友達の手の指の爪の10本の内6本ぐらいが波打つようにうっすらがたがたに
なっています。ずいぶん前からそのような状態です。
決して痛いわけでもなんでもないのですが、これは体のどこかが悪いとかいう
ことなのでしょうか?カルシウム不足とかでしょうか?
本人は結構気になっているようなのですが。
ご存知の方教えていただけないでしょうか?

A 回答 (4件)

こんにちわ。



私は以前に比べると無くなりましたが、男爪で平らに近く薄くて柔らかい爪なのですが、横(爪の付け根と平行)に波打ってましたよ。放っておくと上に向かって生えていくようなカンジでマニキュアも塗れないし、手荒れもヒドイです。
皮膚科に行ったついでに見てもらったんですけど、「ピアノ爪」と言われました。その時はピアノをやっていたワケではないのですが、爪に垂直に力が入ったりするとなるようです。特に私は両親指がひどかったです(今でも少しあります)。
また、お友達は甘皮がささくれ立ってませんか?甘皮を必死で毟ったり削ったりしていてもなるみたいです。私はハンドクリームで必死にお手入れしたのですが、2・3年経ってやっと波打たなくなってきました。そして爪の根元の柔らかい爪の部分には大きな力をかけないように注意しました。爪切りを使わず少し伸びたらひたすら爪ヤスリで削っていつも短めの爪でいました。
それと、扁桃腺が腫れ易く3年程前に切除手術をしたのですが、その後手荒れが少し収まりました(耳鼻科医に手荒れは扁桃腺炎に関係あると言われました)。この頃から波打ちが少なくなったようです。爪が伸び始めると不思議とささくれが減りました。

あと、昔や現在爪噛みをやっているとなるみたいです。(私は中学生くらいまで爪噛みをしていたので歯並びも悪いです)私の友達にも波うち超深爪がいましたが、爪噛みが無くなったら、少しづつキレイに伸びていきましたよ。

ではでは。
    • good
    • 4

横に波打ってるか、たてに波打ってるかで違うみたいなんですけど・・・。



横に波打ってて、
もし関節が痛いとか、
冷たい水に触ったら指先が青紫になるとか、
そういうのがあったら病院(内科か皮膚科)に行ったほうが良いと思います。
    • good
    • 4

爪は骨とは違って、タンパク質で出来ていますので、爪の変化がもしも栄養不足によるものであるとしたら、一番可能性が高いのがタンパク質不足です。


あと貧血(鉄不足)でも爪が反ったり割れたりします。

文章だけではどういう爪なのかわからないので、お役に立つかどうかはわかりませんが、
栄養不足を疑うなら、タンパク質や鉄分、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどをしっかり取るようにするといいと思います。

具体的には、豚肉や魚や大豆製品(豆腐や納豆)、乳製品、緑黄色野菜、果物、海草、きのこ等をたくさんとるようにするといいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
男の一人暮らしなので、栄養がいきわたっていないのかもしれません。
しかも、好き嫌いがあり、かいそう、きのこなどは食べないので
むりやり食べさせてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 10:38

こんにちは、bbnaoさん。



具体的にどのように爪が波打っているか解りませんが、
下記のサイトに爪の主な異常が載ってました。参考になれば、幸いです。

参考URL:http://www.keiju.co.jp/q-nail.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
本人に見せてみます。

お礼日時:2002/04/02 10:35
  • 指しゃぶり、爪噛み<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    指しゃぶり、爪噛みとはどんな病気か  指しゃぶりは、子宮のなかにいる胎児にも観察される行動で、乳児には当たり前にみられる普通の行動です。しかし4〜5歳になっても、がんこな指しゃぶりが続く時には病気ではありませんが、やめたほうがよいくせとみなされます。また、そうしたがんこな指しゃぶりは、歯並びに悪影響を与えます。  爪噛みは、指しゃぶりより年長の子どもから大人にまでみられるくせです。習慣的に噛むた...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q爪がでこぼこ波打っている

特に足の親指がひどいのですが横に筋が入ったようになってでこぼこしています。いつからかなっていました、体のどこかが悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

