Friedel Crafts Reaction等、無水塩化アルミを使った合成反応を解説、または、合成例をまとめた本がありましたら、紹介して下さい。
副反応物が出来て、困っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 副反応物が出来て、困っております。



 副反応物の構造は解っているのでしょうか? これを明らかにしない事には,それが生成する理由も考えられないですが。


> この正反対の反応の仕組みが分かれば、副反応の起きる
> 理由も分かるのでは無いか?とおもっているしだいです。

 基本的には Friedel-Crafts alkylation の反応機構を逆に辿ればいいと思います。Friedel-Crafts alkylation の反応機構は有機化学の教科書に載っていると思います。あるいは,次のページ等をご覧下さい。

「On-Line Learning Center for "Organic Chemistry (FrancisA. Carey)」の「Chapter 12 : Reactions of Arenes. Electrophilic Aromatic Substitution」の「Friedel-Crafts Alkylation of Benzene」の項
 http://www.chem.ucalgary.ca/courses/351/Carey/Ch …

「Erik's Chemistry」の「Chemical Reaction Mechanisms」中の「?Friedel-Crafts Alkylation」の項
 http://members.tripod.com/~EppE/frcrfalk.htm


 また,Friedel-Crafts alkylation に関する成書は,参考 URL のページに記載があります。


 なお,『この正反対の反応の仕組み』について,「retro Friedel-Crafts alkylation」でネット検索すると,zirconium tetrachloride による例がヒットしました。
 http://www.soton.ac.uk/~dchweb/chemistry/tandem% …

参考URL:http://www.geocities.com/chempen_software/reacti …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、親切な回答有難うございました。特に Rei00様は、かなりの労力を使われたことと思います。さっそく文献を調べてみます。F-C反応は古くても新しい反応かもしれませんね。

お礼日時:2002/04/08 17:13

何を合成するのか分かりませんが、フリデールークラフツ反応は、芳香核のアルキル化やアシル化を行う反応です。

このとき塩化アルミを触媒につかいます。
例えば、ベンゼンと塩化アセチルを塩化アルミニウム触媒の存在化で反応させるとアセトフェノンが合成されます。
また、ベンゼンとクロロエタンを塩化アルミニウム触媒の存在化でエチルベンゼンが合成されます。
komatt14さんは、何から何を合成しようとされているのですか?それによってずいぶん条件が異なってくると思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
私の場合は芳香核に付いたtertiary-butyl基を、同じく芳香族溶媒中で、ALCL3に
によって、脱butylしようとするものです。ご指摘のように、CLAL3は、alkyl化を行う反応ですが、同時に脱alkil化にも使うようです。この正反対の反応の仕組みが分かれば、副反応の起きる理由も分かるのでは無いか?とおもっているしだいです。お考えを聞かせてください。

補足日時:2002/04/01 16:06
    • good
    • 0

フリーデルフラクトは分けのわかんない反応で反応機構の解析があまりされていない(できない)というのが.私が化学に関係していたころの内容です。



出ている寮は少ないのですが.
実験化学講座
のかんは忘れました。端から順番に見てください(ぶしつで表示されているので特定の反応機構のばあいを探すには人が拾うしかないため)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無水フタル酸からのFriedel-Crafts反応

無水フタル酸のFriedel-Crafts反応について質問です。生成したアントラキノンの粗結晶をアンモニア水で洗うという作業があるのですが、調べてみるとこの作業は未反応の無水フタル酸を完全になくす為とありました。しかし、それをレポートに書いたら「無水フタル酸が未反応であることは無い」ときっぱり返却レポートに書かれてしまいました。でも収率は100パーセントではなかったし・・・分からなくなってきました。どなたか「生成したアントラキノンの粗結晶をアンモニア水で洗う作業」を行う理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

アンモニア水で洗うという事は何か酸性物質を除くという事ですから、
1:無水フタル酸ではなくそれが加水分解して出来たフタル酸を除くため
2:F-C反応でのアシル化はルイス酸触媒を理論的には1.1当量(今回の場合は2.1当量)以上必要となるので、その触媒を除去するため。尚、アルキル化の場合は触媒量有れば良い(理由は教科書を読めば書いて有る)。

QFriedel-Craftsアシル化反応

この間、無水酢酸、塩化アルミを用いたトルエンへのFriedel-Craftsアシル化反応を行い、p-メチルアセトフェノンを得る実験を行いました。
実験の最初に、三口フラスコにトルエンと塩化アルミを入れた時点で、液体が無色から黄色に変化したのですが、何が起こって黄色に変化したのでしょうか??
文献などを調べても、トルエンと塩化アルミの反応が載っていなくて困ってます。
すみませんがわかる方いらっしゃったらご教授ください。

Aベストアンサー

トルエンから塩化アルミへの電荷移動錯体ができます。
なお塩化アルミ自体も黄色い(べっ甲飴色)ですよ。

QFriedel-Crafts反応

Friedel-Crafts反応において三塩化アルミニウムは触媒なんでしょうか?ルイス酸として最初反応は進行しますがこれはあくまで反応の段階という事で結局は触媒なんでしょうか?分かる方お答えください。お願いします(o*。_。)

Aベストアンサー

結局は触媒です。
ただし、その量がいわゆる「触媒量」ですむとは限りません。

QFriedel-Crafts反応

Friedel-Crafts反応において、一般に反応後反応混合物を氷水中に注ぐという処理を行うと実験で習ったのですが、その理由はなんなんでしょうか?

Aベストアンサー

Friedel-Crafts反応では普通塩化アルミニウムなどのLewis酸が
触媒として使用されます。これをクエンチするために水に投入すると
思われます。
(氷水なのは、クエンチ時に激しく発熱するからでしょう。)
またアシル化の場合には、これで未反応の酸クロライドもクエンチ
されます。

Qfriedel-crafts アシル化反応

塩化アルミニウムとベンゼンを入れ、無水酢酸を滴下ロートを使って少しずつ滴下して反応させ、アセトフェノンを合成させたのですが、アシル化反応の例としてベンゼンに塩化アルミニウムの存在下で酸ハロゲン化物(R-CCl=O)を用いてアシル化ベンゼンを合成したとき、最終過程で塩化アルミニウムAlCl3が再生すると思われるんですけど、上記の無水酢酸を用いたときには、塩化アルミニウムは再生されるのですか?

Aベストアンサー

多分無理でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報