ヨーロッパから仕事で日本に来ているお友達から「Kokeichen」(こう聞いてきたようですが、定かではありません)というガンに効く日本茶は何処で買えるかと聞かれています。(お友達がガンなのだそうです)どなたかご存知にないでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

癌にきく、日本茶を探しているとの事ですが、この日本茶のことは、緑茶の事と思はれます。


ヨーロツパ・特に欧米では、紅茶よりも、この日本の緑茶が、大変人気のあるお茶ですので、緑茶のことと思います、緑茶でも・番茶が一番です。
番茶の粉茶等が「癌・肝臓病等」の予防には一番です。
癌抑制の緑茶の「カテキン」(茶タンニン)の効能は・発ガン抑制作用・抗腫瘍作用・細胞の突然変異抑制作用・抗酸化作用・血中コレステロ-ル低下作用・血圧上昇抑制作用・抗菌作用・抗インフエンザ作用・虫歯予防・口臭予防(脱臭作用)この他に・ビタミン等の成分が多く含まれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

緑茶は緑茶でも番茶ですか(安上がり?)
これも併せて伝え、後は本人の判断に任せます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/09 17:57

ともえ茶(缶)のなかには、アガリクスが入っていた気がしますが....。

日本茶そのものですか....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
友人は日本茶だと言ってましたが、定かではありません。
お茶屋さんのnina12さんから日本茶じゃないと回答を頂いたので、多分違うんでしょうね。

お礼日時:2001/01/05 10:05

ますます蛇足(?)ですが、「カテキン」に関して以下の成書があります(内容未確認!)。


---------------------------------
1.「緑茶カテキン」で120歳まで生きる : 最新データが解き明かす[抗菌・抗酸化]飲料 / 越智宏倫著. -- 現代書林, 1999
2.お茶はなぜ体によいのか : カテキンパワーの秘密 / 黒田行昭, 原征彦共著.-- 裳華房, 1999. -- (ポピュラーサイエンス ; 211)
3.アルツハイマーはカテキンで防げる : 物忘れが気になりだしたあなたへ / 平松緑著. -- 主婦の友社, 1997. -- (主婦の友健康ブックス)
4.ガンにならない緑茶カテキンの驚異 : ガン細胞が自滅する“弱点"がわかった / 樋廻博重著. -- 青春出版社, 1999. -- (プレイブックス)
5.βーカロテン、クロロフィル、カテキンの健康影響に関する無作為介入研究 / 研究代表者廣畑富雄. -- [九州大学], 1996. -- (科学研究費補助金(一般研究(B))研究成果報告書)
6.活性酸素に克つ緑茶成分カテキンの驚異 : ガン、動脈硬化、老化の原因を退治する! : 活性酸素消去剤として世界各国で特許取得 / 平松緑著. -- かんき出版, 1997
7.奇跡のカテキン : お茶に潜む驚異のパワー / 島村忠勝著. -- PHP研究所, 2000
-----------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ本も出てるんですね。(アルツハイマーにも効くんですね、知らなかった)
たくさんお時間割いていただいて本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/01/05 09:41

追加情報です。


http://wwwinfo.ncc.go.jp/meetings/jca98/abstract …
(第58回日本癌学界)
この発表はH10で動物実験実験のデータですね。
三井農林と太陽化学が個別にサンプル提供しているようですが、この2社はそれぞれ単独では臨床治験には入れないでしょうし、前臨床試験データをとるのにも時間がかかると予想されますが・・・?
それらのデータが揃ってからでないと、臨床も入れません!!
現時点でその詳細は判りません。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、申し訳ありません。
そーなんですか、この件は見込みナシですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/05 09:35

「COE」に関しては、以下の参考URLの事ではないでしょうか?


-----------------------------
世界的研究機関を指す称号である「センタ-・オブ・エクセレンス(COE)」の取得を目指している
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
試薬(治験薬?)とは関係ありませんね??