爪の根元の部分(甘皮のところ)にはマトリクスという
爪の再生をつかさどる成分があるそうです。
(ちょっとウロ覚えなのですが、マトリクスという名前だけが印象にあります)
そこを傷つけたり、栄養不足や不必要な刺激があったりすると
爪の再生(つまり伸びてくるとき)に変化が生じ、でこぼこができるそうです。
筋がついたように凹んでいる部分は、うまく再生できなかったということらしい。

足の指の爪は、靴が合わなかったり、ぶつけたり・・・と、とかく刺激も
多かったりしますよね。 そういうことも原因の一つかもしれません。

でも、足は靴などで蒸れやすいために、水虫菌が爪につくことも多いようです。
爪は皮膚の一部ですから、気になるようでしたら、皮膚科で相談されたら
いいのではないでしょうか?

Q全身のあちこちを移動する痛み

私はここ4ヶ月半程度、全身のあちこちを移動する痛みに悩まされています。
腕や足がにぶく痛んだり、背中や首筋やリンパ節に沿ったするどい痛み、土踏まずの張ったような痛みなど色々です。
痛みの継続時間はそれぞれ数秒から数分と、同じ所が継続して長時間痛む事はあまりありません。
肋間神経痛を患った事があるので、その一種かと思い病院に行っても、ロキソニンを処方されただけで、全然薬は効きませんでした。
痛くなり始めたのが、公私ともに大きなストレスを感じ始めた時だったので、かかりつけの心療内科に行った所、ストレスからくるものかもしれないとの事で、抗うつ剤を処方して貰っています。
ロキソニンなどの痛み止めに比べると、抗うつ剤や抗不安剤を飲んでいるときの方が痛みは和らぎますが、完全に痛みが無くなることはありません。
時間があれば、内科的な検査を十分にしてもらう事が出来るのでしょうが、まだそこまでの余裕がありません。
大きな病気の前兆でなければいいと心配しているのですが、この様な症状についてご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲の疼痛とは左右半身、
体幹中心部(頸~胸~下背)の全てに存在するもの。

2.類似の症状を呈する他の全身性疾患が除外出来る。
3.18ヶ所の圧痛点が確認できる。
【判定】
上記第一項および第二項を満たし圧痛点が11ヶ所以上存在すれば
確実と診断する。
上記第一項および第二項を満たしても圧痛点が11ヶ所に
満たない場合は可能性あり又は疑いと診断。

線維筋痛症を知らない医師は検査データーしか信じない。
基準も知らない。
医療の限界を知らない。線維筋痛症を認めない。医師は
どんな医療上の検査を行っても原因に結び付ける異常数値、
徴候は無く、患者の主訴を精神疾患、気のせいだと誤った診断
を信じ治療が遅れる。医療者の見逃しが重症化に移行する
原因不明の詐欺病です。

私は発症例の極めて少ない組合せでシュグレン症候群を併発。
互いに自己免疫疾患と免疫、血液、内分泌代謝内科にて
線維筋痛症のセカンド、オピニオンを厚生省線維筋痛症研究班、
認定病院にて専門医の診察を受け線維筋痛症と確定。

患者団体、線維筋痛症友の会ホームページ及び、
リウマチ財団のホームページにアクセスするのも良いかも知れません。

http://www.marianna-u.ac.jp/ims/topics/1network.html
難病治療研究センターに線維筋痛症相談窓口が
約一年前、開設。その後、問合せが殺到する。
対応に限界が生じて
【線維筋痛症医療機関ネットワークの構築について】
を掲載した。

全国推定、200万人の線維筋痛症患者が存在して
医師も本人も分らない患者は全国に点在治療を受け
続けている。

有効な治療薬が無い為、痛みの「指圧点」が全身に存在。
私は有効な対症療法を麻酔科にて施術を受けています。
鎮痛補助薬処方も最悪なケースを辿り今日に至ります。

【WHO】 3段階徐痛ラダー;WHO three-step analgesic ladder
の第三段階に基き第三段階の対症療法を受けています。
治療法が見つかる迄、疼痛抑制を麻薬鎮痛剤に依存して生活を
続ける事に承諾して投薬中です。

第一段階---非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬、非オピオイド鎮痛薬

第二段階---軽度から中等度-の強さの麻薬性鎮痛薬±非麻薬性鎮痛薬
±鎮痛補助薬。軽度から中等度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階---中等度から強度-の麻薬性鎮痛薬
±非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬。
中等度から強度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階の最終段階まで到達して線維筋痛症と遅すぎる確定診断が
下されるケースから最近、線維筋痛症の医療相談で早期発見。
早期治療を受けて適切な処置を施せば快復するケースもあり
症状が色々で痛みの表現に幅が広くて移動する痛みも含まれる
と思います。痛みが移動する。痛みの感じ方に広範囲の痛みが
治まり今迄、隠れて感じなかった痛みが現れ動いた感じ?

