『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

皆さんが今までに何度も見ている映画は何ですか?

何度も見る理由も、(好きだから・不可解だから・癒されるから・・・など)添えて紹介してください。

私が何度も見ている、見ていた映画は、
アメリ:独特の雰囲気が気に入って。インテリアや風景が特に好きです。物語の内容も楽しめます。
フォーチュンクッキー:以前、「ガールズバンド」にあこがれていた時期があったのです。リンジーの映画では「ミーンガールズ」も共感できました。
17歳のカルテ:ウィノナ、アンジー、ブリタニーと大好きな俳優さんが出ているので見たのですが、見るたびに理解の仕方というか、感じ方が変わって行くので時々思い出すように見ています。
ヴァージンスーサイズ:気だるさや儚さを感じられる映画を見たくなると手に取ります。繊細な映画なのにどこか大胆なところが好きです。
あとは、アニメでマダガスカルやシゃークテイルなどリズム感があって一気に見れて楽しめる映画も好きで、よく見ます。
サスペンス系の映画は好きなのですが、何度も見ると矛盾点や人間の心理とか細かいところが気になってしまうので一、二回程度しか見ません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

邦画のスペーストラベラーズです。

もう100回以上みました。
    • good
    • 0

「風と共に去りぬ」「サウンド・オブ・ミュージック」、


そして「学校 十五才」です。

「風と共に去りぬ」「サウンド・オブ・ミュージック」は、
歴史物の中では好きな映画の双璧です。
「風共」は戦場と舞踏会の実写スペクタクルが素晴らしく、
史的には第1部と第2部で社会の変わり様がよくわかります。
学生にも勧めています。
「サウンド…」は、ミュージカル映画の中で最も好きです。
社会情勢に被る修道女から家庭教師、そして妻となる過程は、
教育とは何だろう、戦争とは…を考えさせてくれます。

「学校 十五才」の「学校シリーズ」は好きですが、
特に「十五才」は、宝塚時代からファンである女優さんが
出演されているからなのです。
内容自体も今時の子供の心理や学校現場をよく捉えられていると感じます。
    • good
    • 0

トトロか……ラピュタの方が多いかな?



理由? テレビで何度もやってるから。
    • good
    • 0

「おもひでぽろぽろ」は多分100回は観てると思います。

あの細々したエピソードが暇つぶしにはたまらんです。外にいても暇なら脳内映写機で観ています。

「害虫」蒼井優と宮崎あおいが好きなので。
    • good
    • 0

「太陽がいっぱい」1960年:フランス・イタリア合作


   アラン・ドロン主演
 最後の場面、ニーノ・ロータの音楽、
 最初、TVで見てから、名画座で見て、ビデオを見て、LDで見て、今はDVDで見てます
 字幕版しかないから野沢那智の日本語版があれば見たい、すぐ購入するのに

「ロミオとジュリエット」1968年:パラマウント
   オリビア・ハッセー、レナード・ホワイティング主演
 当時、オリビア・ハッセーのジュリエットを見たときは、衝撃でした、ニーロ・ロータの曲も良かったし
3日間で12回とか、以後リバイバル時に見て、全編収録のレコードセットとか映像無しで聞いていたり、レンタルビデを見たり、LDも購入、今はDVDになりました

「2001年宇宙の旅」1968年:MGM
   スタンリー・キューブリック監督
 クラシックと映像のコントラストが素晴らしい
 画面中のリアル(パン・アメリカン、IBM、ヒルトンとか、宇宙空間の音の使い方なんか)さに、2001年に本当にありそうに思ってしまいました
 テアトル東京で見たスケール感では今見れないのが残念
 今は120インチのスクリーンで見ています
    • good
    • 0

ものすごくありきたりですが…^^;


多分わたしのなかで一番見ているのは『となりのトトロ』でしょうか?
それこそ小さいときはトトロの可愛らしさと不思議さにひかれ、19歳の今では日本の懐かしさ?みたいな感覚が好きで見ています。さつきちゃん、しっかりものだなぁ…
ジブリ作品は好き嫌い分かれると思いますが、とりあえず長い期間みてきたことを考えるとやっぱりダントツに見ているんじゃないかな?

