ワインには酸化防止剤が入ってることが明記されてますが、日本酒やビールなどの他のお酒には何も表示されてません。
それは、日本酒やビールには何も入ってないってことなのか、
それとも、入れてるけど表示の必要がないってことなんでしょうか?
ワインにだけ入ってるってことはないと思うのですが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐らく、日本酒等に酸化防止剤は添加されてないと思われます。


果実系のものは空気に触れると味や色が変化するので酸化防止剤が必要となるようです。
そういえば、先日買ったサントリーの「ピングレ・グレフル」にも入ってました。
ちなみに酸化防止剤として使われてる亜硫酸塩は大量に摂取すると人体に影響がありますが、ワインからその影響がでるようになる頃にはアル中になる、っていうぐらい微量らしいので気にする必要は無いようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
書いてなければ入ってないと思っていいんですね。

お礼日時:2002/03/29 07:32

食品の添加物の表示は、食品衛生法で義務付けられています。


物質名を表示しなければならないもの、物質名と用途を併記しなければならないもの、一括名で表示できるもの・・・などなど細かく取り決められています。

原則的に添加物を使用したら表示しなければならないのですが、表示が免除される項目も決められています。
例えば、製造工程で添加物を使用した時でも、最終的には食品中から除去されるものや、中和などの変化によって通常含まれる成分に変化をするものや、極微量で食品中で影響を及ぼさない場合や、栄養強化の目的で添加したものについては、表示しなくてもいい事になっています。

ビールの場合も製造工程で添加物が使われていても、表示が免除されます。

酒類に関しては、食品衛生法以外にも表示に関していろいろな取り決めがあります。
ワインにも日本酒にもそれぞれのルールがあり、それによって表示内容は変わってきます。

日本酒でも醸造アルコールを添加している場合は、きちんと明記してありますし、合成酒は調味料などの添加物を使用していますのできちんと表示されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうございました。
表示の義務はものによって違って、統一されてないってことですね。
酸化防止剤は表示してなければ入ってないってことでいいんですかね。

お礼日時:2002/03/29 08:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保存料って そんなに危険なのですか

ケチャップやお弁当すべてに保存料が入っていると聞きました その他発色剤などなど そこまで危険なのですか?

Aベストアンサー

 No.3様のおっしゃることが正解だと思います。
 特に諸外国との比較については、そもそも「添加物」そのものの定義や範疇が国によって異なるため、単純比較が非常に難しいのですが、「怖い」派の皆さんはそのあたりを無視して単純に「数」や個別事案で比較をしたりします。
 実質的には日本の基準は非常に厳しい範疇に入ると思います。そのため、常に諸外国から「この添加物を認めろ」という圧力がかかっています。一例を挙げれば、(食品添加物ではないですが)食品への放射線照射があります。諸外国ではかなり前から認められていますが、日本では未だジャガイモ以外は認められておらず、香辛料の輸出国あたりから「いいかげんに認めてくれない?」と様々な圧力がかかっています。

 また動物実験はしているがヒトではしていない、というお話もありますが、多くの食品添加物が世に出てから半世紀以上、ある意味ヒトによる人体実験を経てきているわけです。悲しいことに実害が出たこともありますが、現在では、通常範囲の使用での食品添加物による被害は確認されていません。
 「怖い」派の方々は、被害の事実を客観的に提示できないため、アトピーとか花粉症とか、原因が特定できていない様々な病気の原因を食品添加物に求めるような情報を流しています。

 なお、「ケチャップやお弁当すべてに保存料が入っている」の答えですが、ケチャップのような塩分の高いものにはそもそも保存料はあまり必要ありませんし、せいぜい1日程度しか期限のない、つまり長期保存の必要のないコンビニ弁当にも保存料はほとんど使われません。したがって「ほとんど入っていません」が正解だと思います。保存料もタダではありませんので、不要なものにまで使われるわけではありません。

