「C4H8O2から考えられる構造を異性体を含めてすべて構造式で表せ。ただし、カルボシキル基が含まれている。」と言う問題はどう解けばいいのでしょう?C4H8O2はなんと言う物質なんですか?あと、同じような問題で「C4H10O2から考えられる構造を異性体を含めてすべて構造式で表せ。ただし、エーテル結合および水酸基が含まれている。」というものがあるんです。参考URLだけでもいいんでお願いします(×_×;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 御質問が出てから大分立ちますので,御自分でも考えられたことと思います。

先の回答者の方々がお書きのように,御自分で考えたり先生に質問されるのが重要だと思いますが,他の閲覧者の方のためにも少し詳しい解説を致しましょう。


> C4H8O2から考えられる構造を異性体を含めてすべて構造式で
> 表せ。ただし、カルボシキル基が含まれている。

 既に回答がありますように,カルボキシル基(COOH)を除くと C3H7 が残ります。ここで,この化合物の不飽和度(二重結合と環構造が幾つあるか)を考えます。炭素 n 個からなる炭化水素の水素の数は 2n+2 個ですから,今の場合の不飽和度は [2・3 + 2 - (7+1)]/2 = 0 となります((7+1) と水素の数に1たしているのはカルボキシル基も水素として数えているからです)。つまり,この化合物には二重結合も環構造もありません。

 したがって,炭素3個を並べて,カルボキシル基の場所を決めれば構造が決ります(もちろん,カルボキシル基以外の場所には水素を付けるわけです)。炭素3個ですから,並べ方は「C-C-C」以外にはありません。

 ここで,カルボキシル基の付く位置は端の炭素(どちらに付けても同じ構造になります)か真中の炭素の2つだけです。したがって,その構造は CH3-CH2-CH2-COOH(ブタン酸)と (CH3)2CH-COOH(2-メチルプロパン酸)の2つになります。


> C4H10O2から考えられる構造を異性体を含めてすべて構造式で
> 表せ。ただし、エーテル結合および水酸基が含まれている。

 まづ,上と同じように考えると,水酸基(OH)とエーテル酸素(O)を除くと C4H9 となり,飽和度が0(二重結合も環構造も持たない)と解ります。したがって,炭素4個の並べ方を考えた上で水酸基(OH)を付け,最後にエーテル酸素を炭素間に挿入します。

 炭素4個の並べ方は次の2つになります。等幅フォントでご覧下さい。

 (1)C-C-C (2)C-C-C-C
      |
      C

 それぞれについて,水酸基を付けてみます。(1)から得られるのは次の2つです。

 (3)C-C-C-OH (4)OH 
       |        |  
       C      C-C-C
                |
                C

 (2)からは次の2つです。

 (5)C-C-C-C-OH (6)C-C-C-C
                    |
                    OH

 次に,(3)~(6)に対してエーテル酸素をC-C間に挿入します。が,ここで一つ注意しないといけないのは,C-O-C-OH のような構造(ヘミアセタールと言います)は不安定な構造で,糖などの特殊な場合にしか存在しないことです。したがって,(4)の構造にエーテル酸素を挿入する事はできません。

 (3)から得られるのは次のものです。

  C-O-C-C-OH
      |
      C

 (5)からは2つ得られます。

  C-O-C-C-C-OH
  C-C-O-C-C-OH

 (6)からは1つです。

  C-C-C-O-C
    |
    OH

 これらに水素を付けて,求める異性体の構造式は

 (a)
   CH3-O-CH-CH2-OH
         |
         CH3

 (b)
   CH3-CH-CH2-O-CH3
       |
       OH

 (c) CH3-O-CH2CH2CH2-OH

 (d) CH3CH2-O-CH2CH2-OH

 ですが,ここで (a) と (b) の メチン炭素(-CH- の炭素)には相異なる4つのグループが結合しています。そのため,この炭素は不斉炭素になり光学異性体(D体とL体,あるいは,R体とS体)が存在します。つまり,(a), (b) が2種づつ,(c), (d) が1種づつの全部で6種の異性体が存在します。


 このような問題は系統的に書き出してみて,重複するものを消していくのが間違いない考え方です。最初の間はとりあえず片っ端から書き出して検討して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答ありがとうございます。最初の二人が教えてくださった方法でといていたのですがやっぱりちょっと不安だったのでこの回答を見て納得することができました。本当に感謝してます。ありがとうございました!!