恐らく、データを見ていないので判りかねますが、「がぶ飲み」位では、出来てしまった癌細胞に対してはとても、とても駄目でしょう・・・??
健康な人が予防的に飲むのであれば、疫学的にも「静岡県では胃癌の発生率が低い」と言うデーターもあるようですので・・・。

参考URL:http://www.fuji.ne.jp/~hagiri/index/new-jouhou/k …
    • good
    • 0

少し訂正(?)です。


黒茶のカテキン量は緑茶の約1/10とか紹介しているHPもあります。詳細は、他の質問で茶のカフェイン等に関して回答したのですが、「茶の科学」(朝倉書店)に記載があるかもしれません?
恐らく、緑茶等に含まれる「カテキン」以外に何か別の有効成分が「黒茶」にあるかもしれませんね??
8年程前までは毎年癌学会等に行ってましたが、最近は行ってません。埼玉県立ガンセンターも何度も訪問した事がありますが、臨床面では有名ですが、最近基礎面でもいろいろやっているのですね?
それと、一昨年静岡で「1999世界お茶フォーラムin静岡」が開催されたようです。

参考URL:http://www.raku-kobo.com/support/ocha-FORUM.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか、とっても詳しいんですね。お医者様かそういう職業の方なのでしょうか???ついでに聞いてしまいますが、99/7/28付静岡新聞に静岡県立大学の茶先端生命科学研究会が「COE」の取得を目指していると出ていましたが、こちらはご存知ないですか?こちらはお茶ではなく、完全な試薬なんでしょうか?
ところで、緑茶の1/10ですか。ちょと厳しいかしら。。。でも、病は気からって。。。そういう段階ではないですが。この際、緑茶でも黒茶でもがぶ飲みしてもらうしか、ないんでしょうか?(飲めるのかな?)

お礼日時:2001/01/04 16:30

nina12さんの回答が正しいかもしれませんね?


「BOTANICAL ARSENAL(植物から摂れる薬効の力)」
========================================
Tea Time(ティータイム)
癌予防が出来るのは食べ物からだけではありません。飲み物からも抗癌作用のある成分を摂取できるのです。お茶が日常飲料となっている中国と日本のリサーチからは、この飲み物が乳癌や前立腺癌などの発癌率を下げることが報告されています。最初に『茶』の効能を発表した報告書のひとつ:上海レポート(Journal of the National Cancer Institute,米国国立癌研究所発行の医学雑誌;1994年6月1日)によると、1日に2~3杯の茶を飲んでいる人は食道癌発症危険率が約60%も下がることが報告されています。理由として:茶葉にはポリフェノールと呼ばれる抗酸化作用のある物質が含まれているからです。
事実、カンザス大学での実験から、茶の成分カテキンの持つ抗酸化作用がビタミンCやEの持つ抗酸化作用よりも遥かに上回った効力があることが証明されています。臨床試験はまだ始まったばかりですが、研究の成果は早々にも期待出来そうです。中国の科学研究者達の報告によると、口に前癌兆候が見られる患者達が3杯の緑茶と黒茶を混ぜ合わせたものを飲用したところ、その1/3に早くも瘍の収縮がはっきりと見られたそうです。日本の埼玉県立癌センターでは、緑茶が乳癌の経過治療に大変効果があることを発表しました。乳癌の初期段階にあった女性達を7年間に渡って調査したところ、1日に5杯以上の緑茶を飲んだ女性は、4杯以下しか飲まなかった女性患者に比べ、癌の再発率が半分にしか満たないことが判明したのです。
========================================
http://irws.eng.niigata-u.ac.jp/~chem/yamagiwa/i …
--------------------------------
茶;日本の緑茶は摘み取った茶葉を焙焦したもので、不発酵茶(初めに葉中の酵素を失活させて製造した茶)である。ウーロン茶は半発酵茶(葉の細胞内で酵素による葉緑素の変性やカテキン類の酸化が起こる)、紅茶は発酵茶(茶葉の細胞を破砕した後に発酵させてカテキン類の酸化を十分に行なう)である。黒茶(例;プアール茶)は不発酵茶であるが、微生物(酵母やAspergillus属など)を作用させて作る。
---------------------------------
黒茶はカテキンが酸化されずに残っているので、上記の記載と合いますね!
つまり、お茶の葉あたりのカテキン量の比較か、黒茶に含有するカテキンと緑茶のカテキンで差があるか興味がありますね!

