有限会社をしています。会計ソフトに経費などを入力していますが、現金で購入し領収書をもらったものに関しては現金出納帳に入力していますが、銀行から銀行に振り込んだものや、引き落としになっているものに関してはどのようにしたらよいのでしょうか?あと、たとえば2万円引き出しにして1万5千円のみ振込みし、残りの5千円については現金で保管している場合などはどうしたらよいのでしょう?よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

銀行から銀行に振込んだ場合は、銀行勘定に入力します。


銀行から振込んだり、引き落としになったものも、銀行勘定に入力します。

銀行口座が複数ある場合は、銀行別に、更に、普通預金・当座預金などの種類別に口座を作ります。

2万円引き出しにして1万5千円のみ振込みし、残りの5千円については現金で保管している場合は、15000円を預金帳に振り込みで入力し、5000円は現金を引き出したことにして入力します。
この場合、現金出納帳には、自動的に入金として入力されます。

つまり、預金の動きは、現金出納帳では無く、銀行勘定に入力すれば良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明をありがとうございました。そのようにして入力できました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 15:56

 簿記の仕訳を使われると便利なのですが、考え方として、「現金」は増えたか減ったか、「預金」は増えたか減ったか、「支払」はしたか、というように、それぞれのタイトル(勘定科目)の立場になって個別に見つめると解りやすいと思います。


 そのような処理には、大体二面性があって、「支払」をすれば「現金」や「預金」が減り、出金をすれば「預金」は減りますが手元「現金」は増える、というような具合です。
 簿記の教本をみると、その関係の図式が出ていますので、それを見るとパズルのようで楽しくなるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。簿記の本を見ましたがなかなか分かりやすかったです。これからも勉強ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 15:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10万円以上の銀行振込

窓口での振込についてです。
現金での振込は10万円以上は
身分証明が必要になるとききましたが、
これは口座からの振込みにも適用されますか?

それと、窓口では振込金額に上限はないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これは口座からの振込みにも適用されますか?

古い口座で、口座開設時などに本人確認がされていれば不要です。されていなければ、窓口で本人確認が必要です。

>窓口では振込金額に上限はないのでしょうか?

ありません。何億円でも振り込めます。

Q事業用銀行口座と現金出納帳・預金出納帳

昨秋開業した、青色申告予定の個人事業主初心者です。実は事業用銀行口座を昨年開設はしましたが、昨年内は使うことなく、必要経費をすべて個人用銀行口座から家庭用と共に引き出してまかない、年を越してしまいました。

今更ながら、現金出納帳と預金出納帳をどう処理したものか困っています。

参考になるご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご教示願いたいと存じます。

Aベストアンサー

※例を書きますので参考にして下さい。
お父さんが定年退職金2千万円で事業を始めました。このお金は個人の自由にはなりません。会社「事業」のための運用資金として処理されますので、出納帳・仕訳帳をしっかり記帳してください。

借方資産の部の現金及び預金であり、負債の部の資本金なのです。
上記を理解した上で当てはめて仕訳経理処理して下さい。銀行口座は会社は当座預金に個人は普通預金とはっきり区別して下さい。

>会社で出納した金額の内容金額を年月日ごとに整理して仕訳記帳して下さい。「証憑書類はB5用紙に左側を綴じるように、領収書・レシ-ト等を糊付けして上に年月日透視NO右下に合計を記載する。」

Q振込み10万以上って

振込み10万以上は(こちらの口座の)ネット銀行で振り込む場合、
相手の銀行の窓口で身分証明等が必要な振込みなのか、
ネット銀行で何も無しで振り込めるのか、教えてください。

Aベストアンサー

振込金額の制限を受けるのは、【ATM】での【現金振込】が【10万円を超える】場合です。
つまり、10万1円以上の現金振込は窓口扱いで、かつ本人確認書類の提示が必須となります。
これは振り込む側の制限であって、受け取り側には関係ありません。
※10万円以内の現金振込ならATMで出来ます。
※自分の口座からの振込なら、この制限はありません。
http://www.smbc.co.jp/honnin/gendogaku.html
http://www.bk.mufg.jp/info/061020_kakunin.html
http://www.mizuhobank.co.jp/info/furikomi_kaisei.html

ネット銀行の自分の口座からなら、この制限は受けません。
自分で振り込み上限額を設定できるだけです。
もちろん、受け取り側は身分証明書の提示は不要です。

Q現金出納帳と、金銭出納帳は同じもの?

