時:2002/03/28 17:15

「記憶」が主語なのか、「○○が記憶に甦る」なのかによって違ってくると思いますが、前者なら「記憶が覚醒する」とか「記憶が顕現する」などがありそうですね。

後者なら「甦る」を生かして「脳裏に甦る」などはよく使いますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね!主語になるのかどうかでも表現って
変わってしまいますね♪
『顕現』という言葉、初めて聞きました。
キレイな表現だと思います。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/03/27 15:36

○○の言葉は短くないといけないのですか?



物語としてお書きになるのでしたら、もし、おどろおどろしい話でしたら
「記憶という汚泥から微生物の呼気が吐き出されるようにふつふつと」とか
さわやかーな話でしたら「ロシアの永久凍土・・・(さわやか?)」
「南氷洋の流氷からミシミシと太古の大気が押し出されるように」とか
(あー、書いてて恥ずかしくなっちゃった(^^*)どでしょ。

単純に単語だと「記憶が彷彿(ほうふつ)」かなぁ。(よみがえるだから違うよなぁ)

「記憶が・・・ただいまーって、引き戸を開け、部屋の真中の囲炉裏のふちにどっかりとと腰掛け・・・」
すいません。降参~(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『彷彿』もカッコイイ表現な気がします。
でも、僕のキャラですと、後者の表現の方が本当は
イイのかもしれません。。。(^^;
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 15:34

「その林を抜けた小径にお地蔵さんが祀られていた。

そのお地蔵さんにかけられた赤いエプロンが風に翻ったとき、かつて、ここに一度来たような感覚にとらわれた。懐かしいものがこみ上げてきた。そういえば、私は幼いとき田舎で暮らしていたのだった。そう思った瞬間、その記憶をたどりはじめていた。」のような文章だとすると、「その記憶が甦った」の代わりになるかもしれません。
難しい表現というのがどういうことを意味するのかよく分からないのですが、このような書き方をすると、単に何々という記憶が甦ったというのに比べて表現としては凝っているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど。。。言葉で表現しようとしないで、
その様な表現もありますね♪
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/03/27 15:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうっとりするくらい美しい言葉が使われている小説や詩、もしくは比喩表現(創作でも構いません)を教えて下

うっとりするくらい美しい言葉が使われている小説や詩、もしくは比喩表現(創作でも構いません)を教えて下さい。例えば・・・
「象牙色のきめ細かい肌」「絹のような艶やかな黒髪」みたいな(下手で申し訳ありません。寒いですよね。)・・・。
最近、美しい言葉に触れてみたいと一層思うようになりました。自分の感性を磨いて、洗練された語彙を取り込みたいのです。よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

島崎藤村『初恋』
与謝野晶子『みだれ髪』
谷崎潤一郎『痴人の愛』
夏目漱石『夢十夜』
宇野千代『色ざんげ』
中勘助『銀の匙』

日本の作家ではありませんが、シェイクスピアもいいですね

「美しい」とは違いますけど、
太宰治の『女生徒』の最後の言葉はキュンキュンします
あんな言い回し女の私でも思いつきません(笑)

Q俳句での全盲者の表現の仕方について

癌で入院中の知り合いの方が、

全盲の 若きピアニスト 爽やかに弾く

という句を読んだ所、俳句の先生に、「全盲」という言葉は俳句では使ってはいけない、
自分が全盲でそれを読むのは良いが、他人の事を読むのに使うのは駄目だと注意されたそうです。
本来なら、その先生に聞くのがいいのでしょうが、文章で月に一回のため出来ないので、ここで質問させてください。

俳句の表現として、全盲の方を表現するのに、より良い言葉や言い回し、隠語などは無いでしょうか?