お礼日時:2002/04/08 21:39

C4H8O2の場合は、カルボキシル基が含まれているとあるので、C4H8O2からCOOH分のC1つとH1つとO2つを引くとC3H7になり、C3H7の構造を考えると、飽和炭化水素のみ考えられるので、(CH3)2CHCOOH、CH3CH2CH2COOHの2種類となります。


C4H10O2の場合は、水酸基はOH、エーテル結合は炭素-炭素間のOですから引いて考えるとC4H9となり、これの構造は直鎖と側鎖の2種類が考えられるので、水酸基のつくところはそれぞれ2箇所づつ、計4種類の物質が考えられます。さらにエーテル結合の入る場所を考えると9種類考えられるので、答えは9種類。構造式は自力で考えてみてください。
参考URLというより、参考書や問題集を参考にするか、先生にわかるまで聞くのが一番ですよ。
    • good
    • 0

 解き方のヒントとしては、


「カルボキシル基を含む」とありますから、まず化学式からCOOHを引き算して残りの元素を組み合わせて出来る異性体はどんなのがあるかを考えると良いのではないでしょうか。最初の問題だと残りはC3H7ですからこのアルキル基の異性体はいくつかを考えれば答えになるかと思います。(カルボキシル基であって、カルボニルではないですよね)
 次の問題も同様エーテル結合(-O-)と水酸基(OH)を引き算するとこちらも飽和アルキル基になりますからその異性体の種類を考えれば良いのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QH8/3052F 同士の簡単な通信についての問題

秋月製マイコンボード(マザーボードも秋月製です)、H8/3052F(以下H8)につきまして質問があります。
なお開発環境にはベストテクノロジーのGDLを使用し、C言語にてプログラムを行ってます。

現在、2枚のH8を連動させて動かすことを試みています。
目的としましてはH8を物理量の計測に使用しています。
私のとった手法は、以下の通りです。

1、H8の、ある汎用ポート同士を1本の信号線で繋ぐ
2、片方のH8(仮にH8(A)とします)のマザーボード付属のタクトスイッチを押す。これを合図にH8(A)は計測を開始し、それと同時にH8(A)の汎用ポートから信号が出力される。
3、もう片方のH8(仮にH8(B)とします)はH8(A)からの出力があるまで待機し、出力を検知すると計測を開始する。

プログラムの内容としましては、以下のようにしました。
※H8(A)の入力検知用のタクトスイッチは、ポート4のビット4についています。また信号の出力はポート1のビット0です。
※H8(B)の入力検知用のポートはポート4のビット0です。
※両ボードともに同一の安定化電源から電源を取っているので、グランドは共有できていると思います。

<H8(A)側のmainプログラム>
/*ポート定義****/
P4.DDR = 0; /*ポート4のタクトスイッチを入力に設定。押すと0、何もなしで1*/
P4.PCR.BYTE = 0xff; /*ポート4を全ビットプルアップ。*/

P1.DDR = 0xff; /*P1を出力に設定*/
/*****************/

/*スイッチ入力待機部分*********/
while(P4.DR.BIT.B4); /*タクトスイッチが押されるまで、待機*/
P1.DR.BIT.B0 = 1; /*P1のビット0から5V信号を出力、別のH8(B)に信号を送る*/
/******************************/
(~以下、計測プログラム部へ)



