私は高卒で、今は主婦で子育て中です。
司法書士の資格を取って、子育てが終わったら、働きたいと思ってるのですが・・・
今まで、全く法律の勉強をした事がないので、どこから始めたらイイのか分かりません。
本屋さんに行っても、沢山ありすぎて、どれがイイのかもわかりません。
司法書士の方、目指している方、何も知らない私に1から教えてくださいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


司法書士がどんな仕事か分かっていますか?実に多様な業務内容なんです。おまけに司法試験と同じく合格率が低い。最終学歴が高卒だって受験できます。ただ、半端な勉強では受からず、開業しても経営は大変ですので、その辺は覚悟されてくださいね。的を得た学習で、真剣に勉強すれば合格するそうです。

私は身内に司法書士がいるのですが、開業していて忙しい割には『儲かってないなぁ』と思います。

参考になるか分かりませんが、以下のホームページで業務内容や、受験準備について調べてみてはいかがでしょうか?

日司連 http://www.shiho-shoshi.or.jp/
司法書士になろう! http://www.naxnet.or.jp/~toi/
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)m

仕事内容はまだ漠然としか解ってないのですが、半端な気持ちでやるつもりはありません。
合格率が低いのも重々承知しているつもりですが、ドコから手をつけたらイイのか・・・

また、色々教えてくださいm(__)m

お礼日時:2002/03/27 17:59

過去に司法書士事務所の勤務を経験しながら、勉強していましたが、”登記”の技術を学ぶ必要があります。


不動産登記は、権利関係を的確に登記簿に表す技術です。その前提として民法が必要になります。
商業登記においても、商法・会社法が前提となります。
今後もは裁判手続きの関与もあるため、民事訴訟法、民事執行法や保全法を学ぶ必要があります。
試験は7月の第1週の日曜日の年1回だけですので、計画を立てて望んで下さい。
    • good
    • 1

専門家紹介

花田法務事務所

職業:行政書士

" 大阪発!「営業・不動産に強い」事務所です。

 当法務事務所(行政書士・マンション管理士)では、大阪市平野区・阿倍野区・八尾を中心に、
創業したい方、建設会社様、不動産会社様の皆様に対して、ニーズを伺い、新たな突破口や補助金等の情報提供を行っております。
 建設業許可をお悩みの方には、随時出張相談もおこなっております。
 また、平日は、仕事などでお忙しいとの御声もあり、ゆっくり時間を確保するため土日の対応をさせていただいております。

 主に、宅建業の許可(新規・更新・変更)や建設業の許可(新規・更新・変更)、経営事項審査手続き、分譲マンションの管理業の登録等の許認可のサポートをしております。

マンション管理士として、管理組合の運営を支援させて頂いております。
具体的には、管理委託契約の見直し、大規模修繕工事の勉強会や支援、管理会社変更の支援、管理規約変更等。