更に、論文等の情報がお知りなりたければ補足お願いします(現時点で見つかるかどうか確約はできませんが・・・?)。

参考URL:http://www.earthpure.com/articles/herb021.html

この回答への補足

ところで、1999/10/5付日本茶業新聞とやらに第58回日本癌学界総会で「緑茶エキスを固形化した粒(G.T.E)で緑茶の癌抑制効果の...」とか、同じく1999/8/22付埼玉新聞に「狭山茶緑茶エキス」を県茶業試験場と県立癌センター
で商品開発をしてるような事が書いてあったんですが、そのへんはご存知ないですか?(これって別の質問になってしまうんでしょうか。スミマセン)

補足日時:2001/01/04 15:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報をありがとうございます。
本人にそのように伝えてます。論文等を説明できるほど語学が堪能ではないので、ここでご説明いただいたもので、十分事足りると思います。
本当にありがとうございました。

PS.黒茶と緑茶でカテキン含有量に差があるか確かに興味ありますね。どうなんでしょうね???

お礼日時:2001/01/04 15:43

もしかしたらなのですが


コケイチャは「固形茶」なのでは・・・。
日本茶では無く中国茶で固形茶があります。
黒茶という黒くて固めた形をほぐして使うのですが
作ったものが古いほど薬効も強いと言われビンテージ物として値段も高いようです。
http://shopping.biglobe.ne.jp/webshop_doc/1/chug …
のページの薬効の所に「プーアール散茶、黒茶の効果に癌予防と免疫強化」との記述があります。
このようなお茶の買えるHPですが

http://www.cha-o.com/index2.html

http://www.wizard-jp.com/online/china/black/heic …

http://shopping.biglobe.ne.jp/webshop_doc/1/chug …

などですが横浜中華街でも売っているようです。

他にも検索すればショップの情報はあると思います。

探している「コケイチャ」がこれじゃ無かったらごめんなさい。私は日本茶を売っている自営業ですが日本茶ではコケイチャは聞いたことが無いので・・・。

参考URL:http://www.wizard-jp.com/online/china/black/heic …
    • good
    • 0

どのような癌(癌種)に効果があると聞かれているのでしょうか?


漢方薬ではないでしょうか?
「柴胡桂枝乾姜湯」(しコケイ・・・)ではないでしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

さっそくありがとうございます。
残念ながら何癌なのかは不明です。
私も漢方薬では?と思ったのですが「日本茶」だと言っていました。
99年夏に緑茶が癌に聞くと癌学会で発表されていたので、どちらかの会社が錠剤のような形で商品化でもしたのかな?と思ったのですが。。。

補足日時:2001/01/04 13:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌の転移

前立腺癌は骨に転移すると聞きました。
骨に転移した癌細胞は内臓にも転移するのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から他部位へ転移する場合、血管を経由して転移する血行性転移とリンパ管を経由して転移するリンパ行性転移があります。骨転移は血行性転移と言われており、リンパ節への転移はリンパ行性転移と言われています。しかしながら、リンパ管は最終的に血管と合流するために、リンパ行性転移がリンパ節以外に転移しないかと言われれれば、Noとなりますが、臓器転移の主たるものではないと思います。やはり臓器転移は血行性転移が主だと言えます。
それゆえに、厳密に言えば間違いかもしれませんが、「リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?」の問いにはNoとなるでしょう。リンパ(行性)転移はリンパ節転移で、臓器転移は血行性転移と考えるのが主だと思います。
分かりにくい文章ですみません。

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から...続きを読む

Q肺ガン検診は保険が効きますか?