<H8(B)側のmainプログラム>
/*ポート定義****/
P4.DDR = 0; /*P4端子を入力に設定。信号入力で0、何もなしで1*/
P4.PCR.BYTE = 0xff; /*ポート4を全ビットプルアップ。*/
/*****************/

/*スイッチ入力待機部分*********/
while(P4.DR.BIT.B0); /*P4のビット0にH8(A)からの信号入力があるまで、待機*/
/******************************/
(~以下、計測プログラム部へ)


以上のようなプログラムを組みました。
H8(A)側は正しく駆動し、タクトスイッチを押すと、計測を開始するとともに5Vの信号が出力できています。

問題はH8(B)側で、H8(B)のボードの電源を入れた直後から、H8(A)の信号を待たずに計測を開始してしまいます。

最初はH8(B)のポート4ビット0の初期値に0が入っており,いきなりwhile文を抜けてしまうのかと思いました.
そこで,H8(A)からの信号線を外しますと、ずっと計測待機状態に入るのでプログラム的には一応回っているようです。
(私の認識では,ハードウェアマニュアルによればポート4の初期値は全ビット0ですが,MOSプルアップをすることにより,全ビット1に反転する(?)と考えています)

次に,H8(A)側から予期せぬ信号が入力されているのかと思い,テスターで電圧を測ってみました.
しかし,タクトスイッチ入力前は0Vで,入力後は5Vが出力されており,見かけ上は問題がなさそうでした.

なぜ、H8(B)は電源を入れたとたんに駆動を開始してしまうのでしょうか?
もしお分かりになる方がいらしたら、ご教授願います。

秋月製マイコンボード(マザーボードも秋月製です)、H8/3052F(以下H8)につきまして質問があります。
なお開発環境にはベストテクノロジーのGDLを使用し、C言語にてプログラムを行ってます。

現在、2枚のH8を連動させて動かすことを試みています。
目的としましてはH8を物理量の計測に使用しています。
私のとった手法は、以下の通りです。

1、H8の、ある汎用ポート同士を1本の信号線で繋ぐ
2、片方のH8(仮にH8(A)とします)のマザーボード付属のタクトスイッチを押す。これを合図にH8(A)は...続きを読む

Aベストアンサー

H8(A)で以下のように操作すると、P10にはHigh(5V)が出力されますよね?

>P1.DR.BIT.B0 = 1; /*P1のビット0から5V信号を出力、別のH8(B)に信号を送る*/

それをH8(B)で待っているとのことですが、以下の条件ではH/Lが逆ではないでしょうか?

>while(P4.DR.BIT.B0); /*P4のビット0にH8(A)からの信号入力があるまで、待機*/

H8(A)がHighを出力するまで待ちたいのであれば、H8(B)は以下の条件で待たなければいけないと思います。

while( 0 == P4.DR.BIT.B0 ); /*P4のビット0にH8(A)からの信号入力(High)があるまで、待機*/

H8(A)側のポートが0V(Low)に引っ張っているため、while(P4.DR.BIT.B0); のループを抜けてしまうのではないかと。
条件を変更して確認してみてください。

あと、老婆心ながら以下の2点、アドバイスさせていただきますね。

(1)双方のH8が、お互いの準備が整ったかどうかを待ってから計測を開始したほうが良い。
(2)タクトスイッチの入力処理は、チャタリング除去の処理を行なった方が良い。

H8(A)で以下のように操作すると、P10にはHigh(5V)が出力されますよね?

>P1.DR.BIT.B0 = 1; /*P1のビット0から5V信号を出力、別のH8(B)に信号を送る*/

それをH8(B)で待っているとのことですが、以下の条件ではH/Lが逆ではないでしょうか?

>while(P4.DR.BIT.B0); /*P4のビット0にH8(A)からの信号入力があるまで、待機*/

H8(A)がHighを出力するまで待ちたいのであれば、H8(B)は以下の条件で待たなければいけないと思います。

while( 0 == P4.DR.BIT.B0 ); /*P4のビット0にH8(A)からの信号入力...続きを読む

QC2H4Oの異性構造体でこれは何と呼ぶ?