HP:https://www.m-hana.jp/
保有資格:行政書士・マンション管理士・宅地建物取引士・建設業経理士・FP技能士 他

詳しくはこちら

お問い合わせ先

090-6327-4033

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

 こんにちは。

私は、某司法書士試験受験予備校で専任講師(司法書士有資格者)をしている者です。司法書士を目指されているとのこと。ぜひ、応援したく、推薦参考書等を記載いたします。
 まず、司法書士試験の受験科目は、すでにご承知かと思いますが、1次試験が民法、商法、刑法」の五肢択一、2次試験が「不動産登記法、商業登記法、供託法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法」の五肢択一そして「不動産登記法、商業登記法」の書式問題(計2問)となっています。法務省の見解では、平成15年度、つまり来年の司法書士試験から、1次科目に「憲法」を加えるということですので、将来的な勉強としては、憲法についても、勉強する必要があると考えておいてください(ただし、試験問題は条文レベル)。
 択一試験におきましては、1問2.5点計算、また、書式問題におきましては、それぞれ26点満点で、合格最低ラインは、大体択一問題、書式問題ともに、約8割となっています。
 司法書士資格の紹介本では、受験者数が約2万2,000人、そのうち合格者が約600人で、合格率は2.6%から3%くらいと記載されていますが、私たち講師の中では、本当に一生懸命勉強している受験生は約4,000人位であると話しています。ですから、実際の合格率は15%位であると考えてください。
 では、司法書士試験の受験予備校について、次にお書きいたします。先ほどお書きしましたように、私は、某司法書士受験予備校の講師ですが、その所属する学校について、良い部分についてはお勧めしますが、悪い部分についてはお勧めしません。したがいまして、決して所属する学校の営業ではないととらえてお読みください。saotchiさんは、法律の勉強をしたことはないということですから、その点も含めてご紹介しましょう。
 まず、全国に数ある司法書士試験受験予備校の中で、本当に信頼できる学校は、早稲田セミナー、LEC(東京リーガルマインド)、そして日本司法学院の3校のみであるということをご承知ください。したがいまして、他の学校には、良い講座、良い講師、そして良い教材は特に無いと判断して下さって結構です。その中で、まったく法律に接したことの無い、これからの受験生にお勧めできる講座は、日本司法学院の、超短期12ヶ月合格講座です。この講座は、基本書という、高校では教科書にあたる本の中身を、すべて文章から絵や作画に置き換えてあります。したがいまして、勉強を進めるにあたり、非常に役に立つかと思います。そこで、まず、この講座で、択一の知識をつけるため、1年間理解に努めていただきたいと思います。勉強方法ですが、通信ですと、テープを聞きながら、作画を読み、その後、基本書の該当部分を読むという形をとられたほうが良いかと思います。とにかく、基本書を購入して、この講座をとり、最初の1年間は、理解に努めてください。決して覚えようと思って勉強をしないでください。
 次の勉強方法ですが、基礎講座開始後1年が経過した時点で、択一の知識についての基礎力がついていると思いますから、2年目以降は、1年目に使った、超短期合格講座のテープ、作画はなるべく聞いたり見たりせず、今度は、基本書だけを読み進めてください。その際、次に、過去問集の取り組みもしてしていただきたいと思います。例えば、基本書の中の1単元を読んだら、その部分の過去問に取り組むという方法をとったほうが良いのではないでしょうか。過去問集を何回解くかということですが、合格者は、合格するまで、最低5回から6回はまわしていますので、そのくらいの回数がまわすのが良いでしょう。この過去問集の繰り返しが、知識の暗記の部分になりますが、覚えようと思って取り組まないでくださいね。繰り返すうちに、必ず、知識は自然に覚えられますから。
 過去問集の取り組みとともに、書式の勉強もはじめてください。最初は雛型を覚えたほうが良いでしょう。この雛型作成の教材は、日本司法学院の「書式の総まとめ」が良いでしょう。文房具店で、B6のカードとバインダーを買い、次のように、雛型を作ってください(1枚につき1件)。そして、暗記してください(今は何を意味しているかわからないと思いますので、このような作り方ということだけ覚えておいてください)。

売買による所有権移転登記の申請書(基本形)

(目) 所有権移転

(原) 年月日売買

(申請人) 権利者 買主
     義務者 売主

(添) 原、済、印、住、代

(免) 不動産の価格×1,000分の50

以上のような雛型を作成し、不動産登記法、商業登記法の勉強と並行して暗記するようにしてください。

 最後に今年の5月に基礎講座を始め、来年の4月に基礎講座が終了するとして、来年の5月から合格するまでは、答案練習会、書式講座を受けてください。
答案練習会とは、司法書士試験と同等レベル以上の問題が出題される模試であるととらえてください。ほとんどの学校で、1月から本試験の直前までの半年間行なわれます。この講座は、1年目に早稲田セミナーの答練、2年目にLEC、3年目に日本司法学院の順で受けてくださればと思います(もちろん早稲田セミナーの答練だけ受けて合格かれば他の答練を受ける必要はありません)。
 書式の問題演習講座については、早稲田セミナーの竹下先生の講義が良いかと思います。
 なお、前文で基本書と書きましたが、基本書等、書籍は、日本司法学院のものを購入されて間違えはありません。早稲田セミナーの受講生、LECの受講生も日本司法学院の書籍を持っているのが現状ですので。
 おすすめ講師ですが、早稲田セミナーのお勧め講師は、先ほど書きましたが、竹下先生、そして海老原先生、小山先生です。LECのお勧め講師は、蛭町先生、酒井兼先生です。特に酒井先生の講義はわかりやすく、楽しいかと思います。
 とにかく、初心者向けの基礎講座は日本司法学院、書籍も日本司法学院、答練、書式の講座は、早稲田セミナー、LECが良いと考えておいてください。
 なお、受験情報等は、「もおたのホームページ」を見てください。あとで、補足として、URLを記載します。 
 長くなりましたが、がんばってください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)m

