「お金をプールする」という言葉を聞いたことがあります。

そこで質問です。

「お金をプールする」とは、具体的にどの様な(だれが、何のためにする)ことなのでしょうか。

回答の程よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

この時の「pool」には蓄えるという意味になります。


一般には、何らかの目的の為に資金を貯めておく時に使われます。
例えば、収益の一部を施設補修の為にプールしておく、など。

あるいはネガティブな意味合いとして裏金を作る時にも使用されますね。プール金=裏金を意味する事も多いです。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

蓄える、裏金を作る時にも使用されるんですね。
EFA15ELさん回答有難うございました。

お礼日時:2006/09/27 23:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事をする前にお金をもらうことや払うこと。

通常は仕事をしてからお金をもらったり払ったりしますが。

仕事をする前に先にお金をもらったり払ったりすることをなんて言いますか?

先にもらった側は『前受金』でいいんでしょうか?
先に払った側は『前渡金でいいんでしょうか?

Aベストアンサー

先にもらった側は「前受金」で、
先に支払った側は「前払金」で良いと思います。
一般的な勘定科目ではこう表しています。
他にも、必要に応じて「前受○○料(金、費)」
「前払○○料(金、費)」として科目を設けます。

Q建設現場での原価管理って、具体的にはどんなことをするのか?

建設現場での現場代理人を務め終わった後、上司から
「現場では、原価管理はきっちりやったのか?」
と聞かれました。

工事が始まる前の見積時に、必要な材料費や施工にかかる工事費、経費などは算出しましたが、工事が始まってしまえば、請負金額は決まっているわけで、現場でお金の管理など、どういう場面で必要になるのだろうか?と、疑問に思います。
現場での原価管理とは、具体的にどんなことをすることを指すのでしょうか?
私は、現場に入ってしまった後は、特にお金のことは考えていませんでしたが、どんな管理をすべきだったのでしょうか?

Aベストアンサー

HeNeArKrXeRnさんはわかっていて質問しているのですね。
>自社のミスにせよ客先からの仕様変更指示であるにせよ、何らか予定から外れる調達や作業が入った場合にのみ、現場での原価管理が必要になるのであって、すべてが事前の予定通りに進んだ場合、現場での原価管理は必要なくなるのではないのですか?

通常の工場での原価管理もこの通りです。事前の予定通りに進んでいることを確認し、予定外のことが起きたときにどうするかを考えるかが原価管理です。
事前に原価がどのくらいかかるか、またそこで原価を削減できるかを考えることを「原価企画」といいます。(建設業であれば「実行予算」)原価管理は、この原価企画から実際の現場での原価発生のチェックまでを言います。

Q通帳から仮払いをして現金をプールする場合

原則的に郵便局の通帳に入金されます。
その中から経費を出すのですが、いちいち支払いにいくのが面倒なので
まとまった額を現金として手元において経費を払いたいと思います。
簡単な帳簿で構わないのですが、
現金出納帳と経費帳と郵便局の元帳があればいいでしょうか?

「仮払い」というやり方を使うのはかえって面倒でしょうか?

振替伝票をおこすとよくわかるのですが、サークルの会計なのでそこまで
難しい帳簿は必要ないと思われるので・・

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

サークルの部費を郵便局に預けて、経費を支払うたびに引き出すのが
面倒なので、前もっていくらかを手元に置いておきたいということですね。

企業でも、社内に全く現金がないと困るので、そういう場合には、
[小口現金]といって、いくらかを社内に置いておきます。
そして、経費を支払うたびに、小口現金帳や経費帳に記帳します。

蛍光灯を買った。仕訳は...
[消耗品費]500 [小口現金]500

の様な感じです。
で、使っていると当然なくなるので、補充します。

郵便局から引き出した。仕訳は...
[小口現金]10,000 [預貯金]10,000

こんな感じです(勘定科目名は勝手に決めています)

[仮払い金]というのは、どちらかというと、
例えば、交通費がわからない場合、概算で小口現金などから
持っていた場合を仮払いとします。
そして、後で精算します。
まず、仮払いします。
[仮払い金]1,000 [小口現金]1,000

帰ってきてから、精算します。(電車代780円、お釣り220円のケース)
[旅 費]780 [仮払い金]1,000
[小口現金]220

こんな感じです。

小口現金帳(現金出納帳でもOK)、経費帳、預金帳の三冊があれば
完璧でしょうね。

サークルの部費を郵便局に預けて、経費を支払うたびに引き出すのが
面倒なので、前もっていくらかを手元に置いておきたいということですね。

企業でも、社内に全く現金がないと困るので、そういう場合には、
[小口現金]といって、いくらかを社内に置いておきます。
そして、経費を支払うたびに、小口現金帳や経費帳に記帳します。

