CA(スチュワーデス)には、ソムリエの資格を持っている人がどのくらいの割合でいるのでしょうか?

日本航空、全日空、その他の航空会社で、ソムリエ資格を持ったCAの割合が違いますでしょうか?
また、外資航空会社では、ソムリエ資格のCAはどのくらいの割合でしょうか。

日本のCAと外国のCAとで、ソムリエ資格の普及の具合が違いますでしょうか。

また、そもそもCAがソムリエであることには、どういう有利なことがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



ちょっとご希望の回答と違いますが、『ソムリエの資格を持っている人の何割かがCAでその何割か(かなり多い)はJALのCA』という記事をどこかで読んだことがあるので、検索してみました。
ぴったり当てはまる記事は見つかりませんでしたが、いくつか参考になりそうな記事を見つけました。どうやらJALが一番多そうですね。

http://www.hawaii123.com/release/nr01034.html

http://www.winnel.co.jp/jsa/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご親切なご回答ありがとうございました!
わざわざ記事を検索していただき感謝いたします。
JALのCAのソムリエが 1200人くらいいるようですね。
具体的な数字が分かって、とても参考になりました。

お礼日時:2006/09/23 08:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソムリエについて知ってること思うこと教えてください

高校1年、夢はソムリエです。
定時制に通って専門学校に行きソムリエとして働きたいと思っています。

ソムリエに会ったことがある人、ソムリエを仕事としてる人、ソムリエを知ってる人。

以上の方で
ソムリエの良い点、悪い点
ソムリエの印象(カッコイイなど何でもいいです。)
こんなソムリエの人がいた

など、なんでもいいのでご意見をお聞かせください。お願いします。

Aベストアンサー

こういうサイトがあるのをご存知ですか?
 ↓
http://www.13hw.com/jobcontent/05_02_17-a.html

参照するとザッと一通りのことは分かると思いますよ。

参考URL:http://www.13hw.com/jobcontent/05_02_17-a.html

Q全日空や日本航空のマイルカードはチケットハウスでも航空券購入してもポイント追加されますか教えてくださ

全日空や日本航空のマイルカードはチケットハウスでも航空券購入してもポイント追加されますか教えてください。

Aベストアンサー

チケットショップで扱う安く飛行機に乗る方法でもマイルが付与されるかということですね。
まず、マイルは付きます。但しマイルの付与率は搭乗クラス、チケットの種類によって変わります。
詳しくはJALやANAのホームページで確認してください。

Q○○ソムリエを探しています。

○○ソムリエを探しています。

ソムリエといえば正式にはワインだと思いますが。
今は(非公式なのか造語なのかは不明です)
・野菜 ソムリエ
・お米 ソムリエ
・塩 ソムリエ
・パン ソムリエ
・お茶 ソムリエ
・コーヒー ソムリエ
・紅茶 ソムリエ   などあるようです。

上記以外に○○ソムリエと呼ばれる方はいるのでしょうか?○○に入るモノは“食材”であればどんなモノでも構いません。
 
例)胡麻 ソムリエ
  マヨネーズ ソムリエ
  水 ソムリエ などです。

できれば正式に認定されるているものだと嬉しいのですが、非公認・自称でも可です。

難しいかもしれませんが
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

テレビで見たんですが
「いも ソムリエ」っていうのを見ましたよ。認定さ
れてるかわからないんですが・・

あと
有名なのは「酢 ソムリエ」とか。
これは「スムリエ」とか言ってました。

Q航空業界(全日空)の企業研究

 航空会社の(主に全日空)企業研究をしていて、利用者の生の声を聞きたいのでこれを利用しました。苦情等なんでもいいので意見・感想を聞かせてください。また、あなたが良く利用する航空会社の感想やその理由などもあると比較になってうれしいです。(差し支えなければ)あなたの性別・年齢・飛行機の利用状況等も教えてください。本当にどんなことでも結構です!!
 もし、航空業界に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いします!!!

Aベストアンサー

こんばんは。

20代後半の女性です。 国際・国内線ともにプライベートで年に数回利用します。
過去の全日空の利用状況ですが、国際線が2回、国内線は10回以上あります。

生まれて初めての海外旅行の時、ロサンゼルスまで全日空を利用しました。 
学校の語学研修であったため、自分で選んだわけではありません。
子供の頃から比較的飛行機に乗る機会は多かったので、200名近くの団体で添乗員が付いていましたが、機内では当然客室乗務員にお願いや質問しても構わないだろうと判断して、出入国カードの記入方法について質問しようと、通りがかった乗務員を呼び止めました。 「~教えてください。」とお願いしたところ「添乗員さんに聞いてください。」と言い放ち、さっさとどこかに歩いて行ってしまいました。 また飲み物をお願いしようとした時も「あちらでご自由にどうぞ」とギャレーを指差されただけです。 初めての国際線でわけのわからない10代の私には、忙しそうに働いている彼女達に声を掛けるのは非常に勇気がいったのを覚えています。 現在でも乗務員側からサービスされるウェルカムドリンクや食事など以外に、飲み物などをお願いするのは気兼ねしてしまいますので、ペットボトルを持ち込むようにしています。