 昔と比べて食品の日持ちがよくなってきたので誤解されますが、その要因は衛生管理の向上と調理・パッケージング技術の向上といったものが主なものです。「腐らないのは保存料のせい!」というのは、あまりにも化学と食品製造の実態を知らない、単なる思い付きのレベルの話だと思います。

 発色剤は、岩塩の中に含まれていたものという形で、ハムやソーセージの紀元の頃から使われています。肉の発色をよくすることに加え、ボツリヌス菌の繁殖を抑制するという性質があることを昔の人は経験的に知っていたのですね。
 「危険なのですか」といわれれば、世の中には全く安全なものなんてありませんので、異常な量を使えば確かに危険です。ただし、前述したように使わないことによるボツリヌス菌の被害のほうがよほど危害性が高いので、「使わないほうが危険」というのが食品衛生の常識となっています。
 実際にヨーロッパでは、手作りの畜産製品によるボツリヌス中毒での死者が毎年のように出ているようですよ。

 No.3様のおっしゃることが正解だと思います。
 特に諸外国との比較については、そもそも「添加物」そのものの定義や範疇が国によって異なるため、単純比較が非常に難しいのですが、「怖い」派の皆さんはそのあたりを無視して単純に「数」や個別事案で比較をしたりします。
 実質的には日本の基準は非常に厳しい範疇に入ると思います。そのため、常に諸外国から「この添加物を認めろ」という圧力がかかっています。一例を挙げれば、(食品添加物ではないですが)食品への放射線照射があります。諸外国ではかな...続きを読む

Q酸化防止剤無添加ワインについて

スーパーのワインコーナーをみると「酸化防止剤無添加」という文句が張ってある国内産ワインが何種類かありました。言い換えると、他のワインは酸化防止剤が添加されるとのことになりますが、これは体に良くないものでしょうか。
また、ワインに添加される添加物は酸化防止剤以外にもあるのでしょうか。例えば、砂糖とか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

亜硫酸に関しては、使用濃度に制限があり、
その範囲内では安全とされています。
古代ギリシアではワインに硫黄を吹き込むことで、
亜硫酸を加えていたことが知られており、
歴史的な経緯もあります。

添加物としては、保存料としてソルビン酸もしくはソルビン酸カリウムが使用されているものがあります。
表示義務がありますので、ラベルを探して書いてなければ使っていない、
というのが建前です。
こちらも使用濃度の制限があります。

砂糖は”添加物”ということにはなりません。
原料の糖度が低い場合に、”補糖”することはあります。
アルコール自体が糖分を酵母が醗酵させて作られるものですから、
糖分が足りないと十分なアルコールができないためです。
製品の品質として同化は別として、安全性には問題ないと思います。

また、ラベル等に記載されず、なおかつ最終製品には残留しない”添加物"もあります。
濾過目的の珪藻土、おり下げ剤のベントナイト、二酸化珪素、アルギン酸ナトリウム、除酸目的の炭酸カルシウムなどですが、これらはワインの製造工程次第では使用されているものもあります。
特にベントナイトは多くのワインで使用されていると思います。
これらは最終製品には残留させず、取り除くことを前提として使用が許可されている添加物です。

酒類に関する添加物は国税庁の長官指定物質として、制限がありますので、参照なさると面白いかもしれません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syouhi/818/01.pdf

亜硫酸に関しては、使用濃度に制限があり、
その範囲内では安全とされています。
古代ギリシアではワインに硫黄を吹き込むことで、
亜硫酸を加えていたことが知られており、
歴史的な経緯もあります。

添加物としては、保存料としてソルビン酸もしくはソルビン酸カリウムが使用されているものがあります。
表示義務がありますので、ラベルを探して書いてなければ使っていない、
というのが建前です。
こちらも使用濃度の制限があります。

砂糖は”添加物”ということにはなりません。
原料の糖度が低...続きを読む

Q調味料の添加物(保存料など)の危険性は?

サッカリン

カラメル色素

パラオキシ安息香酸

これらの危険性について詳しい方いますか?
健康被害も出たりする可能性があるんでしょうか?

業務スーパーで買ったお好み焼き用のソースに入ってて、めちゃくちゃ薬品臭いし、
変な味です!