蛍光灯を買った。仕訳は...
[消耗品費]500 [小口現金]500

の様な感じです。
で、使っていると当然なくなるので、補充します。

郵便局から引き出した。仕訳は...
[...続きを読む

Q震災被災者の印紙税を非課税とする措置の具体例

協同組合の職員です。
震災前に組合員が所有していた、作業小屋が震災で流失・損壊したため、震災後は協同組合が組合員に変わって建設取得することとした。
この場合、建設会社と締結する契約書に添付する印紙について、代替資産取得については非課税との対応が図られておりますが、本事例では協同組合は震災前に所有していたものでないため代替資産取得には当たりませんが、協同組合の構成員に変わっての取得である状況から見た場合に非課税対象に当たりませんでしょうか。
なお、各組合員は罹災・被災証明を市町村から入手しております。
国税庁の関連サイト→ 東日本大震災により被害を受けられた方が作成する契約書等に係る印紙税の非課税措置について
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/jishin/tokurei/inshi_01/

Aベストアンサー

 個々の解釈の違いにより、正当な回答は得られないと思われます。

 直接所轄の税務署へ問合せ頂いたほうが宜しいかと存じます。

Q収益を発生主義で捉えると具体的にどの時点で計上する事になる?

実現主義は、収益の実現つまり役務提供と対価の取得をもって収益とする主
義だと思います。具体的には販売基準、検収基準等・・・。
もし発生主義で収益を捉えた時、どの時点で収益を認識する事になるのでし
ょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、ANo.2です。

>確実性、客観性のある時点で計上しなさい。 つまり具体的に言うと私の知っている収益基準の中で一番早くに収益を認識する基準は販売基準なのですが、それよりも早くに収益を認識する基準があって、それが純粋な発生主義では認められてしまうので、実現主義をいう発生主義を改良?した主義を採用したと言うことでしょうか?

改良というよりは、より裏付けのある基準を求めたという方がふさわしいと思います。
会計とは、期間利益を計算・提示することによって利害調整や情報提供などの各種機能を果たすことが求められますよね。

この期間利益とは、収益から費用を差し引いて求めますが、ここでいう「収益」は「客観性・確実性を充たし」かつ「企業活動の投資成果を正しく把握するもの」でなければなりません。
しかし、単純に「経済的価値の増加の事実」に基づいて収益を認識するという発生主義では、金額的裏付けという客観性や売れるという保証という確実性を求めることは困難となってきます。

そこで、発生主義を補う?ものとして実現主義が採られるようになったというところが現実です。

なお、実現主義に従えば、先の回答で記した理由から客観性・確実性を充たすことが出来ますが、実現主義とはあくまで基本原則であって、この具体的な適用基準として事業形態に応じた各種の基準があります。
その最も一般的なものが「販売基準」です。

【実現主義の具体的な適用基準】

 ・普通販売形態 : 販売基準
 ・委託販売形態 : 原則 販売基準
              容認 仕切精算書到達基準
 ・試用販売形態 : 販売基準
 ・予約販売形態 : 販売基準
 ・割賦販売形態 : 原則 販売基準
              容認 回収期限到来基準(権利確定主義)
              容認 回収基準(現金主義)
 ・長期請負工事
     ・
     ・
     ・
     等々


<収益基準の中で一番早くに収益を認識する基準は販売基準なのです
が・・・

と書いておられますが時間的早さ?に関しては、販売基準よりも早い段階で認識しようとする下記のような基準もあります。

建設業などのような請負業における長期請負工事では「実現主義である工事完成基準」と「発生主義である工事進行基準」の選択適用が許されておりますし、公定価格が決まっている農産物等では「実現主義である販売基準」を原則としながらも例外として「発生主義である収穫基準」をとることも認められております。また、継続的役務提供契約においては「発生主義に基づく時間基準」がとられております。


考え出すと混乱しちゃいますが、まず基本原則があって、次にこれを支える具体的な適用基準があって、更にはその適用基準を実情に合わせるような基準が存在するというところです。

出来るだけ簡単なものでよいのでtonnberiさんも一度「企業会計原則」について確認してみて下さいね。

こんにちは、ANo.2です。

>確実性、客観性のある時点で計上しなさい。 つまり具体的に言うと私の知っている収益基準の中で一番早くに収益を認識する基準は販売基準なのですが、それよりも早くに収益を認識する基準があって、それが純粋な発生主義では認められてしまうので、実現主義をいう発生主義を改良?した主義を採用したと言うことでしょうか?

改良というよりは、より裏付けのある基準を求めたという方がふさわしいと思います。
会計とは、期間利益を計算・提示することによって利害調整や情報提供...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報