高校化学で

CH2
|\
| O
|/
CH2

という構造体はなんと呼べはいいのでしょうか?
いろいろ探してみたのですが。。。

Aベストアンサー

慣用名はepoxyethane
エポキシエタン
本当はethileneoxide
エチレンオキサイド
です。

QH8マイコンによる組み込みプログラミング入門

この分野の初心者です.マシン語,アセンブラ,CPUの仕組みは理解できていますが,CPUと周辺との入出力,デバッグ環境等はまったく自信なしです.

H8マイコンを使って,組み込みプログラミングを学習したいと思います.秋月から出ている,AKI-H8~ が手頃なようですが,どれを購入したら良いのかよくわかりません.ゆくゆくは,自分で回路なんぞ組み立ててH8から制御してみたいのですが,現時点では,LCDへの表示やLEDの点灯等の簡単なものを行いたいのです.C言語はできるので,開発環境一式そろったものが良いのです.

AKI-H8/3052F USB開発キット(フルセット)
AKI-H8/3052F開発セット(H8マザーボードセット)
AKI-H8/3048開発キット(即使えるキット)
など,8000円台前後でいろいろあるようですが

(1)組み立ては難しいですか?
(2)パソコンと接続するのに,他に何か必要なのですか?
(3) ROMに焼けるのですか?(何回も)
(4)最初に述べた目的を達成するには,何を購入すれば良いですか.

この分野の初心者です.マシン語,アセンブラ,CPUの仕組みは理解できていますが,CPUと周辺との入出力,デバッグ環境等はまったく自信なしです.

H8マイコンを使って,組み込みプログラミングを学習したいと思います.秋月から出ている,AKI-H8~ が手頃なようですが,どれを購入したら良いのかよくわかりません.ゆくゆくは,自分で回路なんぞ組み立ててH8から制御してみたいのですが,現時点では,LCDへの表示やLEDの点灯等の簡単なものを行いたいのです.C言語はできるので,開発環境一式そ...続きを読む

Aベストアンサー

遅くなりましてすみません。

質問に書いてあるセットの中では、AKI-H8/3052F開発セットがよいのではないかと思います。

質問についてですが、
>(1)組み立ては難しいですか?
きっとといってもフラットパッケージ部分は半田付けされているので、他のものを半田付けするのはさほど難しくはないでしょう。中学校の技術実習程度だと思います。

>(2)パソコンと接続するのに,他に何か必要なのですか?
おそらく通信ケーブルは作る必要があると思います。ケーブルの詳細については説明書が付属していると思います。また、基板を動かすための電源も必要になると思います。

プログラムを作成しテストする上でさらに追加すると、
  ユニバーサル基板
  集合抵抗やLED
  DIPまたはSIPスイッチなど
を準備し、I/Oピンに接続しておけば、いろいろと遊べますよ。


>(3) ROMに焼けるのですか?(何回も)
開発セットには書き込みソフトがついているそうなので、通信回線からフラッシュROMに書き込めるはずです。

>(4)最初に述べた目的を達成するには,何を購入すれば良いですか.
最初に述べたようにAKI-H8/3052F開発セットがよいのではないかと思います。

遅くなりましてすみません。

質問に書いてあるセットの中では、AKI-H8/3052F開発セットがよいのではないかと思います。

質問についてですが、
>(1)組み立ては難しいですか?
きっとといってもフラットパッケージ部分は半田付けされているので、他のものを半田付けするのはさほど難しくはないでしょう。中学校の技術実習程度だと思います。

>(2)パソコンと接続するのに,他に何か必要なのですか?
おそらく通信ケーブルは作る必要があると思います。ケーブルの詳細については説明書が付属していると...続きを読む