やっぱ食べるの危ないですか?

Aベストアンサー

>やっぱ食べるの危ないですか?

家でお好み焼きを作って適量使用して食べる分には全く問題ないと思いますが、これらの添加物を使用してないソースもそう高くない価格で簡単に買えますので、心配であれば自宅で食べる分には添加物不使用のものになさっては如何でしょうか。仮に自宅でこの種のソースを避けても、外食するときのソースにはこれらの添加物が使用されている可能性があります。

サッカリンはかつては発がん性ありとして食品への使用が禁止されましたが、その後発がん性は否定され、再度使用が認められるようになりました。サッカリンの甘さには若干癖があり、使用されても甘さの一部を補う程度です。

カラメル色素は砂糖を焦がして作ったものには問題はありませんが、それ以外の製法で作られたカラメルには動物実験では発がん性が認められています。法律上はカラメル色素の製法の区別を表示する義務はありません。砂糖を焦がして作るカラメルの製造コストはその他の製法に比べて高いことから、食品に使用されているカラメル色素のほとんどが「その他の製法」で作られている物と思われます。ただ「発がん性」と言っても「その他の製法」で作ったカラメル色素を使用した市販の食品を、毎日浴びるように食べてもまず癌にはならないレベルの「発がん性」です。

>パラオキシ安息香酸

毒性の非常に低い防腐剤(保存料)です。食品、医薬品、化粧品などに使用されています。サッカリンを使用することにより、糖類の使用が減った分、腐りやすくなって防腐剤使用の必要性が出たのでしょうね。「毒性」といっても医薬品にも使用されるレベルの「毒性」ですので、そんなに心配するレベルではないでしょう。

>めちゃくちゃ薬品臭いし、変な味です!

それであれば食品添加物の危険性以前の問題ではないでしょうか。どこのスーパーなどでも手に入る大手メーカの商品で、これら添加物を使用していない商品が沢山ありますので、それらの中から口に合う商品を使用しては如何でしょうか。それらの商品を特売に合わせて買えば、お手頃の価格で買うことが可能です。(少なくとも上記3種の添加物は薬品臭い物質ではありませんので、その臭さは他の物質のせいだと思われます)

>やっぱ食べるの危ないですか?

家でお好み焼きを作って適量使用して食べる分には全く問題ないと思いますが、これらの添加物を使用してないソースもそう高くない価格で簡単に買えますので、心配であれば自宅で食べる分には添加物不使用のものになさっては如何でしょうか。仮に自宅でこの種のソースを避けても、外食するときのソースにはこれらの添加物が使用されている可能性があります。

サッカリンはかつては発がん性ありとして食品への使用が禁止されましたが、その後発がん性は否定され、再度使用が認めら...続きを読む

Q開封したワインの酸化防止にオリーブオイル?

友人から聞いたのですが、開封したワインにオリーブオイルを少し入れておくと、ワインの酸化を防いでくれるという話を聞いたのですが、本当なのでしょうか?
どのような理由、根拠なのかがわからず、ワインの味に影響を与えてしまうのではないかと考えてしまいます。
友人曰く、イタリアやフランスでは当たり前のようにオリーブオイルを入れているとのことなのですが、このような話を聞いたことがある方、いましたら教えてください。

Aベストアンサー

pirokore さん、今晩は。

誤解が生じるといけないので一言。

ワインには防腐剤は入っていません。殆どのワインには酸化防止剤が添加されています。これはワインの醸造過程で不必要な酸化を防止するために僅かに入れるもので、長期の熟成中や抜栓後の酸化を防ぐ量は入っていません。

またオリーブオイルが表面に浮くことで酸化を防止するのはNo1さんのおっしゃるとおりですが、オリーブの香りがワインに移るので風味が変化します。油を使うのでしたら葡萄の種油が適していると思います。

抜栓後の酸化を防ぐ方法としてバキュバン等の真空にして保存する栓、小瓶に移し密栓する方法、これらを冷蔵庫に入れ保管するなどが有効です、1週間程度は持つでしょう。

蛇足ですがごく一部の若い高級ワインの中には抜栓後より1晩たったほうがむしろ美味しいという例外もあります、殆どのワインは開けたてが一番美味しいので早く飲んでください。

Q保存料のパラベンって本当に危ないの?