各個人に適合した治療で除痛するのが良いと思います。

現在、前に述べた通り治療(対症療法)に携わる診療科は
麻酔科が除痛の柱。
精神状態を和らげる精神科、痛みの信号は神経に伝わり脳で受止め
疼痛を感じる?神経内科、身体に起る各種症状の改善に
眼科、皮膚科、口腔外科。対症療法で日々の生活。整形外科は
装具の修理、作成のみ関節の保護以外は何も施術しない。
一つの総合病院で複数の診療科により対症療法(投薬)を
受けています。

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲...続きを読む

Q1ヶ月くらい前から、爪に波をうったようなでこぼこが出来てきた

タイトルのとおり、もう爪の半分まで波を打ったようなでこぼこ状態で生えてきています。
1ミリ幅間隔でぼこぼこと。小指以外の両手の爪です。
年齢は27歳で、子供を2人産みました。1人は8ヶ月前に出産しました。
原因と、これは治るんでしょうか??
経験者の方や、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

万が一ですが、爪の水虫ではないかと。皮膚科の受診がよろしいのでは。

参考URL:http://www.tsumenet.com/index.html

Qリンクの貼り方を教えてください。

初心者です。
メールにリンクを貼る方法を教えて下さい。

相手にメールする時、

ホームページのアドレスを
"ここ"
"こちら"とかの言葉にに変えてリンクを貼りたいのですが

分かりません。お教え願います

Aベストアンサー

 このような場合HTMLメールを使います。
 ただし、HTMLメールは携帯など相手の環境によっては、うまく表示
されなかったり、HTMLメール自体が嫌いな人もいますので、注意して
ください。
 メールソフトがわからないと答えようがないのですが、Outlook Express
の場合で説明します。

1.メッセージの作成画面を開きます。
2.書式(O)-リッチテキスト(HTML)(R)を選びます。
3.「ここ」「こちら」なども含め、メールの本文を書きます。
4.「ここ」「こちら」をドラッグ操作などで反転させます。
5.挿入(I)-ハイパーリンク(H)を選ぶと、リンク先のアドレスを
  聞いてきますので、URLを指定します。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q生理が近くないのに茶色いおりものが出るのは何故?

先月の生理=12月28日から
生理周期=30日前後

今現在1月13日で、茶色のおりものが出だしているのに気づいたのが11日です。
におってみても、いつもと変わらないようなにおいで、血のにおいなどはないです。
下腹部に違和感があるかないかで言うと、少しあります。(最近おしっこを我慢することが多いのでそのせいかもしれませんが)
今までこのようなことはなかったのでびっくりしています。

10日にHをしたのですが、そのときは避妊をしていました(途中からでしたので無意味かもしれませんが)

生理の予定日はまだ先だし、どのような原因が考えられるでしょうか?
これは妊娠したから茶色のおりものが出るようになったのでしょうか?
また、茶色のおりものは妊娠してどのくらい時間がたってから出るものなのでしょうか?

よくわからなくて怖いというのと、なかなか病院に行く時間ができないのとで、ここで質問させていただきます。
アドバイスいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生理周期から数えると排卵の時期と思われます。
排卵の時期に少量の出血が起こっておりものが茶色くなることがあります。
これは妊娠で…ではないです。

若い方でしょうか。
ちょっとしたホルモンバランスの乱れでごく少量の出血が起こり、茶色いおりものが出ることがあります。
排卵期出血、機能性出血などの不正出血かと思われます。