DVDやビデオは持っていると逆にいつでも見れる安心感、みたいなものがわいてきてあまり見なくなります--;
暇なとき、きゅうに懐かしくなったときに探すぐらいでしょうか?
TVでやってると見てしまうのですが笑
    • good
    • 0

 当方、映画館もしくはレンタルで1度見て、面白かったらDVDを買います。

何度も繰り返して見て、これ以上見ることがないな、と思うところまできたら売る、という映画の見方をしています。
 現在でも100本以上は手元にDVDがあります。一回買ったが売ったのはおそらく300本くらいあります。
 そんな私が明らかに1番何度も見ているのは。。。ここまで入れ込んでて否定されるとショックですが、勇気を持って発表しますと、、、、「愛と追憶の日々」です。この映画はなぜ何度も見れるのか自分でもよく分かりません。最後が説教くさくないところがいいのだと思います。しみじみ終わるところが良いのだと思います。これを作ったの監督は、ジェームズ・L・ブルックスという人なのですが、過剰演出をすることなく、人生に起こりうる様々な切なさや楽しさを描こうとする姿勢が好きです。この監督は「恋愛小説家」という作品も作っています。

 以下は2番手のグループです。2番手のグループに入っているのは、質問者さんも書いている「17歳のカルテ」です。院長先生とウィノナが対話するところは特に何回も見ます。アンビバレンス という言葉について話すところです。最後の方も何回も見ました。この映画の良いところは主人公(ウィノナ)に現実を突きつける所です。

「スタンド・バイ・ミー」も何回も見ています。

古い映画ですがフランク・キャプラ監督の「スミス都へ行く」「或る夜の出来事」なども何回も見ます。

チャップリンなら「ライムライト」と「独裁者」を何度も見るかな。

その他、ジャンルを気にしないで書きますと「プライベート・ベンジャミン」「トイ・ストーリー」「悪いことしましョ!」「クロコダイル・ダンディー2」「マーヴェリック」「ジャッキー・ブラウン」などを何度も見ています。

書いていて分かりましたが、自分の場合、何度も見るのは、
1.しみじみしているもの「愛と追憶の日々」「スタンド・バイ・ミー」
2.対話や演説で印象に残るシーンのあるもの「17歳のカルテ」「スミス都へ行く」「独裁者」
3.アホらしいコメディー
4.コンゲームとか騙し合いのストーリー「マーヴェリック」「ジャッキー・ブラウン」

のようです。
    • good
    • 0

フィールド オブ ドリームス



ケビン・コスナーの感情を抑えた演技と、最後の過去の父親とのキャッチボールが何度観てもジーンと来ます。

少林サッカー

主演のチャウ・シンチーもいいけど、脇役のすべてが最高に面白い! 特に饅頭屋の店先で突然歌いだすお兄ちゃんと、それにつられて周りが踊りだすシーンと、ナイトクラブでチャウ・シンチーが兄弟子と二人で歌うシーンが何度観てもお腹が苦しいくらいに笑ってしまいます。
気が滅入ったときに観る映画はこれしかありません!(笑)
    • good
    • 0

「屋根の上のバイオリン弾き」



ストーリーが良いし、音楽も良いし。すごく綺麗な英語で聞きやすいし。高校生の時に初めて出会い、当時は本当に毎日見てました。音楽を聴いた時、初めて聴いたのに「聴いたことがある!」とビックリしてしまいました。親に訊いてみると、私が胎児の時、母がよくレコードを聴いていたとか。その関係か、出会って15年経ってもたまに見ています。

「異人たちとの夏」

切ないストーリーに切ない音楽。これも出会いは高校生の時でした。大好きな作品で、よく見ています。
    • good
    • 0

「LEON」


ちょっと前の最後のシーンが印象的で
あと、マチルダ役の子が好きなので
何度も見ています

「シャイン」
ストーリーが好きで
心が沈んだときに見ています
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何度も繰り返し見たくなるような作品を教えてください。

映画を見るのは大好きです。

映画を見て、笑ったり、泣いたり、すごく感動した、よかったぁと思うことは今までたくさんあるのですが、でも、私は一度見た映画を、もう一度みたいなぁと思って、DVDをレンタルしたり、買ったりしたことがありません。
テレビで放送してれば、見るくらいです。
まだ、そういう作品に出会えてないだけなのでしょうか?その時の感動を、忘れているのかもしれません。

それで、お聞きします。
みなさんが、何度見てもいい映画だぁ!と思える作品には、どんなものがありますか?
心に残る作品を教えてください。
ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