化粧品の成分でいろいろ調べていてパラベンが本当に危険かどうか疑問に思っています。
いろいろパラベンにも種類があるみたいなんですが、
そんなことは書かずに、危ないとか、安全とかで全く主観で意見を言ってるみたいです。
実際、どうなんでしょうか。

それと保存料なしの化粧品とかあり得るのでしょうか?保存料なしで長期間保存できるわけないし。
何か表示していないものは裏がありそうで。
もしパラベンが危ないのであれば、保存料としてどんなものが安全なのでしょうか。
詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

保存料の入っていないものは腐ります。
よく美容業界で言われる表現として、
「おでこにお刺身を貼り付けて一日置いておいたら腐る。それと同じで、保存料の入っていない化粧品を肌に貼り付けておけばその一日のうちに顔から変なにおいがでてくるし、容器の中でもくさる」
ということなんです。まったくそのとおりです。
化粧品には肌に良い有効成分とその品質を維持するための添加物が入っています。
厚生省(だったと思います)が認可した添加物が「指定成分」であり、これは化粧品の容器に記載する義務があります。
その代表が保存料のパラベンなんです。
では無添加というのはなにかというと・・
「指定成分」を添加していないということなんです。
でも、これは腐りません。
なぜでしょうか?
ちょっと怖いですが、「厚生省の認可していない添加物を使用している」ということなんです。
認可の下りていない添加物は容器に記載する義務はありません。でもきちんとした会社は認可の下りたものを使うので「添加物あり」ということになってしまうのです。
でも、認可の下りていない成分だからといって必ずしも危険なものばかりではありません。ただ、厚生省が検査をしたかしてないかというだけの問題なのです。
きちんとした会社は独自に検査をして肌に安全だと確認してから使用するでしょうし、悪徳な会社は発がん性のある安い成分を使うでしょう。
ただ、言いたいのは、添加物が危険で、無添加が安全だと安易に考えるのは危険ということです。
パラベンは保存料の中ではもっとも安全性が高いことから多くの化粧品や食品に使用されています。それを使わない業者から非難の対象にはなっていますが、コレに関しては質問者さんも「主観で言っているようだ」と気づいているのであえて言う必要はないですね☆
長くなってごめんなさいね。
ちなみに私は美容業界の人間ではないです。

保存料の入っていないものは腐ります。
よく美容業界で言われる表現として、
「おでこにお刺身を貼り付けて一日置いておいたら腐る。それと同じで、保存料の入っていない化粧品を肌に貼り付けておけばその一日のうちに顔から変なにおいがでてくるし、容器の中でもくさる」
ということなんです。まったくそのとおりです。
化粧品には肌に良い有効成分とその品質を維持するための添加物が入っています。
厚生省(だったと思います)が認可した添加物が「指定成分」であり、これは化粧品の容器に記載する義務が...続きを読む

Qビール 発泡酒 第(3)のビール 体に良いのはどれ?

経済事情により、最近は第(3)のビールをよくいただいています。
体に良い原料を使ったアルコールという面から考えると、
いったいどのような順番になりますか? 理由などもお聞きできればありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビールは「液体のパン」といわれるほど栄養バランス的に優れた飲み物だそうですが、薄いとはいえアルコール飲料ですから飲み過ぎは禁物です。

もともとビールと発泡酒は麦芽の使用比率と税率のが違うだけでした。
税率の安いビールふう飲料として発泡酒がヒットしたため使用比率と税率が改正され、さらに税率の安い麦芽を使わない「第3のビール」が登場するにいたって、ついに「ビール」「発泡酒」「その他の発泡性酒類」をまとめて「発泡性酒類」という分類が設けられました。
基本的には、原材料と税率が違うだけで、栄養成分含有量に極端な差はありません。