長年、カウンセラーとして経験は積んでいまして、今回、カウンセリング・オフィスを
私設開業する運びになったのですが、(質問内容と直接関係のないことを書いたのは
逆に、簿記や経理にいかにドシロウトかをわかっていただくためですが)

青色申告なども必要かと思い、「起業の手引き」なる本を参考に手探りでやっていますが、
詳しい人からは、笑われるような基礎かと思うのですが、本には受け掛け帳や買い掛け帳、
経費帳、固定資産台帳とともに、「現金出納帳」なるものが必要と書かれていましたが、

文具店で、捜したところ「現金出納帳」なるものは、見つけられず、「金銭出納帳」というもの
しか見つけられなかったために、「金銭出納帳」を買ったのですが、外国語のものを訳した
場合などには、現金も金銭も、訳し方の違いぐらいで、同じ意味でどっちでも良いという
場合も多いかともおもいましたが、経理用語として、「現金」と「金銭」は同一と考えて
差支えがないのかどうか。

知り合いに、あまり経理に詳しい人がいないために、一笑にふされそうなことかもしれません
が、教えていただけると、ありがたいです。

長年、カウンセラーとして経験は積んでいまして、今回、カウンセリング・オフィスを
私設開業する運びになったのですが、(質問内容と直接関係のないことを書いたのは
逆に、簿記や経理にいかにドシロウトかをわかっていただくためですが)

青色申告なども必要かと思い、「起業の手引き」なる本を参考に手探りでやっていますが、
詳しい人からは、笑われるような基礎かと思うのですが、本には受け掛け帳や買い掛け帳、
経費帳、固定資産台帳とともに、「現金出納帳」なるものが必要と書かれていましたが、

文具...続きを読む

Aベストアンサー

現金出納帳という言葉の方がよく使われますが、両方とも同じです。

Q10万超える振込について

今年から10万を超える振込には身分証明等が必要になったと思います。
そこで質問なのですが…
(1)こちらは振込手数料は抜きの数字ですか?
 例えば支払額が99,500円で手数料が525円かかった結果、
 総額は100,025円になりますよね。こういう場合は身分証明は必要ですか?
 それとも手数料は無関係に振込金額のみで考えれば良いのでしょうか?

(2)10万を超える…ということは、振込用紙の記載金額が
 100,000ちょうどの場合は該当しないということでしょうか?

(3)(2)がその通りだとしての例えですが、例えば
 振込金額が100,000ちょうどの用紙を2枚持って行った場合はどうなるのでしょうか?
 そこで支払う金額自体は200,000になりますが、個々の振込は100,000なので…
 身分証明は不要ですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)振込金額のみです。

(2)日本語で「未満」に対する一般的な反意語が存在しません。
「以上」と表記してしまうと10万円を含む事になってしまいます。
従って、「超える」と表記されてますので、10万円ジャストであれば問題ありません。

(3)原則、一回の振込み額ですが、多額・複数回の現金振込みは怪しまれる可能性が高いと思われますので、どうしても現金振込みしか出来ない場合は、身分証を持参した方が無難です。
参考FAQ↓
http://www.shinkin.co.jp/toshun/topix4/confirm.htm
Q11、 1回の振込金額が10万円以下であっても、同一先への振込金額が複数回のため10万円を超える場合、本人確認が必要となりますか?
A11 振込金額からは本人確認の必要はありません。ただし、振込回数、振込金額などを総合的に勘案し、不自然・不合理と判断される場合は、本人確認をお願いすることがあります。

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q来年からの10万円を超える振込方法

簡単に迅速に大金を振り込める方法ありませんか?