 旦那さん(31歳・喫煙・お酒)に肺ガン検診に行ってもらおうと思っています。
 PET検診のような高額なものを望んではいません。
肺ガン検診だと保険は効きますか?(胸部CT・胸部レントゲン・腫瘍マーカーなど)

 また、旦那さんは、右足太もも付け根に腫瘍(2cmくらい)があります。
一体、何科を診療したらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんがおっしゃるように、検診には保険はききません。しかし、何らかの病気で病院、医院へ行った場合。医師が検査が必要と判断場合の検査には、保険は使えます。
私の場合は、風邪で内科医へ行きました。レントゲン検査の結果、肺炎を起こしているとして、MRI検査、喀痰検査、腫瘍マーカー検査を行い。腫瘍マーカーの数値が高いから、肺のファイバスコープ、胃カメラの検査を行い。異常なしでした。ただし、腫瘍マーカーの数値が高いので、1ヶ月後に又血液検査をするといわれました。
肺のファイバースコープの検査は初めてで、全身麻酔で行いますので苦痛はないのですが、麻酔が覚めず、ベッドに寝ていたのを起こされても、ふらふらで、院長の車で家まで送ってもらいましたが、翌朝になっても、まだ麻酔が切れませんでした。麻酔薬の量を間違えたのではないかと思っています。
しっかりした病院で検査を受けた方がよいでしょう。
多少の酒は、百薬の長ですが、喫煙はやめた方がいいでしょう。喫煙は嗜好ですが、楽しみと、寿命を縮めるかもしれない。受動喫煙で、他人に迷惑をかける。その選択は、あなた方自信の判断です。

皆さんがおっしゃるように、検診には保険はききません。しかし、何らかの病気で病院、医院へ行った場合。医師が検査が必要と判断場合の検査には、保険は使えます。
私の場合は、風邪で内科医へ行きました。レントゲン検査の結果、肺炎を起こしているとして、MRI検査、喀痰検査、腫瘍マーカー検査を行い。腫瘍マーカーの数値が高いから、肺のファイバスコープ、胃カメラの検査を行い。異常なしでした。ただし、腫瘍マーカーの数値が高いので、1ヶ月後に又血液検査をするといわれました。
肺のファイバースコ...続きを読む

Q癌の転移・再発について

よく癌の転移と言いますが、一般的にどのような状態になったことを転移と言うのでしょうか?
例えば大腸癌の場合術後の再発とは一般的ににどのような状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺へ直接流れる静脈があるので肺転移が比較的多くなります。それ以降の転移はがん細胞が動脈によって運ばれて全身どこにでも転移することが考えられますが、肝臓、肺以外では脳、骨などに多くみられます。
術後再発という場合、転移再発と局所再発に分けて考えます。
転移はこれまで述べたことですが、手術時点ですでに目では見えないがん細胞が遠隔転移(大腸およびその周囲の所属リンパ節以外の臓器への転移)していたが、CTなど画像で分かる大きさになっていなかった、ということが大部分と考えられます。その他の可能性としては、手術操作の影響でがん細胞が押し出されて血流で他臓器へ飛んでいった、ということが想像されます。
大腸癌の最も多い局所再発は大腸を切って縫い合わせた部分(吻合部再発)、大腸癌のあった周囲の再発です。
そのほか進行大腸癌では癌性腹膜炎という、お腹の中(腹腔)全体にがん細胞が再発する状態が多く見られます。
どのような形の再発であれ、抗癌剤、手術、放射線療法あるいはそれらを組み合わせた治療が行われます。

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺...続きを読む

Q57歳の主婦、健康診断で乳ガンで精密検査になりました。愛知県の豊田市在住、何科へかかり、何処の病院が

57歳の主婦、健康診断で乳ガンで精密検査になりました。愛知県の豊田市在住、何科へかかり、何処の病院が良い等情報お願い致します。

Aベストアンサー

http://www.toyota-mh.jp/department/shinryouka/nyuusenbunpitsugeka.html
ネット検索して調べたことですが、トヨタ記念病院の乳腺内分泌外科には、日本乳癌学会認定専門医がいるようです。
でも総合病院で診てもらう場合、かかりつけ医からの紹介状がないと初診の際、診察料の他に療養費5,400円がかかるので(救急患者は除く)、
かかりつけ医がおられるなら、まずそちらを受診し、病気のことを話し、紹介状を書いてもらったほうが良いと思います。