何が体によいかは個人の判断にお任せするとして、原料の違いは以下のようになります。

●ビール
 税率: 220,000円/キロリットル
 度数: アルコール分20度未満
 原料(1): 麦芽、ホップ
 原料(2): 麦芽(50%以上)、ホップ、副原料(*)

(*)副原料: 麦、米、トウモロコシ、コウリャン、馬鈴薯、澱粉、糖類、苦味料、着色料

●発泡酒(1)
 税率: 178,125円/キロリットル
 度数: アルコール分10度未満
 原料: 麦芽(25%以上~50%未満)、ホップ、副原料(*)

●発泡酒(2)
 税率: 134,250円/キロリットル
 度数: アルコール分10度未満
 原料: 麦芽(25%未満)、ホップ、副原料(*)

●その他の発泡性酒類(第3のビール)
 税率:  80,000円/キロリットル
 度数: アルコール分10度未満
 原料(1): ホップ、大豆たんぱく質物分解物、酵母エキス、カラメル
 原料(2): ホップ、エンドウたんぱく質物分解物、カラメル、食物繊維
 原料(3): ホップ、トウモロコシたんぱく質物分解物、酵母エキス、
       アルコール、食物繊維、香味料、クエン酸三カリウム、カラメル

「第3のビール」の具体的な主原料は以下の通りです。
■サッポロ「ドラフトワン」
   ……エンドウたんぱく質物分解物
■キリン「のどごし〈生〉」
   ……大豆たんぱく質物分解物
■アサヒ「新生3」「ぐびなま。」
   ……大豆たんぱく質物分解物
■サントリー「ジョッキ生」
   ……トウモロコシたんぱく質物分解物

ビールは「液体のパン」といわれるほど栄養バランス的に優れた飲み物だそうですが、薄いとはいえアルコール飲料ですから飲み過ぎは禁物です。

もともとビールと発泡酒は麦芽の使用比率と税率のが違うだけでした。
税率の安いビールふう飲料として発泡酒がヒットしたため使用比率と税率が改正され、さらに税率の安い麦芽を使わない「第3のビール」が登場するにいたって、ついに「ビール」「発泡酒」「その他の発泡性酒類」をまとめて「発泡性酒類」という分類が設けられました。
基本的には、原材料と税率が...続きを読む

Q天然保存料はありますか?

シフォンケーキを日持ちさせるために(常温5日程度)
保存料を入れたいのですが、合成保存料以外に、天然保存料は、あるものでしょうか?

Aベストアンサー

一つ聞きたいのは、合成保存料より天然保存料を選びたい
訳は何でしょうね。  有害性ですか??

30℃の室温で、ケーキをそのまま5日持たせるのは
ちょっと辛いですね。
アルコール類を少し吹きかけたり、消毒アルコールを
使うことで、雑菌(カビ)の増殖は防げます。
  市販品でアンチモールドという物もあり。

良い環境に有る物なら、完全密封して 脱酸素剤を中に
入れることによりカビ等は防げます。(無酸素状態)
ベストな環境なら 2週間以上持ちます。
ただ、環境の悪い場所で作ったケーキは、嫌気性菌は増殖します。入れた意味が無くなる。

昔に 食品の保存の研究してた者より。

Qワイン好きの方へ。美味しい日本産ワイン教えてください。

赤ワインが好きで良く飲みます。
今まで日本産のワインは何回か飲んだことがあるのですが、すべてが甘みが強く赤ワインらしい美味しさに欠けるなと思い、それからほとんど飲んでいません。
しかし、これだけワインの需要が多い日本のこと、きっと美味しいワインを造っているワイナリーがあるのでは、と最近思いはじめました。
ワイン通にも紹介できる美味しい日本産ワインを知っているかた、ぜひ教えてください。通販で買えるようであればもっとうれしいです。
できれば赤ワインでお願いします。