Qサリチル酸C7H6O3は水溶液中でC7H6O3→C7H5O3-+H+のように電離する。サリチル酸の1

サリチル酸C7H6O3は水溶液中でC7H6O3→C7H5O3-+H+のように電離する。サリチル酸の10.0mM水溶液のpHは2.57であった。サリチル酸のpKaを求めよこの問題の解き方を途中式を含めて詳しく教えてください

Aベストアンサー

サリチル酸の解離平衡は次式で表される。
 HX=H^++X^- (1) この解離定数はK_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] (2)
この平衡では常に次の質量バランスと電荷バランスが成り立つ。
  Xの化学種の総量は一定であるから
 A=[HX]+[X^- ] (3)
  Aは最初に調製した酸溶液の濃度 ここでは10.0mol/Lである。
  正電荷と負電荷のバランスは
 [H^+ ]=[X^- ]+[〖OH〗^- ]=[X^- ]+K_w/[H^+ ] (K_w=[H^+ ][〖OH〗^- ]=〖10〗^(-14)) (4)
ここで(2),(3),(4)より次式を得る。
[X^- ]=[H^+ ]-K_w/[H^+ ] [HX]= A-[X^- ]=A-[H^+ ]+K_w/[H^+ ] (5)
 この問題に於いて最初の10.0mol/L溶液のpHが2.57で有る時、式(2)からは
 K_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] =[H^+ ]([H^+ ]-K_w/[H^+ ] )/(A-[H^+ ]+K_w/[H^+ ] ) これに与えられた数値 A=10.0×〖10〗^(-3) [H^+ ]=〖10〗^(-2.57)を代入すれば
  解離定数を計算できます。計算はご自分で 確認してください。
計算のこつは10のマイナスの指数で非常に小さな数は省略して近似計算をすることです。
化学の計算問題は根気です。

サリチル酸の解離平衡は次式で表される。
 HX=H^++X^- (1) この解離定数はK_a=[H^+ ][X^- ]/[HX] (2)
この平衡では常に次の質量バランスと電荷バランスが成り立つ。
  Xの化学種の総量は一定であるから
 A=[HX]+[X^- ] (3)
  Aは最初に調製した酸溶液の濃度 ここでは10.0mol/Lである。
  正電荷と負電荷のバランスは
 [H^+ ]=[X^- ]+[〖OH〗^- ]=[X^- ]+K_w/[H^+ ] (K_w=[H^+ ][〖OH〗^- ]=〖10〗^(-14)) ...続きを読む

QH8マイコンについて教えてください。

僕はPICをやっていますが最近H8マイコンの高機能さに魅力を感じ
はじめてみたいと思うようになりました。
そこで以下のことについて教えてほしいです。

質問1
PICは石単体で買ってきてそれにプログラムを書き込み
水晶やらその他の部品を取り付けて作っていくのでH8も
石単体で買ってくるものだと思ってました。
でも調べてみると秋月のマイコンボードみたいに
基盤に水晶やら抵抗やら色々半田付けされてて
それにプログラムを書き込んで作るようなのが沢山ありました。
H8は石単体で買ってくる物ではないんですか?
(もしくは足のピッチを2.54に変換したもの)
画像検索で調べるとDIPタイプのH8もあるようですが・・・

質問2
H8へのプログラムの書き込みですがPICでは
"PIC ライター"とかで検索するとライターの作り方とか
自作ライターのページが沢山出てきますがH8に関しては
ぜんぜんヒットしません。
僕のイメージとしてはゼロプレッシャーのついたライターを作って
それにH8をセットしプログラムを書き込むものだとばかり
思ってたんですがH8はどうやってプログラムを書き込むんですか?

質問3
部品の配置やブレップボードで自由度が高いので
できれば表面実装ではなくDIPやPLCCみたいな石で
ライターに刺して作れるといいんですが・・・
表面実装以外はあまり一般的ではないんでしょうか?