Q胸腺癌の肺転移

 胸腺癌(扁平上皮癌)の外科切除後、化学療法は行わず、2年経過しました。その2年後の定期監視のCT検査で、肺の中に5ミリ程度の肺転移が確認され、それ以外にも複数ありそうです。

 肺転移ということは血行型と考えられ、全身に転移する可能性が高いことから、外科手術は見送り、腫瘍の増大を見ながら、抗癌剤を投与することになりました。

 肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。
 がん細胞の増殖速度は、原発部分で局所再発した後と別の部位に転移した後ではその速度は違うのでしょうか。肺転移すると、肺癌と同じような増殖速度になるのでしょうか。

 胸腺癌に確立された標準治療はありませんが、肺転移となると肺癌の治療法や薬の選択肢も増えるのでしょうか。(誤解かも?)

 このような状況でも、今から検討に値する治療法は何かあるのでしょうか。
 どうぞ、ご教授ください。

 
  

Aベストアンサー

#1です
>乳がんから肺・肝臓に転移されたようですが

ごめんなさい 言い回しが変で通じませんでしたね
(私のように「肺・肝臓あたりに転移してから」が普通らしいですが の部分)

乳がんからは『肝臓や肺に転移してから骨転移』が普通だと主治医が言っていました

が 私は肝臓や肺に転移がなくて 骨転移のみです
(腫瘍マーカーが怪しくなってきたので 検査中ですが)


ですので 
『肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。』には回答するのは無理 神様くらいしか判る人は居ないだろう_ と 書いたつもりでした。

私が今後骨以外に転移しても 「末期だから」ということになって
緩和ケアに入ると思います…
ただ現在は不便なことが多いだけで 痛くないので…
経口抗がん剤でしのいでいますけども。

Q非浸潤性乳管ガンおよび子宮体ガン(前ガン状態)

胸筋温存乳房切除術とセンチネルリンパ節生検をうけ、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陽性、HER2陰性、一部面疱型があるため、術後療法としてタモキシフェン5年間服用を勧められた。療法開始前に子宮ガン検診をうけたところ、頚ガンは問題なしだが子宮体ガンで擬陽性で前ガン状態と言われた。

乳腺外科の主治医は、婦人科検診の結果を聞いて、ホルモン療法を中止し婦人科を優先して乳腺外科としては術後療法はなしということになった。

やはり、このような状態の場合、ホルモン療法(タモキシフェン)を服用しないほうが良いのでしょうか?
乳癌の手術後すでに、2ケ月以上たっていますが、ホルモン療法は婦人科の処置が終わってから、さらに時間がたってしまいますがすることは出来ますか?   
また、タモキシフェンは子宮体ガンを誘発しやすいとのことなので、ほかの薬(例えば、クエン酸トレシファンなど)にすることは出来るのでしょうか?
面疱型があったため、術後療法をしないことによる不安があります。ただ体ガンの心配もあり、すごく悩んでいます。また、転移ではないと主治医はおっしゃいましたが、こういう状態のガンの”たち”は悪いものなのでしょうか?ガンが2つ続いたのでとても心配になってしまいました。
よろしくお願いします。

胸筋温存乳房切除術とセンチネルリンパ節生検をうけ、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陽性、HER2陰性、一部面疱型があるため、術後療法としてタモキシフェン5年間服用を勧められた。療法開始前に子宮ガン検診をうけたところ、頚ガンは問題なしだが子宮体ガンで擬陽性で前ガン状態と言われた。

