3/27AM:7:10からNHK教育テレビでビジネスワールドに心理学者の名前出ましたが見た方いますか。

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

再びこんにちは。


気になったのでさきほど放送をみました。
きっとご覧になっているかと思うのですが、念のため・・・・
・ロバート・L・フリードマン博士
・アルバート・エリス博士
の二人でした。
でも名前を控えるのが精一杯でどこの研究所などの情報は?です。
詳しくお知りになりたい場合はNHKに問い合わせれば教えてもらえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。私も今テレビみていました。ビデオとりましたので、明日見ますgogorapanuiさん起きてみて下さったのですね。大変申し訳ありませんでした。おやすみなさい。

お礼日時:2002/03/29 00:32

こんにちは。



その番組を見ていないので回答ではないのですが・・・
英語ビジネスワールドですよね?
今晩(3/28)24:00~ 再放送があるはずですから
そちらをご覧になってはいかがでしょうか?
(もし回答が得られなかったら、ですけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。その手がありましたね。^-^> ありがとう♪f(^_^)

お礼日時:2002/03/28 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q教育心理学のとある例題:老師が弟子に言った言葉の意味

現在大学で教育心理学の授業をうけているのですが、その授業の中で次のような文章がありました。
「老師が弟子にいう“ここに杖がある。これが見えるというならば、お前を打ち据える。見えないというならば、やはりお前を打つ。杖は見えるか、見えないか、どちらだ?”」
という文章です。いったいこれはどういうこと指しているのでしょうか?どのへんが教育と関係あるのでしょうか?
どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

錯視「老婆にも見えるし鳥にも見える」があります。死の現実に恐れ慄きながら生きることもできるし、死を忘れて暮らすこともできる。しかしながら「両方、常に頭を切り替えて自由に行き来できるようになりなさい」ってことでしょうか。

答えとしては「見ようと思えば見れるし、見ないと思えば見えない、どちらも常に可能」要するに鳥にも見えるし老婆にも見える、一方だけということはなく、自由に切り替え可能な能力がある。

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Q【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学

【心理学は障害者と健常者を比較した学問であるので障害者があっての心理学なので健常者には役に立たない学問である】

心理学は障害者であることを認知するための学問なので健常者にとっては比較対象が障害者基準なのでメリットはない。

心理学は健常者を研究したものではなく障害者の異常値と比べた結果なので異常者とどれくらいの差異があるか分かるだけで自分がどれだけ健常者であるかは分かる物差しにはならない。

Aベストアンサー

心理学を勉強したことないでしょう。

例えば幸福論です。

心理学では、快楽は幸福では無い、としています。

快楽は、美味いモノを喰った、ひいきのチームが
勝った、などで得られますが、
幸福とは、人生における満足を意味する、として
います。

これのどこが健常者の役に立たないんですかね。


有名な心理学者、エーリッヒフロム曰く
「人は独りでは幸せになれない」

アドラー曰く。
「自己に執着すると幸せになれない」

Qテレビで喋っている犯罪者の心理の話は、心理学ではない

タイトルの通りなので、これ以上詳細に書くのは難しいのですが
心理学とは犯罪者などの心理を暴くことではない!
という説明を書いている方もいますし、○○の心理を教えてくださいというのは心理学ではないと回答される方がいらっしゃいます。
テレビで心理学の面から犯罪者の心理を~ と言ってる教授方は、うまく言い回しているだけで心理学ではないのでしょうか?
犯罪者の心理を説明するのに心理学は適当でないなら、ただの想像でしかないように思います。
それとも今までの統計から、このような心理であろうと喋っているのでしょうか?

Aベストアンサー

どもども.
とても興味深い質問ですね.自分なりに回答を考えてみました.
ちなみに大学で実験系の心理学を学んでいたものです.

>テレビで心理学の面から犯罪者の心理を~ と言ってる教授方は、うまく言い回しているだけで心理学ではないのでしょうか?
#4の方の回答にもありますが,彼らの多くが心理学者ではなかったりするので何とも言えません.「うまく言い回しているだけで」というのももしかしたら何か精神医学的なベースがあるのかもしれませんが私には判断できません.

そもそも「心とはなんぞや」という問題は未だ解けていないのです.そして「心は本当にあるのか」という問題も,驚かれるかもしれませんが,答えの出ていない問題なのです.

大雑把に分けて「心理学」には二つの立場があるなぁと最近思っています.それは「心は存在する」という前提のもとで話を進める立場と,そもそもの心の存在を探っている立場です.前者は世間一般の「心理学」に対するイメージのような気がします.あくまで「気がする」程度です.私は後者の立場なので「○○の心理を…」とか言われると「そもそも心理って何よ?」と思うのです.

心を自明のものと考える立場の人にとっては,その働きを説明することに違和感を感じないのかもしれませんが,心の存在から疑う立場にとっては大変気持ちの悪いものなのです.

社会の要請は心を自明のものとして扱って,その「心理」を説明してほしい,ということは理解してますし,その必要性もわかっています.しかし心の存在がわかっていないのに,そういう説明はどうなのかなと思う訳です.

なので
>心理学とは犯罪者などの心理を暴くことではない!
>○○の心理を教えてくださいというのは心理学ではないと回答される方がいらっしゃいます。

という回答をされる方がいるのは当然ですし,そのことに反対される方がいるのもわかります.「無意識が…」とか「深層心理では…」という言葉を使ってその状態を説明をすることはある程度可能だとは思ってますが,いくら考えたところでそれらは「説明概念」であって「じゃあ無意識って,深層心理って何よ?」ってことが問題になると思います.

心という目に見えないものを,目に見えないまま自明のものとして扱い説明を行うと,目に見えないからこそ自然科学的手法で目に見える形にして扱おうとする立場では「心理学」ではないとなるし,そうなると前者からは「科学的に扱わなくともよい」という意見がでる.「心理学」という学問の定義自体を根本から見直さないといけないのかもしれません.

どもども.
とても興味深い質問ですね.自分なりに回答を考えてみました.
ちなみに大学で実験系の心理学を学んでいたものです.

>テレビで心理学の面から犯罪者の心理を~ と言ってる教授方は、うまく言い回しているだけで心理学ではないのでしょうか?
#4の方の回答にもありますが,彼らの多くが心理学者ではなかったりするので何とも言えません.「うまく言い回しているだけで」というのももしかしたら何か精神医学的なベースがあるのかもしれませんが私には判断できません.

そもそも「心とはなんぞ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報