質問4
使用する言語についてですがPICではアセンブラでは
アセンブラを使っています。
でもH8はC言語も結構やってる人が多いみたいでC言語自体も
興味があるのでそっちでやろうかと思っています。
でも部分的にアセンブラ(インラインアセンブラ?)
が必要なってくる部分があると思うんですが
やっぱり全部アセンブラのほうがやりやすいんでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

僕はPICをやっていますが最近H8マイコンの高機能さに魅力を感じ
はじめてみたいと思うようになりました。
そこで以下のことについて教えてほしいです。

質問1
PICは石単体で買ってきてそれにプログラムを書き込み
水晶やらその他の部品を取り付けて作っていくのでH8も
石単体で買ってくるものだと思ってました。
でも調べてみると秋月のマイコンボードみたいに
基盤に水晶やら抵抗やら色々半田付けされてて
それにプログラムを書き込んで作るようなのが沢山ありました。
H8は石単体で買ってくる物では...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
H8などルネサス製品をこよなく愛用しております。
#1さんとだいぶかぶりますが、ご質問に対しては以下の通りです。

◆A1
基板で買うのが圧倒的に便利だと思います。

◆A2
通常、シリアルで書き込みます。
従って、MAX232のようなレベル変換ICが必須です。
品種によって、USBで書いたりするのもあります。

◆A3
H8は1チップで使う事はあまり想定しておらず、バスをはじめ種々の信号線が出ているため、足の数が多いです。
ブレッドボードには向かないと思います。
逆に、1チップ的に使うなら、H8の意味があまり無いような・・・。

◆A4
PICのアセンブラをいじった後なら、H8のアセンブラなどBASICのごとく簡単に感じられる事と思います。
しかし、ちょっと大きなプログラム(例えば入力されたコマンドを解析して処理を実行、結果をLCDに表示。といったマンマシンIF的なものとか)を組もうとすると、やっぱり面倒くさいです。
その後の変更も大変です。
私もアセンブラ大好きっこですが、大半はCで組み、必要に応じてアセンブラを使う、というのが王道パターンとなっています。
アセンブラを使うのは、除算ルーチンなどの末端関数や、性能が求められる処理(高レートでAD変換した値を処理したりとか)などでしょうか。

以上ご質問にお答えした上で、質問者様には、R8をお勧めしたいと思います。
同じルネサスの石ですが、こちらは1チップですし、インストラクションもH8より洗練されていて私は好きです。
内蔵機能はH8にかないませんが・・・見てみられてはどうでしょうか。

こんにちは。
H8などルネサス製品をこよなく愛用しております。
#1さんとだいぶかぶりますが、ご質問に対しては以下の通りです。

◆A1
基板で買うのが圧倒的に便利だと思います。

◆A2
通常、シリアルで書き込みます。
従って、MAX232のようなレベル変換ICが必須です。
品種によって、USBで書いたりするのもあります。

◆A3
H8は1チップで使う事はあまり想定しておらず、バスをはじめ種々の信号線が出ているため、足の数が多いです。
ブレッドボードには向かないと思います。
逆に、1チップ的に使...続きを読む

QC7H8Oの5つの異性体の名称

5つあると思うのですが
ひとつはベンジルアルコールですよね
あと、トルエンにヒトドロキシ基が置換したものが3つ出てきますが
これは何という物質でしょうか?

またあと一つ

ベンゼン-O-CH3

という物質もでてきますがこれは何という物質ですか?

ご教示よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

CH3PhOH でクレゾールらしい.
あと Ph-O-CH3 はただのメトキシベンゼンか.
でも「芳香族性」を付けないとほかにも作れそうな気がする.
CH≡CCH=CHCH=CHCH2OH
とかも組成だけなら OK だよね.