私も20歳前後の頃は茶色いおりものがよく出てました。

毎月出血するとか、量が多い・お腹も痛いとかだと病院に行って診察を受けることをお勧めします。
このような不正出血が続く場合はホルモン剤を飲んだりします。


今月末、生理予定日付近で妊娠の初期症状があり、生理が遅れているなら妊娠を疑った方がいいですが…

Qベッド(大人用60~70cm)から8ヶ月の娘が転落しました。

ベッド(大人用60~70cm)から8ヶ月の娘が転落しました。
昨夜、娘がベッドから落ちました。暗くて転落の瞬間は見ていません。どうやって床に転落したかはわかりませんが、いつもと違う泣き方で慌てて飛び起きました。その後、すぐに抱きかかえたところ、泣きやみましたが、その直後、目を閉じたままで、呼びかけても意識がなく、慌てて救急車を呼びました。

が、呼んでいる間に意識が回復し、通常通りに戻りました。(笑ったり、おもちゃを手にしたり)
救急車に乗り込み、体温、血圧、脈拍を測り、しばらく様子をみました。隊員さん曰く、しばらく様子をみて、吐いたり、目の焦点があっていなかったり、グッタリするようでしたら、病院へ行ってくださいとのことで、結局病院には行かず、一晩明け、今に至ります。脳内出血がある場合は、時間が経ってから(2週間~1ヵ月後くらい)症状が出る場合があるので、よく様子を見ててあげて下さいと。
とても不安です。

脳外科に行ってもCTは敬遠するところが今は多いそうです。(医者は何かあった場合訴えられるため、親が望めばCTを撮るところもある?)確かに、ネットで調べたら、乳児にはあまりよくないと書いてありました。(そうですよね、未発達の脳に放射線を浴びるんですから・・・)

脳外科に行かなくても、しばらく(1~2ヶ月)様子を見ていればいいんでしょうか?
脳外科を受診された方は、やはり、行ったほうがよかったですか?

同じような経験をされた方がいらっしゃったら、教えて下さい。

ベッド(大人用60~70cm)から8ヶ月の娘が転落しました。
昨夜、娘がベッドから落ちました。暗くて転落の瞬間は見ていません。どうやって床に転落したかはわかりませんが、いつもと違う泣き方で慌てて飛び起きました。その後、すぐに抱きかかえたところ、泣きやみましたが、その直後、目を閉じたままで、呼びかけても意識がなく、慌てて救急車を呼びました。

が、呼んでいる間に意識が回復し、通常通りに戻りました。(笑ったり、おもちゃを手にしたり)
救急車に乗り込み、体温、血圧、脈拍を測り、しばらく様...続きを読む

Aベストアンサー

ウチの子は、生後1ヶ月で、まだ首もすわっていないときに、大人のベッドから落ちました。
まだ寝返りも打てない時だったので、どうやって落ちたかは、未だに謎です。

すぐに主治医に電話しましたが、

 ・落ちた瞬間にすぐ泣いた

のであれば、特に心配はいらないとの事で、受診の必要はなく、家で24時間は、静かに過ごし様子を見るようにと指示されました。


 ・落ちた時に、声一つあげなかった。
 ・嘔吐した。
 ・顔色が悪く、ぐったりしている。
 ・意識がない。

時は、すぐに受診するようにとの事でした。

質問者さまのお子様の場合、すぐに泣いているようですし、救急車内で意識も戻っていますので、
そこまで心配する事はないように思いますが、
念のため、1ヶ月くらいは、様子を良く見ておくと良いのではないでしょうか?

私も心配のあまり、私の産後健診の際に、先日こんな事があってと、産科医に相談した所、
子どもの様子も見てくださり、心配なさそうだと言われましたが、
それでも心配で、その後1ヶ月くらいは、不安でたまりませんでした。

医師に言われたことなんですが、子どもの体は柔らかいので、
大人が心配するほど、強い衝撃を受けてはいないとの事でした。


ウチは、その後、異常が生じたとが、問題があったという事はなく、先日5歳になりました。
ただ、転落した後は、ベッドに柵をつけ、また、ベッド周りに布団やクッションを敷き詰めました。
6ヶ月過ぎた頃から、柵を乗り越えて落ちる事がありましたが、クッションの上に落ちたので、大事には至らずに済みました。