それぞれ何回観たかは数えていないので正確にはわかりませんが、何度も観ても毎回新しい発見があったりして色褪せないものを少しだけ…。

☆「レインマン」(1989年/アメリカ) 
ダスティン・ホフマン 
トム・クルーズ 

とにかくダスティン・ホフマンの演技がすごいです。
自閉症という、当時世間では認識度の低かった心の病を持つ難しい役どころを、あざとくなくごく自然に、かつじわじわと迫力を滲ませながら演じるダスティン・ホフマンの才能に脱帽します。トム・クルーズもお決まりの「俺はイイ男だぜ、イエイ♪」オーラを前面に出していなくて、狡猾で人間不信気味な若者の役を上手く演じています。ストーリーの軸は家族愛ですが、観ていて何だかすごく切ない気分になります。

☆「セントラル・ステーション」(1999年/ブラジル)
フェルナンダ・モンテネグロ
マリリア・ペーラ 

色々な意味でカルチャーショックを受けた作品です。文盲率が高く手紙を自分で書けない人達が多数存在するなど…。物質が豊かでお子様天国、平和ボケしているとも言える日本ではまず有り得ない、ブラジルならではのストーリーです。予算をふんだんにつぎ込み、キャストに美男美女を取り揃えての商業主義的な映画とは一線を画した素朴な仕上がりになっています。

色んな意味で途中で目を瞑りたくなるようなシーンもいくつか有りますが、美しいブラジルの風景と人間の心の奥深くにある暖かさに触れる事ができます。地味だけど私にとっては心に沁みる作品です。

以上少しでも参考になれば幸いです。

それぞれ何回観たかは数えていないので正確にはわかりませんが、何度も観ても毎回新しい発見があったりして色褪せないものを少しだけ…。

☆「レインマン」(1989年/アメリカ) 
ダスティン・ホフマン 
トム・クルーズ 

とにかくダスティン・ホフマンの演技がすごいです。
自閉症という、当時世間では認識度の低かった心の病を持つ難しい役どころを、あざとくなくごく自然に、かつじわじわと迫力を滲ませながら演じるダスティン・ホフマンの才能に脱帽します。トム・クルーズもお決まりの「俺はイイ男だ...続きを読む

Q何度でも見てしまう映画はなんですか?

僕は『ブルースブラザーズ』を数えきれないほど観ています。

あの感性が好きなんです。

皆様が何度も見てしまう映画はなんですか?
どういう部分に惹かれて観てしまうのでしょう?

面白そうな映画は僕も観ようと思うので教えてください。

お閑な時に教えてくださると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

答えられそうな質問だと思ったらAcceptさんでしたね(^^)

何度も観る映画は、
『ギルバート・グレイプ』
田舎で平凡な日々を過ごす青年(ジョニー・デップ)の物語。レオナルド・ディカプリオの演技が泣かせます。(タイタニックの彼は忘れたい)
『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』
 子供のものなんて笑わないで下さいね。単純なストーリーだからこそ素直に受け止められる映画です。
骸骨男のジャックとつぎはぎ人形のサリーが、見ていくうちに可愛く美しく見えてくるから不思議です。
『シザーハンズ』
 前に見たときは20代前半でした。あの時も感動したはずだけど今は号泣です。

若い頃に見た映画を今見ると泣くツボが違ったり、あの頃と違う気持ちで見られるので『2度おいしい』と言う感じですね。
ちなみに、私の「ハマり」は俳優はジョニー・デップ、監督はティム・バートンです。

Q繰り返し見たくなる映画とその理由

あなたの何度も繰り返し見たくなる映画を教えて下さい。
あと、なぜ繰り返し見たくなるかも分かれば教えて下さい。

自分の場合、『T2』や『ガタカ』など、繰り返し見るのですが、
他にも、一度見て、面白いと思った映画はたくさんありますが、
あまり、繰り返し見たいとは思えない映画だったりします。

そこで、繰り返し見たくなる映画とそうでない映画の違いは、
何だろうと思うのですが、いまいち良く分かりません。

あなたの自分なりの意見でも構いませんのでお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。映画大好き壮年の小父さんです。

質問者さんはカテを「洋画」に限定されていますが、何か理由がおありですか?もしあるなら、逆にご教示いただきたいものです。何故なら、私がどちらかというと邦画びいきだからです。