来年1月から法令改正に伴って10万円を超える現金の振込がATMだとできなくなってしまいます。(何回に分けてはできるけど手数料が発生)。
キャッシュカードでも銀行やカードの種類によりますが、200万~500万ぐらいであとは窓口での振り込みになってしまいます。
給料日や月末は窓口が混むので処理が遅れてしまい、ネットバンキング
を普及が難しくなっているところです。(顧客の年齢層が高い為)
例えば、クレジットとか家賃とかの引き落としみたいにこっちで引き落とす方法なんて普通の会社でもできるんでしょうか?
質問があいまいで難しいかもしれませんが、とにかく
簡単に迅速に大金を振り込める方法ありませんか?

Aベストアンサー

あなたは、振り込む立場ですか?、それとも、振り込んでもらう立場ですか?
また、大金とはいくらぐらいの金額ですか?

>こっちで引き落とす方法なんて普通の会社でもできるんでしょうか?
取引銀行に相談すると、系列のファイナンス会社を紹介してもらえるはずです。顧客からは、口座振替依頼書を書いて提出してもらうようになります。

経費かかりますが、クレジットカードは使えないのですか。

たぶん、質問者さんはお金をもらう側でしょうね。

Q弥会計初心者です。現金出納長に入力したのですが、預金出納帳に反映されない。

弥生会計初心者です。トライアル版を使用し、現金出納帳に半年分入力したのですが、預金出納帳に数字が反映されません。どの帳簿、伝票から入力しても入力した取引は該当した帳簿に全て転記されます・・とあるのですが??よろしくお願いします。

Aベストアンサー

預金出納長には補助科目を設定してありますか?
もし、補助科目を設定していないならば補助科目を設定するか、
もしくは帳簿のタイプを補助元帳から元帳に設定変更してみて下さい。

Q現金10万円以上の振込みにおける本人確認について

金融機関では、現金10万円以上の振込みの際は、本人確認を行う必要があります。

この現金10万円以上というのは、1件当たりの振込み金額を指しているのですか?
あるいは、1回における振込み金額を指しているのですか?

例えば、Aさんが窓口でBさん、Cさん宛にそれぞれ5万円の現金振込みをする場合、合計では10万円を超えますが、本人確認をする必要がありますか。

お分かりの方いらっしゃいましたら、是非ご回答お願いいたします!

Aベストアンサー

 1件10万円までです。

>>例えば、Aさんが窓口でBさん、Cさん宛にそれぞれ5万円の現金振込みをする場合、合計では10万円を超えますが、本人確認をする必要がありますか。

 不要です。

 むしろ、AさんがBさんに大量にお金を振り込む場合と考えてください。マネーロンダリング防止のためです。

 AさんがBさんに10万円を1回で振り込むなら身分証明は不要です。これに対し、AさんがBさんに対し、1万円と9万円の2回にわけて振り込めば、身分証明は不要です。ただし、振り込み手数料は2回分とられます。

Q現金出納簿は元帳「現金」で代替できるか

小企業の経理担当です。これまで現金出納帳を手書きで記帳してきまし
た。
会計ソフトの現金出納帳を手書きの帳簿の代わりにしている会社もある
ようですが、当社の会計ソフトには、残念ながら現金出納帳はありませ
ん。

そこで、手書きの現金出納帳の内容は元帳の現金科目の内容と全く同じ
ものですので、元帳を出力し、これに現金出納帳とタイトルを付して、
手書きの帳簿は省略できないかと考えております。もちろん現金の残高
管理面は従来どおりしっかりと行うことに変わりはありません。

手書きで現金出納帳を作成されていない場合、みなさまの会社ではどの
ようにされておりますか。このような変更は何か問題があるでしょうか。
すみませんがお教えいただきたいと思います。

Aベストアンサー

現金出納帳は、複式簿記を行う際に、正式な仕訳を書く前段階として記録する「補助簿」です。
手書きで帳簿作成する際には、複式の仕訳を切ることなく記録できるので、
日常処理として重宝する物です。

でもコンピュータ処理をするのなら現金出納帳も現金元帳も同じ物ですから、
わざわざ二度手間をする必要はありません。
現金出納の担当者と経理担当が異なるなら内部統制の観点から必要ですが、
全部一人でやっているのなら現金出納帳は不要です。

現金出納帳は「補助簿」ですから、現金元帳が正式な帳簿です。
わざわざタイトルを書き直す必要すら無いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報