こんにちは。初めて質問させて頂きます。
最近人に聞いたんですが、水道水に含まれるトリハロメタンを取り除くには5分くらい沸騰させないといけない。残留塩素は沸騰させたらなくなるが、トリハロメタンは100℃でいっぱいになるからと言われたのですが、他の質問とか見てたら(たぶんおいしく飲む方法かなにかの所です)10分位ってあったんで5分じゃ少ないのかな~と思って。それと残留塩素はどれくらい放置してたらなくなるのか、誰か知っている人がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

東京 水道水」に関するQ&A: 東京水道水

水道 大阪」に関するQ&A: 大阪の水道水。

A 回答 (4件)

トリハロメタンは、水道水中の有機物と殺菌のために使われる次亜塩素酸が反応して生成します。


化学反応は、温度が高いほど促進されますので、加熱することでトリハロメタンは増加しますが、さらに煮沸することで、こんどは揮発して減少していきます。

煮沸に必要な時間は、水中の有機物や次亜塩素酸の量とも関係があるようで、昔の大阪市水道局のデータでは15分以上必要な結果がありましたけど、東京都や津山市の水道水を使った実験では、4分で十分の一以下になったという報告もあります。(冬場の方が、長時間の煮沸が必要な傾向があるようです。)
ただ、同様に生成するクロロ酢酸類なんかは、煮沸ではほとんど除去できないようですから、必ずしもこれで十分とは言えないようです。(トリハロメタンは、生成する有機ハロゲン化物の3割ぐらいにしかならないそうです。)

水槽の水に使うなら、煮沸するより汲み置く(ふたをしないこと)方が良いかもしれません。(加熱しなければ、トリハロメタンの生成量はそれほどではないと思います。)
水道水中への次亜塩素酸の添加量は、水質(生菌数)でかなり差がありますので、一概には言えませんが、だいたい丸一日で、かなりの次亜塩素酸が抜けるようです。(冬場はもう少し置いた方が良と思います。)

気になるようでしたら、活性炭を使う家庭用の浄水器を使えば、次亜塩素酸の除去は可能です。(簡単な方法として、汲み置きの時に、水に炭を入れておくのも、効果的なようです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり汲み置くのが一番みたいですね。浄水器の設置を真剣に考えます。

お礼日時:2002/03/29 13:14

NO.1で完全に除去と書きましたが間違いです。

全くのゼロにはならず、影響のないレベルへの低下でした。お詫びして訂正いたします。

http://www.itomic.co.jp/kenkou/jousui/jousui.htm

こちらに細かいデータが書いてありましたので記載いたします。
トリハロメタン濃度のピークは沸騰した直後のようです。

私の経験則で恐縮ですが、塩素のみを除去したいのであれば天気の良い日に昼間4~5時間直射日光に当てれば魚への影響はありませんでした。確実なのは煮沸してから冷やすことですが、冷やす過程である程度酸素も溶け込むと思いますから余り酸素の点で神経質にならなくても良いような気がいたします。

余談ですが、我が家では家庭用浄水機を使用した上で加熱処理を行うという二段構え(無駄?)を行っています。塩素は家庭用浄水機でほとんど除去できたと思いますからまめにフィルターの交換を行うことが条件ですが、家庭用浄水機で浄水&天気の良い日に直射日光を当てるという方法で良いと考えます。

これらは自信がないので、メダカ用のえさを買う所で聞いてみるとどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。やっぱり浄水器ですね。とりあえずは直射日光でやってみます。

お礼日時:2002/03/29 13:07

何かの本で読んだのですが、沸騰してからすぐに火を止めずに、5分ぐらい弱火で置いておくと安全に飲めるそうです。



なにぶん古い記憶ですのではっきりとは覚えてないですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お返事ありがとうございます。今まで5分位の時間しか沸騰させていなかったので、もしかしたら、トリハロメタンの量がピークの時に止めてたのかも・・・と、ちょっと不安だったんです。

お礼日時:2002/03/28 19:59

>水道水に含まれるトリハロメタンを取り除くには5分くらい沸騰させないといけない



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167660 …

週間文春の記事で見ましたので、恐らく上記の本に乗っていると思います。
『トリハロメタンは沸騰したらやかんのふたを開けてそのまま5分間沸騰しつづければ完全に除去できる』という内容だったと思います。我が家ではいつもその通り実行しています。

尚、残留塩素の件は全く存じ上げません。

この回答への補足

なぜ、残留塩素が気になるかといえば今めだかを飼っていて、お店に行けば塩素を取り除くのとかはあるんですが、何かあんまり使いたくないんですよね。魚にとっては害はないかもしれないんですけど、結局人が飲むお水には使わないわけだから・・・。それで、沸かしてそれを冷ましてもいいかも知れないのですが、酸素が少なくなるし、水槽にはエアーとヒーターは入れてるんですが何か気持ち的に・・・そのままで塩素が抜けたらいいな~と思ったんです。

補足日時:2002/03/28 20:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり5分で大丈夫だったんですね。ほっとしてます。今から麦茶の季節だし、その前に解決してほっとしました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 20:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道水を沸騰させて冷まして飲んでいます。

私は少し変わっているのだと
思うのですが
食事の時どちらかと言えばお茶よりも冷たい氷水の方が好きです。

もちろんお茶も飲まないわけではないのですが。

そこで自宅にいるときには、いつも夜間で水道水を沸騰させてから
コップにそそいでしばらくそのまま置いておいて常温になったら
冷蔵庫に入れてつめたくして飲んでいます。

水道水を沸騰させる理由は、そのままだとなんとなく不潔な気がするし
身体にも悪いような気がするからです。

しかし、水道水を沸騰させずにそのままのめれるのなら
その方が手間隙がかからずに良いと思います。

質問ですが、水道水を沸騰させてから飲む意味は
あるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水道水をよりおいしく飲むために、沸騰させてから冷やす事を、埼玉県保健医療部衛生研究所も推奨しています。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BA30/target/tantou/mizusyokuhin/inryosui/inryosui.htm
・沸騰させる理由は、水道水中の残留塩素を減らすためです。
・冷やす理由は、沸騰により遊離炭素も揮散してしまいますが、冷やしている間に、空気中の二酸化炭素がとけ込むためです。

沸騰する時間ですが、普通の水道水であれば、実験では100℃になればいいようです。
なお、保健医療部衛生研究所では数分間沸騰を推奨しています。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BA30/target/tantou/mizusyokuhin/zanryuuennso/zanryuuennso.html

参考URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/A04/BA30/eiken/saitama-eiken.htm#syoku

Q水道水ってそのまま飲んでも平気でしょうか?

水道から出てくる水を、直接飲んでも健康に影響はないでしょうか?
ミネラルウォーターや浄水器を買うにしても、結構費用がかかるので・・・

ちなみに東京都(23区外)の郊外に住んでいます。

Aベストアンサー

水道水はあまり美味しいとは思いませんが、健康には実際のところ問題ありません。むしろ総合的に見れば安心して飲める水です。

もし塩素が気になるのなら浄水器をつけるのもいいし、No.2の方のように一度沸かせばいいのです。ただ塩素が飛んでしまい殺菌力がなくなりますので、早いうちに飲みきって下さい。

ミネラルウォーターは水道水よりも安全基準が低いので健康にいいとは言い切れません。美味しい水を飲みたいときに買う嗜好品みたいなものでしょう。

化学物質による発ガンのリスクで言えば、水道水よりも食品や喫煙の方がはるかに高いと言われています。水をいくら気にしても、身近にタバコを吸う人がいたり、タバコを吸ってる人とすれ違ったりしたらだめですね。タバコに限らず、水道水よりもリスクの高いものは周りにいっぱいあります。

水道水は今まで多くの人が飲んできて安全性が実証されてるわけですから、それで十分と考えて特に気にされないのが一番です。また気にしたところで結果に大差はありませんし。

Q備長炭で、有害物質はとれるの?

こんにちは。

我が家では、備長炭を使って水のなかの消毒の塩素臭などを取り除いています。疑問に思っているのですが、この備長炭でその他の有害物質、例えばトリハロメタンとか、トリクロロエチレン、農薬、大腸菌、などといった有害物質は除去できるのでしょうか?・・常に、ボイルをして備長炭は活性化?しています。
単純な質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

入っている量にもよりますが、列記された例の中では大腸菌以外は除去(低減)できるはずです。
また、有害なもの意外に有益なミネラル類、ビタミン等も除去してくれます。
備長炭により有害物質が取れるのは、脱臭(活性炭)剤と同じで、有害物質等を表面に吸着するためです。そのため、大きなものは取れませんし、有害/無害の選別も行われません。

Q水道水を沸かすとダメ・・・?

この前、「台所の水質検査です」って台所の水道水の検査をされました。グラスにとった水道水に液体を入れ「少し塩素がきついですけど飲んでも大丈夫ですよ。でも、絶対に水を沸かして飲んだらだめですよ。消毒効果がなくなりますから」って言われました。本当に沸かしたらだめなんですか?それとも新種の悪徳商法のはしっくれなんでしょうか?後日、浄水器でも売りにやってきたりして。。。

Aベストアンサー

水道水には殺菌のために塩素が入っています。カルキともいいますね。塩素は非常に強力な殺菌作用がありますから、蛇口から出てくる水の中に若干の塩素(当然身体の無害の程度の)が残っているというのは、その水の中で雑菌が繁殖しないために必要なことです。蛇口から出た水の中に残っている塩素を「残留塩素」といいます。
蛇口から出てくるときに塩素が全くないと、蛇口の口元あたりにたまった水の中で雑菌が発生したりして、体によくありません。かといって、あまりに残留塩素が強くても、これまた体に良くありません。従って、飲料水の場合、飲料に適する残留塩素濃度がキチンと決まっていて、この範囲内であれば安心です。
ということで、「塩素がきついですけど飲んでも大丈夫ですよ」というのは、「水道水の残留塩素濃度は規定の範囲内にあるものの、上限値に近いのでカルキくさいです」と言うことです。

さて、この水を沸騰させるとどうなるでしょうか。水中から塩素が空中に飛んでいってなくなってしまいます。沸騰してすぐならば完全にはなくなりませんが、数分間沸騰させっぱなしにしておくと、完全に塩素は抜けます。最近の電子ポットなどにあるカルキ抜きの方法も同じことです。
水から塩素が抜けると、その水には殺菌作用がなくなりますから、放置しておくと雑菌が増殖してきます。いわゆる「水が腐る」というやつです。このような殺菌力のない水は、俗に言う「外国の生水は危ない」というのと同じで、体に良くありません。
「沸かして飲んだらダメです」というのは、「沸かしたてやポットでの高温保存、あるいは冷蔵庫にしまったり氷にしたりするなど、雑菌が繁殖しない状態なら安心ですが、室温で放置したものを飲んではいけないですよ。」と言うことだと考えられます。生ものと一緒です。
ところで、浄水器は基本的に塩素を除去しますので、浄水器を通した水というのも沸かしてカルキをとばした水と同様に殺菌作用がありませんから、浄水器からくんだ水をほったらかしておくと蛇口から直にくんだ水に比べて早く痛んでしまいます。すなわち、浄水器の水も沸かしてさました湯冷ましの水も、腐りやすさから言うと似たり寄ったりです。

悪徳商法だとした場合、この後どのようにこじつけて売りつけていくのかわかりませんが(きっと買う気にさせる巧みな話術があるんでしょう)、ご質問の内容だけでは悪徳なのか普通の検査なのかはわかりません。「沸かして飲んだらダメ」の部分に若干ひっかかりはありますが、湯冷ましを放置したのを飲むなと言うことならば、言っている内容には特段変なところは感じられません。
ただし、悪徳商法は最初正論からはいるそうです。万一の事態に備えて危機管理もしっかり行っておいて下さい。
ちなみに、水回りに関しては浄水器ばかりではなく、機能水生成器などのいろいろな種類のものが販売されています。「これは浄水器と違いまして」などといって、訳のわからない言葉を並べたてる商法もあるやに聞きます。ご注意下さい。
悪徳業者ではないことをお祈りします。

水道水には殺菌のために塩素が入っています。カルキともいいますね。塩素は非常に強力な殺菌作用がありますから、蛇口から出てくる水の中に若干の塩素(当然身体の無害の程度の)が残っているというのは、その水の中で雑菌が繁殖しないために必要なことです。蛇口から出た水の中に残っている塩素を「残留塩素」といいます。
蛇口から出てくるときに塩素が全くないと、蛇口の口元あたりにたまった水の中で雑菌が発生したりして、体によくありません。かといって、あまりに残留塩素が強くても、これまた体に良くあ...続きを読む

Qオキシムについて

アセトンとヒドロキシルアミンとでオキシムを作るとき、水溶液のpHを低くしたり、高くしたりすると反応が遅くなると書いてました。これは何故なんでしょう?出来たときの水とかがなんらかの影響をおよぼすのでしょうか?よければご教授願います。

Aベストアンサー

実験屋です。
酸触媒があったほうが、カルボニル基が活性化されて反応が速やかに進行します。
でも、pHを下げすぎると、No2さんやNo3さん指摘のようにNH2OHの窒素がプロトン化され、反応が行きにくくなります。
pHをあげると(アルカリ側)、カルボニルの活性化がなくなります。
さらに、あまりpHが大きすぎたり小さすぎると、原料のカルボニル化合物が
副反応起こす可能性もあります。

ということで、ちょうど良いpHがあるわけです。理論的にはNo3さんの方法で確認されると良いかと思います。

Q水道水の残留塩素とトリハロメタンの基準にについてなのですが

水道水の残留塩素とトリハロメタンの基準にについてなのですが
日本の基準は 0,1mg以上となっているそうですが
塩素がですか
トリハロメタンがですか ?
塩素と微生物などの有機物(フミン質?と結びついて)トリハロメタンが発生するんですよね?

海外と日本との水質基準の比較などで 0,2mg以下とか 0,1mg以下とか書いてあるのを良く見るのですが
トリハロメタンがとか 残留塩素がとか書かれていて どちらの基準なのかはっきりしません
塩素とトリハロメタンの量は比例して増えるので 同じと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

トリハロメタンが 0.1mg/L 以下です。

残留塩素は 1.0mg/L 以下です。(0.2mg/L以上を目標とする)


厚生労働省のサイトに基準値が示してあるページかありますよ。
 厚生労働省:水道水質基準について
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/kijun/kijunchi.html

Qトリハロメタンの除去と空気清浄機

トリハロメタンはダイキンの空気清浄機である程度軽減可能ですか。

ハイターと水道水を混ぜる、塩素と水道水を混ぜるだけでトリハロメタンは形成されますか。

また、空気清浄機での除去以外には換気しかないのですか。トリハロメタンは重く、換気での除去が困難と聞きます。

Aベストアンサー

>トリハロメタンはダイキンの空気清浄機である程度軽減可能ですか。
全く無能です。もし集塵機だったらかえって恐い。
トリハロメタンのハロゲンはまず確実に塩素、で臭素やヨウ素が入っていたら
「ビックリ仰天」トリだから三つ、塩素だとクロロホルム、通常の生活に
入って来るはずはない。水道水の滅菌に塩素が使われるから、と云うのが
根拠だが、我が国の水は「飲める」、飲めない国の方が圧倒的に多い。
だから原水も「汚れている」とは言い難い、クロロホルムはあるかも
しれないがその量は一つの家庭分一年集めても「麻酔薬(今は使われない
エーテルも無し、笑気ガスが安全)にもならない」あなたの部屋にある分など
窓を一度開ければ消えて無くなる。
>ハイターと水道水を混ぜる、塩素と水道水を混ぜるだけでトリハロメタンは形成されますか。
水道水は既に塩素処理されているので、次亜塩素酸カリを主体とするハイター
を加えてもハイターが薄くなるだけで、何も起きない。
>空気清浄機での除去以外には換気しかないのですか。トリハロメタンは重く、換気での除去が困難と聞きます。
換気が一番、寒くても換気はした方が良い、トリハロメタンのせいでは無く、ハウスダストのせい。
どんなに掃除してた御殿でもダニの死体が転がっている、確かにトリハロメタンは空気(酸素、窒素)よりやたらに重いが、玄関を開ければ出て行くそれに「普通」は空気と混ざったら二度と別かれない
液体窒素で冷やせば捕まるかも知れないが「少な過ぎて」装置の壁には付かず霧になってしまう。
通常霧にさえならない、濃度が上がるだけ。

知ったかぶりだと思われると意味無いので、プロフィールを開示します。東大出で理学博士、
専門は電気化学、酸素分子の化学、典型属元素の有機化学(多分意味分かんないだろうけど)

>トリハロメタンはダイキンの空気清浄機である程度軽減可能ですか。
全く無能です。もし集塵機だったらかえって恐い。
トリハロメタンのハロゲンはまず確実に塩素、で臭素やヨウ素が入っていたら
「ビックリ仰天」トリだから三つ、塩素だとクロロホルム、通常の生活に
入って来るはずはない。水道水の滅菌に塩素が使われるから、と云うのが
根拠だが、我が国の水は「飲める」、飲めない国の方が圧倒的に多い。
だから原水も「汚れている」とは言い難い、クロロホルムはあるかも
しれないがその量は一つの家庭分一...続きを読む


人気Q&Aランキング