ちょっと古臭い話しをさせてください。
我々が若かったころはビデオそのものが無くて、すべて「名画座」でした。一度見逃すと、また名画座にかかるのをひたすら待つ、という環境でした。今の若い方にドーコー言うつもりは全く無いのですが、今は廉価で手元にDVDで持っていることができます。しかし、それは「便利」の裏腹に「集中力欠如」があると思っています。

まくらが長くなりました。
「リピーター=DVDかLVを持っている」ものをご紹介します。(洋画に絞ります)
★ローマの休日、★打撃王、★市民ケーン、★シャレード、★心の旅、★2001年宇宙の旅、★シャイニング、★羊たちの沈黙、★エイリアン、★エイリアン2完全版(J.キャメロンのファンなんです)、★ダイハード1と2(3は評価外)、★トータルリコール、★プリティウーマン、★デーヴ(これは豚の映画でもベーブルースの映画でもありません)、★アビス、★アビス完全版、★誰がために鐘は鳴る、★風と共に去りぬ、★タイタニック(アルティメット版)★バック・トゥ・ザ・フューチャー1・2・3。
以上、順不同でした。

次の命題でしたね。
何故繰り返し見るのか。それは私の場合2つ理由があります。
1:ひたすら「もう一度観たい!!」と無性に思った時にじっくり見直せるように、書棚に常備してあるのです。
2:今日の気分は、あの映画の中のあの部分をみることによってストレス発散、ココロのチャージをしよう、と思ったときです。

そして、次の命題。「リピーターになる!」なんて、一度や二度見たくらいではわからないと(自分は)思っています。その為、売った後で、再び購入、というケースも少なくありません。偉そうですが、映画と言うのは一部の批評家を除いて「違い」なんて知る必要は無いと考えています。観返したくなるのは自分自身なのですから、大上段に振りかぶって「よし観るぞ!」というのは本末転倒では無いかと思います。

最後は、ご質問には無いのですが、繰り返し観たい映画とそうでない映画は、(あくまで自分の好みの範囲内で)「絶版になりそうだ」というのも、一応購入しておくことにしています。

なお、私がもっとも「リピート」して、台詞まで覚えてしまっているのが、「砂の器」「タンポポ」「幸福の黄色いハンカチ」。そして「デーヴ」です。

ご参考まで。

ほんのご参考まで。

おはようございます。映画大好き壮年の小父さんです。

質問者さんはカテを「洋画」に限定されていますが、何か理由がおありですか?もしあるなら、逆にご教示いただきたいものです。何故なら、私がどちらかというと邦画びいきだからです。

ちょっと古臭い話しをさせてください。
我々が若かったころはビデオそのものが無くて、すべて「名画座」でした。一度見逃すと、また名画座にかかるのをひたすら待つ、という環境でした。今の若い方にドーコー言うつもりは全く無いのですが、今は廉価で手元にDVDで持っ...続きを読む

Q何度でも見たいと思った映画

来月から2ヶ月ほど入院をするのでDVDプレーヤーを持ち込んで見たいと思うんですが、レンタルはできないのでDVDを何枚か購入して持ち込むつもりです。
皆さんの何度でも見たいと思った映画を教えてほしいんです。
邦画より洋画の方が好きです。今日「リトル・ミス・サンシャイン」をみてとっても良かったので買おうと思っています。
入院中なので死とか病気とかで泣かせる映画は余りみたくありません。それよりはくすっと笑えたり元気が出る前向きな映画がいいなーと思っています。でも、「ギャングスターナンバー1」のようなかっこいい男性が出てるのも好きです。
なんか色々書いてしまいましたが、私は映画通には程遠いので皆さんのお勧めを教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ざっと10本挙げさせていただきます。

  元気が出る8本

  「セント オブ ウーマン」「遠い空の向こうに」「チャンス!」
  「堕天使のパスポート」「素晴らしき哉 人生!」「ワーキングガール」
  「恋に落ちたシェイクスピア」「グッド ウィル ハンティング」

  くすっと笑える 2本

  「アバウト ア ボーイ」「あなたに逢いたくて」

  あと「メリーに首ったけ」ってのもありますが、ちょっと品に欠ける所がありますので・・・ムースのシーンが爆笑!

  がんばってください。


人気Q&Aランキング