出産前後の痔にはご注意!

主題の件、「」内の表現を最近見かけます。
私は誇大広告だと思いますが、皆さんはどうお考えですか?
理由「時計そのものがそんなに持たない。」

あげあし取りではありません。
以前、「ソーラー腕時計 電池交換不要」を1万円強で買いました。地球環境にも良いし(うたい文句)。
しかし、4年たったら止まってしまいました。
修理に出したら「コンデンサが劣化。コンデンサ劣化のまま使っていたので予備電池も劣化しており、これも交換必要。特殊電池なので売ってはいない。メーカに出すので修理費2万円は見てほしい。」
結果的に、普通のボタン電池腕時計を、2年ごとに電池(500円)を交換したほうが経済的でごみも小さいという結果でした。

つまり、全体的に寿命バランスが取られていないのです。
構成する一つの部品を捕らえて高寿命を唄いつつ、他の短寿命部品を隠した広告です。

ご意見をお待ちします。
 「一年間の誤差を10万年に換算しても1秒の誤差を意味している」というご意見は無用です。「1年間に1万分の一秒の誤差」なんていうのは腕時計には不要ですので。
 
#10日ぐらいで閉めさせていただきます。念のため。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

電波時計は、実は時計ではありません。


基準電波受信用のラジオやテレビと考えた方が良いと、私は思っています。
つまり、基準電波送信所の時計の精度が10万年に1秒なので、その端末、またはモニターに過ぎない電波時計もその精度を保持していられるのです。
電波の受信出来ないところに持っていけば、本来の精度で勝負せざるを得ず、せいぜい普通の誤差程度です。
むしろ、電波時計のメリットは、その精度ではなく、時計の時刻修正が不要であるという点だと私は考えています。
何しろ、基準電波を受信するたびに、電話で現時刻を確認し、時刻修正するのと同じ事をやっているのですから。

なお、ソーラー腕時計も、相応に高級品ならメンテ無しでかなり機能を維持出来ます(最近、知人にあげてしまいましたが、10年使って故障知らず、壊れる気配も無しと言うのを持っていました)。
Gショックのソーラー腕時計辺りを長らく使っている方なら、どれだけメンテフリーなのか、証言出来るのではないかと思います。
    • good
    • 0

セシウム周波数標準器は、正確さ(確度)は6×10-15



なんです・・・・

この意味が普通の人には理解できますか・・・・

1次原器

確度)は6×10-15
(500万年1秒)

2次原器
一般的なセシウム原子時計は12ケタ(10-12程度の正確さ」

10万年に1秒程度

これを
もし1秒誤差がでる時間を皆さんにわかりやすく
しようとすると

誤差10万年に1秒

ならば判りやすいやすでしょう

これを

1秒10-12分だけ誤差がでる

こりゃ・・創造ができません

判りますか


たんに判りやすく置き換え表示しただけの事です


http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/0308/04/n_crl. …

誇大広告では無いです

現実は、10万年たっても1秒もずれません

1次の原器から補正されるので・・・


ソーラー腕時計 電池交換不要
コンデンサが劣化で故障とは
何も関係ありません

コンデンサが劣化で故障

これが、多発するようようであれば・・
設計不良や製造不良になります

個別の時計の問題です

地球環境にも良いは
良い面だけを見た表示です

値段が高い分だけ地球環境を破壊してます

たんに、電池を交換しないぶんだけ
地球環境にも良って表示です

ある意味誇大表示と思わせる
間違えやすい
勘違いしやすい 表示の可能性はあります

公正取引委員会
から是正がでてる広告も沢山あります

特に
生命保険などが勘違いしやすい表記なので
改めるように指導がなされる事が過去にはあります

問題と思うならば

公正取引委員会に指摘すれば、回答が返ってきますので

http://www.jftc.go.jp/profile/madoguchi.htm
    • good
    • 0

まず、誤差10万年に1秒という件についてですが・・・・



・電波が届く状態を前提にすると確かに合致します。

しかし・・・
・電波により調整する間までの最大誤差で考えると
過大広告になるかもしれません。

1日1秒ぐらい狂う可能性も十分ありえます。
(そして、電波によって調整する・・・)

ためしに、その電波時計を電波の届かない所に入れれば、場合によっては
1ヶ月に1分とか狂うことはあたりまえです。

あくまで、電波が届く正常な使用範囲内において、10万年に1秒以下・・ということになります。

また、もうひとつ、誇大広告である点としては・・・
・その10万年の間に、時刻制度がかわったらどうなるか?