dojouさんが講師ということで、とても心強いです。
先日、dijouさんのいう3校は資料請求してみました。
日本司法学院は先ほど届きました。まだ、1通り目を通しただけなので、また後でよく読んでみます。

やはり、学校に通わないとムリですよね?
子育て中なので通信でということにはなるのですが・・・

お礼日時:2002/03/28 17:41

NO.3のpotitarouです。



私の使ってた参考書は10年前のものなので、参考にはならないかと(笑)
本屋さんに行くと「なりたい!行政書士」みたいなカンジの本が
いっぱい並んでます。とりあえず、1冊買いましょう。

ちなみに、宅地建物取引主任者は不動産屋さんに必要な資格で
行政書士は不動産登記をしたりするんで、つながりのあるお仕事です。

大変だとは思いますが、勉強したことが役に立ちます。
がんばってくださいね~♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)m

「なりたい!行政書士」みたいのは本屋さんでパラパラ見てました。
それで、行政書士より司法書士かな?と思ったのですが・・・
宅地建物取引主任者の本も見てみたいと思います。
早速、今日本屋さんに行ってきます!!

お礼日時:2002/03/28 07:36

私が知ってる司法書士さんは、行政書士の資格も


持ってる方が多かったです。

まず、行政書士を目指してみてはどうでしょう?
いきなり司法書士よりは、よろしいかと思います。

私も行政書士を取るように薦められたんですが
参考書の最後のなぞなぞのような問題が全く理解できずあきらめました(笑)
まず本屋で参考書を買いましょう!

追記・育児をしながら司法書士の資格をとった奥様も
   いらっしゃいますよ!(その方はご主人が司法書士ですが) 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)m
追記を見て、頑張ってみようと改めて思いました。
身近に法律家の方がいると色々話がきけていいですね(*^_^*)
私の周りにはいなくて・・・
身内でちょっとしたトラブルがあったのが、目指そうと思った理由の1つでもあるのです。
ちなみに、potitarouさんは何ていう参考書を使っていたのですか?

お礼日時:2002/03/27 22:18

司法書士より難度でいえば易しいといわれる行政書士や宅地建物取引主任者試験を受験してみて、法律の勉強がどんなものか知るのもひとつの方法としていいかもしれません。


司法書士は努力したものがとれる資格だと思います。
お子さんを育てながらということならば、大変さは二乗三乗に感じられることでしょう。ノウハウ本くらいなら片っ端から全部読破してしまうくらいのつもりでいて下さい。合格をお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)m
行政書士から司法書士を目指す方が多いみたいですね!ドコかのサイトでみました。
ところで、宅地建物取引主任者とはどんな仕事ですか?

お礼日時:2002/03/27 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士への報酬費用

何度かアドバイス頂き、先日「司法書士の無料相談会」に行って来ました。
最終的には司法書士を通じての債務整理の方向で進めようかと思っています。

そこで質問なのですが司法書士への報酬費用の相場を教えて下さい。
無料相談で相談した司法書士曰く、
「1社につき@40,000/減額実績の20%」との事でした。

少しでも「安くて信頼できる」司法書士にお願いしたいと思います。
上記金額は平均的な相場なのでしょうか?