私個人としてはパラリンピックなどもあるのですし、全盲という言葉に悪い意味ばかりではないように思えるのですが、俳句に対する知識がまったくないため、みなさんの意見をお聞かせください。
とくに、ああ、そんな言い回しは素敵だねっていうのがあればお教えくださいませ。

*すぐに回答をなのは、知り合いのかたの病状はあまり良くないためです。

Aベストアンサー

盲 めしひ(現代仮名遣い:めしい)  盲ふ(動詞)

   
秋の雨盲めざめて居たりけり   前田普羅

蟻地獄聖はめしひたまひけり   阿波野青畝

荒海にめしひて鯛を愛すかな   三橋鷹女

蝶めしひ理化学辞書に燈がともる   佐藤鬼房

参考URL:http://thesaurus.weblio.jp/content/%E7%9B%B2

Qロレンスの表現する詩的表現について

ロレンスは、男女間の第一の動機として人間の官能の力を正面に据えていますが、自己を主張する表現は、自然の万物を最大限に利用していると感じます。ロレンスについて詳しい方、彼の詩的表現が感じられる一節をいくつか知りたいのですが、どうか教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

専門外で、こういう意見はどうか、という程度の意見なのですが…

(ご自分では読まれた上でのご質問でしょうか、という…も気になります。たしか、ロレンスも詩集を出していたと思いましたので、その中に詩的な表現が意識されていない、ということなのでしょうか、という前提で、書き込みます。)
ロレンスのテーゼは、marticaqさんのおっしゃるようなものだと思います。そして、それがその社会においては、露骨に語られてはならないものでした。それをあえて語ることは、彼にとって熟慮の上だと思いますし、その根拠として自然の万物の営みを引用しているのだと思います。
そして、詩的な表現というものが、その当時の社会の覆い隠した表現の最たるものと、私には映ります。
ロレンスにとってもそう映っていたかはわかりませんし、そこらへんは専門家の裏付けが欲しいですが、何かを言い換えることなく、率直に語るということは、詩的表現とは相反するものに私は思います。
ただ彼の表現が、写実主義とは少し違う所は、フロイト以後であること、宗教批判の意味もあることであると思います。科学的なエッセイや(専門的なものではないですが)、論文的なものも記していたので、純粋な文学者というイメージは私にはあまりありません。(もしかしたらそれらのエッセイの翻訳書はないかもしれません)(詩は、"complet poems"という形ででていたのをネットでちらっとみたことがあります。)(手元には、penguin booksのD.H.LAWRENCE "SELECTED ESSAYS"がありました。これは読みやすくて、個人的にも参考になりました…。)

回答になっていない気もしますが、参考までにです。ただ日頃さまざまなものを、乱読多読をしているので、何となく感じたまでです。

専門外で、こういう意見はどうか、という程度の意見なのですが…

(ご自分では読まれた上でのご質問でしょうか、という…も気になります。たしか、ロレンスも詩集を出していたと思いましたので、その中に詩的な表現が意識されていない、ということなのでしょうか、という前提で、書き込みます。)
ロレンスのテーゼは、marticaqさんのおっしゃるようなものだと思います。そして、それがその社会においては、露骨に語られてはならないものでした。それをあえて語ることは、彼にとって熟慮の上だと思いますし、そ...続きを読む

Q「主張する」の同義語

ってありませんか?

今、弁論文を書いていて、「主張する」がダブるのが気になるんです。
文脈で言うと「私は~を旨として○○を主張します」。
○○は、弁論文の主題が入ります。

Aベストアンサー

どのような内容かは存じませんが下記の言葉が主張とあうのではないかと思います。


「私は・・・・を旨として○○を声を大にして訴えます」

「私は・・・・を旨として○○を強く願うものです」

「私は・・・・・を旨として○○を申し上げたいのです」

こんなふうに話されたらいかがですか。
例 環境問題の解決なくして日本の未来はないと強く訴えます。
参考になさってください。

Q植民地とはなにか

こんにちは。
歴史の教科書に出ているザビエルは実はスパイだったという説を聞きます。
まーそりゃそうでしょう遠くからわざわざ布教しに来るわけですから。
大日本帝国でも満州国などに傀儡政権を樹立したり、神社を建てたり、日本語教育をするなど植民地政策のようなことをしています。
マッカーサーは天皇陛下にキリスト教工作員をつけてキリスト教徒にさせようと企んだという。
日本人は植民地政策をされまくりでありながら何もわかっていない哀れな家畜。
他国を支配し、傀儡化し、魅了し、洗脳し、文化侵略等で弱体化していく植民地政策について、情報がなさすぎるのでご存知のかた、どういうものなのか、戦前の日本はどういう植民地政策を取っていたのか、日本に取られてきた植民地政策とはなにかご助言ください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

ザビエルの時代には西洋から持ち込まれる文明に興味を持ったのであり、純粋にキリストの教えに感銘したわけではありません。文明の利器を手にしたら、それを基に商売ができます。科学的な知識を得たら、自分の立場を優位にすることもできます。

極一部の人達が信者になりましたが、広まらなかった理由は白人の持つ残虐性でした。現在もユダヤ教、イスラム教と紛争が絶えませんが、ザビエルとともに日本に来た宣教師らは、日本の神社仏閣を破壊しました。これには民衆がついていけなかったのです。信長が延暦寺を焼き討ちしたり、本能寺では焼死したりがありましたが、あれは日本人の伝統的な宗教心からすれば罰当たりな行為です。純粋な心で宗教を求める人が従うはずはありません。

当時は白人国家が世界中に植民地を求めた大航海時代でした。人種差別も罪ではありませんでしたので、侵略した国で王族を皆殺しにしたり、村を攻めて全員殺害したり、やりたい放題でした。ナチスのユダヤ人虐殺の記録映像がテレビなどで流れることがありますが、世界中の植民地であのような光景が繰りひろげられたのです。ドイツは日本と同様、敗戦したので侵略戦争の責任をすべて押し付けられたのです。

各地で現地の有色人種と侵略者の白人の混血が生まれましたが、これは強姦によって生まれた赤ちゃんの子孫です。白人との混血児は優遇されますが、純潔の有色人種は人間扱いされません。こうすると植民地で混血VS純潔の紛争が勃発し、果てしない争いが続くことになるのです。現在の朝鮮が南北に分裂しているのも、国内に紛争の火種を持ち込むことで、独立のために国民がまとまることを防ぐという白人の策略です。東チモール、南スーダンなども同じ構図であると考えてください。かつては東西ドイツ、南北ベトナムなど、分断国家が多かったものです。

と、ここまで白人の正体を知ってしまえば、江戸幕府がキリスト教を禁じた理由が分かると思います。江戸時代は、もっと露骨に侵略と差別の意識をもっていたと想像できます。

日韓併合を「植民地」と言う人がいますが、あれこそ朝日新聞的な言い換え、すり替えの論法です。併合時代、半島各地に学校を建てて教育を施し、道路や鉄道などのインフラを調え、半島の暮らしは飛躍的に工場しました。欧米の植民地は上の段落で述べたような状態が第二次大戦後にまで続けられました。タイと日本だけが辛うじて免れましたが、その他の国は列強国の軍隊を前にして、無抵抗のまま殺戮、略奪、強姦されたのです。

言葉が独り歩きするとはこのことです。日本は早急に書き変えられた日本史を元に戻さなければなりません。そのための歴史教育の大改革が必要です。

ザビエルの時代には西洋から持ち込まれる文明に興味を持ったのであり、純粋にキリストの教えに感銘したわけではありません。文明の利器を手にしたら、それを基に商売ができます。科学的な知識を得たら、自分の立場を優位にすることもできます。

極一部の人達が信者になりましたが、広まらなかった理由は白人の持つ残虐性でした。現在もユダヤ教、イスラム教と紛争が絶えませんが、ザビエルとともに日本に来た宣教師らは、日本の神社仏閣を破壊しました。これには民衆がついていけなかったのです。信長が延暦寺を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報