ビジネスクラスを利用する友人から聞いた話なのですが、ビジネスクラスでさえも英語が話せない人が乗務しているようです。 外国人に話し掛けられて、即答できずに他の乗務員を呼びに行く人を見かけるそうです。

旅行計画を立てるときにいつも思うのですが、全日空は「路線は多いがデイリーフライトが少ない」という点に不便さを感じて、他社にすることも多いです。 
で、どこの航空会社を選ぶかというと、アジア・ヨーロッパではその国の「ナショナルフラッグ」を選択することが多く、アメリカではマイレージ・プログラムの関係でノースウェストを利用することが多いです。 「JALに乗りたい」という気持ちはあるのですが、予算の関係で断念することが多いです。

全日空以外の航空会社に関する感想ですが、何かと評判の良くない大韓航空で、前の座席のポケットに入っている「エチケット袋」が使用済みだったことがあります。 もちろん乗務員に持っていきましたが、日本人、それなりに日本語が理解できる乗務員がいなかったために、私が具合が悪いのだと勘違いされただけでした。 私もあまりの出来事に頭に血が昇り、説明できず非常に嫌な思いをしました。 
キャセイ・パシフィック航空では、座席がギャレーのすぐ近くだったため客室乗務員の私語がうるさく眠れませんでした。 話の内容も、これから私たちが旅行しようとしている旅先についての悪口だったので、気分が殺がれました。
エア・タヒチ・ヌイでは、機材が相当古く、到着までにエコノミークラスのほとんどのお手洗いが故障してしまい、不便な思いをしました。
ノースウェスト航空では、出発予定時刻を30分過ぎて搭乗できない状態でも、「On Time」と表示されていて驚きました。 ゲート前のスタッフの対応も「わかりません」だけでした。 
ヴァージ・アトランティック航空では、客室乗務員がサービスしながら自分たちの上司の悪口を日本語で言っていました。 これにも驚きました。

悪口ばかり書いてしまいましたが、機内食が一番好きなのは、エールフランス航空とニュージーランド航空です。 乗務員の方も親切でよい印象です。 エールフランス航空では、エコノミークラスでもウェルカムドリンクでシャンパンが飲めるところもいいです。 エア・タヒチ・ヌイでも飲めました。 現在はエア・カナダと合併(吸収?)したカナディアン航空でも具合が悪くなった時に、親切にしていただきました。 タイ航空の乗務員の笑顔もステキですね。 さすが「微笑みの国」だと思いました。

中でも一番忘れられない思い出は、初めて一人で飛行機に乗ったときのことです。 機内がひどく揺れて不安になり、泣き出しそうな顔をしている私に「大丈夫ですよ」とにっこり笑って勇気付けてくれたJALの乗務員さんです。 やっぱりJALが好きかな?

長々と失礼しました。 参考になれば幸いに存じます。

こんばんは。

20代後半の女性です。 国際・国内線ともにプライベートで年に数回利用します。
過去の全日空の利用状況ですが、国際線が2回、国内線は10回以上あります。

生まれて初めての海外旅行の時、ロサンゼルスまで全日空を利用しました。 
学校の語学研修であったため、自分で選んだわけではありません。
子供の頃から比較的飛行機に乗る機会は多かったので、200名近くの団体で添乗員が付いていましたが、機内では当然客室乗務員にお願いや質問しても構わないだろうと判断して、出入国カードの記...続きを読む

Qソムリエの方に質問です。

私はソムリエを目指している訳ではないのですが、先日ワインを飲んでふと思った事です。


ソムリエの方は何故ソムリエのなろうと決めたのですか?
ソムリエになってメリット・デメリットがあれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソムリエになった理由:
仕事柄海外に行くことが多く、色々な場所でワインを飲むうち、好き嫌いが出てきて、なぜこんなに違うんだろう?と興味がわいた為。条件的にワインアドバイザーよりソムリエの受験資格に合致したのでそちらを選びました。

・メリット
1.ソムリエに合格する為にぶどうの品種、白と赤の違い、国別のワイン法の違いなど、基礎を学ぶことが出来たので、ワインリストを見ても最低限の説明は友人などに出来る。

2.実際にワインを作る側になりたいと留学した時、ソムリエ時代の知識は一般教養としてかーなり助かった。
※日本のソムリエの試験は世界一難しいと聞いていたが、確かにソムリエ受験の為に勉強したことだけでほとんど満点に近い点数が取れました(笑)