都内でお薦めの司法書士等いらっしゃれば併せて紹介頂ければ幸いです。
(23区内であれば場所は問いません)

Aベストアンサー

1社につき42000円(税込み)はどこも大体同じです。
減額成功報酬20%は高いですね。
ない所もある位です。

さくら中央法律事務所(四谷)
あゆみ法務司法書士事務所(高田馬場)

ネットで調べて見て下さい。
電話相談は無料ですから先に「減額成功報酬」をとるのかどうか聞いてみて下さい。

2つとも電車の広告に出てますので、怪しくはないと思いますよ。

Q司法書士試験合格者 → 新司法試験(予備試験)ルート

はじめまして。
司法書士試験に合格した知識レベルの者が、
新司法試験(予備試験ルート)への合格までは
どれくらいの勉強量を要するでしょうか?
司法書士試験に合格し、司法書士事務所へ勤務しながら
予備試験ルートでの合格を目指したいと思っております。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ときどきこういう質問をみかけて、解答しています。

科目的は、司法書士で勉強しないのは、刑法、刑事訴訟法になります。
あと全科目についての論文対策の勉強が必要となります。
ですので、司法書士の勉強x5くらいではないでしょうか。

Q司法書士への報酬は

私の土地の 十分の一を長男に 十分の一を長女に

贈与して登記する場合の 司法書士への 報酬と

私の土地の 十分の二を 長男に 贈与して登記する場合の司法書士への

報酬とで 差は あるでしょうか。

Aベストアンサー

現在司法書士の報酬は定められた報酬の上限額以内であればいくらにしても良いこととなっているそうです。
つまり応談ということです。

質問の主旨とは異なりますが、もし相続税対策や贈与の控除内で持分を少しずつ分けていこうとされるなら、これは将来大変むつかしいことを発生させる要因になることがありますので書かせていただきます。

まず子供さんたちが未成年の場合・・権利の変動(登記を要する)がある場合には裁判所で特別代理人の選定が必要になります。

成人の場合・・たとえば嫁いだ長女さんの担保提供がなければ、長男さんは住宅ローンは組めません。また長女さんは長男さんの連帯保証人を求められる場合も発生します。お互いに連帯責任が生じるため家が建たないということもあります。

 次に相続発生の三年前まではさかのぼって贈与分が相続財産に加算されることはご存知でしょう。円満に相続分割できれば良いのですが、一物を複数が所有することのデメリットは計り知れません。

短い文面からでもこのような杞憂でないことをおもいました。

Q弁護士と司法書士

民事再生や破産を依頼する場合、どちらも依頼できる範囲は同じなのでしょうか?  
また依頼する場合、費用は同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

生活シーンで比較、弁護士に相談したい:比較・見積もりポータルサイト比較ALL
http://www.hikakuall.jp/scene/lawyer.html#whtlaw

―ワンポイント! 弁護士と司法書士の違いってなに?―

司法書士は、弁護士と同じように、「法律事件の解決」や「法律文書の作成」をその業務としています。それでは、司法書士の弁護士との違いは何でしょうか?

弁護士と司法書士のもっとも大きな違いは、弁護士は大小さまざまな民事事件や刑事事件を区別なく扱うことができるのに対し、司法書士は、金額が140万円を下回る民事事件しか扱うことができないという点にあります。

市民間のトラブルを扱う裁判所には小さな事件を扱う簡易裁判所から、その上級審である地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所と色々あります。弁護士はいずれの裁判所の事件に対応できますが、司法書士は簡易裁判所の事件だけに限定されています。

しかも司法書士の全員がそうなのではなく、一定の研修を受けた司法書士(認定司法書士)に限ります。

Q司法書士さんの報酬について

お世話になります。
司法書士さんの報酬について質問なんですが、
中古マンションを購入する場合、金額は3,500万円でローンなしだとすると所有権移転登記のみだと思うのですが(間違っていたらすみません)
この場合の司法書士さんの報酬はいくらぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産屋ですので司法書士を使うことは多いですが、請求される金額は司法書士によって色々です。地域によっても違ったりします。
おっしゃる通り、仕事としては所有権移転だけですが、所有権移転の報酬だけ請求してくる人もいれば、所有権移転の報酬の他に、日当、立会料、交通費などたくさんの項目で請求してくる人もいます。登記事項証明書を取る手数料を請求してくる人もいます。また、我々のようなプロ相手の場合と一般の方を相手の場合とでは、請求の内容が違う人もいます。
安い時で数万円、高い人は10数万円というのを聞いた事もあります。(登録免許税は除いてです)
あまり回答になってませんが、長年この商売をやっていても司法書士の報酬についてはいまだによくわかりません。