様子を見続けると同時に、ベッド周りの対策を練るか、可能であれば、布団を敷いて練るなどされた方が良いかと思います。

何事もないと良いですね。

ウチの子は、生後1ヶ月で、まだ首もすわっていないときに、大人のベッドから落ちました。
まだ寝返りも打てない時だったので、どうやって落ちたかは、未だに謎です。

すぐに主治医に電話しましたが、

 ・落ちた瞬間にすぐ泣いた

のであれば、特に心配はいらないとの事で、受診の必要はなく、家で24時間は、静かに過ごし様子を見るようにと指示されました。


 ・落ちた時に、声一つあげなかった。
 ・嘔吐した。
 ・顔色が悪く、ぐったりしている。
 ・意識がない。

時は、すぐに受診するようにとの事で...続きを読む

Qもう何年間も爪が縦に同じ所から割れ続けています。

もう何年間も爪が縦に同じ所から割れ続けています。

こんにちは。よろしくお願い致します。
人差し指の爪がもう5年ほどになるのか、
いつも同じところから縦に割れ続けて困っています。
きっかけは、何か指を挟んで圧迫させたか?覚えていないんですが。

同じところとは、爪きりで切れる範囲ではなくて
爪と指の境目から2~3mmほど指側、
つまり割れているところを全部切ろうと思えば、深爪過ぎと言うか、
絶対に血が出るだろうというところです。
いっそのこと爪をはがして生えなおせたら!と思うほどです。

今までは、爪と指のギリギリまで切り続けてきて
なんとか洗髪の時に髪の毛を挟んで1本抜けて入って居るとか
自分の肌が痛いな・・と思うのを切り抜けてきましたが
赤ちゃんが生まれて、今は髪だけささ~~と洗う程度ですが
この先大きくなり、指の腹で地肌をも洗ってやるときに
髪の毛を挟んだり、頭皮を傷つけたりする可能性が出てきますので
何とか治したいです。

この状態をどのように治されましたか?
病院へ行かれたのであれば、何科でどのような処置をされましたか?
費用は?などご経験者の方やご存知の方、よろしくお願い致します。

もう何年間も爪が縦に同じ所から割れ続けています。

こんにちは。よろしくお願い致します。
人差し指の爪がもう5年ほどになるのか、
いつも同じところから縦に割れ続けて困っています。
きっかけは、何か指を挟んで圧迫させたか?覚えていないんですが。

同じところとは、爪きりで切れる範囲ではなくて
爪と指の境目から2~3mmほど指側、
つまり割れているところを全部切ろうと思えば、深爪過ぎと言うか、
絶対に血が出るだろうというところです。
いっそのこと爪をはがして生えなおせたら!と思うほどです。

今...続きを読む

Aベストアンサー

わたしも半年ほど同じような症状です。
治りかけにひっかけて酷くなる、を何度もやってます。悔しいです。
一応皮膚科に行きましたが、塗り薬を貰って「様子を見てください」で終わりました。
時間は3分。費用はたいしたことないですが、薬は「ハンドクリームみたいなもの」と言われました。
診断は年齢によるものか、栄養の偏りか、台所洗剤の影響か、外的な圧迫があったかのどれかでしょう、みたいな・・・。
ネットで調べたところ爪切りもよくないそうで、ヤスリに変えました。マニキュアも一切やってません。
あと、軍手の指を一本切って割れてる指だけ保護してます。
主婦なんでがっちり保護すると炊事に困りますので、指サックみたいに着脱できるようにしてます。
自分の頭を洗うときは爪に髪が挟まる感覚がものすごくイヤで、手術のときに使うような薄いゴム手袋を右だけ着用してます。
後こまめに貰った薬を塗ってますがイマイチ・・・。
病院で貰った薬ですが爪だし、劇的に変わることはないです・・・。
瞬間接着剤を塗ってるという人もいるようですが、沁みそうでやったことはないです。
今は少しよくなってきたように思いますが気を抜かず保護してます。
まだ治ってない私のしのぎ方で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

わたしも半年ほど同じような症状です。
治りかけにひっかけて酷くなる、を何度もやってます。悔しいです。
一応皮膚科に行きましたが、塗り薬を貰って「様子を見てください」で終わりました。
時間は3分。費用はたいしたことないですが、薬は「ハンドクリームみたいなもの」と言われました。
診断は年齢によるものか、栄養の偏りか、台所洗剤の影響か、外的な圧迫があったかのどれかでしょう、みたいな・・・。
ネットで調べたところ爪切りもよくないそうで、ヤスリに変えました。マニキュアも一切やってません。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報