QH8S/2633と超音波距離計の組み合わせ

大学での研究として、H8マイコンを使用しています。
H8マイコン(H8S/2633)と超音波センサを利用した距離計を組み合わせようとしています。
超音波距離計はこちらで購入したものです。
http://www.japan-elekit.jp/product/24
表示回路の部分が異なりますが、回路図はほぼこちらと同じです↓
http://www.japan-elekit.jp/zoom/1703

----------------------------------------------------------
使用しているものは出力を読み取る部分がありませんので、
PIC16F84の3番ピンと6番ピンの信号をH8で受信して
超音波反射時間を求め、距離情報に変えようとしてます。
----------------------------------------------------------

ここで質問なのですが、
H8S/2633でそのような計算は出来るのでしょうか。
マイコンへの取り込み方から教えて頂けないでしょうか。

※プログラムはC言語を使用します。
(大学の授業で勉強した程度の知識しかありません)
※マイコンについてはほとんど知識がありません。

大学での研究として、H8マイコンを使用しています。
H8マイコン(H8S/2633)と超音波センサを利用した距離計を組み合わせようとしています。
超音波距離計はこちらで購入したものです。
http://www.japan-elekit.jp/product/24
表示回路の部分が異なりますが、回路図はほぼこちらと同じです↓
http://www.japan-elekit.jp/zoom/1703

----------------------------------------------------------
使用しているものは出力を読み取る部分がありませんので、
PIC16F84の3番ピンと6番ピンの信号をH8で受信して
...続きを読む

Aベストアンサー

 zwi さんの言うように入門書を勉強した後のことですが
ユーザーズマニュアルの以下の項は最低限理解してください。
 PIC16F84の3番ピンをTIOCA、6番ピンをTIOCBに接続する
前提で書いてます。
 TIOCAでカウンタクリアかキャプチャAし、TIOCBでキャプチャBと同時に
割り込み、パルス遅延時間はTGRB - TGRAで計算します。
 TIOCAでクリアかキャプチャか迷う所ですがクリアの方が引き算しなくていいからクリアですかね。
 以上の6行が理解できるようになったら、ご希望のものが作れます。

3. MCU動作モード
4. 例外処理
5. 割り込みコントローラ
10A. I/Oポート
11. 16ビットタイマーパルスユニット
11.4.2 基本動作機能(ザッと見る)
  (3)インプットキャプチャ機能(完全に理解する)
11.4.5 カスケード動作(16ビットで収まらない時)

Q2H2O2 → 2H2O + O2↑の↑の意味

過酸化水素水の分解の化学式は、
2H2O2 → 2H2O + O2
となると思うのですが、
2H2O2 → 2H2O + O2↑
という風に「↑」がついている式を見かけました。
この「↑」の意味を教えて下さい!!もしくは、この「↑」付きの式は単なる間違いなのでしょうか??

Aベストアンサー

気体の発生だとか沈殿が生成するとかを強調するときに書きます。書いても良いし書かなくても良い、そう言う記号です。
イメージとして、気体が発生するというのは泡が下から上に上がっていく様子、沈殿が生じるというのは水溶液中で沈殿が沈んでいく様子を表していると考えて良いでしょう。

QH8のポートの状態

最近H8をいじり初めて色々と試しています。

使用しているマイコンはH8 3052/Fです。またCでプログラムしています。

そこで質問なんですけど、今H8マイコンボードとPCがシリアル接続されて

いるとして、接続が確立している場合にLEDを点灯させて、接続が確立され

ていないときは無点灯というような動作を作成したいんですけど、どのよ

うな手法を用いればよいでしょうか?