Q司法書士の公共性について

司法書士会などの強制加入団体は、公共性から政治的中立が求められていますが、どのような根拠から公共性が求められているのですか?そもそも、なぜ司法書士会は強制加入と思ってしまうのですが・・・浅学なのですが、どなたかわかる方がいたら、回答お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

 司法書士は一般市民の土地取引の登記事務を行うほか、公共嘱託登記といい、国、県、あるいは市町などが公共事業のために用地を取得する場合の登記をも代行します。そのため、社団法人XX県公共嘱託登記司法書士協会というものを作っていますが、一般に県の司法書士会と同じ場所にあり、構成員もほぼ同じ場合があり、一体運用されている場合があることを考えると、司法書士会に公共性があるということでしょう。
 そもそもその資格を維持するために強制加入させられる団体であるから、政治的中立は必要なことといえます。建前上だけかもしれないが、本来、一部の人の利益のために行動してはいけないわけですから。

Q司法書士への報酬について

司法書士に対して不動産登記の報酬を支払いました。
請求書には

      登録税・印紙税等    報酬
所有権移転  262,200  25,000
消費税              1,250
源泉税              1,500
となっています。

仕訳は
支払手数料  26,250/現金286,950
租税公課  262,200/預り金1,500

支払手数料  288,450/現金286,950
              /預り金1,500
どちらが正しいのでしょうか

また
支払調書に記載する司法書士への報酬の金額は
26,250円か288,450円のどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

前者(租税公課の出てくるほう)の仕訳が正しいです。
登記印紙代の262,200円は司法書士への報酬ではなく法務局(国)に支払う手数料ですので司法書士への報酬額は26,250円です。

Q司法書士、行政書士

司法書士、行政書士はどういう仕事をするのですか?
また、これらになるには資格が必要ですが、どういう試験
になってるのでしょうか?また、この試験に受かろうと思う場合、どういう勉強したらいいのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

司法書士はひらたくいえば、「裁判所や法務局に提出する書類を、人の代わりに作成してお金をもらう仕事」です。
 こういってしまうと、一般の人には、弁護士のほかになぜそういう職業が存在するのかぴんとこないようですが、弁護士のような代理人ではなく、あくまで「書類を代書する人」ということです。交渉権限とか無し。
 こう書くとまるで、いわば「2級弁護士」のように聞こえてしまいます。
 しかし、不動産および商業登記の申請については、「代理人」としての資格を与えられています。もっとも、この仕事ですら、別に弁護士がやって違法ということはないのですが、現実には、通常、弁護士はしません。
 なぜかといえば、ビジネスとしてみたとき、訴訟代理人の仕事と質が違いすぎる(薄利多売のビジネス)というのもありますが、法律実務の中でも、特殊な知識・技術を要する部分があるので、弁護士とは別に、特に登記申請に特化した、この職業が存在するといったところです。
 そういう意味では、税理士と変わらないですね。弁護士は、弁護士法上当然に税理士の仕事をする資格はもっていますから。でも、実際のところ、普通弁護士さんが税理士の仕事はできないですから。
 現に、弁護士さんが、登記申請をするための裁判で「それじゃあ、法務局に持っていっても登記を受け付けてもらえませんよ」というような判決を取ってしまったりするんですよ。
 そういうわけで、弁護士に比べると世間一般での知名度や、ステイタスでは劣る職業なのですが、銀行や、不動産業界に対しては、それ相応の信用をもらっている職業なのです。
 一方で、裁判に関しては、弁護士はとても雇えないような少額の訴訟の、書類作成だけを依頼される、というような形で存在してきた職業でした。
 しかし近年は、とくに消費者の自己破産の申立に関して、弁護士ではなく、司法書士に依頼する人が増えています。
 手続の性質上、書類の作成・提出だけでほとんど足りるからです。
 若手の司法書士のなかには、登記はほとんどしてなくて、そういう債務整理系の仕事だけで、事務所を成り立たせている人も少なくありません。
 行政書士は、役所一般に提出する書類の代書屋さんです。役所とは、主に、市区町村役場のことをいっているのです。
 ですから法律的には、司法書士よりも広い職域を持っているともいえます。異論は(特に司法書士、弁護士サイドから)ありますが、この「役所」には、裁判所も法務局も含みます。
 にもかかわらず、現実には、行政書士の場合は、じっさいに、一人一人の行政書士がやっている仕事は、専門が限られています。基本的には、ほかの仕事とあわせて兼業でする職業という印象が強いです。
 例えば、不動産屋さんが資格をとって、農地の転用手続とかを、売主・買主さんのかわりにするとかですね。
 行政書士業務だけでやっている行政書士さんということになると、法律事務所の事務員経験者の人とかが、その経験を生かして、裁判所や、自動車事故関係の書類作成業務を中心の仕事とするとかいうのが多いですね。「カバチタレ」とかいうのはそういう感じですね。
 そういう意味では、巷でいうほど、資格自体が独立開業に適した資格というわけではないのです。
 司法書士に関しても、資格を取ったから独立できるというかんじではないです。普通は、ほかの司法書士に雇われるところから始まります。それも、決して、高給取りなんてことはないですよ、ぜんぜん。
 独立するとしたら、銀行や、不動産屋、建売業者とかにコネがないと無理です。自分の努力で、切り開けるというものでもないですしね。それだったら、さっきも書いたように、債務整理関係、裁判業務関係に的を絞ってやることですね。先輩司法書士たちがやってこなかった仕事だから、若手にも自分の努力で仕事をつかめる余地があるんですよ。
 ちょっと、夢のないことをいってしまいましたが、不思議と、しのぎながらやっていると、死んじゃった司法書士の得意先引き継いだりとか、他の司法書士の娘とできちゃったりとか、みんな収まるところに収まっていったりはするんですけどね。ハハハ・・・
 仕事自体は、面白い仕事ですよ。
 