まずないと思いますが、万が一あった場合は、大幅に狂うことになります。

最後に、質問内容の場合の劣化と、誤差はなんら関係ありません。
    • good
    • 0

腕時計単体での誤差でいえば10万年に1秒の精度はあり得ませんね。


しかし”電波を受信して補正し続ける限り”原器通りの精度を維持するのでしょう。
まぁ当然と言えば当然です。

私は目覚まし時計で電波時計を使用しています。
買って1年経ちますが、室内では一度も電波を受信していません。
したがって時刻は狂う一方です。
腹立たしいほど進みます。
鉄筋コンクリでは受信できないのです。
結局、電波を拾えなければその程度の精度ですよね。
ひどいものですよ。
たまに、思いついた時にベランダへ放置して受信させてます。

東日本は福島から送信されている様ですが、はっきり言って送信出力が弱いと思いますよ。
腕時計であれば外に出る機会が多いですから、電波をしっかりキャッチできそうですけどね。

ついでにソーラー腕時計ですが、私はカシオのタフソーラーなる時計を使っています。
しかし、いつかはダメになると思って使ってます。
バックアップ用の電池にソーラー発電して充電しているだけの話しで、電池交換不要とは言いつつ、
いつかはその電池がダメになりますよね。
結局その電池がイカれれば、時計として満足に機能しなくなるのは当然ですからね。
    • good
    • 0

「時計の寿命」が10万年と謳っているなら、明らかに誇大広告ですね


「誤差」が10万年に1秒、電波時計のシステム自体が生きていれば、確かにそのくらいの精度であるみたいです。
ですんで誇大広告とはいえないでしょう

でも確かに10万年も時計がもつわけが無いですから
大げさな表現ではありますね。

日常使用する腕時計程度なら1年1秒の誤差であっても全然問題になりません
(生まれたときに買った腕時計が死ぬときに2分以上狂ってないわけだ)

ちなみに精度のよい機械式(手巻き)腕時計が一番いいと思います
(高級品になっちゃいますけどね)
    • good
    • 0

このコピーが誇大広告であるか否かを検証する為には、電波時計の製造から10万年生きる必要がありますね。

    • good
    • 0

> つまり、全体的に寿命バランスが取られていないのです。


> 構成する一つの部品を捕らえて高寿命を唄いつつ、他の短寿命部品を隠した広告です。
> 理由「時計そのものがそんなに持たない。」

そうではないですよ。
「電波時計 誤差10万年に1秒」は、時間精度について表現したものであって、寿命については触れていません。寿命と精度とは別の問題です。
「電波時計 誤差10万年に1秒」が10万年の寿命を示すと言うのなら、「デジタル時計 誤差1ヶ月に1秒」とあったらその時計は1ヶ月の寿命という論理になってしまいますよ。
そんな馬鹿げた解釈を振り翳して、誇大広告だと息巻いているのは滑稽としか言いようがありません。

アンケートのカテゴリーなので敢えて技術的な話は致しませんが、私のこのサイトにおけるニックネームと、質問者さまのそれとは3文字目まで同じですが、物事の捉え方はずいぶん違うものだなあと感じました。
    • good
    • 0

「電波時計 誤差10万年に1秒」


電波時計の精度は普通のより高いんだと普通に思います、特に誇大広告とは思いません
1.理論上の数値で現実の数字とは思わないから
 (思うほうがどうかしている)
 (現物で実証出来ないのだから理論値でしょう)
2.それなりの器材を使っているでしょうから、月差±20秒とかよりは、精度は良い(±0とは思わないしありえない)と思うから
3.機械だから壊れる、精度も落ちる、しかし元の精度が高ければ、落ちる度合いも少ない程度に解釈
    • good
    • 0

別に 誇大広告ではないと思いますが



厳密には 送信している時刻信号が
10万年に1秒の誤差と言うことですのです。

時計がそんなに持たないと言うのは
誤差が10万年に1秒の誤差と争点が違います。

腕時計で ソーラー電波 シチズンを使ってますが便利ですよ。
時刻調整を勝手にして 常に正しい時刻に成りますのでものぐさには最適。

精度の高い クオーツ電池式でも 月差10秒ぐらい
不都合が生じるになるほど 狂うわけでは無いですが
腕時計なら 腕に付けたときに一番精度が高いように
調整されています。

文面から 電波時計の事を理解されてない様な気もしますが(^_^;

時計自体の機能が高性能で誤差を出さないのではなく
逐次時刻調整するから 誤差が出ないのです。
http://homepage.mac.com/ueji/radio_watch/what-jp …
この機能が無ければ 時計単体の精度では
月差20秒ぐらい 精度の高いもので月差 10秒ぐらいです。
    • good
    • 0

電波時計の校正に使う原始時刻を刻む時計がその精度です。


実際に購入した時計本体にその精度があれば電波時計にする必要は全くありません。

はっきり言ってしまえば、夜間に自動校正された時はその精度に近いですが、時間が経過してしまえば時計本体の精度に影響されるので、電波時計と言っても校正後は時計本体の精度の時刻情報しかありません。

時計本体の精度がなければ、電波時計と言っても日に何秒も狂います。

本来はそれを念頭に購入すべき物ですので、時計本体の寿命以前の問題です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電波時計は10万年に一秒の狂い?