Aベストアンサー

今、私が特に気に入っている国産ワインをご紹介します。
まず、栃木県足利市の「ココ・ファーム・ワイナリー」(tel0284-42-1194)です。ここは知的障害者・こころみ学園の人たちと、アメリカ人のワイン造りエキスパートが力を合わせ、畑作りからすべて手作業で行っている知る人ぞ知るワイナリーです。先日、収穫祭が行われましたが、今年のヌーボーの味も最高でした。小さなワイナリーですが、それだけにホントに温かな愛情が感じられます。
もう一つは、山梨県勝沼市の「原茂ワイナリー」です。ここはレストランも素敵ですよ。一度足を運んでみてはいかがでしょう?
それから最後に、ここは私の故郷ですが、北海道富良野市の「富良野ワイン」。ここは上の二つに比べて有名ですが、最近味がとてもよくなっていると感じているワイナリーです。
どうぞ、素敵なワインを探してくださいね。

参考URL:http://katsunuma.net/budou/haramoen/ http://www.cocowine.com/index.html

Qペットボトルにはどういう保存料が入っているの?

ペットボトルにはどういう保存料が入っているの?
ペットボトルのお茶って保存料が入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

PETボトル入りの各種飲料(清涼飲料水)は、現在の最新技術で製造すれば、保存料は必要ありません。保存料が使われている場合には、きちんと表示されています。表示がない場合には、保存料なしと信用して頂いて構わないと思います。

ではどの様にして保存性を付与しているのか。答は無菌充填(アセプティック)技術です。充填前の飲料を高温加熱と急速冷却で、ほぼ微生物が存在しない状態までの滅菌をします。そして人が入る事も許されない程の高度に清浄化された室内で自動充填します。
ただし、完全無菌ではありません。商業無菌です。通常の温度帯では生育せず高温でのみ生育する微生物は残っています。

ただしこの方法で滅菌できない飲料があります。それは缶コーヒーと缶入りのおしるこ。原料となるコーヒー豆などに通常では殺菌できない高温耐熱菌がいます。殺菌は不可能でないけど、そこまでの熱を掛けると風味が劣化します。
常温流通なら問題ありませんが、ホットベンディング(加温販売)をすると問題を起こします。ですからこの種の飲料には、保存料として蔗糖脂肪酸エステルを使っています。要するに砂糖と食用油脂を原料として、エステル反応させたものです。

PETボトル入りの各種飲料(清涼飲料水)は、現在の最新技術で製造すれば、保存料は必要ありません。保存料が使われている場合には、きちんと表示されています。表示がない場合には、保存料なしと信用して頂いて構わないと思います。

ではどの様にして保存性を付与しているのか。答は無菌充填(アセプティック)技術です。充填前の飲料を高温加熱と急速冷却で、ほぼ微生物が存在しない状態までの滅菌をします。そして人が入る事も許されない程の高度に清浄化された室内で自動充填します。
ただし、完全無菌ではありま...続きを読む

Q増粘安定剤と酸化防止剤

教えてください。わたしが最近気になってるもので増粘安定剤と酸化防止剤があります。ジュースを買っても、何を買ってもこれが書いてあって嫌悪感を感じます。これって毎日摂取しても問題ないのでしょうか。。。無添加ではないってことですよね??

Aベストアンサー

 >毎日摂取しても問題ないのでしょうか
 ちょっと乱暴に言いますね。
 ヒトが毎日一生涯摂取しても問題ない数値を1/100にしたものが食品添加物の基準です。たとえばあなたがPETボトル飲料を毎日1000本、一生飲み続ければ何か問題があるかもしれません。
 また増粘安定剤で有名なものは果物に普通に含まれているペクチン、とうもろこしを発酵させてつくるキサンタンガムなど。酸化防止剤で有名なのはビタミンC、E、お茶に含まれるカテキンなど。
 何か問題がありますか。

 食品添加物が危険だなんだというのは、はるか昔の話です。今では生協(狂信的なところは別)でもそんなことは言いません。どちらかといえば「危険」と言って怪しげなものを法外な価格で売りつける輩が多数出没しています。お気をつけください。
 


人気Q&Aランキング