司法書士はひらたくいえば、「裁判所や法務局に提出する書類を、人の代わりに作成してお金をもらう仕事」です。
 こういってしまうと、一般の人には、弁護士のほかになぜそういう職業が存在するのかぴんとこないようですが、弁護士のような代理人ではなく、あくまで「書類を代書する人」ということです。交渉権限とか無し。
 こう書くとまるで、いわば「2級弁護士」のように聞こえてしまいます。
 しかし、不動産および商業登記の申請については、「代理人」としての資格を与えられています。もっとも、この...続きを読む

Q司法書士報酬について

過払い金請求の司法書士報酬について。実家が会社経営をしていて5年ほど前、資金繰りに困って3社の金融会社から150万ほど借りたそうです。無事完済しましたが、過払い金を請求できることを知り親戚に紹介された司法書士事務所に相談にいきました。すると180万ほど戻ってくることになり、とても喜んだのですが…

司法書士報酬として25万ほど差し引かれることになりました。もちろん司法書士さんがいなければ1円も戻ってこなかったし、私たち素人にはできないことをしてもらったので言われた通り払うつもりです。でも、そこのホームページの料金表には26,500~と記載されており、明確な金額も事前に言われなかったので25万と言われたときは驚いてしまいました。3社もあるし、金額的にも180万と高額なので妥当なのでしょうか?25万払ったとしても155万は戻ってくることですし、司法書士の方に不満をもっているわけではありません。むしろ感謝しています。ただ金額的にどうなのか聞いてみたいだけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

26,500~というのは最低金額で
返還される金額によって20%程度の金額を支払うこことになっています
契約時に必ず説明されたか契約書に記載が有るはず
それが司法書士のもうけになります
弁護士でも同じ
報酬が歩合なのでがんばって仕事してくれる訳ですよ

Q司法書士受験生ですが、補助者希望です

司法書士受験生ですが、補助者希望です

司法書士試験勉強を初めて約半年ですが、できれば実務も習得したいので
事務所に補助者としてアルバイトしながら勉強したいと考えております。

福岡市内在住ですが、インターネットで求人検索しても
募集の採用基準は「有資格者」もしくは「無資格者でも補助者経験〇年以上」とあり、無資格&補助者経験ない者の募集がありません。

昔の方の話を聞くと、補助者しながら勉強されていた方はたくさんいらっしゃいましたが、
今は、やはり不景気の影響で仕事が無いのでしょうか?

もしくは私の検索方法が駄目でしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今は、受験生のレベルが上がっているので、勤務時間が長い補助者をしながら勉強するには、5年以上覚悟をしましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報