乳腺外科の主治医は、婦人科検診の結果を聞いて、ホルモン療法を中止し婦人科を優先して乳腺外科としては術後療法はなしということになった。

やはり、このような状態の場合、ホル...続きを読む

Aベストアンサー

#1です
別の薬の選択は私には判りません。
刺激しない方法=薬をやめるということで私は納得しています。

薬をやめたことで 卵巣の腫れなどはおさまりました。
乳がんの点滴の抗がん剤(最初は経口・腫瘍マーカーが悪化して点滴に変更)を使うと~年齢によると思いますが~抗がん剤がなくても”あがりそうな”状況でしたから すぐに生理も止まり…(普通は止まるらしい) その状況だけでも子宮や卵巣の悪化は避けられるはず。

抗がん剤と放射線が必要ないのかどうか、生理を止める方法は無理なのか?と主治医に確認してください。抗エストロゲンは使わないほうが良さそうということだけが判っている状態なようです(質問と補足でもそれ以上のことは判らない)。

積極的な治療を受けたいけど、治療法の選択肢が1つ減ったことの不安は相談するべきです。

>こういう状態のガンの”たち”は悪いものなのでしょうか?
前ガン状態はまだガンじゃありません。まだ心配する状況じゃありません。
正常じゃないだけです。抗エストロゲンを使い続けたら”たち”が悪くなります。

乳がんの治療をするにあたって 気を配ったほうが良いだけです。

#1です
別の薬の選択は私には判りません。
刺激しない方法=薬をやめるということで私は納得しています。

薬をやめたことで 卵巣の腫れなどはおさまりました。
乳がんの点滴の抗がん剤(最初は経口・腫瘍マーカーが悪化して点滴に変更)を使うと~年齢によると思いますが~抗がん剤がなくても”あがりそうな”状況でしたから すぐに生理も止まり…(普通は止まるらしい) その状況だけでも子宮や卵巣の悪化は避けられるはず。

抗がん剤と放射線が必要ないのかどうか、生理を止める方法は無理なのか?と...続きを読む

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているので

【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。

抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているのでしょうか?

抗ガン剤治療をしなかった人でいつの間にかガンが消えて今も生きている人はよく聞きます。

しかし、抗ガン剤治療をした人で頭がつるっ禿げになった人で今もピンピン生きているという人の話は聞いたことがないです。

抗ガン剤治療をすると延命するがすぐに死んでいってる気がします。

抗ガン剤治療に懐疑的なんですけどどう思いますか?

ガンに負けた体がガンに勝つ抗ガン剤という毒を体内に入れて生き残れるという発想がおかしいと思ったりします。

抗ガン剤に勝てるならガンに負けなかったと思いますけど。

Aベストアンサー

私の以前の勤務先には抗がん剤治療を受けて髪がなくなっていましたが、5年経過したので治癒したと宣言された人がいます。

その後、別の部位にガンが見つかりましたが、新たなガンだとみなされました。

「すぐ」「生き続けた」が何年をさしているのかにもよります。

Q癌の転移について

胆管癌の場合、転移するとしたら場所などはある程度決まっているのでしょうか?
食道や胃に転移する可能性はありますか?

Aベストアンサー

可能性としては浸潤として転移する場合と、リンパ節転移があります。
浸潤は文字通り胆管癌の周辺臓器に浸み込むような転移です。
肝臓、膵臓、十二指腸、胃などが隣接しています。
リンパ節は体中にリンパが張り巡らされていてリンパを介して転移します。
好発部位は肝メタ、肺メタ、脳メタなどが代表的です。

Qガンに効くというIL-12の

インターロイキン12という高価な薬の代用として糖質(?)でできているガラクトシルセラシドというものがあると聞きました。
99年ごろから治験を初めたようで、もう10年が経ちますが、名前が変わったのかググってもよくわかりませんでした。(医学は門外漢です)
今は普及しているのでしょうか?
また効用や入手し易さについても教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ガラクトシルセラシドではなくαガラクトシルセラミドでしょうね。スフィンゴ糖脂質と呼ばれ、樹状細胞にIL-12を産生させる作用を有している物質です。
日本国内ではキリンファーマがKRN7000というコードで開発をしていたようですが、現在の開発パイプラインには見当たりません。開発を中止したのか、ライセンスアウトしたのかはよくわかりません。

お役に立てば幸いです。


人気Q&Aランキング