電波時計は10万年に一秒の狂いがある
ということを聞いた事があります。
でもなぜ狂うのですか?
何万年経っても電波時計は狂わないと思うのですが・・・

ご説明を頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

http://jjy.nict.go.jp/QandA/FAQ/jjy_qa.html#q15

こんな感じでしょうか…。

Qソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるので

ソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるのでしょうか?

メーカーの説明を読むと、光に当たっている限り、半永久的 (?) に1秒の狂いも無く動き続けるように感じるのですが、本当のところ、どうなのでしょうか?

このカテでも同じようなQ&Aがあったのですが、半永久というのは言い過ぎだという回答が多かったです。

仮に現在の技術で半永久が可能となったとしても、針式(アナログ式)の時計は可動部分があるため、何年かすると補修の必要が出るように思うのですが、それはどうでしょうか?

もうひとつ

ソーラーじゃなく、普通の電池タイプの腕時計の場合、メーカーの説明で電池の寿命が3年とか5年とかの表示があるのですが、購入した製品があと何年の寿命なのか確かめる方法ってあるのでしょうか?

実際の店頭にはそんなに古い製品は無いという話を聞いた事がありますが、もし買って半年で電池切れになり、クレームをつけても、「残念ですが、あなたが購入したのは、あと半年しか寿命が残っていない時でした」 と言われたら、どうしようもないように感じます。

本当に買ってから3年とか5年は確実に電池はもつのでしょうか?

ソーラー・電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるのでしょうか?

メーカーの説明を読むと、光に当たっている限り、半永久的 (?) に1秒の狂いも無く動き続けるように感じるのですが、本当のところ、どうなのでしょうか?

このカテでも同じようなQ&Aがあったのですが、半永久というのは言い過ぎだという回答が多かったです。

仮に現在の技術で半永久が可能となったとしても、針式(アナログ式)の時計は可動部分があるため、何年かすると補修の必要が出るように思うのですが、それはどう...続きを読む

Aベストアンサー

ソーラー電波アナログ腕時計を3年数ヶ月愛用してます。
勿論、1秒の誤差なしで動作中ですが、それ以前に購入したソーラー・クォーツ・アナログ腕時計は購入後8年程度経過して現在もノンストップで動作中です。
寿命になりそうな部品は、内蔵バッテリーとソーラーパネルと考えられますが、8年以上の使用実績がないので私の場合は未知数です。
8年の使用実績から、私の予想ですが20年は使えると思ってます。

他に、酸化銀電池を使用するアナログ・クォーツ腕時計を3つ持ってます。
いづれも電池寿命は3年程度ですが、古い初期の物は40年近く経ちますが、現在も動作します。
但し、途中で幾つも腕時計を購入してるので、電池切れを何度かさせてるので連続動作ではありません。

同じ時期に購入したグランド・セイコー自動巻腕時計は約40年間に2度分解掃除をしてますが、現在も健在で動作します。
それ以前の時計は紛失しました。
これ等を総合的に考えると腕時計本体は40年間は自動巻でもクォーツも使える結論です。
時計本体より先に金属バンドがダメになる印象です。
尚、電池式クォーツ腕時計の内蔵電池は「購入時はモニター電池」です。
時計メーカーが製造時に装填するので購入時に1年経過してれば、3年の電池寿命の物は残り2年になります。
電池切れで新品電池を装填した時はメーカー発表の電池寿命は保証されます。
私の場合は、どんな腕時計でも5~10年で「飽きる」ので腕時計に何10年の寿命は期待してません。
それでも40年は動作してる現実があります。

ソーラー電波アナログ腕時計を3年数ヶ月愛用してます。
勿論、1秒の誤差なしで動作中ですが、それ以前に購入したソーラー・クォーツ・アナログ腕時計は購入後8年程度経過して現在もノンストップで動作中です。
寿命になりそうな部品は、内蔵バッテリーとソーラーパネルと考えられますが、8年以上の使用実績がないので私の場合は未知数です。
8年の使用実績から、私の予想ですが20年は使えると思ってます。

他に、酸化銀電池を使用するアナログ・クォーツ腕時計を3つ持ってます。
いづれも電池寿命は3年程度...続きを読む


人気Q&Aランキング