3.個人では複数本のワインを一度に味わったり出来ないが、ソムリエ仲間だと互いに持ち寄って思いもよらないワインをテイスティング出来たりする。また食事とのペアリングなどの情報交換はソムリエならではと思うことがある。

・デメリット
1.とにかくワインに関することならなんでも知っているだろうと、ありとあらゆる質問をされること。ソムリエも人の子。ワインの好き嫌いはあります。また仕事場が例えばイタリアンレストランだったら、やはりイタリアワインが中心になるので、いきなり南アフリカのことを聞かれたってそりゃ、答えられません(笑)

2.ワインの醸造方法に関する事柄は比較的弱い。なにせ基本的にはワインを仕入れてから先の専門職。品質の良し悪しに関する事柄は勉強しますが、それ以前のぶどうを収穫→瓶詰めまでは本当にごくごく一般的なことしか知らない人もいて、時々冷や汗ものの回答をする人もいないとはいえません(汗)

3.ソムリエの数が増えてきたので、ただソムリエというだけではなかなか生き残るのが厳しくなってきている。

ソムリエになった理由:
仕事柄海外に行くことが多く、色々な場所でワインを飲むうち、好き嫌いが出てきて、なぜこんなに違うんだろう?と興味がわいた為。条件的にワインアドバイザーよりソムリエの受験資格に合致したのでそちらを選びました。

・メリット
1.ソムリエに合格する為にぶどうの品種、白と赤の違い、国別のワイン法の違いなど、基礎を学ぶことが出来たので、ワインリストを見ても最低限の説明は友人などに出来る。

2.実際にワインを作る側になりたいと留学した時、ソムリエ時代の知識は一般教養と...続きを読む

Q日本航空(JAL)と全日空(ANA)の違いは何ですか

日本航空(JAL)と全日空(ANA)にはどういう違いがありますか。
どういう視点での違いでもかまいません。
(できれば、両方乗った人が感じた実感などを教えていただければ幸いですが。)

Aベストアンサー

乗ってしまえばどっちも同じ
たまにトラブルもあるが、それはその時の運と考えている(別に偏っているわけでもない)
関空~羽田しか乗らないが(回数は乗ってるが)
ただ前に一度、羽田で敷地内に人が入り調査中と言うことで
関空でストップかけられていたのですが、全日空は見込み発車で飛んでいきました。
日航は全日空に遅れること30分(羽田点検完了後)でやっと発進。
相手空港の天候待ちでもGOは全日空の方がある程度の見込みがつけば飛ぶようです。
そんなところに両者の違いがあるのでしょうかね。
Jクラスもよく利用しますが別に座席云々より早く降りられるので重宝してます。(1000円はお値打ち)
しかし日航も国内線にファーストクラス導入なんて話も出てますね
Jクラスも減っていくのかなあ、重宝しているのに
マイレージ会員ならウェブ予約すると自動的に名前は入力されますので
私はそういうトラブルもありませんね

QCA(スチュワーデス)には、ソムリエ資格を持った人がどのくらいいますか

CA(スチュワーデス)には、ソムリエの資格を持っている人がどのくらいの割合でいるのでしょうか?

日本航空、全日空、その他の航空会社で、ソムリエ資格を持ったCAの割合が違いますでしょうか?
また、外資航空会社では、ソムリエ資格のCAはどのくらいの割合でしょうか。

日本のCAと外国のCAとで、ソムリエ資格の普及の具合が違いますでしょうか。

また、そもそもCAがソムリエであることには、どういう有利なことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

ちょっとご希望の回答と違いますが、『ソムリエの資格を持っている人の何割かがCAでその何割か(かなり多い)はJALのCA』という記事をどこかで読んだことがあるので、検索してみました。
ぴったり当てはまる記事は見つかりませんでしたが、いくつか参考になりそうな記事を見つけました。どうやらJALが一番多そうですね。

http://www.hawaii123.com/release/nr01034.html

http://www.winnel.co.jp/jsa/index.html

QオフのCAはCAと分かる印を付けているでしょうか

オフのCAはCAと分かる印を付けているでしょうか

勤務中でないオフのCAが飛行機に乗るときは、私服でもCAと分かる印を付けているでしょうか?

Aベストアンサー

 自分が勤務する航空会社に搭乗する場合と、全く関係ない航空会社に搭乗する場合がありますけど、質問の主旨は?CAだって出かけることはありますが、自社便が運行していない空港には他社を利用しなければ行けませんから。。。
 それと、オフの場合CAですよ!と目印なんて付けません。どうして、目印なんて付けるの?オフでしょう。

Qソムリエもフロアスタッフの仕事をしますか?