Aベストアンサー

> 通信が確立している状態とは、例えばハイパーターミナルに
> よってPCとH8をシリアル接続を行い、データの送受信ができる状態と
> 考えています。

「データの送受信ができる状態」というのがまだ不明確ですね。例えばハイパーターミナル側でポート番号が間違っているのに気付かなければ「あれ?」ってことになりますし、ボーレート、データ長、ストップビット、パリティ等が合わなければ正しくデータをやり取りすることができません。なにせ、USBやTCP/IPと違って通信プロトコルが決まっていませんので。

ではどうしたらよいか。例えば次のように、接続確認のプロトコルを自分で作ってしまってはどうでしょうか。

(準備)接続確認用のコマンド(文字列)を決めておく。(例えば open[CR][LF] など)
1.ホストは接続確認用コマンドをマイコンに送信する。
2.マイコンは接続確認用コマンドを受信したらLEDを点灯して、ホストに正常応答(例えば ack[CR][LF] とか ok[CR][LF] など)を送信する。
3.ホストはマイコンからの正常応答を受信して、接続が確立したと判定する。

[CR][LF] は C言語でいえば \r\n の意味で書きました。

> 通信が確立している状態とは、例えばハイパーターミナルに
> よってPCとH8をシリアル接続を行い、データの送受信ができる状態と
> 考えています。

「データの送受信ができる状態」というのがまだ不明確ですね。例えばハイパーターミナル側でポート番号が間違っているのに気付かなければ「あれ?」ってことになりますし、ボーレート、データ長、ストップビット、パリティ等が合わなければ正しくデータをやり取りすることができません。なにせ、USBやTCP/IPと違って通信プロトコルが決まっていませんので。
...続きを読む

Q酸で処理するのH+とH2OとH3O+について

写真を添付したので、その反応での質問です。
この問題は、エノンに、(1)CH3MgI、(2)HCl、を反応させています。

写真で(a)→(b)までは分かるのですが、(b)以降H+やH2Oが現れて付加します。このH+やH2Oというのは初めにH3O+が存在し、H+付加の後にH2Oが残りH2Oが付加するのでしょうか?

「酸を作用させる」という事が頻繁に現れるのですが、H+とH2OとH3O+などが現れてきてよく分からないのですが、どういう場合にどれが付加するのかなどポイントを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

(b)以降は、反応の後処理としての酸による加水分解です。
具体的には反応溶液に希塩酸などを加えることになります。
ただし、その時の酸(ここではH+、ただし、H3O+と書いても本質的に違いはない)というのは触媒であって、反応するのはH2Oです。だから、『酸触媒による加水分解』ということです。
ただし、反応機構を考えるにあたって、+と-の間で反応が進むと考えるのが基本です。(b)から(c)への変化は、電子の豊富な二重結合を狙って電子不足のH+がくっつくことになり、その結果生じた正電荷がOCH3が結合した炭素上(あるいはそのO原子上)に生じるので、今度はそこを狙って、電子の豊富な(δ-をもつ)H2OのO原子が求核攻撃をすることになります。
・・・とすべてがこんな調子です。

ただし、前述のように、水溶液中ではH+とH3O+は本質的に同じものなので、これらがごちゃ混ぜで出てくるような書き方は好ましくありません。なので、より書きやすい方を選んで書けば良いことになります。また、『酸触媒』なので、OH-を書くのもダメです。酸性ではその濃度は極めて低いはずですからね。その代わりにH2Oを書いて、Oの部分で反応した後にH+が取れるように書きます。それならば酸触媒ということと矛盾しません。これが『お約束』です。

答えになっているかどうかわかりませんが、正電荷と負電荷(部分電荷δ+、δ-を含む)というものを意識し、かつ酸性か塩基性化を意識して見直せばかなりのところまでわかると思います。

(b)以降は、反応の後処理としての酸による加水分解です。
具体的には反応溶液に希塩酸などを加えることになります。
ただし、その時の酸(ここではH+、ただし、H3O+と書いても本質的に違いはない)というのは触媒であって、反応するのはH2Oです。だから、『酸触媒による加水分解』ということです。
ただし、反応機構を考えるにあたって、+と-の間で反応が進むと考えるのが基本です。(b)から(c)への変化は、電子の豊富な二重結合を狙って電子不足のH+がくっつくことになり、その結果生じた正電荷がOCH3が結合し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング