2月上旬、夜 帰るとすでにベランダ側のまどが割られて部屋中は荒らされていました。
すぐに警察へ通報し、保険等その他必要な手続きはすませました。
そして不動産との契約時に入った家財保険で保険金もいただきました。
そして最近になって質屋で盗まれたものの一部がみつかり、刑事さんの努力のおかげで製造番号も照合され私のものとわかりました。
残念ながらいくつかはすでに第三者に流されており一点のみ半額で取り戻しが可能ということでした。
また、犯人が私の生活パターンを知っていると思うと怖いので引っ越しすることにしました。
現在このような状況なのですが、もし犯人が見つけることができたときどこまで被害を請求することができるのでしょうか?
気になる点は以下のとおりです。

1,盗品の実際の購入価格と保険で返ってきた金額の差額分。
2,盗品が質屋から戻るとき払った半額分。(こちらの別件で必要ないとのことですが)
3,手続き等で会社を休んだ給料分、および警察への交通費等の雑費。
4,引っ越し費用。
5,弁護士に相談したときの費用。

以上の点で犯人にたいし、請求することはできるのでしょうか?
また、このようなことは初めてでこれからどうしたらいいのか全くわかりません。刑事さんからは犯人が捕まっても連絡はしないとのことでした。どうしたら犯人の確定を知ることができるのでしょうか。よろしければ民事に関する今後の流れを教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「犯人を捕まえても連絡はしない」とのことですが、犯人が捕まれば警察で参考人として事情聴取されて調書を作成するはずですから、その際に犯人のことを聞いてみて下さい。

盗品が質屋に入質されていたのならおそらく犯人の特定は出来ているものと思われます。教えてくれるのを待つのではなく積極的に直接警察へ出向いて聞いた方が良いです。(電話だと身元の確認ができないからと断られるおそれがあります)警察も検察庁も最近は被害者を擁護するようになってきましたので、教えてくれると思います。
民事的な請求についてはお気の毒ですが、空き巣をする位ですから犯人に弁償する能力がないはずで、請求をするだけムダではないかと…
    • good
    • 0

大変な被害に遭われたそうで、心からご同情申し上げます。



さて、ご質問の中に、「刑事さんからは犯人が捕まっても連絡はしないとのことでした」とありますが、刑事は法律の専門家ではありませんので、そのまま刑事の言う事を「鵜呑み」にしてはいけません。

もし、犯人が特定されてもあなたが知る方法がないとしたら、損害賠償請求の民事訴訟ができなくなります。ですから、そんなことはありません。

たいていの場合、刑事(および警察)は、一般の市民には高圧的で不親切な態度で臨みますが、相手が弁護士となると、取り扱いが大きく違ってきます。

この件は、各地の弁護士会が開設している法律相談を利用して、専門家である弁護士に相談されることをお奨めします。

ご参考までに、東京での法律相談のURLを下記にご紹介しておきます。

参考URL:http://www.ichiben.or.jp/index1_1.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q盗品が質屋で見つかったのですが

法律にめっぽう弱いもので今とても困ってます。
どなたかご教示下さい。

以前盗まれた物が質屋で発見されたとの連絡を警察から受けました。
保証書ナンバーから足がついての事です。
今回返してもらえる運びとなったのですが、ただその際に、先方の質屋さんの方から買い取り金額を折半してほしいと言われております。

質屋さんは盗品とはつゆ知らず買っている訳ですので、ごもっともな言い分とは思うのですが、自分の中に、盗まれた物なのにお金を出して買い戻すなんて…という理不尽な気持ちがある事も否めません。

一応、民法193条(盗品または遺失物が質屋で見つかった場合、盗難または遺失のときから2年以内であれば、質屋に対し無償でその物の返還を求めることができる)というのがある事は調べたのですが、常識的に考えて、私は折半しなければいけないのでしょうか?

又もしも私が上記理由で折半を断った場合、裁判となってしまうのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 質屋が、盗難品であることを過失なくして知らずに質に取ったことが大前提ですが(民法第192条)、当該物品を同種の物を取り扱う商人から質に取ったのでなければ、盗難から2年以内でしたら、無償で回復請求することができます。(民法193条)
 仮に当該物品を同種の物を取り扱う営業者から質に取った場合でも、盗難から1年以内でしたら、質屋に対して無償で回復請求をすることができます。

質屋営業法
第二十二条
 質屋が質物又は流質物として所持する物品が、盗品又は遺失物であつた場合においては、その質屋が当該物品を同種の物を取り扱う営業者から善意で質に取つた場合においても、被害者又は遺失主は、質屋に対し、これを無償で回復することを求めることができる。但し、盗難又は遺失のときから一年を経過した後においては、この限りでない。

Q盗品と判明した商品の売主が買戻を要求してきました。商品の一部が盗品であ

盗品と判明した商品の売主が買戻を要求してきました。商品の一部が盗品である場合、どうすれば良いですか?

先日、ネットオークションで個人から商品を3万5千円位で落札したところ、そのセット内容の一部が盗品と判明しました。
それが盗品だということが怪しくなってきたタイミングで
売主から「委託商品だから分からない」と告げられました。
委託者の存在の有無、売主の発言の正否は不明です。
現在売主は、おまけ的なもので委託者は故意に販売目的の為に入手した物ではなかったと主張しつつも、盗品だということを認め、
このままだと(もう既にそうだと思いますが…)違法取引になるので返品して欲しいと言われました。

実際盗品はオマケ的な位置付けのもので、こちらとしては商品の本体は出来ればそのまま所有しておきたいです。全てを手放さないといけないのでしょうか?

また、元々かなり欲しかった物なので結構な労力をかけておりましてこの件で精神的苦痛も被りました。

このまま全部買戻しと言う形をとられるとしたら、物質的にも精神的にもこちらは丸損のような気がします。。

この件で損害賠償を請求することは可能でしょうか?

また、できるとして通常どの程度の金額が正解なのでしょうか?
正解のハッキリしないものでしょうが、こんなケースは初めてなので
大体の相場などがあればそれも併せてご教授下さい。

盗品と判明した商品の売主が買戻を要求してきました。商品の一部が盗品である場合、どうすれば良いですか?

先日、ネットオークションで個人から商品を3万5千円位で落札したところ、そのセット内容の一部が盗品と判明しました。
それが盗品だということが怪しくなってきたタイミングで
売主から「委託商品だから分からない」と告げられました。
委託者の存在の有無、売主の発言の正否は不明です。
現在売主は、おまけ的なもので委託者は故意に販売目的の為に入手した物ではなかったと主張しつつも、盗品だという...続きを読む

Aベストアンサー

>というのは正確にはクラックしたソフトウェアです。

「クラック等で不正使用できるソフトウェア」であっても、そうとは知らずに入手したのなら、罪には問われません。

そうとは知らずに使用した場合も、罪には問われません。

問題があるとしたら「クラック等で不正使用できると知りつつ使用した場合」か「クラック等で不正使用できると知ったのに使用を続けた場合」で、この場合は「メーカーから損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある」でしょう。

なお、このケースでは、質問者さんを著作権法などの「刑事事件として罪に問うのは難しい」と思われます。

また、クラックして不正コピー、不正使用できるようにした「売り主」は、著作権法違反などで「刑事責任」を負う事になるでしょう。

蛇足ですが、該当のソフトウェアを正当に使用し続けたい場合は「メーカーに正規の代金を支払って使用権、所有権を買う」しかありません。

それが出来ない場合は、残念ですが、該当ソフトウェアを削除して、使用を中止しなければなりません。

相手から何も知らされなければ「善意の第三者」として使用し続ける事が出来たのですが、知ってしまった限り「使用を中止するしかない」でしょう。

>というのは正確にはクラックしたソフトウェアです。

「クラック等で不正使用できるソフトウェア」であっても、そうとは知らずに入手したのなら、罪には問われません。

そうとは知らずに使用した場合も、罪には問われません。

問題があるとしたら「クラック等で不正使用できると知りつつ使用した場合」か「クラック等で不正使用できると知ったのに使用を続けた場合」で、この場合は「メーカーから損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある」でしょう。

なお、このケースでは、質問者さんを著作権法などの「...続きを読む

Q分籍、そして新たな籍を作ることについての質問

諸事情で分籍を検討しています、現在は親の籍に入っているのですが、独立して新たに別に籍を作りたいと思うのですが、自分の住民票のある場所と違う場所に分籍して籍を作りたい場合、その新しく籍を作りたい場所の管轄内の市役所に郵送で書類を送れば籍を新たにその希望の場に作ることができるのでしょうか?その場合書類は何が必要なのでしょうか?また、新しく籍を作った場所からまた別な場所に籍を作りたくなった場合(婚姻などの理由により)それも郵送で手続き可能でしょうか?
お詳しいかたアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

戸籍関係の届け出は郵送でも出来ますが、不備があった場合は、事務が止まってしまいます。
なるべく窓口まで出向いて届けた方が無難です。
本籍は地番表記がある場所でなければならないので、これを間違って記載されてしまう人が少なくありません。

Q自分のミスで会社が負債、給料が2,3,4,5月分未払いなのですが

 23歳です。バイトで、トラックによるルート配送をしていました。それが、自分のミスで、仮眠で寝過ごし、遅れたために、うちの会社は取引先に契約を切られ、他の取引先にも信用問題で契約を切られる大損害を被ってしまいました。親会社にも大きな被害が及びました。

 それで、くびだとかはっきりは言われていなくて、でも仕事は入らなくなって、給料が2、3、4、5月分が未払いのままです。

 社長は、僕を一切責める事はありませんでした。ものすごい被害を被った責任は自分にあった事はわかっています。それで、給料を頂きたいということはやはり言えた立場ではないでしょうか。事件を起こしたのが5月の事で、それ以前の給料については、二月頃からずっと社長と会える機会がなかったため、そのうちに貰おうと思っていて結局もらっていない状態でした。

 今日、久しぶりに連絡を取ったら、従業員を大幅に解雇し、仕事がないどころか、責任を取らされる形で無償で仕事を負わされているものがあるとの事でした。ますます、重大さを知らされました。社長もはっきりと怒ったり、払えないとは言われず、ただ現状の厳しさを言われるので察しろという事でしょうか。

 自分も、結構な労働を堪えてやってきた事があるものですから、やはり諦めきれないものがあります。しかし一方で、会社や親会社に負債を負わせ、多くの人に迷惑の一言ではすまされない事をしてしまった事は自覚しています。

 まず、給料についてはやはりもらうべき権利などないのでしょうか。道理的にはそんな立場でないことは分かっていますが、はっきりと事実を認識したいと思います。
 また、逆に自分は本来はその負債を負うべき立場にあるのでしょうか。全て責任を負ってくださっている社長には申し訳なくて、何と言えばいいのかわかりません。

 僕はどうしたらいいのでしょうか。

 23歳です。バイトで、トラックによるルート配送をしていました。それが、自分のミスで、仮眠で寝過ごし、遅れたために、うちの会社は取引先に契約を切られ、他の取引先にも信用問題で契約を切られる大損害を被ってしまいました。親会社にも大きな被害が及びました。

 それで、くびだとかはっきりは言われていなくて、でも仕事は入らなくなって、給料が2、3、4、5月分が未払いのままです。

 社長は、僕を一切責める事はありませんでした。ものすごい被害を被った責任は自分にあった事はわかってい...続きを読む

Aベストアンサー

本当についてないですね。よりによってそういう大事になときに寝過ごしてしまうなんて;;

今後のことですが、会社は辞めた方がいいと思います。
たとえ社長が許したとしても、解雇された従業員はあなたのことを恨んでいるでしょう。張本人がそのままで、非のない者が解雇されたことになります。残っている従業員の目も厳しいでしょう、親会社もそうでしょう。

社長はそういうことを考慮して給料を払らわないのかもしれません。
社長に率直に辞めた方がいいですか?と聞いてみては如何でしょうか。

憶測になりますが、あなたが直接負債を追徴されることはない可能性が高いと思います。
あなたの過失がきっかけかもしれませんが、そもそも取引先との関係には問題があったはずです。
あとはアルバイトという立場と過失の内容、そしてもし請求されるなら、
むしろ上司に賠償責任が発生するからです。

Q犯人蔵匿隠避罪と逃走援助罪の関係ー身代わり犯人の自首について

逃走援助罪と犯人隠避罪について質問です。

犯人が既に逮捕されている場合に、第三者が身代として自首する行為は、「隠避」行為に該当し、犯人隠避罪<103条>が成立します(最決H1.5.1)。

しかし、逃走援助罪<100条1項>に該当するのではないでしょうか。

「法令により拘禁された者」(101条1項)には、逮捕された者も含まれると解釈されています。

そして身代わりとして自首する行為は「逃走を容易にすべき行為」に該当するのではないかと思うのです。

法定刑の軽重からすると逃走援助罪が成立すると思うのですが、いかがでしょうか。

逃走援助罪<101条>
(1)法令により拘禁された者を逃走させる目的で、器具を提供し、その他逃走を容易にすべき行為をした者は、3年以下の懲役に処する。

犯人蔵匿罪<103条>
罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。

Aベストアンサー

 逃走罪における「逃走」というのは、適法な拘禁状態から不法に離脱することです。(川端博刑法各論講義594頁)しかし、身代わり出頭が功を奏したとしても、それは捜査機関が拘禁状態を解消(釈放)した結果によるものですから、「逃走」ではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報