表題の通りです。ソムリエの資格を保持した人の話ではなく、レストランでソムリエとしてワインを担当している人と、注文配膳会計などをするフロアスタッフの違いについてです。
ソムリエがテーブルに来る高級なレストランに行った事が無いのも悪いのですが。ソムリエさんはテーブルで客から要望を聞いてワインを選ぶ、ワインの在庫管理仕入れが主な作業のようですが(これはソムリエの一日というサイトなどで見つけました)あまりお酒が頼まれない平日のランチタイム(場合によってはディナーも)などは他のフロアスタッフと混じってフロア内でウエイターとして働く事もありますか?会計でレジに立ったりグラスを洗浄したりもするんですか?

Aベストアンサー

私自身ソムリエ呼称を持っておりますし、友人にも現役のソムリエが何人もおりますが、この御質問には、単純にイエス、ノーでお答えできません。
というのも、おっしゃっている「高級レストラン」というのがどの程度のレストランを指していらっしゃるのかがわかりませんので、一般論で語ることができないのです。一口に「高級レストラン」といってもテーブル数の違いによって千差万別です。一日何組限定などの店でオーナーと少人数のスタッフだけでやっている場合、ソムリエは当然フロアスタッフもこなさなければならない場合もあります。昼夜やっている店であってもスタッフの配置やローテーションが店ごとに違いますので昼と夜で追加の業務内容が変わる場合もあります。そしてオーナーソムリエやシェフソムリエがいる場合、もう1人店専用のソムリエを置かないところもあります。ですから一般論でお話できないのです。
日本ではフランスと違ってソムリエは国家資格ではなくあくまで呼称であり、よって業務もフロアスタッフと重なる部分が多くあるのは事実です。また業務内容に関しては双方が合意すれば基本なんでもありな訳で、つまりは御質問のようなケースはあるかもしれないしないかもしれないという答えが一番適切かと考えます。

私自身ソムリエ呼称を持っておりますし、友人にも現役のソムリエが何人もおりますが、この御質問には、単純にイエス、ノーでお答えできません。
というのも、おっしゃっている「高級レストラン」というのがどの程度のレストランを指していらっしゃるのかがわかりませんので、一般論で語ることができないのです。一口に「高級レストラン」といってもテーブル数の違いによって千差万別です。一日何組限定などの店でオーナーと少人数のスタッフだけでやっている場合、ソムリエは当然フロアスタッフもこなさなければな...続きを読む

Q航空会社によって違う?悪天候対応

先日、ある地方の空港に行きました。そこにはANAとJALのフライトが就航していたのですが、当日に出発空港で運航情報を確認したところ一方は通常運航でもう一方は天候調査中で引き返すか代替空港に行くという条件付。同じ路線、ほぼ同じ時間なのに。どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

考えられるのは
1.機材の違いによる運用制限
2.技量のある操縦士が不在
でしょう。

まず地方と路線だとB6、A3R、A320、MD90、B737といった
機材が想定されます。恐らく一社は前4者のいずれかで、他方が
B737だったのではないかと思います。
B737はボディが低く、エンジンと地上との隙間が数十cm程度です。
横風のとき、風の強さに応じて飛行機は機体を傾けながら進入をすることがあります。
先に説明したとおりB737はエンジンと地上に隙間がないので、
横風が強いときに機体を相応に傾けると、地上に接触して事故を
誘発します。そのため他の機材よりも横風運用の制限が厳しくなっています。

次に技量のある操縦士の不在ということですが、操縦士は路線資格が
なければ飛べないのですが、路線資格にも事細かく決められていて
例えば「○○空港への進入に際して××フィートの高度で視界がない(雲がある)場合」
といったように××が何段階か決められています。経験を積んで
それをクリアしていきます。天候調査中となった会社ですが、
操縦士が恐らくその規定のギリギリのところだったのだと思います。
普通なら空港で待機している待機しているスタンバイ要員の中で
その規定でも飛べる操縦士をアサインするのですが、偶々いなかった
のでしょう。会社としてミスです。一方の会社は問題なく飛ばせて
もう一方は条件付。その辺りに「サービス」の差を感じます。

いずれにしてもどちらかに起因するものだと思います。

考えられるのは
1.機材の違いによる運用制限
2.技量のある操縦士が不在
でしょう。

まず地方と路線だとB6、A3R、A320、MD90、B737といった
機材が想定されます。恐らく一社は前4者のいずれかで、他方が
B737だったのではないかと思います。
B737はボディが低く、エンジンと地上との隙間が数十cm程度です。
横風のとき、風の強さに応じて飛行機は機体を傾けながら進入をすることがあります。
先に説明したとおりB737はエンジンと地上に隙間がないので、
横風が強...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報